職場の人間関係に馴染めずに孤立しがちな人の特徴とたった3つの解決策

仕事を続けていく上で気になる人間関係

職場にすぐに馴染める人がいる一方で、なかなか馴染めない人もいます

職場に馴染めないと感じながら日々過ごすのは、とても苦しいですよね。

 

今回は、職場に馴染めない人はどうしたらいいのか。

その具体的な解決策をお話します。

 

職場での人間関係が改善されると、働きやすくなります。

 

また、出世の可能性も出てきます

是非、参考にしてみてください。

目次

そもそも、職場での人間関係ってホント必要?

なぜ仕事において、人間関係が重要だといわれるのでしょうか。

その理由は。

  • 仕事は多数の人と行う必要があるから
  • 人付き合いが上手な人の方が、会社にとって優秀な人材だから

この2つです。

仕事を周囲の人と円滑に進められるというのは、とても重要なことです。

「お金のため」と割り切って仕事に集中するのもアリ

あなたは仕事に対して、どのような意識で取り組んでいますか?

前提として仕事を頑張る理由は何でも構いません

会社のためにという信念で尽くす必要もありません。

仕事に対する意識の持ち方はあなたの自由です。

 

そのため、お給料が良いからという理由で仕事に精を出すのもありです。

お金のために頑張る、と目的を絞ることで、余計な思考に振り回されなくなります

 

職場環境にストレスはあるけど、お給料が高いから頑張ろう。

このような考え方もひとつです。

ストレスなく働くために職場の人間関係には馴染んでおくべき

しかし、お金のためと割り切っても、根本的なストレスの解決にはなっていません

職場での人間関係はストレスをもたらす大きな要因となります。

短期間であれば、耐えることができるかもしれません。

 

しかし長期間、いつまで続くか分からないとなると、やはり得策とはいえません。

年もみんなバラバラで、性格も違う人が多く集まっている職場。

苦手な相手や、生理的に合わない人も少なからず出てきます。

仕事なので、普段から密な連絡を必要とすることもあります。

 

その度に、ストレスを感じないためにも馴染んでおくべきなのです。

職場での人間関係ってどれだけ重要なの?

世の中の様々な問題の根源は全てが人間関係にある、という話があります。

人間関係が円滑なことに越したことはありません。

仕事をする中で、人間関係が及ぼす影響とはどんなものがあるのでしょうか。

職場の人間関係に馴染めないのは大きなストレスになる

職場では、一日の業務を通して多くの同僚と連携が必要になります。

人間関係がうまくいっていないと、業務を円滑に進めることができません。

 

また、業務だけでなく、休憩の際も、馴染めていないというストレスは掛かります。

仕事後の呑み会なども余計な気を使い、楽しむことが出来なくなってしまいます。

昇進や異動など、今後のキャリアにも大きく影響してくる

そして、もっとも厄介なことがキャリアへの影響です。

人間関係が円滑でない人は、会社からすると扱いにくい人材に映ってしまいます。

昇進をして部下のマネジメントをする。

移動となれば、新たな部署に溶け込み、成果を上げられる人材である必要があります。

 

そのためには、部下に慕われるていることや、新たな環境に馴染む力が必要です。

その力こそが、人間関係を築く力なのです。

 

つまりあなたが今後、出世をしたいと思っている。

行きたい部署がある。

だとしたら、人間関係に問題があるかどうかという点が、大きく関わってくるのです。

人間関係のストレスが原因で心身に不調が生じることも……

ストレスがあまりにも過度に掛かると、身体にまで影響がでてしまうことがあります。

  • 出勤前に動機が激しくなる。
  • 会社では常に憂鬱な気分になる。
  • 苦手な上司と関わると具合が悪くなる

など、挙げればキリがありません。

ストレスを慢性的に抱えてしまうと、うつ病などになってしまう可能性もあります。

会社では学校の様に、関わりたくない人とは関わらない、ということができません。

 

そのため、人間関係にストレスを持ってしまうと、精神的に大きな負担となります。

結果、自身の身体に悪影響が出てしまうほど追い込まれてしまうのです。

職場の人間関係に馴染めない原因はあなた自身のせい?

中には、すでに人間関係にストレスや悩みを抱えている人がいるかもしれません。

 

ですが、もうだめだと諦めるのはまだ早いです

あなた自身に課題があるならば、まだ改善できる可能性があります。

 

あなた自身の、職場での振る舞いを振り返ってみてください。

あなたから、周りの人を遠ざけてしまう振る舞いをしてはいませんか?

問題を解決するための一番の方法は、原因を知ることです。

 

職場に馴染めていないかもと感じてはいませんか?

そんな方は、ぜひ次をご覧ください。

職場の人間関係に馴染めない人の特徴・共通点

ここからは、良好な人間関係を作ることが苦手な人の特徴をお話します。

あまりにも仕事ができない

仕事において、失敗やトラブルはつきものです。

 

しかし、一度や二度だけでなく、繰り返し失敗をしてしまうと周りの印象は良くありません

あなたはわざとじゃなくても、周りにはやる気が無いように映ってしまうこともあるのです。

 

また、仕事の段取りが悪い。

極端に時間がかかるといったことも良くありません。

周りとのペースが合わず連携が取りづらい原因となってしまうからです。

 

もし、周りと比べて仕事が遅いのなら、周りに追いつこうとする努力が必要です

すぐには無理でも、その姿勢で印象は大きく変えられる可能性があります

口数が少なく、まわりに「暗い印象」を与えがち

本人に悪気はなくても、暗い人とはコミュニケーションは取りづらいものです。

どんな相手か分からない人のままでは、相手に過度に気を使わせてしまいます

結果、一緒に仕事のしづらい人、という印象を与えてしまうのです。

 

また、会社としても暗い人より、明るい人を好みます。

口数が少なく、暗い印象を持たれていてはもったいないのです。

まわりの人に対して高圧的で偉そうな態度をとる

これが、最も厄介かもしれません。

仕事ができても、周りからの支持がなく孤立してしまうパターンです。

 

理由は明白です。

部下や、同僚に対しての高圧的な態度は、うざい人に映ってしまいます

仕事ができる人だとしても、周囲からの印象は良くはありません。

 

また、仕事ができないと思われている人であれば、その結果は最悪です。

周囲には自分勝手な人間だと思われ、一緒に働きたくないと思われてしまうでしょう。

職場の人間関係に馴染めない人に試してほしい3つの解決法

では、どうすれば馴染めるようになるのでしょうか。

職場での人間関係に悩むあなたに、具体的な解決策を3つお伝えします

とにかく仕事をしっかりこなす。仕事ができる人は孤立しない

すぐに出来ることであり、最も努力すべき点です。

仕事ができる人間になること

これが状況を改善する最も有効的な方法といえるかもしれません。

仕事ができる人は、職場で孤立することはありません

 

それは、周りに必要とされるからです。

仕事ができる人は日々の業務の中で、自然と多くの人や仕事と関わっています。

 

その結果、職場で孤立することは自然となくなっていきます。

 

まずは与えられた仕事をしっかりとこなすこと

それが、原状を変える第一歩になります。

挨拶や態度などを見直して、まわりに「明るい印象」を与える

人の印象を変えるためには、あなた自身の印象を変えていきましょう。

仕事へ取り組む姿勢だけでなく、あなたからも積極的に発信していきましょう。

これまで以上に積極的に挨拶をする

人と話している時の、聞く姿勢や話す姿勢を見直してみる

 

そうした、普段のあなたの挨拶や態度を変えることで、周囲からの印象は変わっていきます。

 

そして、明るい印象のある人は、人望も集まりやすくなります。

その結果、多くの仕事に必要とされる人材へと近づくことができます。

転職してガラッと働く環境そのものを変えてしまう

しかし、中にはこれらではどうしようもないこともあります。

そもそもの職場の環境が劣悪な場合です

悲しいことに、職場や周囲の人間に恵まれず、努力が報われないこともあります。

 

そんなときは、今の職場に固執する必要ありません

あなたの努力や姿勢が評価される環境に、変えてみてはどうでしょうか

やるべきことはやったのなら、転職を通じて環境を変える選択肢もありです。

また、転職は業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントにしかない非公開求人が大量にあるからです。

転職の成功の秘訣は、信頼できる多くの情報を握ることです。

マイナビエージェントには、最大手という信頼がすでにあるのです。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

転職の動機が「人間関係に馴染めないから」でも大丈夫?

ですが、いざ転職を検討した際に、不安になることがあると思います。

転職理由が「人間関係に馴染めなかったから」で問題はないのか。

本当に転職はうまくいくのだろうか。

 

結論からいうと、全く問題ありません

自分らしく働きたいと思うことは当然です。

次の職場で何がしたいのか、どうなりたいのかが重要です。

 

また、職場の人間関係が原因の転職は、転職理由としても最もポピュラーなものです。

その際に注意すべきことは一つだけ。

逃げの転職ではなく、現状変えるための挑戦の転職であることです。

 

ただ嫌だからやめてしまうと、次の職場も同じ理由で辞めてしまう可能性があります。

転職自体が悪いことではありません。

 

しかし、転職を繰り返してしまうと、職場に馴染むことや、出世は難しくなります。

 

そのため、転職は目的をもって行動しましょう。

転職先の人間関係にすっと馴染むために心得ておいてほしいこと

転職が無事に成功したら、そこで終了ではありません。

転職先での良好な人間関係を築く必要があります。

そのための具体的な方法や、行動をお話します。

挨拶や即レスなど、当たり前のことは当たり前にする

仕事のできる人間に必ず共通していることがあります。

それは、当たり前のことを当たり前に行っているという点です。

社内での挨拶、メールの返信、報連相の徹底など。

職場で最低限、周囲から求められることをきちんとこなしているのです。

 

ですが、意外とこうした当たり前といわれる仕事をおろそかにしてしまう人も多いのです。

 

また、そうした人は基本の業務を抑えていません。

そのため、日々の仕事でもミスをしがちです。

結果、仕事もできないし、ミスもする人という悪い印象が付いてしまうのです。

 

そうはならないためにも、当たり前のことを当たり前にする力をつけましょう。

早めの出社や丁寧な仕事で「やる気のある人」と認識してもらう

早めの出社と聞くと、時間外で仕事をするつもりはない、と抵抗を覚える人もいるかもしれません。

 

しかし、それは職場に馴染むまでの話です。

転職して間もない頃は、仕事の勝手など分かりません。

事前に自分だけで解決できる問題は解決すること

できるだけ早く一人前になる努力が必要です。

そうした姿勢を周囲が悪く捉えることはありません。

 

むしろ、新しく来た人はやる気があるな、と周囲の人は評価してくれます。

やる気がある人材に会社や周囲は期待を寄せます。

結果、仕事の覚えも早くなり、職場の人間関係に馴染むまでに時間はかからないはずです

職場の人間関係で悩んだらなるべく早めの解決を!

もし、あなたが職場の人間関係に悩んでいるのなら、まずはその原因を突き止めましょう。

今置かれた環境をどうやり過ごすかではなく、どうしたら現状を変えることができるのかを考えるべきです。

転職をした先にどんな理想を描くのか

そこを明確に出来れば、転職はあなたの現状を大きく変える手段となるでしょう。

迷っているのなら登録だけでもしてみましょう。

その一歩があなたの未来のきっかけになるはずです。