気づいたらエモい記事が書けなくなっていた。

最近気づいたんだけどエモい記事が書けない。

いや、気づいてはいたけど気づかないフリをしていただけなのかもしれない。

エモい記事を書くのが好きだったのに。今はもうそういう記事が書けない。

 

最初はスランプかな?と思った。

でもスランプではない気もした。リサーチし、構成を考えれば書けるには書けるんだ。

 

でもそうじゃない。書きたかったのはそういう記事じゃない。

ついつい熱くなって書いてしまうような、そういうエモい記事が書きたいのに。

 

東京にいた頃は目の前で色んな出来事が起こっていた。

イライラしたり、それないんじゃない?って思う度に、記事で書き殴ろうと思った。

何かに触れて感動する度に記事にしておこうと思った。

思いついては書き、思いついては書き、それの繰り返しだった。

 

でも今はそんな記事が書けない。

あの頃よりもたぶん少し寛容になったなとは思う。

色んなことが受け入れられるようになって、それと同時に、

「この人はこういう人だし仕方ないか」

とある意味諦めることが簡単にできるようになったおかげで。

誰かにイライラしたり、そういった何かに記事を書こうと思わなくなってしまった。

 

人間は簡単には変わらない。

変わらないとわかっていても、どうにかできないかと奮闘している自分が昔はいた。

そんな気持ちがなくなってしまった今はエモい思いをすることもなくなってしまったんだろう。

 

極端な話、自分が満足していればそれでいいのかもしれない。

以前はもっとガツガツ、ガツガツした記事を書いていた気がする。

「あいつらができるんだから俺だってできるはず!」

「絶対見返してやる!!維持でもやりきる!!!」

そんな勢いも今は、

「それぞれペースはあるからな〜」

ぐらいののほほんとしたものに変わってしまった。

 

ブログ的には面白くないかもしれないけれど。

それでももっと感じたことに素直に記事を書いてみようかと思う。

少し落ち着きながら記事を書いてみようかと。

みんな違ってみんな良いんだぜってことを、もっともっと表現できるようなブログにしていこうと思った。