すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法14選

仕事で疲れてる人の特徴。対処法と精神的に楽な仕事まとめ

仕事に疲れてなんにもしたくないときってありますよね。

肉体的な疲れとはちがう、ずっしりと心に何かが乗っかっているような精神的な疲れ。

その疲れの原因は、やっぱり仕事という人が多いでしょう。

  • 仕事でミスばかりしてしまう
  • 毎日残業でぜんぜん休めていない
  • 職場の人間関係がめんどくさい

こんなことが続くと、疲れはどんどんたまっていきます。

この記事では、仕事で疲れやすい人はどんな人なのか、仕事で疲れたときにどうすれば楽になるのかを書いています。

仕事に疲れてどうにかしたいという人は参考にしてみてください!

仕事で疲れている人の特徴7つ

エンジニア転職

仕事で疲れるとどんな状態になってしまうんでしょうか?

日々の仕事で気づかないうちにストレスがたまり心のバランスがくずれると、あなたの生活はどんどん悪い方に変わっていってしまいます。

仕事で疲れた人はどうなってしまうのか、特徴をまとめたので当てはまることがないかチェックしてみてください。

 

また、精神的な症状の方はこちらの「仕事のやる気が出ない”最悪”の原因。うつになる前にやるべきこと」という記事でも解説していますので、ぜひ一緒に読んでみてください。

食欲がない

食べていないのに、ぜんぜんお腹が空かない。

はげしく体調をくずしたときのように、食欲がわいてこない。

疲れが原因で「お腹が空いた」と思うことがすごく減るということがあります。

ふつうは疲れるとお腹が空いたりするんですが、あまりにも疲れがたまると食欲がなくなってしまうんですよね。

逆に、食べても食べても満たされない、という状態になるケースもあります。

人とうまく話せない

「楽しくおしゃべり」をすることができなくなってしまいます。

気がつくと、話しているときに無理をしていて辛かったり、言葉がすぐに出てこなかったり。

ほんとうは思ってもいないようなことを話してしまったりします。

そんなことが続くと人に会いたくないと思うようになり、自分から人と会う機会をなくすように。

疲れがたまると余裕がなくなってこのような状態になるんです。

ふだんから笑えなくなる

意識しなくても笑っていたようなことで、笑えなくなります。

  • 体調わるいの?
  • なにか悩みでもあるの?
  • つまらなそうにしてるね

こんな風に言われることはありませんか?

笑えなくなっているとき、本人はあまり気づかないことが多いです。

でも周りの人から見たらいつもと違っておかしい状態なので、心配されます。

「あんまり笑わなくなったね」と言われたら、疲れがたまっているというサインかもしれません。

朝起きたときからゆううつ

1日のはじまりの朝、起きた瞬間からなんとなくゆううつ。

「今日もがんばろう!」と気合を入れる気が起きなくなります。

むしろ「また1日がはじまってしまった」と暗い気持ちになることも。

  • 朝ゆっくりコーヒーを飲んだり、朝食をとったりしたいのにそんな気力もない
  • ギリギリまで寝て無理やり身体をうごかす
  • 身だしなみに気をつかう余裕がない

通勤電車の中でもぼーっとしたり、このままどこかへ行きたいなどと考えてしまいます。

寝た気がしない

夜ふとんに入ってもなかなか寝付けないことが増えます。

寝ようと思っても眠れない。夜遅い時間でも眠くならない。

生活のリズムもどんどんくずれてしまいます。

朝起きたときに寝た気がしないと感じやすくなります。

二度寝をしても逆効果。

疲れをとるための睡眠なのに、疲れのせいでうまく眠れないという状態になってしまうんです。

休みの日も仕事のことを考えてしまう

1週間がんばって「よし休みだ!」と趣味のためにでかけても、ふと仕事のことを思い出したりして、気になってしまうようになります。

休日くらい仕事のことを忘れたいのに、

  • あれはどうなったのかな
  • なにか問題が起こったりしてないだろうか?
  • つぎ出勤したときにやるべきことは‥

といろんなことが頭をよぎってグルグル考え込んでしまうときってないですか?

家族や恋人にもついつい仕事の話をしてしまって後悔したり、もめたり。

会社の外でも仕事にしばられているような感覚になってしまうんですよね。

すべてのことから逃げたくなる

「逃げたい、やめたい、なんにもしたくない」と思うことが増えます。

  • 会社をやめたい
  • 誰とも話したくない
  • 起き上がりたくない

など、何に対しても無気力になり、楽しいことが考えられなくなるんです。

これしたいあれしたいという前向きな気持ちがなくなると、自分がなにをしているのかわからなくなったり、生きている意味がわからなくなったり。

すべてがどうでもよくなって、逃げて楽になりたいといつも考えるようになります。

この状況が悪化するとうつ病を発症してしまう可能性も。

 

そうなってしまわないためにも、早いうちに転職を考えましょう。

[テキストマイナビエージェント]ではあなたの希望に合った仕事をプロが一緒に探してくれます。

うまく休める人と疲れやすい人の違いとは?

仕事で疲れている人の特徴、当てはまるものはありましたか?

たくさん当てはまった人ほど、仕事の疲れがたまっているといえます。

でも同じ会社で働いているのに、疲れにくく、上の状態に当てはまっていない人っていませんか?

あまり仕事のプレッシャーに苦しんでいなかったり、いつも前向きな発言をしていたり。

同じ仕事をしてるのに、自分とちがって余裕がありそう。

そんな人をみると不思議に思うと同時に、うらやましいですよね。

疲れにくい人は休むのがうまい人です。

じゃあうまく休める人と疲れがたまりやすい人はどんなところがちがうのでしょうか?

 

まず、仕事との向き合い方がちがいます。

疲れやすい人は責任感が強く、真面目すぎるところがあります。

  • このプロジェクトは絶対に自分が成功させなければ
  • 今日は残業してでも仕事を終わらせよう
  • ほかの人に迷惑はかけられない

よくこんな風に考えてしまう人は、がんばりすぎて無理をしてしまうことがあって疲れやすいんですよね。

それに対して疲れにくい人は、「つらくなる前に気づいて、休めるときに休む」ということをしています。

がんばれるときはがんばって、そうじゃないときはすぐに休む。

そうやってメリハリをつけて仕事してます。

メリハリをつけられるのは、先をみて仕事をしているからです。

目標を決めて仕事に取り組んでいたり、仕事を通してどういう自分になりたいかというビジョンを持っていたりします。

ビジョンがないと、目の前のことでいっぱいいっぱいになり「自分はなんのために仕事しているんだろう」と考えて不安になってしまいます。

その不安が焦りにつながって、精神的につらくなってくるんです。

 

あとは、もともとの性格として人付き合いが苦手な人は仕事の疲れもたまりやすいですね。

会社は人がたくさんいる組織なので、人間関係に気をつかわなければいけません。

付き合いの飲み会や理不尽な上司、扱いにくい部下。

人付き合いが苦手な人は建前ばかりの会話はすごくめんどくさいし、疲れます。

 

そうでなくても会社の人って距離感がむずかしいですよね。

気をつかいすぎて知らず知らずのうちにストレスがたまってしまいます。

くらべて疲れにくい人は、会社の人とのコミュニケーションが上手です。

相手を怒らせたりしないで本音を伝えることができます。

人との関わり方に無理をしてないので疲れることがないんですよね。

 

それから意外なところだと寝る前の過ごし方にちがいがあったりします。

あなたは夜寝る前に、考え事をしたりスマホを見たりしてませんか?

眠れなくなる原因として、夜になると考え込んでしまうというのがあります。

夜はネガティブになりやすいといわれ、寝る前になにか考えていると不安になってくることが多いです。

不安な気持ちになると眠れなくなり、疲れをとることができなくなるんです。

スマホを見ないほうがいい理由も同じで、画面を見ることで目がさえて眠れなくなるため、寝る前のメールやゲームは良くないといえます。

寝る前に睡眠の邪魔になることをしない人は、寝つきが良くゆっくり休めるので疲れがたまることがありません。

仕事に疲れたとき・辞めたいときの対処法9選

エンジニア転職

じゃあ仕事で疲れがたまってしまう人はどうすればいいんでしょうか?

性格的に疲れがたまりやすい、もうすでに疲れきっているという人に向けて対処法をいくつか提案します。

できそうなことから試してみてください。

 

もしくは仕事のストレスで疲れが溜まっているとわかっているのであれば「仕事の疲れが取れない人へ。誰でもストレスが軽くなるカンタンな対処法まとめ」でストレスを軽減する方法をチェックしてみましょう。

誰かに話す

仲のいい友達や親など、誰でもいいので気を許せる人に弱音を吐いてみる。

仕事のことを関係ない人に話しても意味がないとおもうかもしれませんが、話すだけで自分が楽になるということはよくあります。

ふだん仕事で無理して話している人は特に、思っていることをそのまま話すことで心が落ち着くはず。

 

身近にそういう人がいないなら、カウンセリングに行くのもいいでしょう。

どう思われるか気にする必要がないので、誰にも言えなかったようなことを言えるかもしれません。

 

自分で「これは本当にヤバい」と思ったら病院の精神科に行くのもアリ。心の病気になってしまったら、無理せず病院で薬をもらってください。


カウンセリングや精神科に行く勇気がない人は気軽に話せる[ココナラチャット]で話を聞いてもらいましょう。

自分の心の状態をみて、誰かに話をきいてもらうことが大事です。

ちゃんと食べる

ぜんぜんお腹が空かなくてもとりあえずなにか食べてみる。

疲れて食欲がなくなってなにも食べないと、元気が出なくてどんどんわるい循環になっていきます。

精神的な疲れから身体までだめになってしまったら、復活するのがとてもむずかしくなってしまいます。

そうなる前に、少しずつでも食べておくことをおすすめします。

最初は栄養のあるものじゃなくても、自分のいちばん好きなものなどを食べるのがいいかもしれませんね。

はやく寝てみる

やるべきことも全部あとまわし。なにも考えずにはやく寝てみる。

やっぱり疲れをとるのに睡眠は外せません。

この日!と決めた日に、すぐに帰ってお風呂に入ってはやく寝ましょう。

緊急なもの以外は連絡もあとまわしにして、優先するべきことはまず睡眠。

眠りやすくするために湯船につかったり、寝る前におすすめとされている音楽をかけたりするのもいいとおもいます。

気分転換になることをする

少しの時間でも仕事のことを忘れられるようなことをする。

本を読んだり、好きな音楽を聴くなんていうのは手軽でいいかもしれません。

あとはちょっと外に出て、映画を観るという手もあります。

DVDでもいいですが、思いっきり笑ったり泣いたりするとスッキリするはず。

 

あとはめったにしないことをしてみるのもいいと思います。

行ったことのない遠くの地にひとりで行ったら、あたらしい人やもの、自分に出会える可能性は高いです。

前向きな気分になれるかも。

運動する

無理のない範囲でかるい運動をしてみる。

誰か誘ってスポーツするのもよし、ひとりでジムに行ってみるのもよし。

家での軽い運動なら、ヨガなんかもおすすめです。

youtubeに動画がたくさんありますからね。

 

身体をうごかすとそれだけで元気が出てくることがあります。

食欲がわいてくるかもしれないし、汗を流したらスッキリして心も晴れるかもしれません。

しばらく運動らしい運動をしていない人は少し身体を動かしてみましょう。

自分と向き合ってみる

いちど自分の気持ちとちゃんと向き合ってみる。

自分がなにに苦しんでいるのか、どうしたいのかを考える時間をつくることは大事です。

仕事のことばかり考える生活をしていると、自分のことが見えなくなりがちです。

自分の気持ちを整理すると、将来に希望がみえて明るい気持ちになれるかもしれません。

自分をほめてあげるようにすると仕事への意識も変わるはず。

人間関係を減らす

人間関係に疲れているなら、思い切って関わる人を減らしてみる。

「この人の前だと無理しちゃうな」と思う人とは距離を置いてみるといいですよ。

付き合いの飲み会を減らしたいけどなかなか上手に断れなくて悩んでいませんか?

そんな人は「すぐに使える!付き合いの飲み会に行きたくない時の5つの言い訳」を試してみて下さい。

本音で話せる人はひとりでもいればいいんです。

話したくない人と話さなくなるだけで人との付き合いに前向きになれますよ。

目標をつくる

仕事をするにあたって目標をつくる。

  • 仕事を通して自分はこんな風に成長したい
  • これが欲しいから買えるように頑張ろう
  • 〇〇のために仕事をしよう

たとえばこんなことを自分の中で決めておくだけで、仕事に対してやる気が出るとおもいます。

自分にとって仕事をするときのモチベーションはこれ!というのを決めることは大事です。

思い切って仕事を変えてみる

もうあなたが変わっても今の状況が変わらないなら、職場を変えてしまうのがいいです。

なにごとにも向き不向きがあります。

自分に合った仕事をすればストレスを感じることもなくなるし、仕事をたのしいと思えるようになります。

 

あなたが疲れてしまうのは仕事が合ってないだけかもしれません。

今の会社の人たちが合ってないだけかもしれません。

自分がだめなんだと思わず環境に問題がないかを考えてみてください。

原因がわかったら思い切って今の会社をやめて転職しましょう。

 

まずは[テキストマイナビエージェント]で転職のプロに相談です!

あなたにぴったりの仕事がきっと見つかりますよ。

 

とは言え、会社によってはそんなにスムーズに辞められない場合もあるでしょう。

そんな時は[退職代行サービス]がおすすめです。
あなたに代わって退職手続きを円滑に行ってくれるので、何の心配もありませんよ。

精神的にも体力的にも疲れない楽な仕事5選

エンジニア転職

気持ち的に追い込まれにくい仕事ならストレスなく働けるはず。

できるだけ苦しまない楽な仕事を5つ紹介します。

1.マンションの管理人

マンションの住人が暮らしやすいように管理する仕事です。

基本的には掃除をしていたり、受付に座っていたりします。

あとは季節によってエントランスの飾りつけをする管理人さんもいます。

ゴミ出しなどのルールを守ってもらうよう呼びかけたりするのもいつも見ている管理人の仕事のひとつ。

わりと世話好きだという人には向いてるかもしれません。

マイナビエージェントで上記の職を探す

2.工場

工場のライン業務といわれます。

基本的に、同じ場所で同じことを繰り返す仕事です。

自分で考えて率先してやるというのが苦手な人や、仕事がおそいけど丁寧だといわれる人に向いているのがこの仕事。

言われたことならきちんとできる丁寧で真面目な人に合ってます。

マイナビエージェントで上記の職を探す

3.清掃員

オフィスビルや駅の中でよく見かけますよね。

仕事内容は単純で、まあそのままなんですが清掃をします。

掃除そのものに嫌な気持ちがなければだいたいできます。

細かいところにまで気がつく人はやってみるといいかもしれません。

マイナビエージェントで上記の職を探す

4.般事務

会社内の雑務をこなします。

電話や来客の応対をしたり、コピーをとったり、書類をつくったりするのが主な仕事です。

仕事の範囲は広いですが、ほとんどが上司から頼まれたことをやる簡単なものが多いです。

言われたことをやるというのが出来れば問題ないので、不安なくできる仕事といえます。

マイナビエージェントで上記の職を探す

5.農業

インターネットを使う仕事に疲れた、合わないと思う人におすすめしたいのが農業。

だいたいは同じことをするけど工夫の余地もあるので、たのしいと思います。

もともと庭いじりが好きだったり、自然との触れ合いをもとめていたりする人にとてもおすすめですよ。

やってみたら意外と新しい自分に出会えるかもしれませんね。

マイナビエージェントで上記の職を探す

仕事と上手に向き合えないなら思い切って転職を!

いかがでしたか?

自分でも気づかないうちに仕事の疲れはたまっているものです。

疲れにくい働き方や自分に合ったリフレッシュ法で上手に仕事と向き合いましょう。

それでも会社が合わない、環境を変えたいとおもうなら転職を考えてみるのがいいとおもいます。

f:id:bun1125:20170801221316j:plain

少しでも「転職しようかなあ」と思ったら、転職サイトに登録しておくといいですよ。

「マイナビエージェント」なんかおすすめですね。

求人掲載数が多いので理想どおりの仕事にめぐりあえると思います。

 

選択肢が多くても、エージェントの徹底したサポートがあるので、上手に仕事を探すことができますよ。

あなたにぴったりの、疲れない職場を見つけましょう。

もうストレスのたまる仕事は辞めて、自分に合った環境を見つけませんか?

マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ