外資系求人の種類や就職・転職の方法を解説|グローバル人材となるためには

グローバル化が進んでいる日本で、増えているのが外資系の仕事。

高度な英語力があるグローバルな人材の需要も高まっています。 そのようなハイレベルな外資系企業へ就職を考えたとき、 「自分の英語力で就職できるのか…」 「就職したいけど英文履歴書とか難しそう…」 と尻込みしてしまってはいませんか?   そう悩んでいる人に向けて、この記事では外資系企業への就職について徹底解説しています。 オススメのエージェントも紹介しているので、就職に不安がある人はぜひ参考にしてみてください。

外資系企業へ就職するのは難しい?

ハードルの高そうなイメージのある外資系企業。 様々なスキルが必要になりますが、特に重要なのは「英語力」。 では、実際にどれくらいの英語力が必要になるのでしょうか?

TOEICは必須?

TOEICスコアはエントリーシートの必須項目になっているくらい、今ではTOEICスコアを見る企業はほとんど。 外資系企業でも、TOEICスコアは書類選考などの貴重な選定材料になっています。 一般的に、就職に使えるスコアの最低ラインは600点と言われています。 外資系企業だと、ボーダーラインは約700点。 最低でもTOEICで700点は取れないと、英語によるビジネスの会話はできないと判断されることが多いそうです。

留学経験がないとダメ?

海外への留学経験は、ある方がいいです。 ある程度の英語のスキルは、日本にいても身につけることができます。 しかし、実際にネイティブスピーカーと話す経験は海外へ行かないとなかなかできません。 外国人と交流する経験や、コミュニケーション能力は重要になってきます。 留学経験は必須ではありませんが、ある方がいいでしょう。

結局、英語のスキルはどのくらいあればいい?

外資系の企業では、最低でもビジネス会話レベルの英語力は必要になります。 TOEICだと700点が基準ライン。 英語のスキルの中でも、一番重視されるのは会話力です。 実際のビジネスシーンで使われる実践的な会話力が必要になります。

外資系の求人にはどんなものがある?

国際的に活躍することができる、外資系の求人。 その外資系の仕事にも、様々な種類があります。 どのような仕事があるのか、一つずつ見ていきましょう。

外資系コンサルティング

コンサルティングとは、クライアントの課題を見つけ、それを解決する仕事。 業務内容のヒアリングをしたり、プレゼンを行ったりします。 英語のメールを読まないといけなかったり、海外での仕事もあるので英語力は必要です。

各大使館

外国と外交を行う上で、重要な拠点になるのが大使館。 各国に大使館がおかれ、その国に対しての日本を代表する拠点になります。 外国の政府との連絡を取ったり、日本の広報活動を行ったりします。

海外事業を展開する大手企業

日本だけでなく、海外へ事業を展開している大手企業での仕事もあります。 外国の人とやり取りをするので英語力は必須です。 メールや会議が英語だったり、社内の公用語が英語である場合も。

マーケッター

外国の商品と日本の商品では、様々な違いがあります。 例えば、車だとハンドルが逆についています。 そのような外国の商品を、日本でも使えるようにするのがマーケティングの仕事。 その国の文化や市場の需要などが理解できることが求められます。

法律関連の専門職

国内外問わず、国際的に活躍する弁護士などの仕事です。 日本と外国双方の弁護士資格が必要になります。 国内外の案件で、クライアントと円滑にコミュニケーションできることが必要です。

バイヤー

外資系のアパレルブランドなどで、商品の買い付けを行う仕事です。 世界各地の展示会や、シーズンごとのコレクションから商品を選定したりします。 常にファッションのトレンドを追い続けることが必要です。

旅行・観光関連

外資系のホテルや、キャビンアテンダントなどの旅行や観光関連の仕事。 実際に外国人と触れ合う機会が多い仕事です。 幅広い分野のコミュニケーション能力が重要になります。

外資企業への就職・転職までのステップ

外資系の仕事にも、様々な種類があります。 では、そのような外資系企業へ就職するにはどうしたらいいのでしょうか? 日本の企業へ就職するのと何か違いはあるのでしょうか。 外資系企業へ就職・転職するまでのステップを、詳しく説明していきます。

英文履歴書を書く

外資系企業へ就職を考えた時、まず初めにしなければいけないのが英文履歴書を書くこと。 「日本語の履歴書を英語に訳せばいいのではないか?」 と思う人もいるかと思いますが、そういうわけにはいきません。 しっかりと書き方をおさえて、アピール力の高い履歴書を書きましょう。

英文履歴書のフォーマット

英文履歴書には、特に決まったフォーマットはありません。 見やすさを重視して、できるだけシンプルにまとめることが大切です。
  • 紙はレターサイズかA4サイズ
  • 枚数は1〜2枚におさめる
  • Times New Romanなどの読みやすいフォントで書く
  • 本文は12〜14ポイントで書く(見出しは+2ポイント)
  • 色は黒しか使わない
英文履歴書を書くときには、上記のことを守るようにしましょう。

英文履歴書の基本事項

英文履歴書は、書く項目も自分で自由に選ぶことができます。 最も一般的な英文履歴書の基本項目は、以下の4つです。
  • 氏名、連絡先
  • 技能(QUALIFICATIONS)
  • 職歴(EXPERIENCE)
  • 学歴(EDUCATION)
技能の部分などは、箇条書きで簡潔にまとめるようにしましょう。 一人称の主語は省略して、動詞や名詞から文を始めるようにしましょう。 また自分のスキルなどは、謙遜せずに堂々とアピールすることが重要です。 とにかく見やすく、簡潔に書くことを心がけましょう。

英文履歴書の注意点

英文履歴書を書くときに一番気をつけなければいけないのは、スペルミスをしないこと。 一文字でも間違いがあると、評価が下がってしまいます。 必ずなん度も読み返して、ミスのないようにしましょう。 また、ネットからのコピペは厳禁。 英語が苦手だからといって、ネットにあがっている履歴書をそのままコピーしてはいけません。 有効な単語などを調べて、自力で書くようにしましょう。

信頼できるエージェントを見つける

外資系企業へ就職するためには、信頼できるエージェントを見つけることも重要です。 自分一人の力だけでは、なかなか就職は難しいのが現状。 就職のことは、就職のプロに任せるのが一番良い方法です。

掲載数大手の「DODA」

掲載数が最大手の転職エージェント「DODA」。 専任のキャリアアドバイザーがヒアリングを行い、自分に合った求人を紹介してくれます。 書類の添削や面接対策も行なってくれるので、安心して就職活動に臨むことができますね。 また、DODAの求人は高収入な案件が多いのも特徴。 さらなるキャリアアップを目指している人にもオススメです。 >>DODAの詳細・登録はコチラ

外資系専門の「JACリクルートメント」

外資系企業の求人を主に扱っている「JACリクルートメント」。 約25000社の企業との取引があり、求人数も豊富。 そのうち60%が非公開求人となっていて、独自の独占求人もたくさんあります。 外資系企業や海外進出企業などの、グローバルな企業への転職サポートに強みがあります。 長年培われたノウハウもあるので、有利に転職することができますね。 >>JACリクルートメントの詳細・登録はコチラ

英語面接で自己アピール!

外資系企業は、トップや重要な役職が外国人であることが多くなっています。 なので、面接も英語で行うことが多くなっているのです。 英語面接でしっかりと自分をアピールするようにしましょう。

英語面接の注意点

英文履歴書を書くときと同様に、謙遜せず堂々と話すことが重要です。 自分をしっかりとアピールするためにも、胸を張って受け答えをするようにしましょう。 また、発音や文法の間違いなどは気にしないこと発言内容を最優先して、間違えたと思っても通じているようなら話し続けましょう。 文法は不完全でも、スムーズに話す人の方が高い評価を得られます。

海外と日本で活躍し、最先端のグローバル人材へ!

様々なシーンで活躍の場がある外資系の仕事。 グローバル化が進んでいくにつれて、どんどん需要も高まってきています。 外資系の仕事は、日本と海外の架け橋になる大切な仕事。 日本と海外で活躍し、最先端のグローバルな人材になりましょう!