転職のタイミングがわからないあなたへ!目安となる4つのタイミングを解説

今の会社に満足してできていますか?

仕事をするのが楽しくて仕方ない方もいらっしゃいますが、実際には

「もっとお金が欲しい!」
「基本給が高い会社はないのか・・・」
「出張・転勤が多くて自分の趣味の時間が持てない」
「仕事ばかりで休む時間がない」

なんて不満を抱えて生活しいる方の方が多いのではないでしょうか。

そんなとき、考えるのが転職ですよね。

 

でもはじめての転職をする方はできるだけ失敗はしたくないですよね。

また転職を経験している方も何回も転職して今後悪影響がないのかと心配になると思います。

この記事を読めば

この記事で解決できること
  • 自身のベストな転職タイミング
  • 転職経験者考える転職タイミング
  • 転職の目安となるタイミング

といった転職の不安について解消できます。

 

転職することを悩んでいる方は是非読んでみてください。

転職は自分のタイミングで決めるべき!

就職する前に「最低3年」という言葉を耳にしませんでしたか?

もしくは「35歳を過ぎると採用されにくい」なんてこともよく言われていますね。

 

実際にこの言葉を鵜呑みにしてしまい、転職を躊躇してしまう方もいらっしゃると思います。

そして「いつかは転職する」を繰り返し、そのまま不満を我慢し続ける生活が一生続いてしまいます

 

そもそも

  • 残業代が出ない
  • 給料が低い
  • 出張・転勤が多い
  • 休みが少ない

などの悩みを我慢して会社に勤める意味はあるのでしょうか。

我慢を続けても、悩みは解決しませんよ。

 

そこで考えるのが転職ですね。

転職することで今よりも快適な生活ができる可能性は一気に上がります。

また転職は、今の仕事を続けながら準備をすることができますし、その最中は会社関係者にばれる心配はありません。

 

ただし転職のタイミングは「転職の目的」やあなた自身の「経験・キャリア」によって、ベストなタイミングが異なります。

最終的には転職のタイミングは自身で決めるしかありませんが、いつがベストなのかは考えてもわかりませんよね。

そこで次に、転職にベストな4つのタイミングをご紹介します。
以下のような経験はありませんか?

当てはまったら転職!転職にベストな4つのタイミング

失敗しない転職をするためにも「転職のタイミングを自身で決める」必要があるとお伝えしました。

ではあなたが会社員生活を送ってきたなかで

ベストな4つの転職タイミング
  • セクハラ、パワハラが黙認されている
  • 入社してから給料が上がらない
  • 希望しない転勤や異動を命令された
  • 自身で作った成果を他人に横取りされた

なんて経験ありませんでしたか?

 

これらは転職経験者の多くが経験している出来事です。

要するに、どれかしらの経験があると感じた今こそ、転職のタイミングです。

ではこれらはどんな内容が当てはまるのかを1つずつ詳しく説明していきましょう。

上司のセクハラパワハラが黙認された時

最近よく耳にする「パワハラ」「セクハラ」という言葉ですが、実際に体験された方もいるでしょう。

  • 自分の出世のことばかり考えた上司に威圧的な態度をとられ、まともに仕事内容を教えてもらえない。
  • さらに日常的に陰口を言われ、次第に他の社員も接し方が雑になってくる。
  • 性的な言動で侵害される言葉を浴びせられた。

この問題はメンタルの部分にまで害を及ぼす、かなり悪質な内容です。

上司の行いが黙認されていると感じたら、会社環境を隠さないオープンな会社への転職準備をしましょう。

昇進したのに給料が大して伸びない時

会社に自身の時間を捧げても、それに見合ったリターンが無かったという方もいるでしょう。

  • 責任だけを押し付けて、会社にいいように使われている。
  • 転職できなくなるよう、無駄に役職が付けられた。

昇格したのに周りと同じ時間働いている分と同等の報酬しかもらえない。

どれだけ会社に貢献しても報酬が伴っていいないと感じたら、昇格した場合は昇給が保証されている会社への転職準備を始めましょう。

理不尽な転勤や異動をされた時

採用条件にはなかった転勤や出張、異勤を命じられる方もいるでしょう。

  • 断れない内容で転勤が命じられた。
  • 当初のプロジェクト条件とは違う理不尽な内容を提案された。
  • 転勤先の会社環境が合わない。

本来の会社方針に背き、自身が望んでいない転勤や異勤をしなければならないと感じた場合は、勤務地が限定されている会社への転職準備を始めましょう。

仕事の成果を横取りされた時

長期間、土日を返上してまで作り上げた成果を他人に横取りさえた経験がある方もいるでしょう。

  • 上への報告は任せろと奮起する上司がいる。
  • 会議に参加もしなかった上司から「どんな状況?」かを尋ねられる。
  • 上司より自分の方が能力があると感じる。

自身のスキルを思いっきり発揮できできないことは、ストレスになりますよね。

いままでの苦労がすべて横取りされてそうと感じたら、自分で実績を作れるエンジニアへの転職準備を始めましょう。

プロジェクトの指揮を任せられている時の転職は引き継ぎに注意!

ただし今のお仕事で任されているプロジェクトの途中で転職する場合には注意が必要です。

あまりいい加減なまま退職してしまうと、会社の運営状況や今後の人間関係にも響いてきてしまいます。

迷惑をかけることがある

転職するとなればあなたの担当している部分を、他の社員が後任として担当することになるでしょう。

後任へ業務引継ぎの作業を不備なく行なわなければなりません。

自身への負担が増えてしまいますが、しっかりとあなたの代わりを育てていきましょう。

引継ぎ相手を間違える

業務の引継ぎ期間を設けても教えても、後任の意識によって引継ぎできる情報量が変わってきます。

すべてを任せられればいいのですが、後任のやる気がなければ全く意味がありませんね。

 

自身が推薦できるような人物をあらかじめ上司に報告しておくといいでしょう。

なにも考えず言われるがままに引継ぎを行っても、最終的には周りに迷惑をかけてしまいます。

引継ぎが中途半端

後任の技量では足りずに引継いだため、すべてを伝えきれず中途半端で終わってしまうこともあります。

最終的には無理矢理押し付けることになってしまうかもしれません。

転職の旨を早めに相談して、十分な後継ぎ期間を取ってもらいましょう。

どんな時は転職可能?

勘違いしやすいですが、転職をしてはいけない期間は基本的にはありません。

どうせ転職するのであれば、円満退社が望ましいです。

 

そのためにも自身がイメージしている生活サイクルをしっかりと伝えてから転職の意志があることを伝えましょう。

 

さらに自身のスキルを高めるため、求めるワークスタイルを確立している「上司」や「ライバル」がいる職場への転職は退職後もサポートしてもらえることがあります。

 

変に気を使って回りくどい言い回しをしてしまうと、かえってトラブルを引き起こしかねません。

会社に転職の旨を上手く伝え、上司や同僚からも攻められない円満退社を目指しましょう。

まずは転職エージェントに相談して今の状況を伝えよう

自身の転職が正しいものか自信が持てない方は、転職エージェントに相談してみましょう。

特におすすめなのはマイナビエージェントです。

転職エージェントは数ある転職サイトから、あなたの条件に合った企業を無料で探してくれます。

 

さらには現状どんな環境で仕事をしていて、どんな不満があるのかを洗い出してくれます。

それだけでなく、転職動機や面接練習も行ってくれるので採用確率が上がります

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ