WAVESの買い方!独自トークン発行&分散型取引所完備など汎用性の高い通貨!

こんにちはぶんたです。

今回購入したのはこちらのWAVESコイン。 実はだいぶ前にイケハヤさんとお茶した時に教えてもらってたのですが… その頃仮想通貨自体が僕の中で謎すぎてノータッチでした。 今回たまたま調べていたら「あれ、これイケハヤさんが教えてくれたやつやん」ってなったのでせっかくなので購入。 やはり先見の明がすごいお方です…。 というわけで紹介します。

スポンサードリンク

WAVESの特徴

WAVESコイン調べてみたら紹介したい特徴が多くてちょっと困りました笑 サクッといきますサクッと! まず一番面白いなと思った機能、なんと独自トークンを発行できます。 WAVESを介することで例えばあなた限定のトークンを作ることができるわけですね。 これ確かイケハヤさんもやってた気がします。 まあそのトークン使って何するかはあなた次第ですが、自分のトークンを作れるのは面白いですね。   そしてWAVES自体が分散型取引所として機能しています。 ブロックチェーンを利用して作られた取引所なので、安全性も高くしかもその中で取引できる。 WAVESコインを通して法定通貨とトレードしたり、もちろん他の通貨ともトレードすることができます。 独自トークンを絡めれば何か面白いことができそうですねー! 少なくとも誰でもブロックチェーンを使ったプロダクトを作れるようになるという点で非常にコンシューマー向けのサービスだと思います。   ちなみに送金手数料も安くスピードも爆速。 ただ「なんか色々できそう!」ってことはわかりますが、これ使う側がしっかりプロダクトを設計しないと流行るのは難しいのかな…。 この辺はVALUと似てますね。ユーザーが増えれば同じような方法で利用者を拡大できそう。 誰か面白い使い方してみてくれ(人任せですみません)

WAVESのチャート傾向

チャートはコチラ。 これこれ!こういうチャート探していました! じわじわとマッタリした動きのチャート。 取引量は今年入ってまた伸びていますが、相変わらずあまり動きはありません。 どこかで跳ねてくれるかなー。 先日書いた草コインの選び方の記事の条件と照らし合わせると、値段だけがネックですが他はいい感じな気がします。 似たようなチャートだったFUELはもう既に3倍くらいになってますし、今後の伸びに期待ですね。 価格高くても上がるならもう少し投資銘柄増やせるな。WAVESで実験です。

WAVESの買い方

最後にWAVESコインの一番安い買い方を説明しておきます。 今回はBINANCE世界で一番大きな取引所です。 まずはBINANCEにアクセスしてアドレス等を入力し登録。 日本の取引所と違って一瞬で登録可能です。
BINANCEの登録方法を画像付きで解説

「海外の取引所だし…」と心配な方に向けてこちらの記事でBINANCEの登録方法を解説しています。

>>「BINANCEの登録方法を画像付きで解説」

その後、coincheck等からコインを送金してください。
coincheckからBINANCEへの入金方法を画像付きで解説

「入金の仕方がわからない!」と言う方に向けてこちらの記事でcoincheckからBINANCEへの入金方法を解説しています。

>>「coincheckからBINANCEへの入金方法」

WAVESコインはビットコインかイーサリアムで購入可能ですが、今はビットコインの送金手数料が高いのでイーサリアムで購入することをおすすめします。 送金が完了したらまずはBNBコインを購入しましょう。 こちらはBINANCE内の通貨で、BINANCEで取引する際の決済手数料として使用できます。 これを使うと決済手数料が半額になるので、お目当てのコインを買う前にBNBを購入しておくと良いでしょう。   購入後はトップページから「WAVES」で検索。 あとは送金したコインでWAVESを購入するだけ! >>BINANCEの登録はこちら
BINANCEの登録方法を画像付きで解説

「海外の取引所だし…」と心配な方に向けてこちらの記事でBINANCEの登録方法を解説しています。

>>「BINANCEの登録方法を画像付きで解説」

というわけでWAVESの紹介でした! 利用者が増えて面白い使い方する人が出てくるといいですねー。 あとは価格が高くても今回のようなチャートなら上がるのか…そこが気になるところです。 ではまたー!!!