PEPECASHの最新ニュースをまとめ将来性や高騰理由を考察してみた!買い方・購入方法も画像付きで解説

「カエルマークのPEPECASHってどんなコイン?」

「海外版モナコインって本当?ってことは上がるの…?」

「どんな要因があったらPEPECASHは高騰する?」

アメコミチックなカエルマークのPEPECASHというコイン。

Zaif取引所で扱われているコインですが、何に使うのかわからないという方も多いかと思います。

 

ただ、このPEPECASH。実は海外版モナコインとも呼ばれているコインなのです。

2017年のモナコインの高騰を忘れていませんよね。

そう、2017年1月に15万円分買っていた人は12月に1億円に到達しています。

海外版モナコインであるPEPECASHも十分期待できるのではないでしょうか?

 

というわけでこちらの記事では

  • PEPECASHの概要や最新ニュース
  • 仮想通貨を40銘柄以上購入している僕がPEPECASHをゴリ押しする理由
  • PEPECASHの今後の高騰理由の予想や価格推移

などをまとめました。

PEPECASHでひとやま当てたい人はぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

Pepe cash(PEPECASH)とは

PEPECASHとは海外の匿名掲示板4chで誕生した仮想通貨です。

日本の匿名掲示板2chで誕生したモナコインと比較して海外版モナコインとも呼ばれています。

 

現在PEPECASHを取引できるのは

  • Zaif
  • TUX EXCHANGE

世界でもこの2つの取引所だけ。

つまりPEPECASHは数少ない日本の金融庁から認められている通貨でもあるんです。

金融庁に認められている通貨は「ホワイトリスト入り」と言われていますが、2018年1月26日現在でホワイトリスト入りしている仮想通貨はたったの19種類!

日本のビットコイン所有率は世界でも30%を越えていて、仮想通貨大国となっている日本でも期待されていることがよくわかります。

PEPECASHの最新ニュースなどまとめ

以下ではPEPECASHの歴史や使用用途、ニュースなどをまとめました。

PEPECASHがどんな通貨なのか知りたい人はぜひ読んでください。

Rare Pepe Cardが買える

PEPECASHの最大の特徴は、Rare Pepe Card(レアペペカード)と呼ばれるカードの購入に使えることです。

ちなみに緑色のカエル「pepe」は海外の匿名掲示板4chで人気のキャラクターです。

 

実物はなくデジタルデータなのですが、ブロックチェーン上でコレクションして楽しむことができます。

正にブロックチェーン版トレーディングカードです。めちゃくちゃ最新技術。

Rare Pepe Cardを作って一儲け!?

ちなみにこのレアペペカード。買うだけでなく自分で作ることも可能です。

発行数の少ないレアペペカードは高値で売買されていて、中には一枚100万円の値段がついているものも!

1シリーズ20種類で、現在は30シリーズまで発表されています。

次回発行申請は未定ですが、イラストに自信のある人はチェックしてみてください。

counter partyで作られていてレアぺぺカードの改ざんやコピーも防止!

PEPECASHはビットコイン上に構成されたcounter party(カウンターパーティ)というプラットフォームをベースに発行されました。

レアペペカードもブロックチェーン上に記録されるので改変やコピーができません。

また、レアペペカードは100枚〜10万枚までしか発行できないのですが、これもブロックチェーンによって保証されています。

普通のトレーディングカードはコピーできてしまいますが、レアペペカードはブロックチェーンに守られているので安心ですね!

PEPECASHの市場流通量は減っていく…つまり価格は上がり続ける?

PEPECASHは、約7億PEPECASHと発行枚数が決まっています。

しかし、この中から毎週少しずつBurn(バーン)される仕様となっているのです。

バーンとは仮想通貨が焼却されてなくなること。

時間がたつほどPEPECASHの枚数は減っていき、希少価値はどんどん上がっていくのです。

2017年12月に突然急騰!

PEPECASHは、2017年12月頭まで1PEPECASH=4円前後でした。

それが12月7日の夜に突然急騰し、12月8日には過去最高額の1PEPECASH=28.8円まで上がったのです!

2018年1月26日現在では、1PEPECASH=7円前後を推移しています。

スポンサードリンク

本気で1億円を狙う僕がPEPECASHをゴリ押しする3つの理由

そんなPEPECASHを僕が推すのには3つの理由があります。

海外版モナコインとしてのコミュニティの強さ

やはり海外版モナコインと言われるだけのコミュニティの強さは馬鹿にできません。

モナコインの考察記事でも書きましたが、仮想通貨の高騰にはコミュニティの盛り上がりは不可欠なんですよね。

特にPEPECASHの凄いところは既にレアぺぺカードのようなプロダクトが出来上がっていることだと思います。

このようなプロダクトが今後増えていけばPEPECASHはさらに飛躍するでしょうし、そのためにはPEPECASHのようなコミュニティが必要なのです。

まだまだ安い取引価格!Burnでの価格高騰!

PEPECASHは何より価格が安い!

さらに価格が安いだけでなく、相次ぐBurnでPEPECASHの市場価値はどんどん上がっていきます。

執筆時点ではまだ10円以下ですが、この流れモナコインにも似てますよね。

2017年1月時点でモナコインは2~3円です。ここからコミュニティがさらに強固になり、2000円を越えるほどに。

PEPECASHも同じような動きをするとしたら今のうちに買っておくのが賢明な判断かも…

予測可能な高騰要因がある

僕は他にも色々な通貨を見てきましたが、PEPECASHはまだまだ発展途上な通貨だなと思っています。

  • 取扱取引所の増加
  • コミュニティが活発でニュースが絶えない

以下で詳しく説明しますが、このような現実的で予測可能な高騰要因があるのが今のうちに買うべき理由の1つです。

PEPECASHの高騰に繋がるニュースの予測

さて、以下では「たぶんこのニュースがあったら上がる!」と思われるPEPECASHの高騰要因を挙げてみました。

海外取引所への新規上場!

先ほども書きましたがPEPECASHはまだ世界でも2つの取引所でしか取扱が無いのです。

これだけ活発な通貨でありながら取引手段が少ないというのも面白いですね。

もちろんコミュニティ内でも海外取引所へ上場させようという動きはあるので、これが現実になればPEPECASHは更なる伸びを見せると思います。

BINANCEやbittrex辺りに上場したらガツンと上がるんじゃないでしょうか。

PEPECASHのコミュニティなら投票制度で上場通貨を決める取引所なら可能性は大いにありますね。

PEPECASHのゲーム!?クラウドファンディングの成功!

こちらの動画は開発途中のPEPECASHのトレーディングカードゲームです。

実はレアぺぺカードだけでなくこんなものまでPEPECASHでは開発が行われているんですよ。

そして開発資金はこちらのページからクラウドファンディングで募っています。

コミュニティユーザーが考案したプロダクトが成功すればPEPECASHのニュースはさらに増え大きな値上がりを見せる可能性もあります。

Rare Pepe Cardのシリーズ追加やBurn

また現在レアぺぺカードは30シリーズでカードの発行が止まっていますが、こちらが再開されたり、それに次ぐBurnが行われればPEPECASHのコミュニティは更なる活性化を見せるはずです。

やはり一番最初のプロダクトであるレアぺぺカードが肝心な予感はしますね。

レアぺぺカード関連で大きなニュースがあれば確実に現状のコミュニティは反応するので、さらにユーザーを増やすキッカケになるかと。

PEPECASHの買い方・購入方法をわかりやすく解説

最後にPEPECASHの買い方を紹介しておきます。

Zaif 取引所の登録がまだの方は公式サイト から登録を済ませてしまいましょう!

ログインしたら「アカウント」ページにアクセスして「入出金と履歴」をクリック。

金額を入力して入金の申請しておきます。

ちなみに「コンビニ決済入金」は今すぐ反映されるので便利ですよ。

次は画面右上の「取引」をクリック。

画面が変わったら左上の通貨の欄から「トークン」→「PEPECASH/JPY」を選びます。

今の値段ですぐに買うのであれば画面右の決済フォームから「成行」をクリックして、数量を入れ「買い注文」をクリックしたら完了です。

お疲れ様でした。