ワークライフバランスとは?優れた会社の代表例を5つ解説

過労やパワハラによる自殺問題。

はたまた、プレミアムフライデーや週3日休みの導入などが、話題になる世の中になりました。

最近は、自分の働き方や私生活について考える人が、以前よりも増えたのではないかと思います。

  • このままの生活でいいのかな。
  • もっと楽に生きていきたいな。
  • 私も待遇の良い会社で働きたい。

こんなこともより強く、考えるようになったのではないでしょうか?

 

誰だって、幸せに生きたいのだから当然ですよね。

働き方を指す言葉として「ワークライフバランス」というものがあります。

昔から聞く言葉ですが、さほど重要視はされていませんでした。

 

しかし、自分で暮らしを良くしていくためには、知っておくべき言葉です。

今回は、

  • ワークライフバランスとはなにか
  • ワークライフバランスを知ることで適切な仕事が選べる
  • 現代での、ワークライフバランスの活かし方

についてお話します。

あなたの暮らしが充実するきっかけに、なれれば幸いです。

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは一言でまとめると「私生活と仕事の調和」です。

少し、分かりづらいのでもう少し、説明します。

 

ワークライフバランスと聞くと、「仕事」と「私生活」の2つを軸に考える人がいます。

そして、それぞれを全く別のものとして考えようとします。

 

ですが、それでは本来の意味とは少し変わってしまうんですよね。

ワークライフバランスは、私生活と仕事の「調和」であって、別々の2つの課題ではないのです。

「理想の充実した生活」という1つの時間の中に、「仕事」と「私生活」が含まれているという考え方が正しいんですね。

 

ワークライフバランスが取れた生活とは

  • 私生活が充実し、楽しいから仕事も頑張れる
  • 仕事を頑張れているから、結果も良く、私生活が潤う

この持ちつ持たれつのパートナーのような状態が理想の生活です。

あなたもそう思いませんか?

ファミリーフレンドリーであること

では、実際にワークライフバランスを取るための2つのポイントをお伝えします。

1つ目は、ファミリーフレンドであること。

きながらでも「育児」と「介護」ができる環境を作るという意味です。

 

ワークライフバランスを整える際に、最も難しいのはやはり仕事面ですよね。

理想の生活のために、週休3日休みが欲しい。

残業を無くして欲しい。

会社勤めでそんな発言をすれば、上司からの反感を買うことは免れないですよね。

そんなリスクを冒すくらいなら、とつい黙ってしまいます。

 

しかし、こうした点をもし、解決できるとしたらどうでしょうか?

近年では、育児休暇や介護休暇の取得のしやすさを売りにする企業。

在宅勤務が可能な企業などが多数存在します。

 

人材不足や働き方が問題視される世の中です。

従来の働き方に捉われず、ファミリーフレンドーに意欲的な企業も現在は増えてきているんです。

そのため、本来のワークライフバランスに、これまで以上に光が当たっています。

男女均等推進であること

そしてもう1つが「男女均等推進」というもの。

簡潔に説明すると、仕事において、性別を理由とした差別はだめですよという考え方です。

この考えを軸に、現代では

  • 人材の募集
  • 人材の採用基準
  • 仕事における人事配置や昇進

これら全て、性別を理由とする決定は禁止とされています。

 

しかし、現実はなかなかそうではない企業もあります。

実際、職場で悔しい経験をしたことがある、という人もいるのではないでしょうか。

そのため、男女関係なく活躍できる取り組みをしている企業は、国が「均等推進企業」と位置付けています。

こうした、企業が増えると嬉しいですね。

理想のワークライフバランスを求める上で、

  • ファミリーフレンドリー
  • 男女均等推進

は欠かせない考え方になりますので、覚えておいてくださいね。

日本を騒がせる過労死問題の現実

冒頭でもお話した、自殺や過労死問題。

ニュースでも、ここ数年で多く見かけるようになってしまいましたね。

なぜ、本来であれば守られるべき社員が、会社に殺されるようなことになってしまうのか。

その原因は1つではありません。

 

ご自身の身を守るためにも、きちんと問題の実情を知っておきましょう。

「過労死ライン」って何時間?

過労死問題。

ニュースなどで目にしたことがあると思います。

そもそも過労というのは「残業のし過ぎ」ということです。

そして、ご存知の方もいるように、月の残業時間は原則45時間までとなっています。

 

45時間を超える残業をさせると、それは会社の問題となり、違法です。

過労死ラインと定められているのは、80時間です。

この時点で違法ですが、今回の問題はそこではありません。

身体が激務に耐えきれず、最悪の場合死に至る可能性があるんです。

 

80時間というのは、あくまで目安。

過去のデータで80時間というラインが設定されているだけで、軽視は危険です。

現時点で、

  • 当たり前のように45時間以上の残業がある
  • 残業代が適正に払われていない
  • 80時間近く働かされている

などで苦しんでいる人は、労働基準監督署に相談してみましょう。

労働基準監督署から、企業に「残業を減らすように」と注意喚起してくれます。

 

けれど、そんなことをすれば

  • 会社に居づらくなってしまう
  • そんなことになるなら、我慢した方がマシだ。

そんな悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。

事実、とても勇気がいる行動ですよね。

 

しかし、そんな会社に居続ければ、理想のワークライフバランスは手に入りません。

最悪の場合、身体を壊し、死んでしまうかもしれません。

であれば、転職という選択も状況を切り開く、選択だと思います。

マイナビエージェントは、国内最大手の求人数を誇る転職サービスです。

転職エージェントなど、理想のワークライフバランスの手に入れるための、転職サポートをしてくれる専門スタッフもいます。

気になるようであれば、求人だけでも見てみてはいかがでしょうか。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

あなたの苦しい現状から抜け出すきっかけが、なにかあるかもしれませんね。

仕事を強制する会社や社会風土が変わらない原因

ここでは、なぜこれだけ問題視されているのにも関わらず、現状はなかなか変わらないのでしょうか。

何をしても3年は頑張れと言われる

現状に悩む人なら、耳にタコができるほど聞かされたかもしれません。

「3年は頑張れ問題」

これに関しては、一概に良い、悪いと議論することが難しいのも特徴ですよね。

 

あなたもどちらが正解というのは、分からないのではないかと思います。

この言葉自体が悪いのではありません。

 

では、何が問題なのか。

それは、あなたにこの言葉を向けた人物の問題です。

どのような意図で、この言葉をかけたのか。

そこを見抜く必要があります。

 

例えば、人手が不足すると困るから。

あなたの事情や気持ちを考慮しない、身勝手な意見であれば危険です

状況は改善されるどころか、悪化してしまう可能性もあります。

 

反対に、あなたの気持ちを汲み取った上で、アドバイスしてくれているならきちんと受け止めましょう。

管理職が高度経済成長時代の根性命の世代

いわゆるジェネレーションギャップです。

20代と50代では生きてきた環境が全く違います。

そのため、管理職である上司が、当時の価値観をそのまま押しつけてくることがあります。

 

すると、その感覚に納得できない若い世代は、そのギャップに苦しむことになります。

「俺がお前くらいの時は死に物狂いで働いた」

「もっと頑張れ」

「残業なんて当たり前」

 

そんな理不尽な根性論に、働き方や環境が左右されてしまうのです。

すると、仕事や職場にいること自体も辛くなってしまうのです。

ワークライフバランスが取れる仕事ってどんな会社?代表例を5つ解説

改めておさらいしておくと、ワークライフバランスとは仕事と私生活がともに充実しており、バランスが取れている状態のことをいいます。

それでは、実際にワークライフバランスの取れた会社とは、どのような特徴があるのでしょうか。

それぞれ、ご説明していきます。

育児休暇のある会社

ワークライフバランスを取るための、代表的な例ですね。

仕事と私生活を考える上で、育児は大きな課題となります。

その課題への対策として、1つ、育児休暇が挙げられます。

 

子どもは欲しいけど、今は仕事が忙しいから…。

これでは、ワークライフバランスが取れているとはいえません。

 

ですが、育児休暇がきちんと活用できる企業であれば、その不安は和らぐはずです。

今だけでなく、先を見越した対策も、ワークライフバランスを取るためには必要ですね。

在宅仕事ができる会社

ワークライフバランスを考えると、在宅で仕事ができることのメリットは大きいかもしれません。

現代では、在宅ワークという働き方も、少しづつですが広まってきています。

 

会社に行かずに仕事ができる、というメリットは多くあります。

  • 満員電車に乗らなくていい
  • 苦手な同僚と顔を合わせずに済む
  • 家にいる時間が増えることで、育児や家事などが分業にできる

もちろん、仕事の連絡がしづらい、スピード感が落ちるなどのデメリットもあります。

 

ですが、ワークライフバランスという観点で考えれば、在宅ワークが合っている方も多いのではないでしょうか。

フレックスタイム制を取り入れている会社

フレックスタイム制と聞くと、社員が自由に出退勤しているイメージがあるのではないでしょうか。

簡単に捕捉すると、決められた総労働時間を決め、労働者が働くペースを各日決められるというものです。

会社によっては、コアタイムと呼ばれる時間があり、その時間は必ず出勤しなくてはならない決まりがあったりします。

 

フレックスタイム制度は、会社によって規定は様々です。

具体的な点は確認が必要ですが、自由度の高い働き方ができる特徴があります。

 

そのため、うまく活用できれば、私生活と仕事とのバランスは取りやすいですよね。

「今日は子どもの参観日だから、午後から行こう」

「早めに帰って、久しぶりに家族でゆっくり過ごそうかな」

こうした生活は、定時で出勤して帰宅するような、一般的な会社では難しいですよね。

 

ですが、フレックスタイム制度があれば、そんな生活は可能になるのです。

長時間労働のない会社

育児休暇や、在宅ワーク、そしてフレックスタイム。

どれも魅力的制度ですよね。

 

しかし、その一方であまり馴染みがない方も多いはず。

結婚の予定もなければ、在宅でできるような職種でもない。

そうした方は、定時で帰れる会社という選択も、ワークライフバランスを取るための方法です。

 

残業がなく、仕事に割く時間を最低限にできれば、私生活へ使える時間はしっかりと確保できます。

そのため、私生活での予定や、数か月の長期的な人生プランも組みやすいでしょう。

 

ワークライフバランスを取るためには、大きく働き方を変える必要はありません。

今の働き方や環境を、少し改善するだけでそれは可能になるんです。

福利厚生が手厚い会社

ワークライフバランスは、働き方意外でも調整することができます。

それが、会社からの福利厚生です。

家賃補助や、資格取得の為の資金援助などの金銭面。

 

また、育児休暇や高い有給消化率など、しっかりと私生活での時間も確保できる。

そうした点に焦点を置いてみるのも良いですね。

 

ですが、現実はうまくはいかず、現在の職場では

  • 日々、くたくたになるほどの残業続き
  • 福利厚生は最低限。友人の会社がうらやましい

そんな方もいらっしゃると思います。

 

ワークライフバランスなんて、そんなこと考えても意味がないと諦めていませんか?

そんな方には、声を大にして言わせてください。

 

環境は変えられます。

諦めないでください。

あなたが理想とする仕事や環境はきっとあります。

マイナビエージェントは転職業界最大手の転職サービスです。

求人数はもちろん国内トップクラスです。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

転職エージェントという頼もしすぎるサポーターもいます。

ワークライフバランスなんて…と諦める前に、まず一度見てみてください。

あなたの将来を大きく変える出会いがあるかもしれませんよ。

うつになる前にワークライフバランスの優れた会社へ転職!

最後にお伝えしたいことはこれです。

ワークライフバランスを取れるようになる前に、最も怖いことは、ワークライフバランスが取れていない現在です。

仕事か、私生活のどちらかに過度に負担が掛かっていれば、いつか無理がきます。

 

無理がたたって、体調や精神状態を崩してしまうと、元も子もありません

もし、あなたが現在の生活に苦しさを感じているのなら、少しづつでも行動してみませんか。

他の会社はどんな働き方なのか。

あなたがもっと楽に、あなたらしく働ける環境を知りましょう。

 

マイナビエージェントではすぐに、大手ならではの膨大な求人から、すぐにあなたが気になる会社を見つけることができます。

簡単に、すぐに調べることができることも、忙しいビジネスマンには魅力ですよね。

 

ぜひ、一度見てみてはいかがでしょうか。

ワークライフバランスを取れたあなたの未来は、どんな生活になっていますか。