いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

いつまでも初めてのことにワクワクしている大人は魅力的

f:id:bun1125:20170720100427j:plain

こんにちはぶんたです。

最近いくら歳を取ろうが魅力的な人ってどんな人だろうなーって考えてたんです。

ぼくの周りの経営者さんといわゆるこの人あんまり絡みたくないなーって人。

 

そういう人たちってなんとなく苦手とかもあるとは思うんですが、たぶんそれだけじゃない気がします。

今まで考えたこともなかったんですが、目の輝きとか曖昧なものではなく「ああ、これだわ!」っていうイメージが湧いてきました。

それは「ワクワクしているかどうか」というたった1つのことだけだったんです。

続きを読む

あの頃の自分に胸を張って「がんばってるぞ!」って言いたい

f:id:bun1125:20170717154223j:plain

こんにちは、ぶんたです。

高知のど田舎に引越してからというもの、なぜか子どもの頃のことをよく思い出すようになりました。

「そういえばあの時はこんなこと思ってたなあ」

とか哀愁に浸りながら景色を眺めている自分がいます。

ぼくは子どもの頃からずっと東京なので、田舎の風景を見て「懐かしいな」と感じているわけではないのですが、なんとなーく記憶を辿りたくなるんですよねえ。

 

今日はそんな日々を送っていて気づいたことを書いていきます。

続きを読む

無知は罪って本当?コミュニケーションと説明責任について

f:id:bun1125:20170717144631j:plain

こんにちはぶんたです。

「無知は罪」という言葉を聞いたことがあると思います。

知らない方が悪いという意味の格言ですね。

今の世の中、確かに知らない人の方が不利になるのは明らかです。

知ってるだけで、周りを一歩引き離せたり、知ってるだけで、莫大なお金を生み出せたり。

つまり、情報化社会において「知る」ということはどんなことであれメリットなわけです。

 

しかし対人コミュニケーションにおいて「無知は罪」という言葉に合わせて知らない人や知識のない人をせめるのは全くもってお門違いです。

意識していないとふとした時にやってしまうと思いますが、これは気をつけなければいけませんね。

 

では、知らない人が悪くないなら誰が悪いのか、それはもちろん知っている人でしょう。

続きを読む

ブログで月50万円稼ぐまでに読んだコピーライティングおすすめ本10選

f:id:bun1125:20170713201424j:plain

先日のエントリーにも書いたとおり、このブログの収益が月50万円を越えました。

運営1年間でブログ月収55万円を突破して感じたこと+α - いつまでもアフタースクール

始めたばかりのぼくは、

「いやいや、そんなブログなんかで稼げるわけ無いって」

と半ば諦めていたのですが、とあるジャンルの本を読み始めてからというもの、

「いや...これはもしかすると、もしかするかもしれない....」

という思いに変わり、一時期そのジャンルの本を買い漁ってひたすら読んでいたことがあります。

 

結果、その半年後の今では月50万円の収益を上げれるようになり、毎月10万円以上右肩上がりの運営となっています。

 

今回の記事は「ネットやブログで稼げるわけないじゃん」と思っていながらも、半ば希望を感じているズバリ稼ぎたい人向けに本を紹介しています。

ですので、ネットで稼ぎたくない人は今のうちにブラウザバックしてください。

それではぼくが読み耽った本をご紹介していきます。

続きを読む

引っ越して買ってよかった50以上のおすすめグッズ!便利な家具や生活が豊かになるモノまとめ【随時更新】

f:id:bun1125:20170710173444j:plain

こんにちはぶんたです。

今年度の始めに高知へ引越してからというもの、未だに月末のクレジットカードの支払いがおかしい気がします。

毎月のように50万以上飛んでいるのでいい加減買ったものをまとめてみようと思いました。

もちろん家具や日用品だけで飛んでいるわけではありませんが、それでもかなりたくさんの物をネットでガンガン購入しているので良さげだったものをレビューしていきます。

なんせ引越す際にはほとんどの家具を置いてmacbook片手にやってきたので苦笑

 

これから引越す人や、目次を見て「気になってたモノがある!」って人は参考にしてください。

ちなみに随時更新していくのでぜひお気に入りに入れておいてください。ぼくが人柱になります苦笑

続きを読む