蕁麻疹で仕事ができない場合も|体験談を交えて原因や対処法を紹介
【経験者が解説】転職保証付きプログラミングスクールの実態を本音で解説

蕁麻疹で仕事にならない!ストレスや疲れが原因かも?対処法はゆっくり休むこと

「蕁麻疹になるとどうなるの?」

「蕁麻疹の原因にはどんなものがある?」

「仕事のストレスで蕁麻疹になったけどどうすれば…」

こういった悩みを持ちながら休職や退職を考えている人も少なくないはずです。

蕁麻疹は誰でも発症する可能性がある病気。蕁麻疹を発症したことがなくても名前を知っている方は多いでしょう。

 

しかし、実際の症状や原因について把握していない方が多いのも事実。

実際に自分が発症しないとも限りません。

発症した時に何も知らないと不安ですよね。

 

この記事を読めば、

  • 蕁麻疹の症状について
  • 蕁麻疹が発症する原因にはどんなものがあるのか
  • 仕事が原因で蕁麻疹を発症した後の対応はどうすればいいか?

このような蕁麻疹に関わる悩みは全て解決できます。

今、蕁麻疹で悩んでいる人や蕁麻疹について知りたい人はぜひ読んでみてください。

蕁麻疹は全身の病気の一部として表れることも!治療は全身の検査から行う

蕁麻疹は皮膚に存在している細胞から、かゆみやむくみを誘導するヒスタミンなどの成分が分泌されることで発症します。

蕁麻疹は皮膚の一部に膨疹と呼ばれる発疹(ぶつぶつ)が現れる病気です。

蕁麻疹の膨疹はかゆみを伴い、数時間の内に体のあちこちに広がります。

膨疹は体のあちこちに広がるものの、その後跡形もなく消失することが多いです。

ほとんどの場合は一度発症したら繰り返すことがありません。

 

しかし、蕁麻疹は食物アレルギーや膠原病などの特定の病気によって引き起こされている可能性がある病気です。

ただの腫物だから問題ないと考えるのではなく、蕁麻疹になった場合は全身の検査を受けましょう。

 

膠原病って何

膠原病は、皮膚・筋肉・関節・血管・骨・内臓に存在しているコラーゲンに対して、慢性的に炎症が生じることで発症する病気です。

コラーゲンは全身の至る所に分布しています。

 

そのため、膠原病の特徴として全身各所で発症するリスクがあります。

膠原病は、間接リウマチ・全身性エリテマトーデス・強皮症・皮膚筋炎・血管炎などいくつかの病気を含む総称としての病名です。

蕁麻疹の症状を抑えるために薬による治療を行う

蕁麻疹の治療として薬物療法があります。

薬物療法では、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの薬を症状の有無に関わらず継続して飲まなければいけません。

蕁麻疹がでてから服用するのではなく、毎日きちんと薬を飲んで、予防するのが薬物療法では大事です。

薬物療法の場合、錠剤、ドライシロップ、注射薬など薬の種類はいくつかあります。

 

しかし、気を付けなければいけないのが薬の副作用です。

例えば、抗ヒスタミン薬を飲むと「眠気、体のだるさ」といった副作用があらわれます。

こういった副作用を把握するためにも、薬物療法は医師や薬剤師に相談しながら行いましょう。

 

また、薬を飲むのを辞めるタイミングを誤ると再発する可能性もあります。

そのため、医師から薬物治療を終了しても問題ないことを確認してから薬を飲むのを辞めましょう。

蕁麻疹の原因は不明な場合も多いため、ゆっくり休もう

蕁麻疹で病院に診察や検査にいっても原因が特定できないことも少なくありません。

原因が分からない場合は、医師や薬剤師の指示を受けながら治療に専念することが必要です。

蕁麻疹の原因の中には、過度の飲酒・生活上のストレス・疲労・睡眠不足などがあります。

 

これらの理由は日常生活に関係してきます。

原因不明である場合、日常生活を改善するだけでも症状が軽減する場合も少なくありません。

日頃の習慣を改めて、無理なくゆっくり休むことで蕁麻疹からの回復が早くなるかもしれませんね。

蕁麻疹の症例をミミズ腫れやブツブツ(膨疹)などの写真を交えて紹介

蕁麻疹にかかった人に共通しているのは皮膚に異常が生じることです。

症例としては以下のようなものがあります。

ミミズ腫れ


ブツブツ(膨疹)

赤み(紅斑)

これらの症例が皮膚に表れるのが蕁麻疹の特徴です。

蕁麻疹はどの症例の場合でもかゆみを伴います。

かくと一時的にかゆみは軽くなるものの、控えるべきです。

かきむしりによって、蕁麻疹の範囲が広がりかゆみが増します。

蕁麻疹が悪化することにも繋がるため、いくらかゆくてもかきむしりは控えましょうね。

大人が蕁麻疹になる原因はストレスや疲れ?アレルギー性かどうかで異なる

食べ物や薬剤などが原因「アレルギー性」

食べ物や薬剤などが原因で蕁麻疹にかかることがあります。

そのことに深く関係してくるのがアレルギーです。

アレルギーを要因としてかかる蕁麻疹のことをアレルギー性蕁麻疹と言います。

アレルギーとして身近なものとしては食べ物のアレルギーがありますね。

 

例えば、小麦アレルギーや卵アレルギーなどがある人はそのアレルギーのある食品は食べません。

また、薬剤にアレルギーがある場合もアレルギーのある薬は服用しませんね。

理由としてはアレルギー反応が起こるからです。

アレルギー反応として、皮膚に関しては全身に蕁麻疹やかゆみが出たりするなどの症状が出ます。

そばやエビ、果物などの「食品」

 

そばやエビ、果物などの食品はアレルギー性のものが多いです。

これらの食品の飲食をきっかけに蕁麻疹が起きた場合、アレルギー性の蕁麻疹であることは間違いないでしょう。

 

また、特定の食品を食べた時に必ず蕁麻疹が起きる場合もアレルギーが原因です。

アレルギー性が無くても、サバなどの青魚であったり、豚肉などの肉類、ほうれん草などの野菜類を食べると蕁麻疹が起こることがあります。

理由としては、食品中に含まれるヒスタミンと似た物質が直接血管に働いたりするからです。

 

そのため、アレルギー性が無い食品を摂取したとしても蕁麻疹が起きることはあります。

抗生物質や解熱鎮痛剤などの「薬剤」

薬剤にアレルギーがあると知らない方もいるでしょう。

抗生物質・解熱鎮痛剤などの薬剤にもアレルギーの原因物質が含まれていることがあります。

 

その場合、治療のために飲んだはずの薬で蕁麻疹などにかかる場合もないとは言い切れません。

薬剤が原因で起こるアレルギー性蕁麻疹は、症状が酷くなる危険性があります。

蕁麻疹はミミズ腫れなどの皮膚の症状だけでなく、下痢や嘔吐、症状が悪化すると呼吸困難さえも引き起こす病気です。

 

そのため、薬剤を服用し蕁麻疹が出てきた場合は、すぐに医師に相談しましょう。

身の回りの環境が原因「非アレルギー性」

食物や薬剤などのようにアレルギーに要因が無くても蕁麻疹にかかります。

アレルギーの影響がない蕁麻疹のことを非アレルギー性蕁麻疹と言います。

非アレルギー性蕁麻疹の原因は摩擦、圧迫、厚さ、寒さ、振動、日光、発汗、精神的ストレスなど多岐にわたります。

原因のほとんどが身の回りの環境に関連したものです。

アレルギーでないからといって、すぐに症状が治まるとは限りません。

非アレルギー性でも長期の治療が必要な慢性蕁麻疹になる人はいます。

蕁麻疹になったら、医師の診察を受けましょう。

刺激が原因となる!「寒冷、温熱など」

外部からの寒さ・冷たさによって生じる蕁麻疹が寒冷蕁麻疹です。

逆に暖かさ・熱さによって生じる蕁麻疹を温熱蕁麻疹と言います。

寒冷蕁麻疹は冷たい水や寒い風が原因です。

温熱蕁麻疹はお風呂などの熱いお湯や暖房器具の熱風などが原因で発症します。

 

そのため、どちらも冬場に発症する人が多いです。

局所性と全身性があり、局所性は刺激を受けた部分に小さなふくらみができます。

全身性の場合、全身が冷えたり温まったりしたときに起こります。

いずれも小豆大ほどのふくらみが見られ、強い痒みと赤みが出るのが特徴です。

数時間後には跡形もなく自然に消えてしまうことがほとんどです。

 

しかし、何日も蕁麻疹が治らないようであれば皮膚科を受診しましょう。

発汗を引き起こす「入浴や運動」

入浴や運動などを行い、発汗した際に蕁麻疹が発生することがあります。

汗をかく時にアセチルコリンという物質が分泌されることで蕁麻疹を引き起こすものです。

この蕁麻疹はコリン性蕁麻疹と呼ばれ、かゆみだけでなく、痛みを訴える人も少なくありません。

 

また、発汗があるときに小型の膨疹が出てくる点が特徴です。

発症しても30分~1時間程度で消失することも少なくありません。

 

しかし、慢性蕁麻疹になると治療を継続して行う必要があるため、注意が必要です。

慢性蕁麻疹の治療期間は、数か月の人もいれば、数年間かかる人もいるなど個人差があります。

仕事が原因による「疲労やストレス」

仕事による疲労やストレスは一定の限度を超えると様々な病気の原因となったり症状を悪化させたりすることは多くの人に知られていますよね。

蕁麻疹に対しても影響があり、ストレスは蕁麻疹を悪化させる原因となります。

慢性蕁麻疹の場合、心身のストレスにより症状が悪化することが多いです。

 

実際これまで蕁麻疹にかかっていない人が職場や家庭の環境の変化をきっかけとして蕁麻疹にかかることもあります。

疲労やストレスがある状態では、蕁麻疹が出たり、これまで収まっていたのに再発するかもしれません。

自分では我慢できていると思っていても、心身が悲鳴を上げている可能性があります。

仕事が原因で蕁麻疹が発症する人も!体験談を紹介

上記のTwitterのつぶやきの通り、働いている人は常にストレスに晒されています。

仕事のストレスがあっても蕁麻疹にかからない人がいますが、そういった人ばかりではありません。

実際にこれまで蕁麻疹にかかったことが無い人が、仕事をするようになって蕁麻疹を発症するケースも少なくありません。

仕事のストレスで蕁麻疹を発症すると仕事に悪影響が出るのは避けられません。

蕁麻疹は体のどの部位にもでき、場合によっては皮膚だけでなく気管支や腸などの粘膜にも浮腫ができ身体に影響を与えます。

 

そのため、痛み、かゆみ、腹痛、皮膚の異常など様々な症状がでるため、仕事をしている人には大きな負担となることは間違いありません。

仕事のストレスが原因だと感じたならば、病院に行き治療を開始しましょう。

ストレス性の蕁麻疹だったら会社は休職して治療に専念しよう

蕁麻疹の発症には様々な原因がありますが、症状は人それぞれ大きく異なります。

蕁麻疹の治療では原因を探すことが大切になります。

その原因として仕事のストレスがあるのであれば会社を休職して治療しましょう。

蕁麻疹の治療は原因が分かったらそれらを取り除くもしくは避けるようにすることが大事です。

仕事のストレスは仕事をしている限り継続します。

蕁麻疹の原因が仕事のストレスであると感じるならば、休職を行い自分の生活の中から仕事を切り離しましょう。

蕁麻疹で仕事は休めない?放っておくとさらに状態が悪化することも

例えば、骨折、事故、病気などで治療に専念したいから休職させてくださいと言ったらすんなり上司も認めてくれるでしょう。

 

しかし、蕁麻疹を発症したので休職させてくださいと言ってもなかなか認められません。

蕁麻疹は重症化していなければ、皮膚に異常は出るものの、それだけでは休む理由にならないと判断されるでしょう。

 

また、自分は自覚症状として痛みや体調の変化があっても他の人に理解されるとは限りません。

場合によっては仮病を使って休もうとしていると思われる可能性もあります。

 

しかし、蕁麻疹は放置していると症状は確実に悪化します。

蕁麻疹は悪化することで呼吸困難やショック症状(アナフィラキシーショック)を引き起こす可能性がある危険な病気です。

休職ができないのであれば、場合によっては退職も視野に入れておきましょう。

休職させてくれない職場は退職代行サービス「SARABA(サラバ)」を使って辞めよう

SARABAおすすめポイント

料金は3万円でありながら行政書士が対応!
LINEで24時間いつでも申し込めて即日対応!
退職できなければ全額返金!

SARABAの料金とサービス

SARABAはどんな勤労形態でも料金は一律30,000円です。これ以上、追加料金はかかりません。

 

また、退職できなかった時のための全額返金保証も付いています。

そのうえ、専門家である行政書士が会社と電話してくれるので、ダブルで安心できる退職代行サービス。

SARABAは基本的に24時間どんなときでも対応してくれます。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始も営業しているので、どのタイミングで会社を辞めたくなっても相談可能です。

相談料は無料なので気軽に相談しましょう。

SARABAの申込方法

お問い合わせメール・LINE・電話 

SARABAで今すぐ退職する

また、こちらの「退職代行人気おすすめランキング10社を徹底比較!実質無料代行アリ!今すぐ退職できる業者は?」という記事では退職代行についてさらに詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

退職と合わせて転職活動も並行して!おすすめ転職エージェントを紹介


退職前に転職活動を行うことで、転職先が決まってから退職の手続きを進められるため、離職期間が発生しません。

例えば、退職してから転職活動を行った場合、離職期間が3か月を超えてしまうと選考の通過率が大きく低下します。

 

また、退職してからの転職活動は収入が途切れてしまうため、経済的に困難です。

在職中ならば、収入が途切れることなく、転職しても各種保険の移行手続きが簡単に行えます。

退職を考えているならば、転職活動を積極的に行う必要がありますが、自分だけで転職活動を行うのは難しいですね。

転職サイトは多いですが、募集を行っている企業の多くが、即戦力の人材を求めています。

 

このような傾向にあるため、転職活動に不安を持っている人が少なくありません。

そういった時の大きな味方が転職エージェントです。

転職エージェントが行ってくれるのサポートをまとめました。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉


これらの転職活動に必要なサポートを無料で行ってくれます。


そのため転職する場合はできる限り活用するべきです。

転職先をどうやって見つけたら良いのか悩んでいるのであれば、転職エージェントに相談しましょう。

転職サイトの詳しい解説は「20代就職・転職におすすめな転職サイトランキングベスト12!楽しい職場で鬱にならないためには!」におすすめの転職サービスや転職エージェントについて詳しく書いていますのでぜひ読んでみてください。

有給消化で実質無料!!
今すぐ退職してホワイト企業へ