年下上司との上手な付き合い方5選!転職後に良好な職場関係を築くには

f:id:bun1125:20170630223228j:plain

  • 「転職先で上司が年下だったらどうしよう」
  • 「良い職場関係が築けなかったらどうしよう」
  • 「年下上司となんて上手くいきっこない!」

転職を考えている方や、転職したての方なら1度はこんな壁にぶつかりますよね?
「仕方がない」と思いつつもなぜか気になってしまう年下上司の存在。
職場関係を良好にするためにはどうしても受け入れなければなりません。
しかし、年下上司に対する不安や疑問、怒りは考え方や付き合い方次第で簡単に解消出来るんです!

  • 転職を考えている方
  • 職場関係に不安を持ってる方
  • 年下上司との職場関係を改善したい方

これらに当てはまる方はぜひ読み進めてください。


 

なぜ年下上司はむかつくのか?

そもそもなぜ年下上司はむかつくのでしょうか?
年下とはいえ、上司…。
どんなに嫌だと思っても社会人として反抗するわけにも、無視するわけにもいきません。
しかし、年下上司を持つ多くの人はむかついたり、違和感を抱いたりしていないのもまた事実。
彼らにむっとする一番の理由は、年下だということを意識しすぎているからなんです。
良好な関係を築くには、年下上司についてしっかりと理解し見方を変えることが必要ですね。

年下上司はまだ社会経験が少ないということを頭に入れておく

まずは年下上司の実態について理解する必要があります。
年下上司は社会経験が少ないことを覚えておかなくてはなりません。
これだけで「年下のくせに…。」という感覚も無くなり、素直に接することができるので、良好な関係を作りやすいです。

必見!年下上司と上手に付き合う方法

ここからは年下の上司と接する上で気をつけるべきことを書いていきます。
少し考え方を変えるだけで職場関係がとても良くなりますよ。

1.上司の役割を認識しておく

そもそも上司と部下では仕事の役割が異なります。
いくら年下であっても上司のポストに配属されれば、その役割を果たすのが社会人です。
会社側は社員一人一人の強みや能力を見据えて、よりその能力が活かせる部所や地位に社員を配置しますよね。
つまり、年齢ではなく、スキルや能力で役割が与えられているということです。
 
指示を出すのが得意な人がいれば営業が得意な人もいます。
まとめることが苦手な人がいればリーダーシップをとるのが得意な人もいます。
それぞれの役割をもう一度見直し、理解することでコミュニケーションも取りやすくなっていきます。

2.しっかりとコミュニケーションをとる

友人や家庭だけでなく、会社においてもコミュニケーション不足は様々なトラブルの原因になります。
コミュニケーションをしっかりととることで他人の考えや悩みを知る事が出来ます。
特に上司と部下という間柄ではコミュニケーションを十分にしておくことで、いざという時も助け合えるもの。
普段から簡単なことで良いので楽しく話しかけたりすることはとても大切です。

3.上司のサポート役になる

社会経験の少ない年下上司は大人としてのマナーや社会人としてのルールが身に付いてないこともあります。
年下上司が失敗をしてしまった時や助けが必要な場合はフォローしてあげれるようなサポート役になりましょう。
このように普段から恩を売っておくことで、上司もキツイ対応は取りづらくなります。

4.思いきって割り切る

年齢を気にしないで思いきって割り切るのも一つの手です。
社会ではあなたが先輩でも会社では年下上司の方が先輩になります。
仕事の仕方や会社のルールなど教えて貰えることはしっかりと教わりましょう。

5.年下上司と接する時の注意点を覚えておく

年下の上司と接する時には上記の他に2つ気を付けなければならないことがあります。
それは、

  • しっかりと敬語を使う
  • 「私は年上だから」と偉そうにしない

この2つです。
会社での上下関係では「年下だから」という考えが命取りになります。
年下でも上司は上司だということを常に意識して接するようにしましょう。

我慢できないなら職場を変えた方がいい?

上司が年下だということを理解し、歩み寄ったのにも関わらず

  • 年下上司との関係性が良くならない
  • 我慢できない程目につく
  • 年下上司からの態度が明らかに他人と違う

なんてことがあれば我慢したりせずに思いきって職場を変えるべきです。
ここまで来たら原因はあなたではありません。
もっと職場関係の良い会社が他にあるはずです。
特に転職エージェントを使えば、今の会社の状況よりもより良いところを紹介してもらいやすいです。
▼こちらでまとめてあるので是非何社か登録してみてください。

合わせて読みたい

転職サイト20選おすすめ比較ランキング!登録して評判を徹底調査してみた

人材教育がしっかりしている会社の見分け方

職場関係が良好な会社というのは人材教育がしっかりしています。
会社選びにおいて人材教育制度が整っているかどうかはその会社が自分に合っているのかを見極める大切なポイントです。

  • 離職率が低く、勤続年数が長い社員が多いか
  • 新人社員研修があるかどうか
  • 研修費が多いかどうか

転職前に上記の3点をエージェントに確認しておきましょう。
人材教育がしっかりしているかどうかを見極める事が出来ます。

ホワイトな転職先を選ぶポイント

年下上司を含め良好な職場関係を築きたいのであれば、ホワイトな会社選びが必須になります。
そこで転職で失敗しない為のポイントを3つご紹介します!

1.福利厚生に注目

福利厚生が充実している会社は社員をとても大切にしています。
特に女性が働きやすい制度が整っている会社にはハズレがありません。
転職前には必ず確認しましょう。

2.残業に注目

日本の労基法は残業時間には特にうるさいです。

  • 残業時間が規定内であるかどうか
  • 時間外給与がいくらか
  • 残業代がしっかりと支給されるかどうか

上記は必ず転職前に確認してください。
転職してから残業代ゼロなんて絶対嫌ですもんね。

3.求人の時期をチェック

ブラック会社の多くは離職率が高く社員が少ないです。
年中求人を出している企業には注意しましょう。
会社選びは職場関係を選ぶのと同じこと。
良い会社選びをして良い職場関係を築ければ年下上司とも上手くいきます。
参考にしてください。

合わせて読みたい

転職サイト20選おすすめ比較ランキング!登録して評判を徹底調査してみた