仕事がつまらない人必見!辞めたいと思ったときの対処法9選

  • 仕事が暇でつまらない
  • ゆるい環境にやりがいを感じられない
  • 職場に着いてもぜんぜんやる気が出ない

仕事をしていてなんだかやる気が出なくてつまらないなあと感じていませんか?

「なにかわからないけどとにかくつまらない」

つまらない仕事ってどんどん耐えられなくなってきますよね。

こんなんだったら、他のことを考える余裕もないくらいに忙しい方がまだマシ。

 

仕事がつまらないと職場に行くのもゆううつになってきませんか?

「つまらなくてもう辞めたい」と感じたら、まずはその理由をちゃんと考えて対処してみましょう。

ここからは、仕事をつまらないと感じてしまう理由と、そんなときの対処法をまとめています。

「つまらない仕事、どうにかしたい!」と思っている人は必見です。

あなたの仕事がつまらない理由

「なんでこんなに仕事がつまらないんだろう?」と考えたことはありますか?

つまらないつまらないと思っているだけでは何も変わりません。

つまらないのにも原因があります。

それはあなた自身だったり、環境に問題があったりといろいろです。

原因がいまいちわからないという人のために考えられる理由をいくつか挙げていきます。

本当はやりたいことが他にある

どこかであきらめて見ないようにしてきたけど、本当はこれがやりたいんだよなあって思っているものがあるというパターン。

ミュージシャン、俳優、起業など、どうせ無理だという思いであきらめたり、まわりに反対されてやめたもの。

それでもやっぱり目指したかったという思いが、いまの仕事や生活すべてをつまらなく感じさせているんですよね。

延々とつづく単純作業

同じことの繰り返しで何の変化もない仕事をしていませんか?

そんな仕事、ふつうに飽きますよね。

昨日やったことと今日やったことの区別すらつかない。

長くつづけていると何も考えなくてもできてしまうので、暇で暇でしょうがない。

仕事が忙しいと嘆いてる人がうらやましく思えてくるでしょう。

誰でもできる仕事

「これ、自分がやる必要があるのか?」と思ってしまうような仕事。

コピーばかり頼まれたり、お茶出しに花の水やり。誰かがなにかのついででもできるような雑務ばかり。

正直めんどうを押し付けられているようでやりがいがない。

 

自分じゃなくてもいいようなことをしていると、「会社にわたしって必要なのかな‥」などと考えたりしてモヤモヤしてきますよね。

面白くない上に自分じゃなくてもできるような仕事なら、辞めてしまいたいと思うのは自然です。

思っていた仕事とちがう

入社前、こんなことがやりたい!と期待して選んだ会社の実態が、思っていたのとぜんぜんちがったというパターン。

ここでなら自分の好きなこと、やりたいことができるはず。

そう思ったのに現実は意識の低い人たちに囲まれてダラダラとする毎日。

こんなはずじゃなかったという思いから、仕事にやる気が出なくなりつまらなくなってくるんです。

認められない環境

どんなに仕事をがんばっても評価されない、まわりに認められない環境。

誰しも、じぶんを認めてもらいたいよいう欲求はあります。

がんばった仕事は評価されたいし、会社に貢献したら給料があがってほしいと思うのは当たり前ですよね。

だれも褒めてくれないなら、がんばる意味もないしほどほどに仕事をこなすようになってつまらなくなります。

うまくいかない人間関係

社内の人たちとぜんぜんうまく関われていないなんてことありませんか?

話が合わなかったり、仕事での考え方が合わなかったり、単純に性格が合わない。

こういう人が職場に何人かいるだけで、衝突したり、ガマンしたり、ストレスがたまっていくんですよね。

そんな人たちと仕事をして楽しいと思えるはずがありません。

言いたいことを言うのもやめて、仕事に対して無気力になっていきます。

仕事を辞めたいと思った時の対処法9選

なんで仕事がつまらないのか、理由がわかったらこれからどうするか考えましょう。

つまらないと思ったままつづけないで環境や自分の意識をかえてみたら、仕事へのやる気も出てくるかもしれません。

明日からの日々をかえるのにおすすめの対処法を9個紹介します。

1.上司に相談してみる

誰かに相談しよう!と思ったときに、同僚や部下に話をきいてもらうというのはあまりおすすめしません。

現状に甘んじているような人にあなたの気持ちを話しても、和を乱そうとするやつと思われて煙たがられます。

そこから上司にへんな風に伝わっても困るので、相談するならまず上司にするべきです。

このとき、向上心があることを中心に伝えることが大事。

2.仕事を楽しんでる人と話してみる

あなたの職場でも、長いこと仕事をつづけてる人っていませんか?

そういう人はいまのあなたと同じ環境のなかで自分なりに仕事をたのしむ方法を知っているかもしれません。

仲良くなって話してみるのはおすすめ。

現状から抜け出すヒントを得られるかもしれませんよ。

3.やらされていると思わない

いまの自分の仕事は自分の意思でやっている、会社や上司にやらされているわけじゃないという意識をもってみましょう。

どんな仕事もやらされている、押し付けられていると思ってしまうと楽しいと思えなくなります。

与えられた仕事でも、自分のなかでこうしようああしようと考えるようにすることでやりがいを感じることができるはず。

4.楽しい部分をみつける

仕事ぜんぶをつまらないと思ってしまうのは良くないです。

おちついて全体的にみて、仕事の楽しい部分、つまらない部分を分けて考えましょう。

楽しいと思えるところがひとつでも見つかると、「仕事がつまらない」という意識がうすくなってきます

仕事の一部にやりがいを見つけてみましょう。

5.人に期待しない

会社の人に対して「あれをやってほしい」とか「もっとこうしてほしい」とかって思ってしまうと、その通りにいかなかったときに小さなストレスを感じてしまいます。

それがたまって大きなストレスになって会社の人と話したくない、という考えになってしまうんです。

最初から人に期待しなければ、心を乱されることなく仕事をできるようになりますよ。

6.目標を決めてみる

いま、なにか目標を持って仕事をしていますか?

仕事がつまらないのは、まわりから認められないということのほかに自分がどこにも向かっていないという原因があります。

目標をつくってそこに向かって仕事をやっていけば、自分を見直すことにつながり仕事ともちゃんと向き合えるようになるんですよ。

単純作業だったとしても、前回より早く終わらせようとか効率よくしようと思うことで意識が変わってくるのでおすすめです。

7.プライベートを変えてみる

仕事をどうこうから一旦離れて、プライベートに目を向けてみましょう。
休みの日にやることも行くところもない。

そんな状況が仕事も生活もまとめてぜんぶつまらないと感じさせてるのかもしれませんよ。

そういう場合はプライベートでなにかあたらしいことに挑戦してみるといいかもしれません。

 

いつも家でゴロゴロしてたならちょっと外に出てみたり、あたらしい趣味を探したり。

方向が違ってもなにかが変わることで、つまらないという感覚がなくなる可能性はあります。

8.副業してみる

いまの仕事に対してあきらめている気持ちがあるなら、わくわくする仕事を副業としてはじめてみるのもひとつの手です。

やりたかった仕事や完全出来高制の仕事など、いまあなたがつまらないと感じてしまう原因をなくすような仕事を探してみましょう。

つまらないから辞めたいけど辞めるのはめんどうだし不安がある。

そんな人は副業という選択がベストです。

9.転職してしまう

状況も一向によくならなそうだし、もうこれ以上つまらない職場ではたらくのは耐えられない。

そんなふうに辞めたい気持ちがつよいならその気持ちをバネにもっとやりがいを感じられる職場ではたらきましょう。

続けていても良いことはなさそうと判断したらどんどん挑戦するべき。

いまジタバタするエネルギーがあるなら前に進むことに使いませんか?

仕事がつまらないのは当たり前じゃない

いかがでしたか?

よく、仕事がつまらないという悩みに「そんなの当たり前だ」という人がいますがそんなことは絶対にありません。

自分の意識を変えれば仕事は楽しいものになるし、やりがいを感じることもできます。

 

変わることも変えることもできるはずです。

それでもどうにもならなかったり、ここに居たくないと思ったら転職してしまえばいいんですよ。

それは逃げではなく前向きな選択です。

 

f:id:bun1125:20170801220532j:plain

転職するならまずは転職サイトに登録してください。

おすすめなのは「リクナビNEXT」。

あなたに合った仕事を見つけて、つまらないと悩む日々から抜け出せますよ。

 

リクナビNEXTには「グッドポイント診断」というものがあります。

無料登録していくつかの質問に答えるだけであなたの強みを診断してくれるんです。

その結果からあなたの能力を活かせる仕事を導いて探すことができます。

 

あなたが楽しいと思える、輝ける職場がきっと見つかります。

つまらない環境にいるのはもうやめて、仕事も人生も楽しみましょう。

>>リクナビNEXTの詳細・登録はコチラ