エンジニア未経験の30代でも転職保証付きでプログラマになる唯一の手段

これからの人生を考えたとき、今の仕事を定年まで続けるのかどうかって30代になるとより真剣に悩む必要がありますよね。

もちろん、これまで勤めていた会社で充実した生活を送れているのならば何も問題はありませんが、今の仕事に対してやりがいを感じられなかったり、向いていないような気がしている場合は<>転職も視野に入れている方が多いと思います。

 

このブログでは転職が昔に比べて格段にやりやすくなったことをお伝えしてきましたが、より良い転職をするのならスキルは多いに越したことはありません

その中でも特に現代社会で重宝されるのはプログラミングのスキル

ある程度社会経験がある人であればその重要さは身に染みてわかっているでしょう。

「若いころに勉強しとけばよかった…」「30代から勉強しても意味ないかな」

なんて、後ろ向きな声ばかり聞こえてきそうですが、始める前から諦めてしまっては元も子もありません

 

当然、厳しい部分現実が皆無ではありませんが、しかしそれでも挑戦する価値は十分にあるのではないかと思います。

30代未経験でエンジニア転職は不可能…?

まずスタートラインに立ちはだかる最初の壁がこれですね、

結論としては「これからきちんと知識を付けたうえであれば転職は十分可能」になるのですが、ただし越えなければならない壁がいくつかある事はきちんと意識しておきましょう。

 

最初にハッキリと申し上げておきますが、30代で未経験のままエンジニアになる事は、20代のそれと比べると一段階難易度が高くなることは確かです。

例として挙げるなら、30代で全く知識が無く、未経験の状態で職人の伝統工芸品制作の仕事に携わる仕事に転職することをイメージして頂ければわかりやすいかと思います。

全く知識のない状態では何もできないばかりか、そもそも何が行われているのかも理解できないのではないでしょうか。

 

とにかく「未経験」という事が最大のネック

ある程度の専門知識が要求されることである以上は、まずはその基礎となるための知識と、実際に自分でやってみることによる経験が必要。

逆に言えば、この二つがあれば入り込める余地があるという事も確かです。

職人の物作りの場合は肌で覚えた感覚だとか手先の器用さといった、これから身に着けるには難しい技術が要求されますが、プログラミングの場合はキーボードを打つことが出来ればあとは知識をつけるだけ

きちんと勉強すれば、その分だけ報われる技能であることがお分かり頂けるでしょうか。

その意味では30代からエンジニアに転職することは、乗り越える壁こそあれ、決して不可能ではありません。

未経験からのエンジニア転職自体がとても難しい3つの理由

とはいえ未経験者に対しての風当たりは強く、それゆえにエンジニアを目指すこと自体をはじめから諦めてしまっている方が多いようです。

先述した通り、確かに何一つ知識のない状態ではほとんど見込みはないでしょう。

 

しかし少しの知識と経験さえあればエンジニアへの転職への道はグッと近くなることも間違いありません。

今はどこの企業も人手が大きく不足しており、なかでもエンジニアはその人材の供給が追い付いていない為に引く手あまたです。

この記事の後半ではきちんとこれからエンジニアを目指す人に向けた行動の指針を示すためご安心を。

ただその前にどうして未経験からのエンジニア転職が難しいのかを知って頂くために、その理由を3つほど述べさせていただきたいと思います。

1.企業は即戦力人材を求めている

新卒で人を雇う場合と、転職で人を雇う場合との一番大きな違いはこれです。

まだ何の社会経験もない新卒は、仕事が出来なくて当たり前。

そのぶん最初の研修期間で徹底的に仕事を叩き込み、仕事のやり方を一から十まで手取り足取り教える機会を設け、立派な企業戦士を作り上げるわけですが、転職の場合はこれとは少し事情が違います

 

転職で人を雇う場合は、これからの伸びしろよりも現時点での能力にウェイトを置いて採用/不採用を判断します。

つまりは即戦力を求めているわけで、エンジニアで未経験者が採用されないのはここが原因です。

もちろん間接的に以前の仕事での経験が活かせるような職種で有ればこの限りではありませんが、エンジニアの場合はより即戦力を求める傾向が強く、よほどのことが無い限り全くの未経験者での転職は難しいでしょう。

2.年収を高めに設定しなくてはいけない

もともとエンジニアは他の職種に比べると比較的給料の高い職業です。

これに加えて30代となると、周りの同年代との兼ね合いや、以前の会社で得ていた収入より低い額をなかなか提示しにくいこともあり、企業側はただの新卒を雇う場合よりも年収を高めに設定しなければなりません

そうである以上、未経験者をエンジニアとして迎え入れるのは難しい相談になってしまうのも無理はありません。

 

ただし勿論、能力のある転職者を採用するということに、それなりのコストが伴うことはどこの企業も理解しています。

エンジニアとして活躍できる(またはその見込みがある)と企業側が判断すれば、かなりの好条件で転職することも十分あり得るでしょう。

3.エンジニアとしての伸びしろが20代よりも低い

新卒の未経験者をエンジニアとして募集している企業も最近では増えてきました

もともとその方面への知識が無くても、入社前に教材を配布し予習させ、4月から徹底的に教育することで未経験者を一人前のエンジニアに育てあげる方法で人材を確保している企業は実際に少なくありません。

これを売り文句にして求人を出せば「自分は未経験者だけどこの会社で働けそうだ」と安心を与えることができ、より豊富な人材を集めることが出来るというわけです。

 

しかし30代でエンジニアに転職を考える場合、この求人情報をそのまま額面通りに受け取るわけにはいきません

新卒で入ってくる20代の場合であればここから教育していけば10年後には十分戦力になる事が期待できますが、まったく何の知識も無い30代を同じ状態から教育するとなると、やっぱり一人前のエンジニアとして活躍するまでのハードルは20代よりは高くなってしまいます

30代からエンジニアを目指す場合はどうしてもある程度の知識は既に身に着けていることが前提となってしまい、全くの未経験者からだとかなり厳しくなるでしょう。

 

以上の理由が未経験で30代からエンジニアを目指すことが難しいとされる理由です。

ここまでで読み終えてしまうと「やっぱり今更未経験でエンジニアになることは不可能なのか…」とかなりネガティブなイメージを与えてしまうかもしれませんが、ご安心ください

きちんと事前に勉強さえしていれば、未経験からエンジニアを目指すことは決して不可能ではありません!

WebCampPROなら転職保証付きで未経験からエンジニアを目指せる!

ここまでエンジニアへの転職は厳しいといった内容をお伝えしてきましたが、そのすべてに共通するのは「未経験」というワード。

未経験でさえなければ、つまりは一定の知識とスキルさえあれば一気に採用率は上がります

 

30代で未経験からエンジニアを目指すのであれば、プログラミングを学ぶ教室に通うことが不可欠です。

そこでオススメかつほとんど唯一の手段と言っても過言ではないのがWebCampPRO!

超実践的なカリキュラムで、未経験者から即戦力のエンジニアになるのに必要なスキルを学ぶことが出来ます。

3か月間の勉強する期間+3か月間のキャリアサポート期間の、計6か月間であなたを一人前のエンジニアに育て上げ、さらに転職・就職までを約束してくれる「業界初」のプログラミングスクールです。

徹底したカリキュラムで未経験でもプログラミングスキルが身につく!

WebCampPROでは実務体験に近い実践的なカリキュラムで、3か月という短期間に集中してプログラミングを学ぶことが出来ます。

また、教室は土日祝日に関わらず毎日11時~22時まで解放されていて、自分のペースでより効率的な学習を続けられます。

夜22時まで開いているということで、仕事を辞めてフリーター状態になった場合には午前中にバイトを入れて、午後から勉強といったスタイルも可能(あくまで一例です)。

常駐講師もいるために分からないことがあったらすぐに質問に行ける体制が整っており、自学習のために教室が解放されている時間も用意されている為、意識の高い人ほどグングン成長することが出来るでしょう。

転職保証で就職活動の負担は最低限に!

一番の魅力はここ!

成功率98%を豪語するように、WebCampPROのカリキュラムを達成した場合は確実に転職・就職できることを保証しています。

カリキュラムを終えた後の3か月間のキャリアサポート期間で、履歴書の添削から転職の際に希望する条件などを親身に相談に乗ってくれます。

就職・転職活動の負担は最小限に抑えられ、目の前にある課題を着実にこなしていくことでゴールが近づいてくる、やりがいのある環境です。

徹底されたカリキュラムを終え、さらに充実したキャリアサポートを活用した上でそれでも万が一転職先が見つからなかった場合は、全額返金に対応!

まず間違いなく転職できるうえに、もしもの場合は全額返金に対応しているという事で、WebCampPROでプログラミングを学ぶことは「払った授業料や学んだ内容が無駄になったらどうしよう」といった心配のない、ノーリスクなものと言っても過言ではありません!

WebCampPROだけが30代で未経験からエンジニアに転職するための唯一の手

前半部分でお話したように、30代で未経験の状態からエンジニアを目指すのは正直言って茨の道です。

少しのスキルさえ身に着けてさえいれば転職成功率は一気に上がるため、ここは一度立ち止まって自分の能力を上げることに時間を割いてはみませんか?

勉強することは大変ですが、WebCampPROの充実した講師陣と安心のキャリアサポートのもとでなら、自分のペースでプログラミングのスキルを身に着けられ、満足の行く転職までこぎつけられます。

30代は未経験の状態からエンジニアを目指せる最後のチャンス!

まだ踏ん切りがつかないようであれば、まずは無料カウンセリングと無料体験会に応募することから始めましょう。

あなたにエンジニアとしての明るい未来が待っていることを応援します!

>>公式サイトはコチラ