仕事が憂鬱になってしまう3つの根本的な原因と5つの解決策

「仕事に行くの憂鬱だな〜」と感じたことはありませんか?

毎日、これから仕事か〜と考えてはイヤになる。

休み明けはなおさら、仕事モードに切り替えるのが憂鬱で仕方ないですよね。

 

「もう仕事行きたくない‥」「出勤するのめんどくさい‥」

そんな憂鬱を乗り越えていくための対策を5つ紹介します。

「もう仕事辞めたい」「この憂鬱を吹き飛ばしたい」と感じている人は必見ですよ!

朝から仕事が憂鬱で起きれない

朝起きたときから、身体も意識も鈍くてとにかくダルい。

眠いわけではなさそうなんだけど、仕事が憂鬱で起きれないんですよね。

 

毎日のように続く憂鬱な朝に、

  • どうにかして仕事を休みたい
  • どこかへ行ってしまいたい
  • もう辞めたい

と思っている人は少なくありません。

 

でもほとんどの人がこういう気持ちがあるにも関わらず、必死に耐えて仕事へ行っています。

イヤだイヤだと思いながら我慢して仕事を続けるのってすごくストレスがたまることです。

どうしてこんなにも仕事が憂鬱になってしまうのでしょうか?

 

なぜ憂鬱になってしまうのか

仕事が憂鬱なのは「なんとなく」と感じている人は多いですが、実は理由があります。

「これがイヤだから仕事に行きたくない」というものがあなたのなかにあるんです。

でも多くの人はその原因がわからずそのままにして、ため息をつきながら仕事しています。

 

そんな憂鬱の原因になるものをいくつか挙げていきます。

当てはまるものがないかチェックしてみてください。

通勤がめんどくさい

毎朝の通勤、めんどくさくないですか?

満員電車に揉まれながら立ちっぱなしのあの時間。

暑いし、カバンはどこかへ行くし、クツはなんども踏まれるしで本当に不愉快ですよね。

また今日もあの地獄をぬけて会社に行くのかと、憂鬱になることでしょう。

 

「あーどこでもドアが欲しい!」と本気で考えてしまいます。

会社に行く前からもうめんどくささマックスです。

職場の人間関係がわるい

職場のめんどくさいことに必ずと言っていいほど入っている人間関係。

イヤミな上司やなにもしない部下、ミスばっかりの同僚。

嫌いな人がいたら、すれちがうのもイヤですよね。

 

人間関係がめんどくさいと仕事にぜんぜん集中できないし、やる気も起きません。

「よしやるか!」と気合をいれるのもむずかしく、ダラダラと憂鬱な時間が過ぎていきます。

仕事自体が嫌い

そもそも仕事がイヤ。いまの会社が嫌い。

向いてないからできないし、好きじゃないからはかどらない、やりがいもない。

もしくは給料や会社の方針が気に入らない。

 

仕事そのものに不満が多ければ仕事に行きたくないと思うのは当然です。

やりたくないことや向いてないことをがんばり続けるのはほぼ不可能だと思います。

「仕事を辞めたい」と思いながら働き続けていませんか?

憂鬱にならないための5つの対策

あなたの憂鬱の原因はわかったでしょうか?

「朝起きたくないな〜」「仕事行きたくないな〜」と思うのにはちゃんと原因があるのでハッキリさせておくべきです。

その上で、これからどうやったら憂鬱な気持ちがなくなるのか考えてみましょう。

 

仕事にやる気を出したい人のために、もう憂鬱にならないための対策を5つ紹介します。

休みの日に活動する

仕事で疲れたからと、休日ダラダラと過ごしていませんか?

身体を休めるつもりでしているその過ごし方が、余計に疲れさせているかもしれません。

なにもしないでいるより、気分転換になりそうなことをしてみましょう。

 

積極的に身体を動かすためにスポーツをしてみたり、映画やショッピングなどの出かける予定を入れてみたり。

いい感じに心がリフレッシュされれば、仕事への切り替えもうまくできます。

朝の楽しみをつくる

だいたい憂鬱な気分になるのって朝ですよね。

起きたあと、家を出る前、朝になにか楽しみになることをつくってみましょう。

朝ごはんをゆっくりとるとか美味しいコーヒーをのむとか、好きなことを朝することで憂鬱な気分をふきとばします。

睡眠の質を上げる

寝不足じゃないのにスッキリ起きられないのは、睡眠の質がわるいからです。

質を上げない限り、何時間寝ても疲れがとれることはありません。

 

寝る前にコーヒーを飲んだり、スマホの画面をみたりしてませんか?

帰ったらあまり余計なことはせず、お風呂に入ってすぐ寝るようにしましょう。

お酒を飲みすぎるのもよくないです。翌朝のダルさがひどくなります。

やることをハッキリさせる

仕事をサクサクやる気になれないのは、あまり考えずになんとなく仕事しているからです。

なんか気乗りしない、と思っているならやることを書いてリストをつくりましょう。

ひとつひとつの作業がわかりやすくなってモチベーションが上がりますよ。

自分が得意じゃないことを先にやったり、逆に後回しにしたり、優先順位を決めることも大事です。

転職する

「行きたくない、辞めたい」なら、辞めてしまってもいいと思います。

一度辞めたいと思ってしまうと、なにかあるたびに辞めたい思いは膨らんでいき、我慢できなくなってきます。

憂鬱な気持ちをかかえたまま仕事に行くとどんどんストレスがたまり、精神的にこわれてしまう結果に。

 

そうなるくらいならまだ動けるうちに転職活動をはじめた方がいいです。

あまりにもツライなら辞めるのも現実的に考えてみましょう。

さいごに

毎日憂鬱でしかたないという人は、行動で自分の気持ちをコントロールしなければいけません。

憂鬱になってしまう原因をつきとめて、しっかり対策していきましょう。

 

もういまの仕事じゃやる気を出すのがむずかしいようなら、次の仕事を探しはじめることをおすすめします。

行きたくないと思う気持ちをおさえながら毎日通勤するのはやめませんか?

 

仕事が変わったらいままでの憂鬱がウソみたいになくなるかもしれません。

仕事でワクワクしたいなら転職も視野に入れていきましょう。

 

転職を少しでも考えるなら転職サイトに登録しておきましょう。

やる気の起きなくなってしまったあなたでも、たのしく働けるような会社はたくさんあるはずです。

それを見つける手助けとして、転職サイトはかなり役立ちます。

 

f:id:bun1125:20170801221316j:plain

おすすめは「マイナビエージェント」です。

たくさんある転職サイトの中でもトップの求人掲載数。

きっと今まで視野に入れてなかったような仕事にも興味がわいてきますよ。

 

それだけ求人数が多くても、ひとりひとりにエージェントがつくのでベストな会社が見つかるんです。

転職に詳しい人がサポートしてくれるなんて心強いですよね。

もう忘れかけていた「仕事したい!」というワクワクした気持ちをまた味わえるかもしれません。

 

登録して求人を見てみるだけでも、仕事へのやる気が変わる可能性も。

「やってみたい」と思える仕事があったら、すぐに転職活動をすればいいんです。

憂鬱に感じていたことなんて忘れて、いきいき働ける場所がきっと見つかるはずですよ。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ