社長や上司にセクハラ被害を伝えたのに何も解決してくれない時にすべき3つのこと

セクシャルハラスメント(以下セクハラ)は、かつて社会問題となったこともあり、今ではほとんどの企業はセクハラに対して十分な注意を払い、昔のようなあからさまなセクハラは全体としては減少傾向にあるように感じられます。

 

しかし、セクハラはその定義自体が曖昧なものであるため、どこまでがセクハラなのかを判断するのが難しいケースも存在し、言葉によるセクハラはより一層判断が困難です。

元々セクハラと言われてイメージされていたのは、男性から女性に向けてでしたが、現在では女性から男性方向のセクハラも増えています。

 

厄介なのは、初めは自分も「まぁこのくらい世間話や雑談の範囲内か」と思っていたことが段々エスカレートしてくることで、本当に嫌な思いをしているのに、上司に相談しても「ちょっと過敏すぎるんじゃない?」などと聞き流されてしまう事

セクハラ被害の相談は怒りと同時に羞恥心も伴うものであるため、実際に相談するまでにはかなりの勇気がいります。

それを真剣に受け止めず、上司が何も解決してくれないときの絶望感って半端じゃないですよね。

周りが助けてくれないときに、自分でできる限りの対策・仕返しは一体何なのか。

今回の記事では、セクハラ被害に遭った時にするべきことをご紹介します。

セクハラ被害がヒドい!しかし会社は何も対応してくれない…

セクハラという言葉を聞いて、多くの人が思い浮かべる事例はこんな感じでしょう。

  • 胸や尻など身体を触ってくる
  • 何かにつけて下ネタを言ってくる
  • 性交渉を要求してくる

セクハラが社会問題になって以降、ここまであからさまなものは流石に現在では少なくなってきました。

 

しかしながら、以下のような例もセクハラなのに、こちらはあまり取り上げられません

現在問題となっているのはこうした事例です。

  • (男性に対し)「女子でもこのくらいの仕事は出来るよ?」/(女性に対し)「男子でももう少しお洒落に気を遣うのに」
  • 陰で「あいつは性欲が強いらしい」などと言いふらす
  • セクハラだと抗議したら、「女だからって自意識過剰だ」と言い返され仕事がしにくくなった

後に紹介した方の事例の難しいところは、人によってはあまり気にしない性格の人もいる、ということ。

上司に相談しても、その上司自身がこれらに対してセクハラだという認識を持っていなければ、何も対応してもらえないでしょう。

ともすれば、本当に不快な思いをしていて相談しているのに、いちいち騒ぐ面倒くさい奴と扱われてさらにセクハラがエスカレートすることもあります。

同僚も目をつけられると怖いから見て見ぬふりをするパワハラな環境

また、同僚たちが本心ではセクハラが蔓延していることを認識しているのに、それを指摘したら今度は自分がパワハラに合うのではないかと不安になって、結局誰も助けてくれないという事も少なくありません。

こうした環境は結局のところ上司の権力に誰もが逆らえず、半端な正義感で立ち向かって敵視されるより、問題が起こっても見て見ぬふりをし、臭い物に蓋をしていくことの方が得をすると皆が考える事で出来上がっています。

 

さらに、こうした職場に限って見かけだけは雰囲気が良かったり、成績も悪くなかったりするので外部の人間が問題に気づいて助けてくれる見込みも薄く、余計たちが悪いです。

ここまでくると、どんなに頑張って環境を変えていこうとしても地道な努力では実を結ばないことが多く、どんどん孤立して追い詰められてしまいます。

いつか絶対に仕返しをしてやりたい!しかし何をすればいいかわからない…

ここからが本題です。

たとえどんなにその人が仕事の成績が良くても、また外面が良くても、セクハラを許すわけにはいきません

どうにかして一泡吹かせてやりたいところですが、何をすればいいのかを考えるとなかなか有効な策は思いつかないかもしれません。

もちろん第一は上司など会社の立場が上の人から注意してもらうことが一番なのですが、その上司自身がセクハラの加害者だったり、会社内のシステムではもはや解決する見込みがない場合には、外部の力を頼るほかありません。

逆らいようのない外部の力で介入してもらう、相手が変わらないならこちらが変わる。

会社自体に自浄作用がないのなら少し荒治療でもやってみる他ありません。

セクハラ被害が解決しない時にすべき3つのこと

ここまで耐えてきたのだから、ただセクハラを止めさせるだけではなく、今までの言動を心の底から後悔するような仕返しをしたい!

そうお考えの方に向けて、上司に相談してもセクハラ被害が解決しないときにやるべき対策をまとめてみました。

自分の身は自分で守るしかない!格闘技を習ってみる

自らの身を守るだけでなく、様々な面で自信をつける為にも格闘技を習うことは効果的です。

ホテルに連れ込まれそうになった時や、痴漢に遭った時などに自分自身の力で対処できるようになれば、もしもの時にも安心です。

欠点としては、これは身体を触ってくるなどの昔ながらのセクハラには効果的でも、言葉の暴力には無力な事でしょうか。

格闘技を習うことによって精神的に鍛えられること自体は素晴らしいことですが、耐えられるようになったからと言っても、セクハラそれ自体が無くなったわけではありません

また、社会人になってからだとどうしても時間を作るのが難しく、新たに習い事を始めるのはややハードルが高いこともネックです。

フルに有効活用できるとすれば、今の職場を離れて環境を変えるときに、次の職場ではセクハラに合わないように身体を鍛えるという事であれば、それには大きな意味があります。

もしも転職活動を行う場合は、採用面接で格闘技をやっている事が自己PRとして活かせるかもしれません。

対応は遅いかもしれないが、警察や弁護士、労基署などに相談してみる。

格闘技が己の力で解決を目指すのだとすれば、対してこちらは公的な外部の力に頼る方法。

社内にセクハラがあることが公になれば、自分の会社のイメージダウンは避けられませんし、次の年の求人で入ってくる人にも関わってくる問題です。

いくら普段はヘラヘラして真面目に対応してくれない上司でもこの時ばかりは自分の進退にも関わってくるため、真面目に取り組まざるを得ません

しかしこの時知っておいてほしい点は、セクハラは多くの場合で民事になるということと、こうした外部の力を借りるとどうしても対応には時間がかかるという事です。

被害者心理としては、セクハラで訴えて相手に実刑判決を食らわせて牢屋にぶち込みたい!くらいの怒りがあっても当然なのですが、拒否しても身体に触ってくるなどの実害が無い限り、セクハラはなかなか刑事事件になりません

特に現在問題になっている言葉によるセクハラはよっぽど常軌を逸するものでないと、刑事事件どころか民事事件としてもまとまった損害賠償を得ることは難しいです。

そしてこれに加えて弁護士等に相談する資金や、実際に対応がとられるまでの時間を考えると、多くの人が割に合わないと考えて泣き寝入りしてしまうケースがほとんど。

問題が表面化し、刑事告訴にまで至った時の効果は抜群なのですが、いかんせんそれまでにかかるコストが大きく、実現が難しいのが欠点です。

転職サービスを使って土日のうちに転職先を決めてしまおう!突然辞めてしまえばセクハラへの仕返しにも!

相手が変わらないなら、自分の環境を変えればいい

一番手間がかからず、尚且つ今日からでも始められるのが転職活動を行う事です。

日本の法律では、労働者は例え会社とどんな契約をさせられていても、二週間前に届け出ればいつでも退職できることが認められています。

つまりこれに関してはどんなに会社側から「突然辞められたら困る」と引き留められたとしても、二週間前に届け出さえすれば何も文句を言われる筋合いはないのです。

水面下で転職への準備をしておいて、次の職場が決まり次第速攻で仕事を辞める…。

あなたが抜けた穴が埋められずプロジェクトが滞って上手くいかない、そしてそれによって上司の評価はガタ落ち、なんてことになればこれほど効果的な仕返しもないでしょう

ついでにその時、実は社内でセクハラがあったことを上層部に対して隠ぺいしていた、といったことが判明すれば、場合によっては降格まであり得るかもしれません。

毎日のセクハラに我慢の限界がきて、上司に相談しても解決しない、さらに同僚たちも見て見ぬフリ。

そんな腐った会社にいつまでも身を置くよりは、思い切って働く場所を変えて、新しい環境で思い切り仕事をした方が未来は明るいはずです。

今週土日に早速転職相談をしよう!リクルートエージェントに登録して仕返しの準備を!

こうした理由で転職を考えるのならば一番お勧めなのはリクルートエージェント

転職成功実績ナンバーワンの実績に偽りは無く、実際に採用されるまでの一連の流れを全て手厚くサポートします。

セクハラに対する不安や悩み、自分に向いている職業や面接対策も、実績のあるキャリアアドバイザー達が相談に乗ってアドバイスしてくれます。

 

ここでしか見られない非公開求人も多数で、本当に自分に合った職場を見つけることが可能です。

サービスは全て無料

登録もすぐに行えるので、今週の土日からでもさっそく転職相談が行えます。

今の自分が置かれている状況を変えたいならば、何らかのアクションを起こさなければ始まりません!

 

セクハラ・パワハラ体制が根付いている会社は、一朝一夕には変わりません。

どんなにあなたが被害を訴えても、トップが腐っていたらその努力は徒労に終わってしまいます

仕事内容が自分のやりたいことに近くても、精神的に嫌な思いをする職場で我慢して働き続けることは、いつかきっとあなたにとって不利益になるでしょう。

こうした体制を作り上げてきた上司に、助けるどころか加担してくる同僚。

彼らに一矢報いるため、そして自分の将来の為、転職活動にチャレンジして未来を明るいものにしていきましょう!

始めるタイミングは今しかありません!

>>リクルートエージェントの詳細・登録はコチラ