UTRUST(UTK)の買い方!ブロックチェーンを用いた売買プラットフォームは今の決済環境で勝てるのか?

こんにちはぶんたです。

今回購入したのはこちらのUTRUST。

もうとりあえずその時の売買量で選びました。

最近はプロダクトのロードマップも見るようにしているので「今は高くてもとりあえず買う」という選定でやっています。

いや、本当は手堅くいきたいんですが、Kucoinどれも高いんですもん!

あとチャートができたばっかのが多い!

本当は待ちたいけれど毎日1万円分買うことを課しているので…

ま、見てて面白ければいっかなーって感じです。損しても得してもネタになるしね。

スポンサードリンク

UTRUST(UTK)コインの特徴

UTRUSTコインは売買用のプラットフォームです。

売買用プラットフォームなんていくらでもあるじゃんと思ったんですけど、支払いにブロックチェーンを使っているのがミソ。

ブロックチェーンの特性により取引は全て改ざんできない状態で記録されるので、詐欺のリスクを下げることができます。

商品を購入しても届かないとか、クレジットカード情報を抜かれたとかそういう被害を防げるわけですね。

 

なんかあまり日本だとしっくり来ませんが、こういうのって海外だと素晴らしいサービスなんでしょうか?

詐欺が横行しているような発展途上国に導入されると良いサービスかもしれませんね。

 

また、支払いにはUTRUST以外の仮想通貨も対応しているようです。

とは言え、仮想通貨は変動すごいからなー…。これを解決しない限り実用は難しそう…。

UTRUST(UTK)コインのチャート傾向

UTRUSTコインのチャートはコチラ。

こちらも上場して間もないコインですね。

UTRUSTコインのロードマップを見てみたのですが、どうやら2018年にアプリが実装されるそうで、それに伴って取引高も増えています。

いつ実装されるのかはわかりませんが、長期で見たら上がるのかな。

ちょっと微妙な位置で掴んでしまいましたが、まだチャートも出来上がっていませんし、次の発表まではとりあえず掴んでおこうかと思います。

UTRUST(UTK)コインの買い方

最後にUTRUSTコインの買い方を説明しておきます。

開設方法こちらの「Kucoinの登録方法を画像付きで解説」でわかりやすく解説しています。

まずはKucoinの取引所を開設します。

右上の「新規登録」を押してアドレスを入力するとメールが届くのでリンクにアクセスし登録完了です。

あとは「資産」をクリックしたら、サイドバー「入金」をクリックして「ETH」のアドレスを表示。

Zaif等から送金しましょう。

※Zaifの登録がまだの方にはこちらの「Zaifの登録方法を画像付きで解説」という記事でわかりやすく解説していますのでぜひ読んでみてください。

送金が完了したら「マーケット」から「UTK」を検索し購入します。

 

というわけでUTRUSTコインの紹介でした!!

イマイチ日本で使われている風景がピンと来ませんが、OmiseGoとかも発展途上国で普及してあそこまで大きくなってますしね。

今後に期待!

それでは!!!