退職代行電話は本当に会社を辞めれるの?サービスの流れや各社の特徴/料金まとめ | いつまでもアフタースクール
【経験者が解説】転職保証付きプログラミングスクールの実態を本音で解説

退職代行電話は本当に会社を辞めれるの?サービスの流れや各社の特徴/料金まとめ

「退職を切り出しても辞められなそう」

「早く会社を辞めたいけれど、結局上司が怖くて言い出せない」

「心配をかけたくないから、家族にバレずに辞めたい」

この記事に辿り着いたあなたは、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

同じように悩んでいるけれどなかなか言い出せず、時間が経つほど更に退職を切り出しづらくなってしまう人が多くいるようです。

そんな時は「退職代行電話サービス」を利用すると、すんなりと解決してくれるかもしれません。

このサービスを使えば、自分が直接上司等に説明することなく円満に退社をすることも可能です。

 

今回の記事では、「退職代行電話サービスなんて初めて聞いた」という人にもわかりやすいように、どのように利用するのが効果的かをパターン別で解説をしたり、利用する際のメリット・デメリットを整理していきますので是非一読してみてください。

目次

退職代行電話は、会社を辞めることを電話で代行してくれるサービス

「退職代行電話」とは、職場を辞める・退職するための電話を代わりにかけてもらうサービスです。

 

退職を決意した時、自分で直接上司に相談することができればいいですが、それすらも精神的苦痛に感じ更に悩んでしまったり、何とか伝えられても、無理な引き留めに会う可能性も…。

 

このサービスでは、業者が退職に必要な連絡を全て行なってくれるので、利用者は職場の人と顔を合わずに退職をすることができます。さらに、退職代行電話サービスの多くは即日対応をしているので、申し込みと支払いを済ませてしまえば、すぐにでも会社を辞めることができます。

 

様々な理由により、自分で退職を切り出すことが難しい人にとって、この「退職代行電話サービス」は強い味方です。

 

この後説明する、退職代行電話を使用すべきパターン代行会社の比較などを参考にして、「退職代行電話」というもう一つの選択肢を皆さんにお届けできたらと思います。

 

退職代行電話を使う2つのパターン

「退職代行電話」を利用する際には、主に2つのパターンが考えられます。

他にも様々な場合がありますが、以下の例と同じように悩む人も大多数いるはずですから、ご自身の現状を踏まえながら参考にしていただけたらと思います。

1.退職の意思を会社に言い出せないパターン

例えば「上司が怖くて退職の話を切り出せない」「人手不足のため、周りの目を気にすると言い出しづらい」などの理由で、退職の意思ををなかなか言い出せずにいる人は多いことでしょう。

 

退職の意思を伝えるのタイミングを逃してしまうと、どんどん辞めづらくなってしまったり、精神状態などが悪化してしまうかもしれません。会社側も、もしあなたが退職を考えていることを知れば、辞めないように必死に引き留めをしてくることでしょう。

 

自身で退職を切り出しづらい場合こそ、この退職代行を使ってすぐに退職の申し出をすることをお勧めします。

 

2.従業員が退職を申し出ているのに会社が拒否しているパターン

次に厄介なのが、退職を申し出ているのにしつこい引き留めにあったり会社側が申し出を拒否してくるパターンです。

 

  • 優秀な社員を失いたくない
  • 人材が不足していて、新規採用が難しい
  • 離職者が出ると、職場内のモチベーションが下がる

などの理由で、会社側や上司側が退職を拒否することが多いです。会社側は何としてでも、退職の意思を覆そうと引き留めの交渉をしてくることでしょう。

 

待遇を改善してくれるのなら良いですが、場合によっては退職の話をうやむやにされたりパワハラが悪化することも考えられます。それらのような状況では、退職希望者が直接申し出を続けるのは困難であるため、退職代行を利用して、第三者に入ってもらった上での退職手続きができるよう良いと思います。

 

退職代行電話の依頼が多いのは、介護、建設、飲食業界

退職代行電話サービスの依頼の多くは、いわゆる「ブラック企業」で働いている人です。

 

特に介護、建設、飲食業界で働いているケースが多く見受けられます。

これらの職種は慢性的な人材不足なので、従業員一人一人に負担が偏りがちですし、会社側も従業員が辞めないように必死になっているのです。

 

「簡単に辞めるようなやつは、他に行っても使い物にならないぞ」

「お前が辞めた分、誰かが負担しなければならないんだぞ」

「今辞めるなんて、無責任だと思わないのか」

などの罵声が返ってくることも多いようです。

 

更に酷い場合だと、「辞めたら損害賠償をしてもらうからな」という脅しもあるようで、精神的な負担や上司のパワハラを助長することになります。会社側は退職希望者をなんとかして辞めさせないために行っている行動であるため、一度退職を切り出した従業員に対して、その後も目を光らせているはずです。

 

無理してブラック企業に勤め続ける必要はありません。

幸い現在の日本では、数々の転職サービスも出てきているため、転職も以前に比べてしやすいですし、従業員を募集している会社も多いはずです。そんなブラック企業にしがみつく理由もありません。

 

自分自身の未来のためにも、勇気を持って退職への動きを進めていきましょう

 

 

どの会社を選べばいい?退職代行電話サービスを選ぶ2つの基準

「退職代行電話サービス」について、大まかにわかっていただけたでしょうか。

最近ではサービスを利用する人も増えてきているため、退職代行電話サービスを扱う会社も多くなってきていて、

「いざ使おう!」となった時に、どんな基準で選ぶべきか悩むことも結構あると思います。

 

迷った時に選ぶべき2つの基準があるので、それぞれについて解説していきたいと思います。

 

1.各社変わってくる料金

 

各社によって料金は変わってきますが、退職代行電話サービスの大体の相場は3〜5万円程度です。

 

しかし、業者によっては「アルバイト・パート・正社員」などの雇用形態やオプションによって、料金が変わってきますので、自分に合った条件を見つけることが大切になるでしょう。

 

値段に関して、安いと感じるか高いと感じるかは利用者次第ではありますが、過酷な労働環境や精神的苦痛から最短で抜け出せると考えたら、意義のあるお金の使い道だと思います。

 

また、退職代行を利用することで個人だと申し出がしづらかったであろう「退職金の満額支給」「退職前の有休消化」をもらえる可能性も高まります。もしこの願いが通れば、場合によっては退職代行費用を上回り元を取った状態で、金銭的リスクなく退職ができるかもしれません

 

とはいえ前述した通り、各社の料金体系やオプションの使い方等によって料金も内容も大きく変わってくるので、後ほど複数の会社を比較しまとめていきたと思います。

 

 

MEMO

会社の方で「退職金規定」が定まっている場合は、支払いの義務が発生します。「給与・残業代の未払い」に関しても法律で保護されているため、退職時から2年以内であれば請求が可能なようです。

 

ただし、あくまでも退職代行電話サービスは「伝達役」の範囲内となっておりますので、会社側に退職金等の「交渉」までを行うことはできません。

 

※以降の項目にある「退職代行電話サービスは、弁護士法違反にはあたらない!」にて詳しくご説明します。

 

2.法律知識があるかどうかの信頼性

もう一つ重要になってくる基準として、法律の知識を代行会社が持ち合わせているかという点が挙げられます。

弁護士監修」を明記している会社は、退職代行の業務に問題がないかを弁護士が確認しているため、通常の会社よりも信頼性が高くなります。

 

会社側が法律に則っていない引き留めや脅しをしてきた際に、法律知識を持ち合わせている退職代行電話サービス会社の方が適切な伝達を行ってくれる可能性が高いのです。退職代行業者と依頼者は、メールやLINEなどで連絡を取り合うことが多いのですが、その際の状況把握や質疑応答も比較的スムーズに進むでしょう。

 

退職代行電話サービス利用者の会社がブラック企業であれば尚更、上記のような法律を度外視した違反行為が考えられるため、法律知識を有した(=弁護士が監修している)代行会社を選ぶことをお勧めします。

 

本当に退職できる?転職に影響ない?会社から訴えられることは?

ほとんどの退職代行会社は、「成功率99%~100%」を謳っています。

単純にこの数字だけを見れば、退職代行電話サービスを利用すれば本当に退職できると思うのですが、本当にそうなのでしょうか?

 

実際のところ、これは本当に退職出来る可能性が非常に高いようです。

 

その理由としては、

  • 民法627条により会社を辞める権利が保障されていること
  • 退職代行業者という第三者が介入することで、会社側も雇用者に対しては強気でいれた場合でも、会社の評判などもあり強気でいられなくなること
  • 無理な引き留めやパワハラなどの法律違反を、客観的事実として抑えられてしまうリスクが会社側に発生すること

が挙げられます。

 

法律に則ってプロの退職代行業者に依頼をすれば、ほとんどの場合は個人で交渉を重ねるよりもスムーズに辞めることができますし、その成功率も格段に上がります。万が一退職できなかった場合に全額返金の保証がついている会社もあるので、心配な方はそういう会社を選ぶのもいいかもしれませんね。

 

また、よくあるブラック企業の脅し文句で「この業界は狭いから、ここを止めたら他では働きにくくなるぞ」などがあるようですが、真に受ける必要はありません。自分から言わない限り、退職代行を利用したことは転職先に伝をりません。

 

会社から訴えられることも、「ほとんどない」と言っていいでしょう。

なぜなら会社側が損害賠償を請求するには、どれほどの損害を被ったのかという確固たる証拠が必要だからです。

さらに、その損害額が安ければ安いほど、請求するだけの費用や時間が無駄になります。

 

ブラック企業で勤めていた人は特に、損害賠償を心配しますが、損害賠償の請求はそんな簡単にできるものではありませんし、訴訟するにしても、会社側もかなりの費用と時間がかかるので、全く割にあってないのです。それに加えて、ブラック企業は不当な残業があったり上司のパワハラがあったりなど、会社に落ち度が多少なりともある場合が多いので、会社側もそれを気にして訴えることを容易にできません。

 

簡単にまとめてきましたが、まだ疑問や不安も残ると思いますので、退職代行電話サービスの具体的な手順上記の疑問に対する根拠等を詳しく説明していきたいと思います。

 

まとめ
  • 退職代行電話サービスの成功率は99~100%!
  • 退職代行を利用しても、転職への心配は必要ない。
  • 退職代行を利用することで、会社側から訴えられることはほぼない。

 

退職代行電話の手順を解説

大体の代行業者は下記の手順で、サービスを進めていきます。

  • STEP.1
    サービス申し込み
    退職代行会社を選び、申し込みフォームを送る
  • STEP.2
    担当者がヒアリング
    退職代行サービスに電話やメール(LINE)で、「退職理由・退職交渉の状況等」を伝える
  • STEP.3
    申込手続きをする
    見積もりで出された金額を各社指定の支払い方法で支払う
  • STEP.4
    担当者と打ち合わせ
    退職までの流れなどを確認したのち、担当者が会社に連絡する
  • STEP.5
    退職手続き
    退職代行が退職手続きを代行し、退職後のアフターフォローに入る

基本的には電話やLINEなどで完結させられる、つまり自宅にいながら手続きを進めていくことができるので、出社が困難な方もご安心ください。

 

保険の手続きの相談などアフターフォローにも入ってもらえるプランであれば、煩わしい事務的な処理も簡略化できると思うので、時間を無駄にせず退職ができます。

 

退職代行電話サービスを使っても転職の際に不利にならない!

退職が完了した後は、次の仕事への転職を考えていくわけですが、その際に退職代行電話サービスを使ったからといって不利になることは基本的にないので安心してください。

 

ただし、退職代行の利用の有無を問わず、短い職歴は次の転職先では不利になるケースが多いようです。だからといって、無理して仕事を続けて、申告なしにある日会社を逃げ出したりしてしまうと、無断欠勤扱いになり、それを理由に懲戒解雇される場合があります。


自己都合の退職と違って、懲戒解雇は転職活動でも不利になってしまう可能性が更に高いです。

少しの手順を踏むだけで、無断欠勤ではなくきちんと退職できるので、例え勤めてからの日数が少なくても、「なぜ辞めたのか」ということを正直に言えれば、大きなマイナスにはならないと思います。

 

前職の人間からの嫌がらせで転職に悪影響がでるという可能性も考えられますが、そのような場合は、厚生労働省の総合労働相談センターや、ハローワークへ助けを求めましょう。会社に非があると判断されれば、逆に会社側にペナルティーを与えることができます。

 

また、再就職や失業保険を受け取る際に必要となる「離職票」ですが、中には催促しないと渡してくれない意地悪な会社も存在するようです。どうしても受け取れない場合は、ハローワークで交付してもらうこともできるので、こちらも焦らずに落ち着いて対応すれば全く問題ありません。

 

退職代行電話サービスは、弁護士法違反にはあたらいない!

「法律上の問題があるのではないか」という心配をされる方が多いですが、こちらも心配はいりません。

退職代行会社には、法律の専門家が専属でついていることがほとんどです。

 

少し頭に引っ掛かるのが「弁護士法違反」ですね。

結論を言うと、退職の代行のみであれば弁護士法違反にはならないので、ご安心ください。

 

ただし、

  • サービス残業による給料の未払い
  • 退職金の交渉

などを退職代行業者が行ってしまうと、弁護士法違反となります。

 

なので、もし上記のような交渉を行ってほしい場合は、弁護士に頼むようにしましょう

払ってほしい旨を伝えることだけなら退職代行業者でも可能ですが、弁護士以外の人がボーナスやサービス残業による給料の未払いを交渉までしてしまった場合は、違反になってしまうのです。

 

MEMO

※弁護士法違反(非弁行為)とは、弁護士法72条に定められた「弁護士でない者が報酬を得る目的で代理や仲裁、和解などを禁止する」ことに反する行為のこと。

「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」(弁護士法72条より引用)

退職代行電話サービスを使った人の口コミ

実際に退職代行電話サービスを利用した人の感想はどうでしょうか。

以下に何人かの口コミを紹介したいと思います。

 

twitterなどのSNSで「退職代行サービス」と検索してみると、実際に利用した人の体験談などリアルな声を見ることができるので、迷っている人にはとてもオススメです。ただし、個人差もあると思うので、いろいろな人の意見に触れてみるのが重要になると思います。

 

一週間単位で検索しましたが、膨大な量の「退職代行」に関する投稿を見つけることができました。

SNSだけでなく、各社の公式HPなどにも口コミなどが載っていることも多いので、ぜひチェックしてみてください。

 

退職代行電話サービスを使おう!各社の料金やサービスを比較

2018年の夏頃から退職代行電話サービスについてテレビ等のメディア露出が増えてきたため、今ではサービス利用者も増え、同時に退職代行会社もどんどん増えてきています。

 

各会社によって、料金内容からオプションまで異なっているので、各社の料金やサービス内容を比較しながら紹介していけたらと思います。

 

退職できなければ全額返金「SARABA(サラバ)」

おすすめポイント

サービスが充実しているのに利用料は3万円!
24時間いつでもLINEで申し込めて即日対応!
もしも退職できなければ全額返金保証!

SARABA(サラバ)の料金紹介

<サービス料金>

一律料金30,000円(税込)

SARABAはどんな勤労形態でも料金は一律30,000円です。「SARABA」では即日の実行、折り返し電話対応、営業時間対応などなどすべてコミコミで3万円となっており、追加料金発生の心配がありません

そして、万が一、退職できなかった時のための全額返金保証も付いているので、安心です!

SARABA(サラバ)の対応時間

SARABAは、基本的に24時間どんなときでも対応してくれます。休日や深夜でも、可能な限り対応!

ゴールデンウィークやお盆、年末年始も営業しているので、どのタイミングで会社を辞めたくなっても相談可能です。

 

SARABA(サラバ)の申込方法

お問い合わせメール・LINE・電話

 

SARABAで今すぐ退職する

 

MEMO
また、こちらの「【悪評アリ?】退職代行SARABAの評判や口コミをインタビューした結果」という記事ではSARABAについてさらに詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

メディアへの露出No. 1で信頼性の高い「EXIT(イグジット)」

おすすめポイント

メディア露出ナンバーワンで信頼できる!
24時間いつでもLINEで申し込めて即日対応!
2回目以降の利用割引がある!

EXIT(イグジット)の料金紹介

<サービス料金>

正社員50,000円(税込)
アルバイト30,000円(税込)

EXITで退職代行する際の料金は、「正社員」と「アルバイト」で変わってきますので注意してください。

NHKや朝日新聞などの大手メディアに多数取り上げられている上に、顧問弁護士に指導してもらっている担当者が対応してくれるので、安心感もありますね。

また、2回目以降は10,000円割引での利用ができるのも魅力的です。(相談は無料です。)

EXIT(イグジット)の対応時間

EXITのホームページには明確な対応時間は記載されていませんが、休日や深夜のお申し込みでも15時までに入金が確認されると、即日で対応してくれます。(※ゴールデンウィークやお盆、年末年始のスケジュールは確認できません。)

EXIT(イグジット)の申込方法

お問い合わせメール・LINE・電話

 

MEMO
また、こちらの「退職代行サービスEXIT(イグジット)のサービス/評判/口コミまとめ」という記事ではEXIT(イグジット)についてさらに詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

有給休暇の消化交渉も担当!「退職代行コンシェルジェ」

おすすめポイント

顧問弁護士が有給休暇の申請も対応!
24時間LINEで申し込めて即日対応!
利用後は無料転職支援もしてくれる!

退職代行コンシェルジュの料金紹介

<サービス料金>

一律料金54,000円(税込)

退職代行コンシェルジュでは、どのような雇用形態でも一律54,000円で退職代行を引き受けています。

そして何と今では、30,000円で利用できるようです!(2019年3月までの特別価格)

 

また弁護士による賃貸契約など退職に関連する書類関連の手続きや、その後の転職までサポートもしてくれます。めったにないことですが、会社側が有給休暇の消化を拒んだ場合、顧問弁護士が追加料金なしで会社側と交渉してくれます。

医師監修の元メンタルケアも行っているのも、安心できるポイントですね。

退職代行コンシェルジュの対応時間

退職代行コンシェルジュのホームページには明確な対応時間は記載していませんが、即日での対応もしているようです。(ゴールデンウィークやお盆、年末年始などのスケジュールは確認できません。)

退職代行コンシェルジュの申込方法

お問い合わせメール・LINE

退職代行コンシェルジュで今すぐ退職

 

MEMO
また、こちらの「退職代行サービス退職代行コンシェルジュのサービス/評判/口コミまとめ」という記事では退職代行コンシェルジュについてさらに詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

退職代行電話のメリットは、会社と連絡せずに辞めれること

退職代行電話サービスの一番のメリットは、退職希望者が直接会社と連絡せずとも辞めることができることですね。

退職代行電話サービス会社に依頼をする過程も、基本的には全てオンラインですので、誰にも顔を合わせることなく辞めることが可能です。退職届の提出も郵送ができますし、電話連絡に関しても、退職代行サービスが代わりに電話してくれます。

 

パワハラ・セクハラ・いじめ・過労ストレスなどが原因で、「もう絶対会社に行きたくない」と思っている人や、「出社しようとすると吐き気がして具合が悪くなってしまう」といった症状が実際に出てしまう人も家を出ずに退職が可能です。

 

多くの人がなかなか退職できない理由は、会社からの無理な引き留め嫌がらせなどといった「退職完了までのストレス」です。退職日を迎えるまでの精神的苦痛を一切受けずに退職日を迎えられるのが、退職代行サービスの大きなメリット。

 

ストレスなく辞められると思うと、退職までの道のりが見えてくると思いませんか?

 

他にも退職代行電話サービスを利用するメリットは多くありますので、自分の状況と照らし合わせながら検討してみてください。

 

メリット
  • 会社に出社せずに辞めることができる
  • すぐに会社を辞めることができる
  • 会社からの脅しを回避することができる
  • 弁護士に依頼するよりも格段に安く退職ができる

 

退職代行電話のデメリットは、後ろめたさが残ること

退職代行を利用すると、退職前の挨拶なしでいきなり辞めることになるので、退職代行電話を使った後に元上司と良い関係でいるのは難しい場合もあります。しかし、そもそも会社がブラック企業だったり、上司などとの人間関係が原因で退職を決意した人にとっては、あまり気にする必要はないかもしれません。

 

仕事を辞めることに対する気持ちの整理をつけることは、最終的には自分の問題です。退職してもしばらくの間、しっかり自分で退職手続きをできなかったことを気にしてしまう人もいるかもしれませんが、仮に自分の力で辞めたとしても「もっと早く辞めることができていたら…」などと別の悩みを抱えてしまっていたかもしれません。

 

誰もが最初は悩んでしまいますが、その感情が永遠に続く訳ではありませんし、後悔の気持ちを解放感が上回るはずです!

 

他にも以下のようなデメリットが挙げられるかと思いますが、利用費に関しては会社によっても異なる上に、退職金などの手当で賄うことができるかもしれません

 

また、家族や友人に退職のことを話す際に、「退職代行」への認知度や定着度の問題で理解してもらえないという心配もありますが、言わなければバレることでもありませんし、徐々に一般的にも知られてきているので問題はないかと思います。

 

デメリット
  • 直接退職ができなかった後ろめたさが残る
  • 退職代行電話サービスの利用費が必要になる
  • 家族などの身近な人で、退職代行への理解が少ない人がいる

 

退職する前に、会社を辞めた後の転職先を決めるために転職エージェントを活用!

前の項目でも説明した通り、退職代行電話サービスを利用したことによって転職に悪影響がでることは、基本的にありませんのでご安心ください。退職代行サービスの業者によっては、転職支援まで行なっているところもあるので、転職に不利になる訳ではなく、むしろサポートを受けることができるかもしれません。

 

ただし、一般的には「退職」に特化している会社がほとんどですので、転職に関しては自分で別途行う事になるでしょう。そのため、可能な限り退職代行電話サービスに相談する前に、転職に向けてできる準備はしておくことをお勧めします。

 

退職後に転職先を決めるまでの失業期間があると、その間は非常に不安定な生活を強いられるため、お金の心配などから焦って再就職先を選んでしまい、またブラック企業に就職してしまう可能性も大いにあります。

 

とは言っても実際のところ、時間が無いことが原因で退職後に転職先を探すことになる人も多いと思いでしょう。それに加えて、退職の手続き等で疲れ切ってしまい、思うように転職活動まで手が回らないという人も少なくないはず。

 

そんな時は退職も転職も、安心して尚且つスピード感を持って行うために、心強い転職サポートを受けることができる転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。厳選していくつか紹介させていただきます。

 

第二新卒の転職は業界最王手!「マイナビエージェント」

おすすめポイント

第二新卒の転職は業界最王手!
圧倒的な求人数と有名企業独占求人の数!
過去の転職成功ノウハウの提供

マイナビエージェントの紹介

マイナビエージェントは、様々な転職活動プログラムを用意しています。

  • 失敗しない転職企業の見つけ方
  • 市場価値を高めるキャリアカウンセリング
  • 人事が会いたくなる職務履歴書
  • 人事が採用したくなる面接対策

など多様な面からサポートを受けられるとともに、「初めての転職」「二回目以降の転職」「年代別」などさらにカテゴリー分けをして転職を進めていけます。

転職エージェント(マイナビエージェント)と転職サイト(マイナビ転職)の最も大きな違いは、転職活動時にキャリアアドバイザーのサポートを受けられるかどうかです。転職エージェントではサポートを受けることができ、転職サイトでは受けることが出来ません。

マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

 

未経験やフリーターからの転職が得意!「ジェイック」

おすすめポイント

未経験やフリーターからの転職が得意!
未経験でも就職成功率80.3%
厳選した企業のみの紹介で満足度高!

ジェイックの紹介

就職支援会社と異なるジェイックの特徴は、「フリーター・未経験・既卒・大学中退専門の無料就活講座」があることです。

ビジネスマナーから、面接対策や履歴書の書き方まで最初から最後まで丁寧にサポート!そのため、未経験でも就職成功率が8割を超えています。

 

また、多くの就職支援会社は「紹介した企業に入社するまで」をサポートとしていますが、ジェイックは「入社してからの1年間で、どのように会社に馴染み、ちゃんと安心して働いているか」を考えながら、就職後も丁寧なサポートをしています。

気になった方は、無料の説明会を全国9箇所(関東~九州まで)で随時行っているようなので、そこへまずは出向き様子を見てもいいかもしれません。

ジェイックの公式サイトはコチラ

 

フリーエンジニアとしての独立なら「レバテックフリーランス」

おすすめポイント

エンジニア・クリエイターに特化した専門転職サービス!
学生向けのITエンジニアプロジェクトも用意!
業界や技術トレンドを熟知したアドバイザーがいる!

レバテックフリーランスの紹介

もしもあなたがITエンジニアであれば、フリーエンジニアとして独立するのもいいでしょう。

フリーエンジニアには、

  • 会社という組織に依存しない
  • 直接依頼を受けられる

というメリットがありますし、エージェントに登録することによって、案件に困ることが減ります

エージェントの中でも特におすすめなのが、案件数が多く、信頼度も高い「レバテックエンジニア」です。多くのフリーエンジニアが登録しているサービスなので、ぜひ登録してみてください!

 

在宅ワークで稼ぐなら「クラウドソーシング」

おすすめポイント

日本最大級のクラウドソーシングサービス!
個人でも、安心して働ける!
時間と場所にとらわれない!

クラウドワークスの紹介

「会社でストレスを抱えてしまったため、しばらくは一人で静かに働きたい」という人には、クラウドソーシングで在宅ワークをやってみるのもいいかもしれません。

(※クラウドソーシングとは、ネットを利用して仕事を発注したり受注したりできるサービスのことです。)

  • 時間や場所にとらわれずに自由に働ける
  • 仕事量を自分で調整できる

というメリットもあります。

 

今ではクラウドソーシングだけで、生活費を稼いで暮らしている人も多くいます。

クラウドソーシングの詳しい解説記事はコチラ

 

手軽に退職するなら退職電話代行サービス

ブラック企業でパワハラをはじめとした過酷な労働環境におかれている人、退職できない雰囲気の中で無理をしながら働いている人。そんな人たちが過酷な環境から抜け出し、新たな人生を歩む手助けをするのが「退職代行電話サービス」です。

 

確かに、自分が辞めた時のことを考えると、後ろめたさを感じてしまうかもしれませんが、会社の仕組みや人材不足は1人の力だけではどうにもならない場合もあります。考えてもきりがないので、思い切って退職代行を使ってサクッと退職し、新しい環境に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

 

特に最初は不安があっても、実際にサービスを利用した人たちからは、「辛い状況からやっと解放された」「もっと早くに退職をしておけばよかった」という声を多く聞きます。

 

もちろん自分で退職手続きをするのがベストですが、それができない場合の手段として、退職代行を利用してみるのも決して悪いことではありません。不安な方は、まずは無料相談から始めることもできます。

 

 

今の辛い環境を変えるために、ぜひ勇気を持って一歩を踏み出してみてください!

そんなみなさんを応援していますし、この記事が参考になったら嬉しいです。

有給消化で実質無料!!
今すぐ退職してホワイト企業へ