絶対に食いっぱぐれない職業は!?IT社会を生き残るための人生設計

自分自身が該当するからというのもありますが、今の日本の20代ってマジで人生ハードモードだと思いませんか?

生まれた時点で日本経済はほとんど成熟しきっていて、今後の伸びしろがほとんどない状態で就職しなければいけない。

ゆとり教育が始まって、勝手に「頭が悪い、常識が無くて使えない」とレッテル貼りされる。

 

経済のグローバル化が進み、日本国内だけで仕事を探すことが非合理的に。

IT革命とも表現された、高度な情報社会…

と、まあ考えだしたらキリがありません。

 

いきなり何の話だと思われるかもしれませんが、冒頭でこのお話をしたのにはちゃんと理由があります。

というのも、昔はそれこそ一つの会社に定年まで居続けることがスタンダードだったため、就職活動はそのまま言葉通りの意味を持ちました。

 

しかし、現在は一度入った会社に居続けることが必ずしも標準的ではないばかりか、会社の倒産or自らの解雇が昔に比べて起こりやすい時代です。

その上では、就職活動とは言葉通りの意味を持たず、就“社”活動の方が意味としては正しいように思われます。

この時代に食いっぱぐれないためには、会社に入って満足するのではなく、自分自身の市場価値を高めるためのスキルを身に着けて、「手に職を持つ」ことが重要になります。

既に就職された方も、これから就職活動を始める方も、今の時代を生き抜いていくためにやるべきことを今回の記事ではお教えしたいと思います。

スキルが無いことがとにかく不安…

現代社会で身に着けるべきスキルについてお話する前に、今現在なにもスキルを持っていないにも関わらず、妙に自分に自信を持っている方は要注意!

もしかするとここまで読んで「とはいっても自分はそれなりに安定した企業に入社できたし、何とかなるでしょ!」と構えている方もいるかもしれませんが、油断しているとこういう人からまず食いっぱぐれます

というのも、今の20代前半の方が就職で困っていないのは、本人のスキル云々に関わらず、時代がたまたま味方した可能性が高いためです。

団塊世代が一気に定年退職することによって、ここ数年はかつてのリーマンショックのころに比べれば就職率が回復してきました。

しかし、この勢いに押されて何となく流れで就職できたことに安心していては、バブル時代に何となく就職して現在会社を牛耳っている無能な上司達と変わらないことになってしまいます。

 

就職活動では新卒であるという事が何よりも強いカードとして使えたかもしれませんが、転職活動であればこうはいかず、純粋に本人の素質が反映されます。

もしもいま勤めている会社/これから入る会社がブラック企業だとしたら、ここから転職を考えたときに何のスキルも持って無いようだと圧倒的に不利になる事は間違いありません。

とにかく若いうちに自分のスキルを高めることが最重要!

 

こうした時代背景を理解した上で、今現在自分にスキルが無いことで不安に陥っているのだとすれば、「いまからスキルを身に着ける」以外にその不安を解消する方法はありません。

まずは自分の能力を高めることに前向きになることを意識しましょう。

手に職を持つことができて食いっぱぐれないスキルを身につけたい!

スキルを身に着ける目的の一つに「それで仕事を得て、生活していくこと」が挙げられます。

世の中には様々な資格がありますが、そのすべてがあなたの目指す仕事に役立つとは限りません。

中には専門的過ぎて逆に役に立たない(=仕事をしていく上で重視されない)ものもあるため、どのスキルを身に着けるか悩んだ時には出来る限り汎用性があり、何にでも応用できるものを優先するのが安パイです。

 

ただし、スキルの重要性の範囲は時代と共に移り変わっていくものの為、かつて重要視されたスキルが今でも同じく重要視されているとは限らないことに注意が必要です。

「資格の欄に何も書くことが無い!」と焦ってはいるものの、何をすればいいのか右も左も分からなくて不安だけが溜まっている方が、とりあえず外国語の習得に力を注いでいるのをよく見かけますが、これは必ずしも吉と出るとは言えないと思います。

というのも…

英語力は?AIに淘汰されるかも…

20年前であればここで「グローバル化する社会で生きるために、英語力を身に着けよう!」で話は終わりだったのですが、現代ではそうもいきません。

なぜかと言うと、極論すればAIなどの翻訳機能が発達していけばこうした外国語のスキルは必須のものではなくなってしまうからです。

もちろん外国語を学ぶことそれ自体に意味が無いとは思いませんが、これが仕事においてかつて叫ばれていたほど重視されるスキルかというと話が変わってきます。

翻訳技術が発達していくにつれて、TOEICのスコアだとか英検何級だとかいったスキルの市場価値は徐々に下がっていくでしょう。

留学に行った経験や、外国語を話せることが就活において圧倒的に強いアピールポイントだった時代は終わりを迎えつつあります。

もしも数年後、SiriやGoogleの音声認識機能での翻訳が非常に高いレベルで出来るようになったら、ビジネスの場において外国語を話せることは大した強みでは無くなってしまうかも。(今でいう「そろばんが出来る」程度に扱われる日は遠くないかもしれません)

プログラミングスキルならIT時代を生き残れる!

では今の時代、最も強みになるスキルとは何なのか。

2018年現在の価値観で伝えるならば、それはプログラミングスキルです。

 

外国語をプログラムによって翻訳することが可能になるのはそう遠くない未来の話かもしれませんが、そのプログラム自体を組む能力は外国語を勉強しても身に着けることはできません。

これからよほど大きなイノベーションが起きない限り、PCを用いてプログラムを組むことが出来るスキルは今後も重宝されるばかりか必須スキルになるかも…

今のIT時代を食いっぱぐれずに生き延びていくためは、まずプログラミングのスキルを身に着ける事が「安パイ」といえるでしょう。

未経験でもエンジニアになりたいならWebCampPROがアツい!

エンジニアという言葉を聞くと、どうも反射的に理系の専門分野というイメージが思い起こされる方が多いようです。

確かに一面的にはそうとも言えますが、プログラミングの教室に通えば文系や未経験者でもスキルを身に着けることはそう難しくありません。

世の中にたくさんあるプログラミング教室の中でも、最もお勧めなのはWebCampPRO!

未経験・初心者から3か月で即戦力エンジニアになれるだけのスキルを身に着けることができる、”転職・就職保証型”プログラミング教室・スクールです。

こうした謳い文句を聞くと、「たった3か月で能力が身に着くの?」「もし勉強したのに就職できなかったら授業料が無駄になっちゃう…」と躊躇ってしまう方も多いようですが、何も身構える必要はありません。

 

というのも、WebCampPROでは受講完了後、もし万が一3ヶ月以内に転職・就職できなかった場合は ”全額返金”に対応しています

これだけ強気な宣言が出来るのも、IT時代の現代は継続的にエンジニアの需要が伸び続けているから。

エンジニアは需要に対して供給が追い付いていない為、給料も他の職種に比べてかなり高額!安定した収入が見込めます

まさに現代の食いっぱぐれない職業の筆頭として挙げられるでしょう。

20年前、英語が話せれば就職・転職に困らなかったように、現在はプログラミングのスキルを持つ人は就職・転職には困りません

今自分に何のスキルも無いことが不安になっている方は、まずはプログラミングの勉強を始めることを強くお勧めします!

20代のうちにスキルを身につけて安定した人生を送ろう!

スマートフォンもタブレットも、今では当たり前のように生活に浸透していきました。

こうして拡大していくIT技術の根幹を支えているエンジニアは、これからも重宝されていくことは間違いありません。

日本ではまだまだエンジニアが不足している状態。

20代の今のうちにプログラミングのスキルを身に着けることは、同世代に比べて一歩リードすることを意味します

まだまだ周りに競争相手が少ない間に、WebCampPROでスキルを身に着け、手に職を持ちましょう!

安定した人生を目指して自分の能力を高めたいのであれば、兎にも角にもプログラミングのスキルを身に着けることをお勧めします。

>>公式サイトはコチラ