就職で有利になるTOEICスコアは750点以上!?英語を活かした職業をまとめてみた

英語の能力をチェックするテスト、TOEIC。

英語が得意な人は、そのTOEICのスコアを活かして有利に就職したいですよね。

グローバルな人材が求められるようになってきているので、これから英語を勉強して就職に活かしたいという人もいるかと思います。

この記事ではそんな人に向けて、TOEICを使って就職する方法について詳しく説明しています。

有利になる職業や勉強法まで網羅しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TOEICは就職に有利になる?

TOEICとは、英語の能力をチェックするテストのこと。

全員が同じ問題の試験を受けて点数がつけられるので、どれだけ英語力があるのかがわかりやすくなっています。

そんなTOEICですが、スコアを持っていると就職に有利になることはあるのでしょうか?

また、スコアは何点から就職に影響してくるのでしょうか。

グローバル人材のニーズ

現在、日本では企業のグローバル化が進んでいます。

それに伴って、グローバル人材のニーズも年々高まっているのです。

特に若手社員の語学力や、外国人との高いコミュニケーション能力が求められています。

しかし、そのようなグローバル人材はまだまだ不足しているのが現状。

語学力のある人材が、企業でより重宝されるようになってきているのです。

TOEICスコアで切り分けられる

TOEICのスコアは、就職時の英語力の指針とされています。

実際に、就職時のエントリーシートにはTOEICスコアを記入する欄もあり、企業のおよそ7割がTOEICのスコアを参考にして採用を決めているのです。

スコアは何点でもいいというわけではなく、一般的には600点から履歴書に書けるようになっていきます。

スコアの基準に満たない人は書類選考で落としてしまう企業もあるそう。

600点以上で就職に有利に働くことがあります。

結論:TOEICのスコアによる

TOEICのスコアが就職に有利になるかどうかは、点数によります。

600点未満だと、履歴書に書くと逆に不利になってしまう場合があります。

一般的な就職には最低でも600点あると、有利になってくる可能性もあるでしょう。

英語を必要とする仕事の場合だと、およそ750点以上で有利に働くことがあります。

TOEICのスコアが必須ではなくても、高いスコアを持っていることが不利になることなんてありませんよね。

仕事内容に関わらず、TOEICのスコアが高ければ高いほど就職に有利になってくるというわけです。

最短2ヶ月で結果を出すには「RIZAPイングリッシュ」

「RIZAPイングリッシュ」は、マンツーマンで専属のトレーナーが英語の指導を行ってくれるサービスです。

自分の単語力やリスニング力などの細かい観点から英語力を診断してくれて、その診断結果から自分だけのカリキュラムを組んでくれるのです。

クラス制だとわからないところがあると置いていかれるなんてこともありますが、RIZAPイングリッシュはそんなこともないので安心して取り組むことができます。

出される課題についても、専属トレーナーが毎日オンラインで勉強方法などのアドバイスを行ってくれます。

自分一人だとなまけてしまうという人でも、しっかりとタスク管理をサポートしてくれるので、毎日勉強を続けられますね。

 

また、トレーニングが始まってから、30日以内は無条件で全額返金を保証する制度もあります。

始めてみて、何か違ったという場合は、受講料の全額が返金されるのです。

始めようか迷っている人でも、お試し感覚で30日間指導を受けられるので安心ですね。

>>30日間全額返金!RIZAPイングリッシュの公式HPはコチラ

TOEICを使って就職が有利になる職業一覧

では、TOEICのスコアがあるとどのような職業の就職に有利になってくるのでしょうか?

それぞれの職業について、詳しく紹介していきます。

外資系コンサルティング

外資系のコンサルティングでは、より高い語学力が求められます。

TOEICのスコアは最低でも780点が必要で、高ければ高いほど有利になります。

英会話塾講師

英会話塾講師は、英語教師とは違いコミュニケーション能力が求められます。

子供向けの英会話からビジネス英会話まで幅広いレベルに合わせて対応しなければならないので、高い語学力とコミュニケーション能力が必須です。

翻訳

翻訳は、外国語で書かれた文章を日本語に訳す仕事です。

小説などの文芸作品の翻訳や、映画やドラマ、学術書など、様々なジャンルの翻訳があります。

どの翻訳にも高い語学力は必須で、TOEICの点数も900点前後が求められます。

通訳

相手の外国語を聞き取り、日本語に変換するのが通訳の仕事です。

ただ単に英語の読み書きができたらいいというわけではなく、外国語を正しく聞き取る力やすぐに日本語に変換する力が重要となってきます。

会議や商談などのビジネスシーンや、海外のスポーツ選手の通訳など、様々なシーンで活躍することができます。

海外観光者向けガイド

海外から日本へ観光に来た外国人観光客を案内する仕事です。

観光地の知識はもちろん、外国語でのコミュニケーション能力も必須となっています。

ホテルマン

国内のホテルでも、大きなところは外国人の宿泊客も多いため、語学力が必要になってきます。

世界的にチェーン展開をしているホテルでは、採用時にTOEICのスコアを基準にするところも。

海外事業を展開しているベンチャー企業

海外事業を展開しているベンチャー企業では、海外取引や海外に赴任して現地の人と仕事をする場合もあります。

高い語学力とコミュニケーション能力が必要なので、TOEICスコアを採用基準にしているところも多いです。

TOEICを武器に高収入な就職や転職を目指すなら

TOEICで高いスコアを取得しても、それを就職に活かせないと意味がありません。

では、TOEICを武器にして高収入な仕事に転職するにはどうしたらいいのでしょうか?

そこは、転職のプロに任せてしまいましょう!

転職業界最大手の「マイナビエージェント」なら間違いなし!

転職業界でも最大手の転職エージェント、「マイナビエージェント」。

長い歴史のあるマイナビグループが運営する転職エージェントで、その歴史を活かして様々な企業との繋がりがあります。

マイナビにしか出されていない独占の非公開求人も多数あり、高収入な就職先もライバルが少ない状態で挑めるので安心ですね。

 

応募書類の添削や、面接対策なども入念に行ってもらえます。

面接対策では、今までの傾向を活かして実際に面接で聞かれた質問を知ることもできます。

就職や転職が初めてという人でも、サポートが徹底しているので安心して活動に取り組むことができますね。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

面接などの日程調整は転職エージェントにおまかせ「DODA」

DODA」は、国内でも1、2を争う大規模な転職エージェント。

求人数は4万件以上もあり、幅広い分野で自分にあった仕事を見つけてもらうことができます。

 

デューダでは、キャリアアドバイザーと採用担当の2名が担当についてくれて、しっかりサポートを行ってくれます。

応募したい求人が見つかったら、その後の企業とのやりとりは全て代行してくれるのです。

企業と直接やりとりをするとなると不安になりますが、全て代わりにしてくれるので安心ですね。

分野に特化したコンサルタントがいて、語学分野に詳しいコンサルタントもいます。

外国語が活用できる仕事先も紹介してもらうことができるので、より自分の望んでいる就職先を見つけることができますね。

>>DODAの詳細・登録はコチラ

外資系非公開求人の多い「JACリクルートメント」

「JACリクルートメント」は、外資系の案件を多く取り扱っている転職エージェントです。

グローバルで、高収入な案件が非常に多くなっています。

TOEICスコアを700点以上持つ人なら、高収入な仕事に転職しやすいでしょう。

 

JACリクルートメントは25000件以上の企業との取引があり、常に多数の求人情報を持っています。

様々な業界から仕事を探すことができるので、就職の幅も広がりますね。

>>JACリクルートメントの詳細・登録はコチラ

これからは「英語」と「プログラミング」のできる人材の市場価値が高まる。今のうちに身につけよう!

企業のグローバル化がどんどん進んでいる日本では、英語のできる人材はどんどん求められるようになっています。

英語を武器にグローバルな企業で活躍したいという人は、「RIZAPイングリッシュ」で即戦力となる英語を身につけましょう!

またグローバル化と同時に、IT化も進んでいるのでプログラミングができる人材も重宝されています。

プログラミングを学んで就職に活かしたいという人は、「就職や転職に有利なプログラミングスクールおすすめ15選!20代30代も未経験からエンジニアになれる! 」も参考にしてみてください。