【12/28はSegwit2x】まだ間に合う!ビットコインのハードフォークを受け取るならBINANCEがおすすめ

こんにちはぶんたです。

最近はビットコインの分裂、ハードフォークも珍しいものではなくなってきましたね。

特にビットコインキャッシュなんかはかなりの価格上昇を見せていて、ハードフォークコインだけでも結構な資産価値になることが予測されます。

 

ちなみにみなさんはビットコインを保持していると分裂時に無料でハードフォークコインがもらえることを知っていますか?

せっかくですし、次のハードフォークに備えてビットコインを持っておくのもいいかもしれませんね。

次回は12月28日!

今回はハードフォークの仕組みと、分裂したコインを受け取るにあたっておすすめの取引所の解説をしていきます。

スポンサードリンク

ハードフォーク?分裂?とは

そもそもハードフォークって何って人のためにめちゃくちゃ簡単に説明しておきます。

 

ビットコインのシステムは複数の連なるブロック(データの塊)によって維持されています。

このシステムの仕様を変更する際「ある時点から先は全て仕様変更するよ!」と命令を出して途中のブロックから仕様を完全に変更するのがいわゆる”ハードフォーク”です

 

で、なぜハードフォーク時にコインが分裂するかというと、旧仕様と作り変えた新仕様にはそもそも互換性がありません。

ですのでハードフォークが行われると、どちらの仕様も維持するためにそこから2つのブロックに分岐することになります。

この際、生まれる新仕様のブロックがいわゆるハードフォーク後の分裂コインです。

ビットコインキャッシュやビットコインゴールドなんかが正にそうですね。

超わかりやすく言うと「分裂時にビットコインを持っていれば新しく生まれた通貨が無料で貰える!」

それでもよくわからないって人はとりあえずこれだけ覚えておいてください!

「ビットコイン持ってる時にハードフォークしたら無料で新しいコイン貰えるよ!」

これだけわかっていればあなたもハードフォークの恩恵を授かることができます。

スポンサードリンク

しかし、分裂時にコインが貰えるかどうかは取引所の意向次第

ただ、ビットコインが分裂したところで、そのハードフォーク後のコインを貰えるかどうかは取引所の意向次第なんです。

あなたがビットコインを購入し保管している取引所が「ハードフォークしたあとのコインも取り扱うよ!」と認めてくれなければ、フォークしてもコインは付与されません。

これは注意してほしい点ですね。

ハードフォークを狙ってビットコインを買ってもゲットできるかどうかは取引所次第です。

ビットコインを買って安心しきってる人は今あなたがどこの取引所を使っているか見ておいてください。

おすすめは世界最大規模の取引所BINANCE

先ほど、ハードフォーク後のコインが貰えるかどうかは取引所次第と書きましたが、こちらのBINANCEはハードフォークにも寛容で、フォーク後コインを確実に受取たいならば絶対におすすめです。

やり方は簡単。

まずはBINANCEに登録。日本の取引所と違ってアドレス登録だけでOKです。

登録後はあなたがビットコインを買った取引所、coincheck等からビットコインをBINANCEに送金するだけ。

あとはハードフォークを待つのみですね。

 

実は今回紹介したBINANCEは世界で最大規模の仮想通貨取引所となっています。

ハードフォーク以外にも単純に取引所としてとても使いやすく、素晴らしい銘柄も多いので、ぜひ仮想通貨を買う際は使ってみてください。

次回のハードフォークは12/28日!今ならまだ間に合うので、ビットコインはBINANCEに送っておきましょう!

>>BINANCEの登録はこちら