翻訳求人の給料や仕事内容、転職に必要なスキルなどを徹底解説

外国語の文章を日本語に訳す、翻訳という仕事。

ビジネスシーンやドラマ、小説など、様々な場面で海外と日本をつなぐ役割があります。

そんな翻訳の仕事には、どのような人が向いているのでしょうか

また翻訳の仕事をしたいと思ったとき、どのようにしたら翻訳の仕事に就くことができるのでしょうか

この記事では翻訳求人のメリットやデメリットから仕事に就く方法まで、翻訳求人について詳しく紹介しています。

オススメの求人サービスまで網羅して書いてあるので、語学力を活かして仕事をしたいという人はぜひ参考にしてみてください。

翻訳の仕事について

「翻訳」という仕事の名前は聞いたことがある人がほとんどだと思います。

具体的に、翻訳の仕事とはどんな仕事なのでしょうか?

翻訳の仕事はどんなことをすればいい?

翻訳は、外国語で書かれた文章を日本語に訳す仕事のこと。

英語を日本語に訳すのが多いですが、中国語やフランス語など、様々な言語の翻訳の仕事があります。

翻訳の仕事では、小説や学術書、映画やドラマなど、様々なものを翻訳します。

日本後の表現力や専門知識など、語学力以外にもいろいろな知識が必要になる仕事です。

外国人ならとてもやりやすい職業

翻訳は、外国語の文章をいかに適切な日本語に訳せるかがポイント。

適切な日本語に訳すには、ネイティブレベルで英語を理解している必要があります。

なので、ネイティブな外国人にとってはとてもやりやすい職業となっているのです。

日本語が理解できる外国人には最適な職業です。

翻訳求人のメリット

高い語学力が求められる翻訳ですが、その翻訳の求人には次のようなメリットがあります。

  • 外国人歓迎の求人が多い
  • 外国語さえできれば学歴不問の求人もある
  • 年収600万円以上の仕事もある
  • 在宅勤務で仕事ができる
  • バイリンガルなら仕事もスラスラ
  • 成果報酬型もある

具体的にどのようなメリットなのか、一つずつ見ていきましょう。

外国人歓迎の求人が多い!

一番のメリットはこれ!

外国人歓迎の求人が多いということです。

日本語ができる外国人が一番翻訳の仕事に向いているので、そんな外国人を募集している求人が非常に多くなっています。

日本で仕事を探している外国人にとっては一番オススメです。

外国語さえできれば学歴不問の求人もある

翻訳の仕事に必要なのは、語学力です。

なので高い語学力があれば、学歴はなくても仕事ができるのです。

実際に、外国語ができれば学歴不問の求人もたくさんあります

学歴に自信がなくても、語学力を活かして仕事ができるということです。

年収600万円以上の仕事もある

翻訳の仕事は、年収が高いものもあります。

報酬は基本的に、翻訳する文字数×単価で換算されます。

単価はスキルや経験に応じて上がったりもするので、経験を積むほど稼げるようになっていくのです。

なので、年収600万円以上の仕事に就くことも可能!

自分のスキルや経験に応じて稼げる金額が上がっていくと、やる気にも繋がりますね。

在宅勤務で仕事ができる

翻訳の仕事には、在宅で仕事ができるものもあります。

在宅で仕事ができると、満員電車に揺られながら通勤するといったこともしなくていいのです。

通勤時間に時間を割かなくて済むし、好きな場所で仕事ができるというのは嬉しいですね。

バイリンガルなら仕事もスラスラ

外国語と日本語の二つを話せるバイリンガルなら、翻訳の仕事も難なくできるでしょう。

翻訳の仕事は高い語学力が必要ですが、どちらもネイティブで話せる人には問題ありませんよね。

そういう人にこそ翻訳の仕事はオススメです。

成果報酬型もある!

翻訳の仕事には、成果報酬型のものもあります。

成果報酬とは、自分がやった仕事に対して報酬が支払われるということ。

なので、自分が仕事をすればするほどお金を稼ぐことができるのです。

自分の頑張りで報酬が増えるのは嬉しいですよね!

翻訳求人のデメリット

翻訳の求人にはたくさんのメリットがありました。

しかし、デメリットもあります。

どういうことがデメリットなのでしょうか。

外国語を知らない人には難しい

翻訳の仕事は、もちろん高い語学力が必要です。

なので、多少言葉を知っている程度では厳しい仕事になります。

英検だと一級、TOEICだと900点以上の外国語スキルが必要になってくる仕事も多いです。

だからこそ、日本語ができる外国人が一番向いている仕事と言えるでしょう。

バイトだと成果報酬が多い

バイトで翻訳の仕事をする場合は、成果報酬が多くなっています。

成果報酬とは、自分の働きに応じて報酬が支払われるということ。

逆に言えば、自分が頑張らないとお金がもらえないということです。

自分の働きがゼロだと、当然収入もゼロになってしまうのです。

仕事をすればするほど報酬がもらえるので、自分の努力次第!

翻訳求人の給料は実際どのくらい?

翻訳の仕事は、成果報酬型が多くなっています。

そこで気になるのが、平均でどれくらい稼げるのかということ。

実際、翻訳求人の給料はどれくらいなのでしょうか。

翻訳求人の平均報酬

翻訳求人の平均報酬は、400万円前後となっています。

成果報酬型の場合だと、600万円や、中には1000万円を超える仕事も!

経験を積むにつれて、年収も高くなっていきます。

翻訳求人で高収入を得るには?

翻訳求人で高収入を得るには、語学力以外の専門知識が必要になります。

政治や文学、法律など専門的な分野の知識があり、その分野での翻訳の仕事ができるようになれば、高収入を得られるでしょう。

また、たくさんの仕事をこなす必要があるので、仕事数も重要になってきます。

会社が翻訳の案件を持っていないと、仕事がなくなってしまいます。

案件をたくさん持っている会社を選ぶことも重要です。

翻訳求人の仕事に就くまでの方法

翻訳の仕事に興味があり、してみたいと思う人もいるかと思います。

では、どのようにしたら翻訳の仕事に就くことができるのでしょうか?

ここでは、翻訳の仕事に就く方法を2つ紹介していきます。

転職サービスを使う

1つめは、転職サービスを使うこと。

転職サービスは、求人情報がたくさん掲載されている転職サイトや、希望の求人を探してくれる転職エージェントなどがあります。

このような転職サービスは基本的に無料で使えるので、翻訳の仕事ができる就職先を探したいという人にはオススメです。

クラウドソーシングを使ってクライアントと繋がる

2つめは、クラウドソーシングを使うこと。

クラウドソーシングとは、クライアントが発注している仕事を受けることができるサービスです。

クライアントと直接やり取りをして仕事をもらうことができるので、スムーズに進めることができます。

一つ一つの仕事ごとの依頼なので、短期で翻訳の仕事をしてみたいという人にもオススメです。

翻訳のおすすめ求人サービス

翻訳の仕事を探すときにも様々な求人サービスがあります。

どの求人サービスにしたらいいかわからない

どの求人サービスも同じに見える

と、求人サービスはたくさんあるので悩んでしまいますよね。

数あるサービスの中からオススメのサービスを紹介しているので、自分に合ったサービスを選んで利用しましょう。

すぐに就職したいならマイナビエージェント

マイナビエージェントの翻訳求人は、すぐに仕事が始められるものが多くなっています。

「退職してから転職先を探すので、すぐに仕事を始めたい」

「金銭面で困っているので、今から始められる仕事を探したい」

という人には、マイナビエージェントの求人がオススメ!

英語以外にも、中国語などの翻訳の求人もあります。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

求人の回転が早いリクナビNEXT

リクナビNEXTの求人情報は、毎週水曜日と金曜日に更新されています。

新しい求人がどんどん増えていくので、様々な求人の中から自分に合った仕事を探すことができます。

海外へ行って作業をする仕事もあるので、海外の生活などに興味がある人にもオススメ。

>>リクナビNEXTの詳細・登録はコチラ

高収入な翻訳のお仕事はDODA

DODAには、高収入な求人情報がたくさん集まっています。

中には年収1000万円を目指せる求人も!

語学力があれば学歴不問の求人もあるので、学歴に自信がないという人にもオススメ。

自分の語学力を活かして、高みを目指したい人はDODAで求人情報を見てみましょう。

>>DODAの詳細・登録はコチラ

バイトで翻訳の仕事なら時給1200円も!マッハバイト

マッハバイトは、たくさんの翻訳のバイトの求人情報を掲載しているサービスです。

どの仕事も時給1200円以上で、中には時給2000円を超える仕事もあります。

そしてほとんどが、派遣先への登録お祝い金採用お祝い金がもらえる仕事となっています。

仕事が決まってお金ももらえるなんて嬉しいですよね!

>>バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト

クライアントと直接取り引きできるクラウドワークス

クラウドワークスは、クライアントが発注している仕事を探すことができるクラウドソーシングのサービスです。

クライアントと直接取引をして仕事を行います。

>>在宅ワークならクラウドワークス

仕事の出来によっては継続して仕事を頼まれることもあります。

また在宅でできる仕事が多いので、場所を選ばずに仕事がしたいという人にもオススメです。

翻訳求人についてのよくある質問

翻訳の求人についての疑問の中で、特に次の4つがあげられるのではないでしょうか。

  • どんなものを翻訳するのか
  • 翻訳の仕事の楽しさは何か
  • 在宅の場合はどのくらい稼げるのか
  • 翻訳の仕事に就くならどんな会社がいいか

これらの質問について、一つずつ回答していきます。

Q.どんな物を翻訳するの?

翻訳するものは、仕事内容によって大きく3つにわかれています。

  • 文芸翻訳
  • 実務翻訳
  • 映像翻訳

文芸翻訳は、海外の小説やノンフィクションなど。

実務翻訳は、ビジネスメールや契約書など、ビジネスで使うもの。

そして映像翻訳は、映画やドラマなどの字幕を翻訳します。

様々な分野で活躍できるということですね。

Q.翻訳の仕事は何が楽しい?

翻訳の仕事の楽しさは、いかに適切な言葉を探せるかというところにあるのではないでしょうか。

外国語でも日本語でもしっくりくる言葉を探すのは大変です。

ですがその言葉が見つかったとき、謎解きができたときのような達成感を感じれるはず。

また翻訳する内容が自分の興味のある内容だと、楽しみながら翻訳できることでもこの仕事の魅力の一つですね。

Q.在宅の場合はどのくらい稼げる?

フリーランスとして在宅で翻訳の仕事をする場合は、報酬は人それぞれになります。

駆け出しの頃の年収は100〜400万と言われていますが、スキルや経験を積んでいくことによって年収もどんどん上がっていきます。

中には年収1000万円以上の人や、人気翻訳家になるともっと稼いでいる人も!

成果報酬型が多いので、仕事を確実にこなしていくと、在宅でも安定して稼ぐことができるようになります。

Q.翻訳の仕事に就くならどんな会社がいい?

翻訳の仕事に就くなら、翻訳の案件をたくさん持っている会社にしましょう。

案件がないと、就職しても仕事をすることができません。

企業の実績をしっかり見て、会社を選ぶようにしましょう。