もう上司に怒られない!仕事のミスをなくすたった1つの簡単な方法

f:id:bun1125:20170707023629j:plain

仕事でミスをした日には、誰でも落ち込んでしまいますよね。

それも、連続でミスしてしまったり、大きなミスだったりした時は尚更です。

ときには周りの人に白い目で見られたり、上司にキツく怒られることもあるでしょう。

「ミスするのが怖い…もう仕事行きたくないなぁ…」

そんな状況が続けば、どんどん縮こまっていってしまうものです。

 

あなたが職場に行きづらくなる前に、ミスをなくしてしまいましょう。

「またミスするかも…」なんて怯えていても状況は変わりません。

ミスをしないあなたに変わってしまえばいいのです!

今回はそのための秘訣を伝授していきます。

 

なぜあなたはミスをしてしまうのか

世の中には、たくさんミスをする人もいれば、殆どミスをしない人もいますよね。

さて、あなたはなぜミスをしてしまうのでしょうか?

 まずは腰をすえて、ミスの種類から見ていきましょう。

 

一口にミスと言っても、ミスには原因ごとに種類があるのです。

以下がその種類です。

  1. 認識が誤っていた為に起きたミス
  2. 不注意で起きたミス

以上です。

「少なっ!」と思いましたか?

もっと細かく分けることもできるのですが、実際のところ大きく分けるとこの2つなんです。

 

まず、「A.認識が誤っていた為に起きたミス」から説明しましょう。

これは原因が特定しやすいミスといえます。

「認識が誤っていた」というのは、言い換えれば「間違って覚えていた」となります。

やり方を覚える段階から、正しくない手順が身についていたということですね。

 

ほとんどの場合、原因は単純なものです。

指示の出し方が悪かった、もしくは、指示をちゃんと聞いていなかった。

このどちらかが原因であることがほとんどかと思われます。

これらはコミュニケーションの問題です。

指示の出し手と受け手がちゃんとコミュニケーションを取れていたら、そうそう起こるミスではありません。

そういう意味では、原因がわかりやすく、対策もしやすいミスといえるでしょう。

 

やっかいなのは「B.不注意で起きたミス」です。

不注意、うっかり、ケアレスミス…。

これらは、「どうしてミスしたんだ?」と聞かれても、自分でも説明しようがないミスです。

この手のミスは、以下のような要因によって起こるとされます。

  • 別のことを考えながら作業していた
  • 慣れた作業なので大雑把に作業していた
  • 体調が悪くてボーっとしていた
  • もともとうっかりしやすい性格

なんだかなぁ…。って感じのラインナップですね。

この他にも、いろいろな要因は考えられるのですが…。

つまるところ、どれもこれも「集中力が落ちやすい状態」ということです。

 

ここで最初の疑問、「なぜあなたはミスをするのか?」に立ち返りましょう。

ミスをしやすい人というのは、圧倒的にこの「うっかりミス」が多い人なんです。

そして、うっかりミスが多い人は、「集中力が落ちやすい人」です。

 

集中力が落ちやすい人だって言われても、じゃあどうしたらいいの?って感じですよね。

 

ご安心ください。

集中力を落とさないためのコツがあります!

 

あるにはあるのですが…その…。

仕事によって、やり方が違ってしまうんですよね。

 

どんな仕事にでも当てはめられる言い方にするなら、こうなります。

「集中力が落ちない作業フローを考えろ!」

 

どうでしょう。

「そんなこと出来たらやっとるわ!」という声が聞こえてきそうです。

あなたの仕事が分かれば、もっと具体的にアドバイスできるのですが…。

決して開き直るわけではありませんが、ここで一つ提案があります。

こういうときこそ、デキる上司を参考にしてみるのはどうでしょう!

仕事のデキる上司はミスの数が少ない

あなたの職場に仕事のデキる上司はいますか?

仕事のデキる上司にミスが多い人はいません。

あなたがミスをなくしたいのあれば、彼らから学ぶのが一番です!

 

何より彼らから学ぶべきもの、それは分析することの大切さです。

彼らはミスを起こさないために、とにかく分析するのです。

 

では、具体的にどのような分析をしているのでしょうか。

彼らまず、自分自身を分析するところから始まります。

今の自分のコンディションがどんな状態か。

自分が集中力を欠くのはどいういう時か。

自分を過信することなく、冷静かつ客観的に自己分析できるのです。

これは、簡単なようで難しいことです。

誰だって、ついつい「自分はもっとやれる」と思ってしまうものですから。

 

そしてもちろん、その分析力は仕事に対しても発揮されます。

この作業は、どこで抜けが出やすいか。

集中力が途切れやすいのはどの辺りか。

 

彼らは、こうして冷静な分析を重ねていきます。

そうして出来た土台から、ミスが起きない作業フローを組み立てていくのです。

 

このような分析力は、初めから持って生まれたものではありません。

彼らもまた、多くの失敗と思考錯誤をくり返してきたのです。

そうした数多くの経験から、ようやく花開いた能力なのでしょう。

 

それでは、あなたがミスをなくすためには、同じくらい経験を積む必要があるのでしょうか?

そんな遠回りすることはありません。

デキる上司のやり方はどんどん真似てしまえばいいんです!

上司をとことん真似してみる

あなたが今すぐミスをなくしたいと思うなら、方法は一つしかありません。

デキる上司を真似する。

これに限ります。

 

仕事のやり方で悩んだ時、自分一人で考えるのはとても効率が悪いことです。

悩んだ時は、さっさとデキる上司を真似てしまうのが一番なんです。

 

「真似ばっかりじゃ、自分で考える能力が養われないぞ!」

こういう意見もあるでしょう。

ですが、真似をすることが何も考えないことかと言うと、そうではありません。

誰かの行動を真似るということは、誰かになりきることです。

誰かになりきっていると、不思議なことが起きます。

なんと、知らず知らずのうちに、その人の考え方までも真似てしまうのです。

 

もしあなたが、デキる上司の考え方を真似できるようになったらどうなるでしょうか?

それは、前の項目でお話しした「分析する力」が身につくということです。

それはつまり、あなたが「ミスをおこさないノウハウ」を習得したということになります!

こんな手軽で素晴らしい方法があるでしょうか?

そうとわかれば、とことんデキる上司のやり方を真似しまくっていきましょう!

素晴らしい上司に巡り合うためにも職場選びは大切

あなたがミスをしないデキる人間になれるかどうか。

それは素晴らしい上司に出会えるかどうかにかかっています。

先ほども言いましたが、仕事をする中で、自分一人で考えるのはとても効率の悪いことなんです。

何か壁にぶつかったとき、頼りになる上司がいないようでは、いちいち立ち止まって悩まなくてはなりません。

 

あなたの今の職場には尊敬できる素晴らしい上司がいますか?

もし少しでも疑問を感じるなら、転職を考えてみてもいいかもしれません。

素晴らしい上司に巡り合えることは、それだけ価値があることなんですから。