EOSコイン!大企業導入を検討しているなんだか難しい仮想通貨を購入!

こんにちは毎日絶賛草刈り中のぶんたです。

早々に飽きるかと思ったんですが、意外と飽きないものですね草コイン漁り。

いや、本当はこの記事を上げる直前までは結構飽きていたんですよ。

正直英語とか苦手だし、よくわかんないコイン多いし、なんかもうね…。

でも10日間の収支とそれぞれの倍率を計算したらなんだかそんな気持ちは吹き飛びました。

要は金です。

金なんです。

金が儲かるなら草コイン漁りも全然飽きません。

というわけでだいぶゲスいカミングアウトをしたあとで申し訳ありませんが、今回はこちらのEOSコインを購入しました!

キャノンじゃないですよ!仮想通貨です!笑

スポンサードリンク

EOSコインの特徴

EOSは比較的新しい通貨で発表は今年2017年です。

分散型アプリケーションだそうですが、うん、まあこれだけだとイマイチわかりませんね。僕もよくわかっていません。

なんかこの技術を大企業が使えるように設計されているらしいのですが…

まあ、要するに非中央集権型システムを企業が使えるようになるってことですかね。

システム自体をブロックチェーン的な流れで動くようにして、企業側がサーバー管理する必要がなく、ユーザーが参画することでシステムが成り立つ的な。

確かに大企業レベルじゃないと使えないかもしれません。

 

パッと思い浮かんだイメージですが、ソーラーパネルを搭載した自宅などのプラットフォームに導入して、電気代を分散させたり、余剰分を計算に使用してマイニング的役割をさせたりとか…でしょうか?

うーん、ブロックチェーンは難しい。

EOSコインのチャート傾向

そんな感じで難しい技術であるこちは百も承知なので、凡人の僕は売買量を見て購入しました。

チャートはコチラ。

見てわかる通り、アゲアゲです。

乗り遅れた感がかなりしますねー…。

ただ他の最近上がっている通貨と違うのは12月に入ってから一気に上がっているわけではなく、しばらくずーっと上昇傾向であること。

この違いってのは結構大きいと思っています。

少しずつ少しずつ地盤を固めながら確実に拡がり、そして価格が上昇していく。

TRONもそうですが、こういった先の長そうなコインは長期保有一択ですねえ。

来年に期待です!

スポンサードリンク

EOSコインの一番安い買い方

EOSコインの一番安い買い方を説明しておきます。

今回もBINANCE世界で一番大きな取引所です。

まずはBINANCEにアクセスしてアドレス等を入力し登録。

日本の取引所と違って一瞬で登録可能です。

BINANCEの登録方法を画像付きで解説

「海外の取引所だし…」と心配な方に向けてこちらの記事でBINANCEの登録方法を解説しています。

>>「BINANCEの登録方法を画像付きで解説」

その後、coincheck等からコインを送金してください。

coincheckからBINANCEへの入金方法を画像付きで解説

「入金の仕方がわからない!」と言う方に向けてこちらの記事でcoincheckからBINANCEへの入金方法を解説しています。

>>「coincheckからBINANCEへの入金方法」

EOSコインはビットコインかイーサリアムで購入可能ですが、今はビットコインの送金手数料が高いのでイーサリアムで購入することをおすすめします。

送金が完了したらまずはBNBコインを購入しましょう。

こちらはBINANCE内の通貨で、BINANCEで取引する際の決済手数料として使用できます。

これを使うと決済手数料が半額になるので、お目当てのコインを買う前にBNBを購入しておくと良いでしょう。

 

購入後はトップページから「EOS」で検索。

あとは送金したコインでEOSを購入するだけ!

>>BINANCEの登録はこちら

BINANCEの登録方法を画像付きで解説

「海外の取引所だし…」と心配な方に向けてこちらの記事でBINANCEの登録方法を解説しています。

>>「BINANCEの登録方法を画像付きで解説」

というわけで伸びしろコインEOSの紹介でした!

仮想通貨は技術の面を考えると難しいものが多すぎですが、単純に一攫千金を狙うだけなら誰でもできますし最高のエンターテイメントになりますね!

みなさんも草を生やして億りましょう!!

ではでは!!!