夜勤が辛い人必見!夜勤仕事の5つのメリットと体を壊さない人の4つの特徴

夜勤は本来、昼行性の人間には辛いものです。

慣れてくれば習慣となり、平気だという方も出てくるのでしょうが、夜の21時から明け方の6時過ぎまで働くのは楽ではありません。

夜勤の仕事は金銭面的にもメリットは多く、『稼ぎたい!』という方には魅力的に感じる部分も多いでしょう。

 

ですが、実際に働いてみると

  • 思っていたより眠いしキツイ
  • 世間と生活リズムがズレるので不便なことがある
  • 食生活が乱れ不調になりやすい

以上のような悩みを抱える夜勤労働者も多いのです。

 

『何となく楽そう』『稼げるから夜勤でいいや』そんな安易な考え方で選んでしまうと、後悔してしまうかもしれません。

夜勤のメリットやデメリット、特徴を押さえた上で自分に合っているのか考えてみましょう。

夜勤がある仕事とは?

債務整理

夜勤の仕事は24時間営業の店舗やサービス、早朝から営業する店舗などにある勤務形態です。

夜中に対応しなくてはならない業務がある業界や職種に多く見受けられます。

ガス会社、SECOMなど深夜対応が求められる職業

夜中に問題が起きてしまった際に、緊急対応しなくてはならない場合。

ガス漏れや、不審者や犯罪者などへの対応は早朝だろうが深夜だろうが、行わなくてはなりません。

工場の製造現場

工場の製造業務は機械が担う部分がほとんどのため、最低限の人員で時間帯を問わず稼働し続けることができます。

機械の操作はもちろん、万が一誤作動があった場合に対応できるスキルが必要です。

医療関係全般

緊急対応という例で言えば、医療関係は外せません。

24時間対応は当たりまえ、必ず医師や看護師などが交代で夜勤をしながら勤務に当たります。

業界の中でも、常に集中力を必要とする職種であることは間違いありません。

夜勤の辛いところ

エンジニア転職

夜勤は社会が寝静まったころに仕事をするという、特殊な働き方なのでその分辛いこともあります。

生活リズムが崩れやすい

夜に働き、朝に寝るという、完全に昼夜逆転の生活になるので生活リズムは乱れます。

そのため、慣れていない初めの頃や、昼間も活動しなくてはならない人は睡眠もとれず、体調を崩すこともあるでしょう。

人は基本的に昼行性の生き物なので、夜の活動が続くと身体に負担が大きいことは事実です。

生活リズムが乱れると、人によっては精神的にも悪影響が出てしまうこともあるでしょう。

 

心身ともに健康であるためには、生活リズムはできるだけ規則正しいに越したことはありません。

昼間は騒音などで眠りにつきにくい。

夜勤を終えてあなたが寝静まるころに、世間は活動を始めます。

そのため外が騒がしく、騒音でうるさくてなかなか寝付けないということもあるでしょう。

それが時々ならいいかもしれませんが、立地によっては慢性的な悩みになってしまうかもしれません。

十分な睡眠が取れなければ必ず身体に支障をきたします。

 

睡眠環境に問題があるなら、改善策を取りましょう。

眠気で作業が困難になる

生活習慣の乱れ、睡眠環境の影響から生じるのは睡魔です。

仕事中にに眠気が来ては、仕事に集中できません。

眠気は生理現象なので人が自力で抗うことはほぼ不可能でしょう。

ましてや、夜勤で緊急時の対応などを迫られた際に集中できないとなっては危険です。

 

万が一何かがあった場合は、自己管理ができていないという理由で責任を負わざるを得ないでしょう。

夜勤という時間帯で働き続けるには、睡眠時間はしっかりと確保したいですね。

栄養のある食事が取りにくい

夜勤から帰るとすでに身体はくたくたです。

当然お腹も減りますよね。

できれば、栄養のある美味しいご飯が食べたい、けれど帰宅して自炊する元気はきっと残ってはいません。

そのためご飯はいつもコンビニ弁当や、冷凍食品などの偏った食事になりがちです。

 

夜勤なので、仕事の休憩時間や終わるタイミングに空いている飲食店では、バランスの良い食事を摂るのはなかなか難しいでしょう。

日々の食事が身体を作っていくので、体調管理の面でもできるだけ配慮したいポイントではありますね。

人数が少ないから結構忙しい

日中は人が多い職場も、夜勤になると人がめっきりと少なくなります。

少人数でもなんとかなる業務量なのかもしれませんが、有事の際は忙しく人手が足りないと嘆きたくなる場面もあるでしょう。

1人当たりの業務範囲が増えるであろう夜勤は、楽そうに見えて実は大変というギャップは覚悟しておいた方が良さそうです。

夜勤の5つのメリット

とはいえ、夜勤には日勤にはないメリットもあります。

自分には夜勤の方が働きやすいと感じる人もいるでしょう。

夜勤手当がつく

日勤ではなく夜勤を選ぶ人の特徴として、給料が夜勤の方が高いという理由があります。

夜勤手当と呼ばれるものもあり、基本給とは別で支給されることもあります。

法律上は必須ではなく、会社によってない場合もあるため、これから夜勤を検討される方は確認しておいた方が良いでしょう。

金額は一回いくらと決まっている場合が多く、職場の待遇を決める上で重要な指標の1つになりそうです。

朝のすがすがしい気分で帰れる

夜勤は眠気との戦いや、深夜の長時間勤務などで気分が憂鬱になることもあります。

日勤の仕事の場合は朝早く起きて、夜に会社を出て帰路につくという流れです。

暗い場所や夜の時間帯は、考えごとや悩み事が尽きず不安になりがち。

対して夜勤は、人が寝ている間に頑張っているという優越感を得たり、仕事を終えたら朝日が昇っているというワクワク感などを感じるでしょう。

 

それも1つの醍醐味なのかもしれません。

上司と顔を合わせることが少ない

基本的に職場の上司は、定時で帰ることが多いため、夜勤を担当するということは少ないでしょう。

夜勤勤務の中でも上下関係は存在しますが、全体の規模で見れば小さなコミュニティです。

気を使わなければならない人物も少なくてすみます。

多数の人とコミュニケーションを取ることが苦手だったり、上司がいる環境がストレスという方は楽な働き方かもしれませんね。

昼間の時間を自由に使える

世間が寝静まっている頃に働いているので、夜勤が終わるころに世間は活動しだします。

そのため、夜に仕事をして稼ぎ、昼に遊んだり所用を済ますことができます。

捉え方によってはとても効率的です。

夜勤がメインの生活リズムができれば、昼間に活動しても問題ないでしょう。

夏場は夜のほうが涼しい

季節的なメリットを受けることもできます。

夜はどの季節も昼間に比べれば気温は下がります。

ですが、夏場は日が落ちてきても暑く過ごしにくいもの。

日勤で働いていると、仕事終わりの夕方はまだまだ暑さの残る辛い時間帯です。

 

夜勤であれば、仕事終わりは明けがたで涼しく、夏でも快適な時間帯に仕事を終えることができます。

夜勤でも大丈夫な人の4つの特徴

エンジニア転職

ここまで聞いて、『自分も夜勤の仕事をしてみたい』と感じる人もいるかと思います。

けれど、初めての夜勤であれば本当に大丈夫かな?と不安になりますよね。

夜勤でも働ける人には特徴があります。

昼間でもぐっすり眠れる

健康的に働き続けるためには、しっかりと睡眠をとることが大事です。

夜勤で働くとなると、寝る時間はどうしても昼間になり、これまでの生活リズムと反対になります。

そうなった際にお昼間の時間帯でも、しっかり睡眠を取れなくては翌日の仕事に悪影響が出てしまいます。

寝付けないことがストレスになり、私生活にも仕事にも悪影響が出てしまっては大変です。

 

そのため、昼間でもよく眠れるという人は、とりあえず安心でしょう。

人間関係が煩わしい

夜勤は職務中に関わる人もそう多くはいません。

そのため、よく言えば人間関係は少なく、悪く言えば希薄です。

仕事を大勢の人とコミュニケーションを取りながら、楽しんでやりたいという人には向いていません。

人間関係が面倒で、職場にコミュニティをさほど求めていない人には働きやすい環境と言えます。

お金の為なら頑張れる

夜勤は医療など特定の職業を除けば、単純作業やルーティンワークなどの職務が多いです。

そのため、仕事にスキルアップややりがいなど、お金以外の目的を見出すのは難しいでしょう。

やりたいことや本職は別であったり、勤める理由がお金のためだったりするのであれば、夜勤は適職かもしれません。

 

ですが、本職として検討しているのであれば、別の仕事を考えてみましょう。

変わりが効く単純な仕事だった場合、将来性があまり期待できません。

夜勤も決して楽なわけではありませんが、稼ぐことが目的であればブレずに頑張れるのではないでしょうか。

 体を壊してまで働く意味はない。

とはいえ、本来人間が寝るべき時間に働くというのは、長期的に見れば身体に負担が掛かります。

体力に自信のある人や、その点に全くストレスを感じないという人は平気かもしれません。

しかし、どこかで無理をしていればいつかは身体を壊してしまいます。

ストレスなどは無意識に感じていることも多く、気づかぬうちに身体が蝕まれている可能性も。

 

もし夜勤で働く場合は、自身の健康状態には細心の注意を払ってあげましょう。

身体を壊してからでは、取り戻せないものがあります。

入院するようなことがあれば出費もかさみ、稼いできたお金は一瞬で無くなって振り出しに戻ってしまうかもしれません。

まずは健康第一で少しづつ慣れていくなど、健康でいられるような配慮をしてあげたいですね。

お金よりもまずは健康に気をつけよう

夜勤は昼間の仕事に比べて、メリットはあります。

金銭面や精神面など、魅力を感じる点は人それぞれあるかもしれません。

ですが、身体の健康を考えると、良いことばかりではありません。

  • 生活リズムが崩れやすい
  • 昼間の活動が眠気で苦しくなる
  • 職場によっては人数が少なく忙しい

 

本来、人は昼行性であることを考えても、夜勤が身体に良いとは言えないでしょう。

夜勤が辛いと感じているなら、早めに別の仕事に切り替えるべきです。

健康あっての仕事ですからね。