仕事の疲れが取れない人へ。誰でもストレスが軽くなるカンタンな対処法まとめ

最近疲れやすくなったなあ」なんて思うことはありませんか?

朝起きて仕事に行こうとしても

  • あれ、疲れが取れてない‥
  • なんとなく身体がだるい
  • 寝たはずなのにねむい

と、疲れが取れない状態になってしまっている人は少なくないのでは。

 

この記事では、疲れが取れない状態になってしまう原因と、ストレスにどう向き合っていくかを書いています。

なくならない疲労感に悩まされている人は必見です!

休んでも取れない疲れ

なんか疲れがたまっている気がして、早めに帰って寝てみる。

でも次の日、休んだはずなのにまだ疲れが取れてない。

こんなことがつづいてませんか?

「最近ゆっくり休んでないなあ」なんて思ってせっかく休みをとったのに、疲れが取れないなんて悲しいですよね。

 

「疲れたら休めといわれているから休んだのに、疲れてるってどういうこと?」と疑問に思うはずです。

疲れの原因がわかっていないと対処するのはむずかしいです。

休んでも取れないあなたの疲れ、なにが原因なんでしょうか?

疲れるのは仕事が合っていないから?

休んでも余計に疲れた気がする時ってありますよね。

それって日々の仕事で身体だけじゃなく心が疲れてるからかもしれません。

精神的なストレスを抱えていたとしたら、身体を休めただけでは疲れが取れないことがあります。

 

仕事でストレスがたまってしまう原因はいくつかありますが、いちばんは人間関係。

会社は人が集まってできているので、気をつかう場面がたくさんありますよね。

たとえば気分屋な上司がいたら、ごきげんをとるためにいつも顔色をうかがわなければいけなくて、いちいち発言に気をつかうと思います。

仕事だったら相手に話を合わせなければいけない時だって結構ありますよね。

同僚からの嫉妬やいやがらせと戦っている人もいるかもしれません。

 

それから業務内容。

時間や能力に見合ってない仕事量に頭をかかえていませんか?

人が足りないなどの理由で休むこともできない状況におかれていると、精神的にも圧迫されてしまいます。

疲れで仕事もはかどらず、終わらないという負の連鎖です。

 

精神的ストレスがたまるのは、その環境や仕事が合ってないからなんですよね。

ストレスへの対処法

仕事でたまりにたまったストレス、どうやって解消すればいいんでしょうか?

「仕事でたまりやすいのは身体ではなく精神的なストレスだとわかっても、どうやってなくせばいいのかわからない」という人もいますよね。

そんな人のために、心にかかえたストレスに効果的な対処法を紹介します。

できそうなことからやってみてください。

睡眠の質を上げてあたまを休ませる

ちゃんと寝たのに寝た気がしないというときは、睡眠の質がわるくて脳が休めていません。

睡眠の質は、寝るまえの行動におおきく左右されます。

 

夜になると、ついつい考え事をしてしまうなんてことありませんか?

寝るまえにあたまを使うと、モヤモヤしてなかなか眠りにつけなくなってしまいます。

また、夜に考え事をするとネガティブになってしまう傾向にあるので、考えなければいけないことは明るい時間、あたまがスッキリしているときにしましょう。

身体を動かす

ふだん動かないという人は、疲れない程度の運動をしてみましょう。

室内にひきこもってばかりの人なら、ちょっと外を散歩するだけで気持ちが晴れるはず。

負担にならなそうなら、走ったりジムに行ったり自分の得意なスポーツをやってみるのもおすすめです。

ヨガやストレッチが手軽にできてスッキリしやすい運動だと思います。

思っていることを書いてみる

あたまの中がいつもごちゃごちゃしているせいで変な考えごとをしてしまうことってないですか?

整理されてないあたまでなにか考えてみてもゴールが見えてくることはありません。

日々思ったことや考えたことを紙に書いてみると、気持ちが整理されてあたらしいことに気づけたりします。

あたまをスッキリさせるために一度書き出してみましょう。

仕事中にできる疲れをためない習慣

対処法もわかって精神的にすこし楽になっても、仕事をしている限りこれからもストレス問題はつきまといます。

ふだんから疲れがたまらないように気をつける必要があるんですよね。

 

日々のちょっとした工夫でストレスとうまく付き合っていきましょう。

仕事中にできる疲れをためない習慣にはどんなものがあるでしょうか?

仕事に責任を感じすぎない

真面目な人って「この仕事は自分にかかってる」「ぜったいに失敗できない」と思いすぎてしまう傾向にあります。

そういう気持ちが強いと不安をかかえることにつながり、知らないうちに心にどんどん負担がかかってしまいます。

もちろん責任感をもつのは大切なことですが、考えすぎるのはよくないです。

もうすこし気楽にやってみたらいいかもしれません。

会社の人との距離をきめる

会社の人間関係で無理をしていませんか?

みんなのごきげんをとったり仲良くしなきゃと思っていたりすると人疲れしてしまいます。

仕事をする上でまわりの人を無視できないのはわかりますが、あくまで仕事という意識を持ちましょう。

適度な距離をたもつことでそんなに気をつかう必要がなくなるはずです。

楽な方法を考える

楽に仕事する方法を考えましょう。

楽をするというと聞こえはわるいですが、効率的に仕事すると考えればいいです。

がむしゃらにやるんじゃなく、できるだけ少ない作業量で仕事を片付ける方法を考えます。

無駄をどんどんなくすことで疲れも減っていきますよ。

仮眠をとる

休み時間をどのようにつかっていますか?

ぼーっとしたり考えたりしゃべったりしている人が多いかと思いますが、すこしでも仮眠をとってみるのをおすすめします。

寝ているあいだにあたまの中が整理されて思考がクリアになるので、その後の仕事もはかどります。

適度に休むことで疲れをためないようにしましょう。

自分に合った仕事でストレスフリーな日々を!

いかがでしたか?

疲れがとれない原因をつきとめて、まずはストレスを解消しましょう。

どんなことがストレスにつながるのかわかったら、ためるまえに対策をします。

ちょっと過ごし方を変えるだけで精神的な疲れかたがかなり変わるはずです。

 

でももし「工夫しても状況が変わらない」「会社のやり方に合わず改善できない」なら、環境を変えるしかないですね。

人間関係や仕事の仕方など、いまの会社に問題があってどうにもできないなら転職を考えましょう。

あなたが無理に合わせなくても、気楽に仕事できるところがあるはず。

f:id:bun1125:20170801221316j:plain

理想の仕事を見つけるために、まずは転職サイトに登録しましょう。

よりあなたに合った職場を探すなら求人数が多い「マイナビエージェント」がおすすめ。

数ある転職サイトの中で、求人の多さはダントツです。

 

登録者ひとりひとりに、転職のプロであるエージェントのサポートが付きます。

そのおかげで大量の求人の中からでも自分に合った仕事を見つけることができます。

ストレス疲れに悩むあなたにぴったりのラクな職場に出会えるはずです。

 

転職して自分に合った環境でストレスフリーな毎日を送りませんか?

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ