仕事で我慢するのはもう限界。理不尽なことを我慢しないで働くための3つの方法

仕事で我慢することが多いとストレスがたまりますよね。

イライラしたり疲れたり、会社に行きたくなくなったり。

「どうして自分ばっかりこんなに我慢しなければいけないんだろう」

こんなことを何度も考えて、イヤになることはありませんか?

 

ずっと我慢をし続けると、心に大きな負担がかかっていきます。

自分の中にためこんでいくうちに大きくなって、あるとき爆発して鬱になってしまったりするんです。

 

この記事では、我慢の限界がきてしまう前に考えてほしいこと、知っておいてほしいことをまとめました。

もうあなただけが我慢しなくてもいいんですよ。

 

理不尽なことをどこまで我慢するべきか

毎日のように起こる理不尽なこと、どこまで我慢してどこからは拒否してもいいんでしょうか。

 

「なんでわたしが?」と思うことがよくあったり、いいように使われていたり、責任をなすりつけられたり、理不尽な扱いをいつも受けていませんか?

それでその場がおさまるならとなにも言わないようにしている人は多いと思います。

でもどこまで我慢すればいいんでしょうか。

いつまでもそのままでいるなんて辛いですよね。

 

我慢できることの基準は人それぞれ。

あなたが負担に感じることなら、我慢する必要はありません。

自分の仕事ついでにできることは請け負うようにするとか、心当たりのないウワサには聞く耳をもたないようにするとか。

無駄なエネルギーをつかわずに避けられるトラブルは避けるようにします。

 

「もう会社に行きたくない」「誰とも話したくない」と思ってしまうような、仕事に支障がでるくらいのことはどんどん拒否していいです。

たとえばサービス残業や押し付けられた仕事、行きたくない食事への誘いは断っていいんです。

あなたが我慢しても、あなたにいいことは絶対にありません。

我慢しないで働くための3つの方法

「我慢したくないことは我慢しなくていい」と思っても、なかなか職場で好きなように振る舞える人っていないですよね。

  • 人にガツンと言えない
  • 立場が弱くて発言権がない
  • 目立つことをしたくない

こんな人がいつも損をしてしまっています。

どうしたら我慢せずに働くことができるんでしょうか?

 

あなたが我慢をしなければいけないのは、人間関係に問題があるからです。

あなたの人間関係をもっと楽にするために、これから書いていくことをやってみてください。

自分は自分と思って割り切る

無理して人と関わろうとしなくていいんです。

仕事で信用できないなと思った人とは、普段からコミュニケーションをとらないようにしましょう。

 

大事なのは無視をしたりするのではなく、最低限の関わりかたをするということ。

そうすれば仕事にさしつかえることなく面倒ごとを避けられます。

あなたが余計な会話をしなくなれば相手もしなくなるはずです。試してみてください。

上司に相談する

理不尽な扱いやめんどくさい人間関係について、友人や同僚に愚痴ったりしてませんか?

そんなことをしても状況は変わりません。

むしろ、愚痴られて不快な思いをする人が増えます。

愚痴が上司に伝わって、さらにめんどくさいことになるなんてことも考えられます。

 

本当に困っているならきちんと職場の上司に相談しましょう。

上司のことで悩んでいるならさらにその上の人に相談すればいいです。

転職する

人間関係の修復がたいへんな場合は転職してしまう方が手っ取り早いです。

いまの身の回りをどうこうするより環境まるごと変えてしまいましょう。

たまたま、今の職場の人たちとは合わなかったというだけかもしれません。

思い切って転職して、人間関係をリセットしてみてはどうですか?

辞める前に知っておきたいストレスの原因5つ

「よし、いまの仕事を辞めよう」

と思っても、いまあなたが抱えている問題の原因がちゃんとわかっていなければ、同じことが起きてしまいます。

せっかく環境を変えたのにまた我慢しながら仕事するなんてイヤですよね?

あなたが我慢できないほどストレスがたまってしまった原因を知っておきましょう。

原因として考えられることを挙げていきます。

言いたいことを言えてない

言いたいこと、特にネガティブなことを言えない。

「つらい」とか「できない」という言葉を口に出すことに抵抗があって、誰にも言えない人っていると思います。

もちろんそんなことばっかり言ってる人は嫌われてしまうでしょう。

でも言った方がいいタイミングというのがあります。

 

それはどんな時かというと、自分を守らなければいけないときです。

  • 本当に無理な仕事を頼まれたとき
  • 人の助けが必要なとき
  • 精神的にこわれてしまったとき

こういうときに弱音をはいたり助けを求めたりするのを我慢すると、仕事もうまくいかないしストレスもたまります。

自分の中にため込みすぎて爆発してしまうんです。

評価を気にしすぎる

人にどう思われてるかがすごく気になってしまう。

いつも他人の目を気にして働くのって本当にやりづらいです。

特に、まわりの人みんなの顔色をうかがっている人。

そういう人は自分の考えで行動することができなくなってしまいますよね。

我慢することが増えてストレスで疲れてしまいます。

自分のことをわかってない

自分は何ができて何ができないかがわかっていない。

自分の能力をちゃんと知っておかないと仕事をなんでも受けてしまったり失敗してしまいます。

「なんでもしてくれる人」と思われていいように使われてしまうことも。

軸がないので人になめられやすくなります。

見下され、人間関係が悪化する原因になるんです。

お金のためと思いすぎている

仕事でイヤなことを全部「給料のため」と思って我慢する。

辛いことをぜんぶお金で解決しようとするクセがある人ですね。

 

「辛くても、お金のために我慢だ」と考えてしまっていませんか?

気持ちの問題を、「お金をもらってるから」と我慢し続けることはできません。

自分の辛い状況から逃げてるだけです。

思い込みが激しい

人間関係の問題でよくあるのが、思い込みで苦しくなるということ。

ちょっとしたことで「嫌われてるんじゃないか」「イヤミを言われてるんじゃないか」と思ってしまいます。

こうなってしまう人は考えすぎる真面目な人に多いです。

 

ネガティブな解釈をしてしまうのがクセになってしまってるんですよね。

これは本人が直さないと、どこに行っても同じ悩みを抱えることになります。

我慢して続けるくらいなら転職しよう

原因がわかったら、自分で変えられるところは変える努力をしましょう。

あなたが「変わろう」と思えば変われるはずです。

考えはできるだけ早くまとめて、すぐ行動に移しましょう。

 

「もう自分でどうにかできる問題じゃないな」と思う人は環境を変えるべき。

あたらしい職場への「転職」を視野に入れることをおすすめします。

我慢していれば解決するなんてことはありません。

あなたが我慢していることに多くの人は気づいていないんです。

 

我慢しすぎて限界がきたなら今すぐ転職して環境を変えましょう。

 

f:id:bun1125:20170801220253j:plain

 

あなたがのびのび働ける職場を見つけたいなら、まずは転職サイトに登録しましょう。

ほとんどの人は転職の経験がないはず。

仕事を辞めてあたらしく挑戦するのって不安ですよね。

 

そんな人にはサポートが強い転職サイト「リクルートエージェント」がおすすめ。

転職のプロであるエージェントがあなたの転職活動を手伝います。

面談や電話相談サービスで、転職の悩みや疑問をすぐに解決してくれるんです。

 

また、リクルートエージェントは数ある転職サイトの中でもかなりの求人掲載数を誇ります。

エージェントのサポートもあって、あなたの希望どおりの仕事が見つかるはずです。

もう我慢しながら仕事しなくてもいいんですよ。

あなたに合った職場で気の合う仲間とたのしく仕事しませんか?

>>リクルートエージェントの詳細・登録はコチラ