Lympo(LYM)の買い方!健康情報をブロックチェーンでシェアしてウェルネス業界を革新!

こんにちはぶんたです。

日に日に増える仮想通貨。その数は、3000を超えると言われてます。

その1つ1つのコインの思いを見てみると、それぞれの通貨を作った人が成し遂げたいビジョンがあって結構面白いです。

さて、今回はこちらのLympoリンポ(LYM)について。

Lympoは健康に関する通貨です。

健康情報をブロックチェーンでどう活かしていくのか?

それでは解説していきましょう!

 

スポンサードリンク

Lympo(LYM)の特徴

世界の半分以上のスマートフォンユーザーが健康関連の情報に興味があり、収集していると言われております。

しかし、集められたその貴重なデータは一部の企業でしか保有されていません。

 

こうした問題を解決するため、Lympoは企業やすべての機関で健康関連の情報を共有して効率的に利用しようとプロジェクトを開始しました。

Lympoは人々の健康的なライフスタイルの目標を達成し、そのインセンティブとしてトークンを獲得するためのアプリです

 

Lympoのユーザーは、私たちが電話やウェアラブルで追跡しているフィットネスとウェルネスのデータを共有して収益を上げることができます。

フィットネス、ウェルネス、ヘルスケア製品やサービスの支払い、フィットネスデータによるトークン報酬の獲得、個人データのアクセス許可の登録。

これにより、フィットネスデータを活用する企業との取引が生まれます。

Lympoではユーザーが収集したヘルスケアデータをLympoに提供することで、ユーザーは「Lympo fitness wallet」にてトークンを得られるようにしました。

 

また、もらったLYMトークンを利用して健康商品やフィットネスサービスを購入することができるように!

トレーニングをたくさんすると自分の健康情報を、他の誰かの健康に活かせるんですね。美容や健康に支払うコストも抑えられます。

高齢者の健康維持でデータをとっていけば、医療にかかる費用も減って、日本の働くシニア・シルバー人材のやりがい醸成にも繋がりそう。

情報が集まればまた新たな技術やサービスが生まれてイノベーションが生まれそうですね!!

Lympo(LYM)のチャート傾向

Lympo(LYM)

Lympo(LYM)のチャートはこちら。

上場は3月上旬。

上場後、ぐんぐん上がって来てます。

仮想通貨市場の動きに連動して価格が上がってますね〜!!

今後も期待!

Lympo(LYM)の買い方

最後にLympo(LYM)コインの買い方を説明しておきます。

開設方法こちらの「Kucoinの登録方法を画像付きで解説」でわかりやすく解説しています。

まずはKucoinの取引所を開設します。

右上の「新規登録」を押してアドレスを入力するとメールが届くのでリンクにアクセスし登録完了です。

あとは「資産」をクリックしたら、サイドバー「入金」をクリックして「BTCのアドレスを表示。

Zaif等から送金しましょう。

※Zaifの登録がまだの方にはこちらの「Zaifの登録方法を画像付きで解説」という記事でわかりやすく解説していますのでぜひ読んでみてください。

送金が完了したら「マーケット」からLympo(LYM)を検索し購入します。

 

というわけでLympo(LYM)コインの紹介でした!!