【簡単】今すぐお金が欲しいあなたへ!1万円以上稼ぐ方法30選

転職面接時に話すべきこと、面接官をアッと言わせる職務経歴書の書き方を習得【DMM WEBCAMP受講体験談⑨】

MEMO

この記事は実際にDMM WEBCAMPを受講された小島さんに体験中に書いていただきました。


前半のキャリアサポートでは、自分の人生を大きく揺るがすような大発見がありましたが、後半もとても濃くて面白い面談をしてもらいました。

今回はその様子について書きたいと思います。

 

キャリアサポートの後半は、

  • 履歴書・職務経歴書作成
  • 履歴書・職務経歴書添削面談
  • 希望すり合わせ面談
  • 面接対策(過去質問集や面接対策シートの実施等)
  • 模擬面接

という流れで進んでいきます。

タイミングとしては、ポートフォリオ制作をしている段階。

 

そのなかでも特に印象の強かった履歴書・職務経歴書面談の様子についてご紹介することにしました。

この面談でも、前半のキャリアサポート同様、DMM WEBCAMPのカラーが強く出ていたと思うので、受講を考えている方の参考になれば嬉しいです。

スキル習得から転職まで徹底サポート

無料カウンセリングを受ける

【2019年版】プログラミングスクールおすすめ17選を徹底比較

第3回面談:履歴書・職務経歴書の書き方を習得!自分の経歴の見せ方を学ぶ

3回目の面談は、履歴書・職務経歴書添削面談。

面談の内容は

  • 履歴書・職務経歴書を書くコツ・ポイント
  • 経歴対策と履歴書・職務経歴書の添削

といった感じで進んでいきました。

 

経歴対策では、自分の隠したい過去もすべて話すことになり、ちょっと恥ずかしいなぁとは思いましたが、ここまでの面談で絶大な信頼を寄せていたので、洗いざらい話すことができ、結果的にとてもすっきりしました!

「会いたい!」と思わせる履歴書・職務経歴書を書く

企業の採用担当者は、履歴書や職務経歴書をいつ読むかといえば、ほとんどは「面接より前」です。

採用担当者が自分のことを知る材料は、面接に進むまでには履歴書・職務経歴書しかありません。

つまり「この人に会いたいと思わせる」内容を書くことが何より重要。

ありきたりな内容よりも尖った内容にするような意識が必要なんだそうです。

 

最近の転職活動では、「今までしてきたこと」よりも「今できること」のほうを見られているんだとか。

特に今回の転職は未経験者採用なので、エンジニアとしての結果や実績はゼロの状態で臨むことになります。

 

では、何を書けばいいのかというと、ポイントは「再現性」

例えば、前職が営業の人が、職務経歴書に「○年○月に1000万円の売上達成、社内○○賞を受賞」と書いていたとします。

すごいことだとは分かりますが、これだけだと、再現性があるかどうかはわかりませんよね。

 

具体的には

  1. お客様との信頼関係を築くという意識をした(行動の背景)
  2. お客様と一日一回は何らかのコンタクトを取るようにした(過程)
  3. それぞれのお客様独自の課題を把握し、顧客の潜在ニーズに気づき営業をかけた(過程)
  4. 月1000万円の売上につながった(結果)

という形でこの結果を生み出せたのであれば、4.の結果だけでなく、2.や3.について記述したほうがいいということです。

要は日々の業務の中で意識したことやこだわり、工夫したことを記載することが重要ということですね。

 

このように結果に至る過程を書くことで、この人は「転職後もコミュニケーションを大切にし、課題と向き合って業務を進めてくれそうだな」という印象を持ってもらえるのです。

MEMO
履歴書・職務経歴書では、こういった「過程」を書く人が少ないんだそう。

ここをしっかりと書ければ、他の人との差別化もはかれるというわけですね!

経歴対策と履歴書・職務経歴書の添削3つのポイント

次に、すでに提出した履歴書・職務経歴書を元に、自分の経歴を掘り下げてもらいました。

 

特に重要なのは

  1. 退職理由:なぜやめたのか
  2. タイミング:いつやめたのか
  3. 入社理由:なぜ入ったのか

の3点です。

 

私の場合は、なぜその大学・学部を選んだのか?から始まり、今に至るまでの仕事についてたくさん、それはなぜ?と問いかけられました。

仕事については、社内での異動や、転職も経験しているので、それらについては特に詳しく聞かれることに。

MEMO
他にも、大学の休学や退学などをしている人についてはその理由について面接で聞かれることもあるので、キャリアサポートの面談内でも掘り下げているんだそうです。

キャリアサポート【後半】の感想

今回の面談では自分の過去との向き合い方を学ぶことができ、とても得るものが多かったです!

変えられない過去について悩んでもどうしてもないので、変えられることに創意工夫したりエネルギーを注いだほうがよい。とはっきり言われ、確かにその通りだなと。

これまで私は、過去の失敗や後悔にうじうじ悩み続けてきていましたが、白井さんのその言葉を聞いて、過去の選択は変えられないけど、それを今に生かしていく気持ちのほうを大切にしようと思えるようになりました。

 

そして一番ありがたかったのは、どの内容は話すべきでどれは話すべきでないかのアドバイスをもらえたこと。

私は1年という短い期間で退職をしてしまったことがあるので、それについては自分でも「転職に不利だよな…」と心配していたんです。

さらに退職理由も人間関係の問題だったので、これは面接ではどう言えばいいんだろうと悩んでいました。

確かに人間関係の問題は、面接官も自社で同じことが起きないかという判断がつけづらいのでネックになりやすいですね、と正直に言われてしまいましたが、一緒にどう表現するかアドバイスをもらったので、転職活動にも活かすことができました!

 

また、退職してから次の仕事に就くまでの期間が少し長かったことも気がかりでした。

でも「時間をかけて見直す機会はあっていいんですよ」と言ってもらえたことが自分にとっては大きな励みになりました。

 

今回の面接では、全部話した上で、そのままの自分を受容してもらえたような気がして、本当に嬉しかったです。

面接で突っ込まれることがあっても乗り切ることができそうです!

DMM WEBCAMPに通って本当に良かったです…!!!

スキル習得から転職まで徹底サポート

無料カウンセリングを受ける

【2019年版】プログラミングスクールおすすめ17選を徹底比較


無料でプログラミング習得
最短22日で未経験から転職!!