【緊急】0668860723から電話がかかってきたら即対応すべきこと | いつまでもアフタースクール
【経験者が解説】転職保証付きプログラミングスクールの実態を本音で解説

【緊急】0668860723から電話がかかってきたら即対応すべきこと

0668860723から電話がかかってきたけど、イタズラ電話かな……

と思っている方。

 

その番号はポケットカードからの電話です!

電話に出ずにこのまま放置していると、裁判を起こされて財産を差し押さえられてしまう恐れがありますよ!

 

とはいえ、いきなり電話が来てもどう対応してよいのかわかりませんよね。

そこでこの記事では、ポケットカードから電話がかかってきたときの対応方法についてお伝えします。

1番いけないのはそのまま放置してしまうこと。

焦らず、今回お伝えするポイントを押さえて対応を進めましょう!

0668860723から電話が来たらポケットカードの取り立て

ポケットカードは、全国に約500万人のカード会員を抱えている大手のクレジットカード会社です。

もともとは「ニチイ・クレジット・サービス」として設立された会社ですが、2011年にファミマクレジットを完全子会社化。現在は、

  • 三井住友銀行
  • 伊藤忠商事
  • ファミリーマート

との関連会社になっています。

有名なクレジットカードとしては

  • P-oneカード
  • ファミマTカード

などを発行。ポケットカードが発行しているカードを利用している人も多いのではないでしょうか。

 

ポケットカードから電話がかかってきたということは、以下の理由が考えられます。

  • 本人確認の問い合わせ
  • 保険に関する問い合わせ
  • リボ払いなどの営業
  • 口座の残高不足による延滞の発生

特に延滞が発生している場合は、すぐに対応が必要です。

しっかりと支払いしているつもりでも、

  • 口座引き落とし時に残高が不足していた
  • カードで大きい買い物をしたことを忘れていた

などの理由から、うっかり延滞が発生するケースはよくあります。

延滞料金が発生すると、ポケットカードから電話がかかってきます。それを無視すれば最悪裁判を起こされることもありますよ!

 

ポケットカードは全国に支店があるため、0668860723以外の番号だと

  • 0676703939
  • 0668861275
  • 0120005979
  • 0120632036
  • 0120339085

からも電話が掛かってくる可能性があります。

同じくポケットカードからの取り立てについては「【急いで対応!】0668861275から電話がかかってきたらすぐにすべきこと」の記事でも書いていますので、参考にしてください。

ポケットカードの取り立ての口コミ・評判をまとめてみた

ポケットカードからの取り立てってどんな感じなのかな……

実際のところ、ポケットカードからの取り立てはどのように行われているのか、気になりますよね。

ここでは、取り立ての口コミや評判をまとめました。

ポケットカードの取り立てはかなり厳しいようですね。

また手軽に申し込める「ファミマTカード」に対しても、かなりの不満が出ているようです。申し込みの段階で「リボ払い」しか選択できないことは確かに不親切かと思います。

リボ払いは「実質年率18%」となっているため、初期設定のまま変更されていない方はお早目の対応を。

 

それはともかく、すでにポケットカードから電話が来ているということは、何かしらの理由で延滞が発生している可能性が高いです。

ポケットカードの取り立ては基本的に電話とハガキですが、延滞が長引くと最終的には裁判を起こして未払い金を回収する手続きを取ってきます。

滞納から差し押さえまでの流れはざっと以下の通りです。

  1. ポケットカードから督促電話が来る
  2. ポケットカードからハガキ・封筒が届く
  3. 訴訟等予告通知書が届く
  4. 裁判所からの特別送達
  5. 強制執行(差し押さえ)

強制執行になれば家族はもちろんのこと、会社にも知られてしまいます。手遅れにならないうちに早急に対応しましょう!

日本の借金経験者は3人に1人!?

実は借金をしている人はとても多く、日本貸金業協会の調査によると、世の中の約3割近くの人がお金を借りたことがあるという統計も出ています。

つまり、3人に1人は借金経験があるんですよね。

正直、周りに言うようなことではありませんが、それでも「自分だけじゃない」という事実を聞くと少しホッとするかと思います。

ポケットカードを滞納・未払いを放置すると最悪財産差し押さえ!

ポケットカードへの返済は無理かもしれない……
そんな時には「債務整理」という方法がおすすめですよ

弁護士

 

債務整理と聞くと不安に感じる方もいるかもしれませんが、債務整理は法律で定められた借金問題の解決手段です。現実的ではない返済を続けていくよりも、ずっと楽に返済できる可能性があります。

それに実際のところ、債務整理は毎年多くの人に利用されている制度です。

債務整理は年間300万人~500万人が実施

裁判所司法統計によると、近年は年間約80,000人が裁判所で債務整理の手続きをしています。さらに債務整理は裁判所を通さずに行う方が多いため、年間300~500万人が債務整理をしているという考えが一般的です。

つまり、債務整理はかなり多くの人が選んでいる借金問題の解決方法と言えます。

トラブルが発生したのであれば、その道のプロにお願いするのが確実

債務整理は弁護士や司法書士へ相談することで、

  • 借金の減額
  • 利息のカット
  • 過払い金の返還

などを交渉できます。借金を返す見込みが無いのであれば、リスクなく借金を減らすことのできる債務整理がベストな選択肢です。

 

「でも、どこに相談すればよいのかわからない…」

そんな方にオススメなのが東京ミネルヴァ法律事務所です。

東京ミネルヴァ法律事務所は、全国17,000件以上、過払い金は100億円以上を解決しています。

東京ミネルヴァ法律事務所の特徴
  • 督促は最短で即日ストップ
  • 借金の返済も最短で即日ストップ
  • 秘密厳守

どうしても支払えない場合は、債務整理で借金を減らすことを考えましょう!

今すぐ借金がゼロになる!?

無料債務整理シミュレーターを使う

【口コミ/評判】東京ミネルヴァ法律事務所って詐欺?怪しい?本当に借金を減額できるのか実際に無料相談に行って確かめてきた

東京ミネルヴァ法律事務所

複数社診断で借金減額率アップ!?

もし本当に借金を減額したいのであれば、今すぐ2~3社の無料減額診断を行うことをおすすめします。

2~3社並行して診断を進めることで、実際の借金減額に至るまでのスピードが一気に早まるからです。

金額が大きければ大きいほど、早いに越したことはないので必ず診断を行いましょう!

おすすめは

この3つ。診断自体はどれも3分程度で終わるので今すぐ全部やってしまいましょう!

たった3分をめんどくさがってやらないだけで、将来的に大きな損失になります。

賢い人ならわかりますよね...?今この瞬間、行動しなかったせいで将来さらなる負債で苦しむのはあなたですよ?

闇金からの取り立てもあるなら…

「もしかして、闇金からお金を借りてしまったかもしれない……」

闇金は違法な取り立てを行うケースもあり、そのままにしておいては危険です。

もし、こんな取り立てを受けていたら、闇金の可能性が高いですよ。

  • 大声で取り立てをしてくる
  • 早朝や深夜に取り立ての電話がかかってくる
  • 親族や友人に借金を肩代わりさせようとしてくる

こんなときは、できるだけ早めに専門家へ相談しましょう。

 

闇金問題の解決なら、「弁護士法人アドバンス」がおすすめですよ。

弁護士法人アドバンスは、最高裁判所出身の五十部紀英弁護士が代表を務める大手の弁護士事務所。

ネットの口コミを見てもらうとわかると思いますが、満足度が高く、安心して相談が可能です

ウィズユー司法書士事務所の大きな特徴は以下の3つ。

ウィズユー司法書士事務所の特徴
  • 夜間や休日でも即対応OK
  • 債務整理から闇金問題まで専門の弁護士が対応
  • 所属している弁護士がかなり多いので安心

今すぐ闇金とオサラバ

ウィズユー司法書士事務所に相談する

【実際に使ってみた】”無料”借金減額診断を7社比較!どこが一番減額される?

複数社診断で借金減額率アップ!?

もし本当に借金を減額したいのであれば、今すぐ2~3社の無料減額診断を行うことをおすすめします。

2~3社並行して診断を進めることで、実際の借金減額に至るまでのスピードが一気に早まるからです。

金額が大きければ大きいほど、早いに越したことはないので必ず診断を行いましょう!

おすすめは

この3つ。診断自体はどれも3分程度で終わるので今すぐ全部やってしまいましょう!

たった3分をめんどくさがってやらないだけで、将来的に大きな損失になります。

賢い人ならわかりますよね...?今この瞬間、行動しなかったせいで将来さらなる負債で苦しむのはあなたですよ?

【女性限定】ウィズユー司法書士事務所Ladyはコチラ

手取り収入を増やして、将来の安定・安心を手に入れよう!

「将来、本当に年金もらえるのかな……」

と不安を感じている方。

年金の支給年齢は、1954年に55歳から60歳へ引き上げられたのをきっかけに、定期的に上昇しています。現在は65歳からの支給となっていますが、今後また支給年齢が上がる可能性は十分にあるでしょう。

このまま、何も考えずに将来を迎えるのはかなり危険です。

3人に1人は副業をしている!

2018年に転職サイトのエン転職が実施した「副業実態調査」によると、アンケート調査に協力した3,000名のうち、88%が「副業に興味がある」とし、実際に副業経験のある人は32%にのぼっています。

すでに多くの人が副業に手を出しているのですね。

給料にプラスして稼げる副業なら昇進するよりも手早く手取りを増やせます。

 

    手取り収入を増やすなら「副業」がおすすめです。

    会社に頼り過ぎるのもリスクがあるので、収入源を分散させる意味でも副業は優れています。

    ちなみにこちらの「すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法12選」という記事には、僕が過去に稼いだ副業をまとめてありますのでぜひ参考にしてください。

    年金に頼らず将来の生活を安心して送るためにも、まずは新しい収入源を確保しましょう!