XCPの買い方や特徴・評判を解説!2018年の将来性は…

「XCPってどんな通貨?」

「自分でトークンを発行できる?」

「価格が上がってる理由は…?」

少し前から大きく価格高騰しているXCP。

Zaif取引所を使っている人はXCPってなんだ!?と不思議に思っているのではないでしょうか。

 

今回僕もたまたまXCPを所持していたので、XCPについて詳しく調べてみました。

すると誰もが納得する価格高騰の理由もわかったのでこの記事にまとめています。

気になっていた人はぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

XCPとは?特徴を解説

XCPとは、CounterPartyによって発行されているトークンです。

カウンターパーティーとは、ビットコインのブロックチェーン上に構成されたプラットフォームで、ビットコインのシステムを借りて形成されています。

つまり金融庁にも認められているトークンとして信頼性もあるんですね。

 

XCPの発行総数は260万枚で、ビットコインの2100万枚と比べるととても少ないです。

日本ではZaif取引所でのみ購入することができます。

XCPを使って独自トークンを発行できる

XCPの最大の特徴は、XCPを使って独自のトークンを発行できること。

発行したトークンはユーザー間で自由に送受信でき、カウンターパーティーの分散型取引所で売買することもできます。

実はZAIFトークンPEPECASHなども、XCPを使って発行されているんです。

個人だけでなく、企業もXCPを使って独自のトークンを発行しているんですね。

XCPでトークンが発行されるほど価値は上昇

XCPを使ってトークンを発行するとXCPは消費されます。

つまり、トークンを発行すればするほどXCPは使われて減っていくのです。

数が減れば希少価値も上がり価格も上昇するので、使われるほどにXCP自体の価格は高騰していくんです。

XCPの価格推移やニュース

次にXCPの価格推移を解説していきます。

2017年11月28日に価格高騰

2017年11月に入り1XCP=1,000円台を推移していました。

徐々に上昇し1XCP=2,000円台に到達!

そして11月28日に1XCP=5,400円まで高騰しました。

 

ちなみに僕は仮想通貨なんてよく知らない時に1XCP友人からもらっていました笑

当時は100円代だったのですが…今の価格には驚きです。

2018年1月11日に価格高騰

2018年1月頭まで1XCP=4,000円ほどだったのが、少しずつ価格が上昇。

1月10日には1XCP=8,000円まで上がり、11日に一気に高騰しました。

最高値は1XCP=12,800円

ほんの数日で、3倍まで価格が上がったということですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

スポンサードリンク

今後XCPを高騰させる要因はトークン発行による消費

実はXCPで作られたトークンの中にはあのホリエモンなどが作った独自トークンも存在します。

こうした有名人のトークン発行はXCPコミュニティに大きな影響を及ぼしますね。

なんとなく仮想通貨を始めた人でも、

「あのホリエモンが使っているなら…」

とXCPを購入して独自のトークンを作ることすら考えられます(もちろんそのトークンが売れるかどうかはわかりませんが…)。

 

発行枚数も少ない上にトークン発行により、どんどんXCPの数は減っています。

活発に独自トークンの発行が行われれば今よりもさらに価値が上昇するでしょう。

XCPの購入方法・買い方をわかりやすく解説

最後にXCPの買い方を紹介しておきます。

Zaif 取引所の登録がまだの方は公式サイト から登録を済ませてしまいましょう!

ログインしたら「アカウント」ページにアクセスして「入出金と履歴」をクリック。

金額を入力して入金の申請しておきます。

ちなみに「コンビニ決済入金」は今すぐ反映されるので便利ですよ。

次は画面右上の「取引」をクリック。

画面が変わったら左上の通貨の欄から「トークン」→「XCP/JPY」を選びます。

今の値段ですぐに買うのであれば画面右の決済フォームから「成行」をクリックして、数量を入れ「買い注文」をクリックしたら完了です。

お疲れ様でした。