【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

月曜だけど仕事を休みたい!辛い会社に二度と行かないためにすべきこと

「月曜日だけど早速仕事休みたい…」

「土日の気分がまだ抜けない…」

「もう月曜朝だけどどうしよう…休もうかな」

会社を休むのは一般的に考えるとあまり良いことではありませんが、それでもどうしても休みたい月曜日ってありますよね。

ネットを見てみると案外月曜にズル休みしている人は多く「自分だけじゃないんだ…」と少しだけホッとすることも。

 

しかし、単純なズル休みではなく、うつ一歩手前の深刻な状況であれば当然休んだ方が良いに決まっています!

ただ自分の精神状況がどんな状態かなんて、自分ではあまりわかりませんよね。

「どんな状況だと精神的にヤバイのかな…?」

と疑問に思った方に向け、この記事では

  • 会社を休んでしまう主な原因3つ
  • 辛い会社に二度と行かないための2つの解決策

この2つを中心に解説していきます。

今日は月曜日…会社行きたくない

「えっ、もう土日終わったの?」

楽しみにしていた金曜日の飲み会を終え、土日は家族や友人との時間。

まったりと1人で家で過ごした人もいるでしょう。

「このまま明日も休みならなあ」

と思っているとあっという間に月曜日になって、また1週間が始まる…

そんなあなたは“隠れた悲鳴”に気づけていますか?

どうしても休みたいなら休んでも良い

「正直言うと会社が辛い」

そんな心の声を無視して月曜日も出社していないでしょうか?

少しずつ溜まっていくストレスによって、じわじわと蝕まれる心。

昔は「早く月曜になってバリバリ仕事したいな!」と思っていた人も、今では「なんでもう月曜日なんだよ…」と弱音を吐いている人もいるでしょう。

 

週初めの月曜はぶっちゃけ一番休みたくなる日です。

実際、月曜に休みを取る人はとても多く、土日の気持ちと葛藤を引きずりながら上司に連絡を入れ…

火曜日にはちゃんと出社すれば良いのですが…このまま出社するのも怖くなりうつになって仕事ができなくなる。なんて例もよく聞きます。

僕の友人にも一度休みの連絡を入れてからは怖くて出社できなくなり、結果退職なんて人もいました。

 

もちろんこうして休んでしまうのは褒められたことではありませんが、そもそもの原因はなんなのでしょうか?

月曜に会社を休んでしまう主な原因3つ

以下ではよくある会社を休んでしまう主な原因を3つ挙げてみました。

Yahoo知恵袋や5チャンネルなどの掲示板にも多く書き込みがありますし、実際に当てはまる人も多いでしょう。

さて、今のあなたの状況はどれに当たるでしょうか?

給料や福利厚生など、職務体制に不満がある

特に多い理由が職務体制全般への不満です。

「これだけ働いてるのに給料が安い」

「友人の勤務先は福利厚生もめちゃ充実してる」

「ってか残業代出ないしめっちゃブラック…」

「有給取らせてくれないってどういうこと!?」

様々な不満があると思いますが、こういった気持ちを日々溜め続けることで、楽しかった仕事ややりがいのある仕事も次第につまらなくなってきます。

 

もちろんこのような不満を上司や会社に直接伝えられれば良いのですが、そんなことできないって人の方が多いですよね。

結果的に溜め込んでしまって、気づいたら、

「会社に行きたくない」

「うつだ…」

なんてなってしまうこともあるでしょう。

 

一番多い不満であると同時に、一番解消しづらい不満でもあります。

言っても変わらない職場とおさらば!

職務体制に難ありな会社はぶっちゃけどれだけ頑張っても何も変わりません。

貴重な人生の時間を、怠慢だらけの会社に捧げるのはもったいないですよね。

そんな人におすすめなのが退職代行の「SARABA」です。

SARABAなら24時間今すぐ退職を代行してくれます!

優秀な人はサッサと決断して次の人生を歩んでいます。あなたも今すぐSARABAで退職を始めましょう。

今すぐSARABAで退職する

上司がウザい!原因は職場の人間関係?

女性に多いのが、

「上司が絡んできてウザい!」

「発言が明らかにセクハラ!」

などの上司や同僚などとの人間関係です。

職場恋愛に発展して関係性がギクシャクしたり、八つ当たりされたりなども。

 

こうした人間関係の不安は人が多くなるほど、そして男女が増えるほど増加していきます。

特に「変に思われたら仕事もしづらいし…」という強迫観念から、なかなか解決に身を乗り出すことも難しいでしょう。

「仕事に行きたくない」というより「あの人に会いたくない」「○○さんが苦手」という人は特に注意が必要です。

人間関係は一番の退職要因

いくら仕事が楽しくても、人間関係が最悪だとそれだけで会社に行きたくなくなりますね。

仕事なら成果を上げれば終わりですが、人間関係はなかなか修復・改善できません。

人間関係で悩んでいる人は退職代行サービスを使って、今すぐ嫌いな上司や同僚とおさらばしましょう!

今すぐSARABAで退職する

仕事自体が辛すぎる…感謝される仕事がしたい!

「給料も申し分ない。人間関係もOK!」

「でも仕事が辛い…」

こんな人は正直とてももったいないなと思います。

熱意はあるし環境にも恵まれていますが、そもそも仕事内容自体が辛いってパターンですね。

こちらの「「会社行きたくない」入社5日目で退職しその後独立した友人の話」という記事にも書いてありますが、僕の友人にも「NHKの集金の仕事」の会社に就職して、本当に仕事内容が辛く1週間も経たないうちに辞めた例もあります。

 

「お客さんに感謝されない…」「騙しているみたいな気分になる…」

こうした悩みを持ったまま仕事を続けると、あなたの良心もどんどん消えていくでしょう。

それが問題ない人は続けるのもアリかもしれませんが、辛いと感じるようであれば辞めてしまう方が先決です。

退職代行サービス「SARABA」を使えば一生会社の人と会わなくていい!

「でも上司に退職を切り出すのも怖いしな…」

「バックレなんてしたら家に来そうだし…」

退職したいけどそんな不満がある人はぜひ退職代行サービスの「SARABA」を使ってみてください。

SARABAは退職に係る一切の手続きを代行してくれるサービスで、あなたが退職したいと思い申し込んだ瞬間から「会社への連絡」「退職の手続き」をすべて引き受けてくれます。

 

実は同様のサービスは弁護士に頼むことでも実現できるのですが、数十万円レベルで高額な費用がかかってしまいます。

SARABAならたったの3万円ですべての手続をしてくれますし、会社の意向がどうだろうと法的にあなたの意見を優先し退職の手続きまでしてくれるんです!

SARABAのおすすめポイント
  • 3万円と弁護士に依頼するより安い!
  • 退職に係るすべてに手続きを代行!
  • 24時間いつでもLINEで申し込めて即日対応!

 

退職代行のSARABAを使えば、嫌いな会社には今後一切行かなくて済みますね!

今すぐSARABAで退職する

うつになる前に転職エージェントに相談!

「会社休みたいな…」

「もう月曜か。辛いな…」

そんな気持ちを放っておくと”うつ病”になる可能性もあることを覚えておいてください。

「病は気から」と言いますが本当に精神の問題はカラダにも支障を来します。

実際、うつ病になる若者はとても増えていて、そのまま退職・仕事続行不能…なんてことも少なくありません。

 

これは今の若い人と、職場のトップの人の意見や世代間の違いによるものが大きいです。

具体的には「体育会系な昔ながらの人」と「ITやインターネットで便利になった若い世代」との感覚の違いですね。

前の世代の言うことを聞いていても、そもそも育った環境や社会情勢も違います。そりゃうつになる人も増えるわけです。

精神的に「辛い」と感じることを続ければ、じわじわと不健康になってしまうでしょう。

 

こちらの「頭痛、吐き気、不眠…仕事のストレスの原因と4つの対処法を徹底解説」という記事でも書いていますが、うつ病になってしまうくらいなら、今のうちに転職エージェントに登録しておくといいでしょう。

おすすめはマイナビエージェント。最大手のエージェントでしっかりとあなたの相談を元にベストな転職先を提案してくれます。

無料で登録できるので今すぐ登録して逃げ道を用意しておきましょう!

無料でマイナビエージェントに相談する