もう会社をバックレたい!バックレのリスクとうまく辞める方法

  • 仕事のプレッシャーやストレスで寝れない
  • 会社に行こうとすると吐き気がする
  • 疲れているのに仕事のことばかり考える
  • 職場の人と顔を合わせたくない
  • もう会社をバックレてしまいたい

こんな状態になっていませんか?

会社を辞めようと考えたときにここまでひどいことになっていると、心の中は「逃げたい!」という思いでいっぱいのはず。

今すぐにでも会社から姿を消して、仕事のことなんて考えなくていい日々を送りたいですよね。

でも会社をバックレて辛いことから逃げ出したいなず。

記事を読み進める前に...

もしあなたがまだ転職サイトやエージェントに登録していないのであれば今すぐ登録しておくべきと言っても過言ではありません。

バックレすらできなくなり、逃げれなくなってからではもう手遅れ。

ストレスが溜まり続けると「転職サイトに登録して会社を辞めよう」という正常な判断すらできなくなってしまいます。

そうなってしまう前に、気になる求人情報をストックしておくだけでも転職という選択肢が生まれ、過労で倒れる前の「保険」にもなってくれます。

登録自体は5分もかからないので、今のうちに業界最大手の転職サービスに登録しておくと良いでしょう。今のあなたの判断が未来のあなたを救います。

>>マイナビエージェントの公式サイトはコチラ

会社をバックレるのは悪いこと?

「バックレる」というのは逃げるという意味で、アルバイトや仕事の場合「断りなく辞める」ということです。

「会社を断りなく辞める」なんてできるんでしょうか?

 

できるかできないかで言うと、できます。

でも、「できるとしてもそんな非常識な悪いことしちゃいけないでしょ」と思う人は多いと思います。

たしかにバックレはよく悪い意味で使われますが、必ずしも悪いこととは限りません。

  • 仕事の量に見合っていない給料
  • 体調管理をする余裕もなくなるような長時間労働
  • 上司からのセクハラ、パワハラ

辞めたい、逃げたい、バックレたいと思う理由は、こういった問題にあるということがほとんどです。

雇う側は、働く側の人のためにこういう問題をなくさなければいけません。

それなのにそのままにしているせいで辛い思いをしている人がいます。

あなたを苦しめる環境をつくっている、会社が悪いんですよ。

バックレのリスク

だからといって「どんどんバックレましょう!」とおすすめできるわけではありません。

やはりバックレにはリスクもあるので、それは知っておいたほうがいいです。

ここからは会社をバックレたときに考えられるリスクをあげていきます。

損害賠償を請求されるかもしれない

労働基準法で、正社員は会社に仕事を辞めることを2週間前にいわなければいけないと決められています。

それを守らずに辞めてしまうと、バックレたことで会社に不利益が出たといわれて損害賠償を請求されるかもしれません。

会社側も悪いうわさや面倒なトラブルをできるだけさけたいと考えるので、可能性は低いですが。

 

あなたが他の人には代われないようなとても重要な仕事をしていたり、怒りにまかせて会社のものを壊したりしたら、損害賠償を請求される可能性はありますね。

給料がもらえないかもしれない

これはその通りで、もらえるかもしれないし、もらえないかもしれません。

じっさいバックレてしまっても、それまで自分の時間を仕事についやしているわけで、給料をもらう権利はあります。

ただ「新人研修などでお金をかけていたのに辞めるなんて!」と思われたり、あまりにも業績がわるかったりしたら、給料はもらえないかもしれません。

それか体制のととのっていないブラック企業とか。

 

バックレたときは会社とごちゃごちゃもめたくないでしょうし、給料がもらえなくてもあきらめて受け入れるべきです。

捜索願を出されるかもしれない

当たり前のことなんですが、突然いなくなって会社に来なくなったら捜索願を出されるかもしれません。

連絡もとれないので家まで来たりして、周りの人はかならず心配しますよね。

バックレたんだと思う前に、ひとりでどこかで倒れているんじゃないかと不安になるのが自然です。

そうなるとあなたの捜索願が出され、やたらと大ごとになってしまいます。

それで探されて見つかったりしたら、かなり恥ずかしい思いをすることに。

バックレたら、そうなる可能性もあるわけです。

親や親族に迷惑をかけるかもしれない

あなたと連絡がとれないとなったら、次に連絡がいくのが身元保証人です。

多くの場合はその人の親や親族になっていると思います。

もし事情を知らなかったら、会社の人よりもすごく心配するでしょうし、迷惑をかけることにもなりますよね。

バックレて迷惑をかけるのは会社に対してだけじゃないんです。

懲戒解雇にされるかもしれない

会社にとつぜん連絡なしで来なくなると、無断欠勤という扱いをされます。

辞めるつもりかどうかとか、理由がわからないからです。

そのまま会社にずっと来ないと、ずっと無断欠勤をしていることになります。

そうなると解雇、つまりクビになってしまうんです。

 

さらに労働基準法により、無断欠勤が2週間以上つづくと懲戒解雇にすることができます。

懲戒解雇とは、退職金がもらえないほか、解雇予告や解雇予告手当てもなくすぐに解雇になるということです。

懲戒解雇をされたとなるとかなり問題のある人だと思われるので、次に採用されることはなくなるようなものですね。

 

とにかく色々とめんどくさいことになるのはさけられないです。

逃げようとしたらそうなるのは当然。

バックレるというのはそういうことだと割り切って、給料がもらえなかったりしてもあきらめるべきなんですよね。

いちばんに望むことは「仕事から今すぐ逃げたい!」なわけですから。

バックレないで正しく辞める

そうはいってもリスクも多いし、できるだけ安全に辞めたいところです。

バックレずにちゃんと辞めようと思ったなら、文句をいわれない正しい辞め方で辞めてしまいましょう。

 

できるだけ平和に辞めるために、まずは直属の上司に退職のことを話します。

ほかの人に話したのが伝わったりすると上司はいい気はしないでしょうし、どんな風に伝わるかわからずキケンです。

 

伝えるのは遅くても1ヶ月前。

法律では2週間前でいいとされていますが、2週間って意外とみじかいです。

手続きも色々あるし、仕事をきちんと引き継がなければいけないので、最低でも1ヶ月はいるかと思います。

退勤日まで有給消化もありますし。

 

辞める理由は、これから改善できると思われてしまうような不満ではなく、「ほかにやりたいことができた」などの否定しづらいことが良いといわれています。

辞めるということを納得してもらえたら、退職願いを出して、事務的なことやお世話になった人への挨拶をして会社を去る準備をする。

転職をする場合は、転職先がきまったら上司に辞める意思をつたえます。

よほどのブラック企業でない限り、きちんと順番をまもれば平和に辞められるでしょう。

やっぱりバックレたいなら

「もめごともなくすっきり辞めたいけど、やっぱり誰とも顔を合わせずバックレてしまいたい」 というのが本音ですよね。

辞めるなんていうのは気まずくてなかなか言えない。

でもそれで前に進めないなんてもったいない。

 

どうしてもバックレてしまいたいなら、退職届など必要な書類を郵送してしまうのもアリですよ。

それから有給を消化して、できるだけ欠勤しないで退職日をむかえましょう。

もしなにか不安なことやわからないことがあったり、手続きで会社に行かなければいけなくなったら、人事に行くのがいいです。

上司やいっしょに仕事をしていた人には会いたくないでしょうから。

 

そうして給料をもらえる可能性をたかめて、できるだけゴタゴタも少なく、逃げてしまえばいいんです。

とにかく「言い出せない‥」というだけで、今の環境でくすぶっているなんてやめませんか?

あなたが変えれば、前向きに仕事と向き合える未来はありますよ。

逃げたい仕事からは逃げて、余裕のない今を変えましょう。

f:id:bun1125:20170801220253j:plain

転職先をうまく探すために、転職サイトには必ず登録しておきましょう。

めんどうな転職活動を早く終わらせて、すぐに仕事を辞めたいあなたの手助けをしてくれます。

おすすめは「リクルートエージェント」。

求人数が多く仕事を見つけやすい転職サイトです。

 

土日祝日まで、面談や電話相談に対応してくれます。

不安の多い転職を全力でサポートしてくれるので、きっとあなたに合った仕事が見つかるはず。

転職して仕事の悩みから解放されませんか?

>>リクルートエージェントの詳細・登録はコチラ