有給を取れない会社は辞めるべき?有給休暇を取れない3つの原因と解決策

あなたは有給休暇を上手に使えていますか?

  • 毎日仕事のことばかり考えてしまう
  • 土日の休みだけじゃ好きなように遊べない
  • 旅行で遠くに行きたい

こんなときに有給休暇を取ろうと思いますよね。

子供のために平日に休みたかったり、連休をとって数日間の旅行に行きたかったり。

有給をうまく使ってリフレッシュしようと思うはず。

平日、または土日までびっしり働いていたら自分へのご褒美にと休みを取りたくなるのは当たり前です。

 

それなのに、会社が有給を申請しても取らせてくれないなんてことありませんか?

 

有給を取れない雰囲気

「そろそろ勤続日数も増えて有給もたまってきたことだし、まとまった休みをもらうか。」

なんて思って申請してみたら、断られたという経験はありませんか?

「忙しいから無理」とか「土日にできる用事じゃないのか」と言われて取り合ってもらえない。

許可がおりてもイヤな顔をされたり、周りにチクチク言われたり。

つまり有給を取りにくい雰囲気がなんとなくあるんですよね。

 

なんで有給を取るのにイヤな顔をされてしまうんでしょうか。

有給って申し訳ない気持ちで取らなきゃいけないものではないはずです。

休まず必死で働くことがいいことではありません。

どうして有給が取りにくいのか

会社に有給を取りにくい雰囲気があるのはなぜでしょうか?

「有給とるのは悪いことじゃないんだし、もっと気軽に休みたい!」と思っている人は多いですよね。

どうして有給を取りにくいのか、有給消化率が低くなってしまう原因ってなんなんでしょうか。

上司が有給を取らない

上の人たちが休みをとらないため、休んではいけないような雰囲気になってしまう。

上司くらいの年齢の人たちは、「仕事は休まないのがえらい」という古い考え方をもっている人が多いです。

休みを取らない上司に「あんまり休むなよ」なんて言われてしまったら、さらに休みづらいですよね。

上司が休みを取らないため社内の人が遠慮して、全体で休みづらい空気をつくってしまいます。

慢性的な人手不足

いつもいっぱいいっぱいで、一人でも抜けたら仕事が回らない状態。

 

現場の仕事なんか特に、常に人手不足だったりします。

「自分が休んだら、その分ほかの人の仕事が増えてしまう」という罪悪感が強くなりがち。

そんな申し訳ないという気持ちから休めなくなってしまうことってありますよね。

「それで陰口を言われるのもイヤだし‥」と有給申請をあきらめてしまうパターンです。

めんどくさい

有給を取りたいというと、理由を追及されたり断られたりする。

休みをとるためにわざわざウソをつく人もいるくらいです。

本当は有給をもらう理由なんてなんでもいいはずなのに、よっぽどの理由がないと「なんで休むんだ」と言われてしまう。

もうめんどくさいからみんな有給を取ろうとしないんですよね。

それで結局、会社の思いどおりになってるわけです。

有給休暇をもらう3つの方法

上記の理由、ぜんぶ結局はあきらめてるんですよね。

休みたい気持ちはあるけど、手間を感じてしまって「やっぱやめよう」と思ってしまう。

でもそもそも有給に関して会社に拒否権はないんですよ。

ちゃんと法で守られているので上司や仕事のことを考えて我慢する必要はありません。

 

では、できるだけ楽な気持ちで有給休暇をもらうにはどうしたらいいんでしょう?

当然のようにふるまう

ほんとうは有給を取ることはなにも悪いことじゃないので、ビクビクせずに当然のように申請していいんです。

まわりの休みづらい空気のせいで我慢するのももうイヤじゃないですか?

「え?なにか?」くらいの気持ちで有給取得にのぞみましょう。

文句を言われてもこっちが勝つんですから。

自分が口火を切る

有給を取れないほかの人のためにも、自分がきっかけとして有給を使うと考えます。

なにかを最初にやるのってすごく勇気がいることですが、その分「やってやった感」があるはずです。

それで社内のブラックな雰囲気がなくなるんですから、むしろみんなのためにいいことをするぐらいの気持ちでいきましょう。

仕事の段取りを決める

休んでいる間の仕事のことを考えておきましょう。

仕事しない時間を踏まえた段取りを前もって決めます。

あらかじめ予定を立てておくことで、休んでいる間や次に出勤してきたときの仕事への不安がなくなります。

事前に人に頼めることは頼んでなんの心配もなく休めるようにしておきましょう。

これで気がかりはすべてなくなって存分に休めるはずです。

社員として当然の権利すら貰えないなら退職・転職を考えよう

現実に、いくら申請しても取り合ってもらえない会社ってあると思います。

そもそも有給取りにくくしてる会社って考え方がブラックなとこばっかりなので、努力しても結局休めないパターンが多いんですよね。

そんな会社にいたら休みがもらえず働きづめでいつかダメになりますよ。

毎日長い時間働くのがすばらしいと言われてサービス残業をさせられるかもしれません。

 

いまの状況に「今後もずっと休めないままかもしれない‥」という危機感があるなら、退職や転職を考えましょう。

仕事ばかりしているとやがて仕事のことしか考えられなくなります。

まだ冷静な今のうちに次の仕事をさがしはじめることをおすすめします。

 

有給の取れる会社にいけば、たまの旅行もかなえられます。

みんな働いてるなあと思いながら平日の昼間にゴロゴロすることもできます。

次の日を気にせずゲームや読書で夜更かししたい日だってありますよね?

 

仕事も楽しんで休みの日も充実した生活をするために、転職を考えてみてはどうでしょうか?

 

転職するなら事前の準備として転職サイトに登録しておきましょう。

休みのとれないブラック企業で働いていた人におすすめの転職先はやっぱり大手です。

会社の仕組みがしっかり出来上がっている大手企業なら、社員の休みにもきちんと対応してくれるはずです。

 

f:id:bun1125:20170602114556j:plain

大手企業の求人が多い転職サイトは「リクルートエージェント」です。

サポート体制も充実していて、転職に不安がある人でも安心して転職活動できます。

転職に詳しいエージェントがあなたの就職を最後まで助けてくれますよ。

 

有給が取れないブラック企業は辞めて、安定の大手企業に転職しませんか?

休みの日も充実した、あなたの理想どおりの働き方が叶うはずです。

>>リクルートエージェントの詳細・登録はコチラ