【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

借金で借金を返し続けるのは危険な状態!債務整理と比較して借金を繰り返すリスクを徹底解説

「複数社で少額ずつ借り入れをしている」

「1度も滞納せずに返済してるけど借金の額が減らない」

「限度額いっぱいまで借りている」

このような状態に当てはまるあなたは、借金を返済するために他から借り入れをした経験があるはず。

 

もしくは今現在、毎月他社からの借り入れで回していて、自転車操業状態ではないですか?

何度も借金を繰り返しているうちにだんだんとお金を借りる行為に麻痺しはじめて抵抗がなくなってきてるなんてことも。

 

とはいえ、借金がなかなか減らない、借金を抱えてるという現実にモヤモヤしたまま過ごしているでしょう。

 

実は、借金を借りては返す生活を続けている生活は今すぐ債務整理で解決した方がいいと言われるくらい危険な状態なのです。

滞納していないからといって楽観視していて、気づいたら返しきれない多額の借金が残ってやっと債務整理したけどもっと早くすれば良かったと後悔しながら返済生活を送っているという人も実際にいます。

 

そこでこの記事では、あなたが借金問題を解決しようとせずに借金を繰り返してしまう原因を把握した上で、

  • 借金を借金で返済し続けた場合の末路とは?
  • 自転車操業の借金を終わらせるには?
  • 借金を借金で返済するのをやめて債務整理するとどうなる?

このような疑問にお答えします。

目次

あなたが債務整理をせず借金を繰り返してしまう3つの理由

借金を返すために新たに借金を借りるという方法は、一見しっかり返してるんだから問題ないだろうと思ってしまいがちですよね。

 

もちろん、債権者にとっては滞納して払えるずにいる人よりしっかり期日に返してくれる人の方がいいのは当たり前ですし、しっかり遅れず支払おうという意識は認めます。

 

ただ、お金は返済できるからこそ借り入れるものであって、借金をして返すものではありません。

あなた自身も、返済は何とかできているものの借金の総額が減るどころか膨れ上がっている現状に危機感は抱いているはず。

 

とは言え、返済だけはしっかりできているからまだ大丈夫と思っているのも事実。

このように考えてしまっているのは、心の奥底で以下のように考えているからではないでしょうか。

そのうち一発逆転できると楽観視している

最初にもお伝えしましたが、正直言って、借金を借金で返すようなことをしているのは債務整理をした方がいいと言われる判断基準でもあり、危険な状態です。

 

それなのに、債務整理をしなくてもまだ大丈夫と思えるのは、どこかで何か一発逆転のチャンスがあって一括返済できるかもと思っているのでは?

 

今、ギャンブルをしていたり、コツコツと宝くじを買っていたり、ハイリスクハイリターンの儲け話に興味を持っていたりしているなら尚更です。

 

これまでの人生でも一発逆転のチャンスがなかったように、これからも一発逆転のチャンスはそうそう簡単に起きるものではありません。

 

だからこそあなたは今借金で苦しんでいるわけですし、いつかもしかしたら・・・に期待して借金を繰り返していたら取り返しのつかない事になってしまいます。

借金をしすぎて新たな借り入れに躊躇しなくなっている

借金を繰り返していると、借りたお金なのにも関わらず返済した分はまた借りても大丈夫という意識に変わり、あたかも自分のお金である感覚に陥ってしまいます。

初めて借金をするときは、借金という高いハードルを越えてドキドキ怖い思いをしながら借金をしていたはずが、いつの間にか都合よく引き出せる銀行口座のような感覚になってしまうんですよね。

 

なので、支払い間近になって手元にお金が足りなくても、また別の業者で借りればいいしと焦りを感じなくなるはずです。

ここまで来ると一種の依存のようなもので、自分の力で完済するのはほぼ不可能に近いかもしれません。

自分で借りた分は自分で全て返さないといけないと思っている

借金をしている人の中には、浪費やギャンブルと言ったいわゆる”自業自得”という一言で片付けてしまわれる理由で借りてる人も沢山いますが、仕方なく借りることになった人もいます。

この仕方なく借金を背負ってしまった人に多いのが、自分で借りた分は自分で返さなければならないという責任感の強いタイプです。

このようなタイプの人は、「滞納はしてはいけない!きちんとしなきゃ!」と考える余りに、お金を期日までに支払う事だけにとらわれ、後先考えず他社から借り入れてしまうといった悪循環に陥ります。

自分で作った借金は自分で返さないといけないという責任感から債務整理なんてもっての外!と考えてしまっているはず。

滞納して信用情報に傷をつけたくない

先ほどの新たな借り入れに躊躇しなくなっている人に多いのですが、借金を返すというよりも、信用情報に傷がついたら新たな借り入れができなくなるという意識が強くなっているはず。

いつでも引き出せるATMが突然使えなくなったら困るので、滞納記録だけは付けないように何とか借金を借金で返済しながら頑張っている事でしょう。

 

その他に、今後車のローンが組めなくなったり、住宅ローンが組めなくなってしまう事を懸念して、信用情報の記録だけは綺麗にしておきたいと考えている方もいるかもしれません。

100万円の借金を借金で返済し続けると1年後どうなるか?リスクを再確認!

借金を借金で返済している状況で一番怖いのが、当面の間は生活が成り立ってしまう事なんですよね。

遅延なく返済もできて、信用情報も綺麗なまましばらくは通常の生活が送れるため、危機意識がなくなってしまいます。

 

だからこそ、気づいた時にはもう借り入れできる先がなくなり、残ったのは多額の借金と、毎月とても払いきれない支払いの督促状なんてことも珍しくありません。

 

頭では何となくまずい事と分かっているものの当事者になると麻痺してしまいなかなかこの生活を抜け出せないのも分かります。

 

なので、ここで改めてこのまま借金を借金で返す生活を続けているとどうなるのか、具体的な数字で見ていきましょう。

元本が減らず雪だるま式に借金が増えていきの借金が100万円→1,054,721円に!

100万円→1,054,721円という数字だけで見ると、「なんだ大して増えてないじゃん」と思われますが、この1年間総額385,000円の支払いをしたにも関わらず増えているということです。

なぜ増えてしまったのか?以下で具体的な数字を提示しながら詳しく解説します。

借金を借金で返す生活の始まり(1ヶ月目)

現在、A社に借金100万円(利息15%)があり、毎月の最低支払額が3万円だとします。

ですが、その他にも借金がありA社には毎月1万円しか払えず、B社から借り入れて返済することにしました。

今月分だけでなく来月以降も払えないため、一気に10万円(利息18%)借りて今月はA社に3万円を返済。

ここまでの借金総額は以下になります。

A社 982,500円
B社 100,000円
総額1,082,500円

次の返済日、A社に3万円、B社に5,000円の合計35,000円支払わなければなりません。

前回の支払日に手元にあった1万円とB社から借りた2万円を使ったので、B社の8万円が手元に残っています。

毎月自分の給料からは1万円しか払えないため、足りない分2万5,000円をB社から借りた残りの8万円でやりくりします。

この8万円がなくなるまで何とか3ヶ月やり過ごせました。

8万円の内訳
1月目 手元の1万円+2万5,000円残55,000円
2月目残30,000円
3月目残5,000円

2社の借り入れで間に合わず、3社目の借り入れをする(4ヶ月目)

4ヶ月目には払えなくなり、

結果、残った借金残高は以下になります。

A社 928,675円
B社 89,341円
総額 1,018,016円

※手元に残ってる金額と借金の総額は違うので混乱しないように気をつけてくださいね!

最初と比べると残高が減ってるように思えますが、3ヶ月毎月35,000円の支払いをして減った残高は64,484円だけです。

この時点でまた返済が難しくなったので、今度はC社から30万円(利息18%)借り入れします。

10万円では少ないことが分かったので、ちょっと知恵をつけて30万円借りることにしました。

B社には一括返済します。

B社から借りた10万円のうち、手元にまだ5,000円が残っているので、合わせて305,000円手元にあります。

 

ですが、B社への一括返済で305,000−89,341=215,659円が手元残りました。

ここで現在の借金総額を見てみましょう。

A社928,675円
C社300,000円
総額1,228,675円

 C社からは30万円借りたので、毎月1万円返済していかなければなりません。

A社と合わせて4万円です。

給料から払える1万円と手元に残った215,659円をやりくりし、7ヶ月過ごせました。

215,659円の内訳
1月目1万円+3万円残185,659円
2月目 残185,659円
3月目残125,659円
4月目残95,659円
5月目残65,659円
6月目残35,659円
7月目残5,659円

11ヶ月目の借金が4ヶ月目の借金を上回わる!

11ヶ月目には払えなくなりまた新たに借金をしなければならなくなりました。

ここで現在の借金総額は以下の通りです。

A社 795,001円
C社 259,720円
総額1,054,721円

借金100万円を借りてそのまま返済していれば、11ヶ月目には795,001円になっていたはずが、なぜかまだ総額100万円以上の借金が残っていることが分かります。

さらに、4ヶ月目には、総額 1,018,016円だった借金が、11ヶ月たったいま1,054,721円と増えているのに気づきましたか?

 

これが借金を借金で返すのことの恐ろしさです。

 

ここで借金を繰り返す人はまた新たに借り入れをするだろうし、12ヶ月目(1年後)はさらに借金が増えています。

 

このように数字で具体的にみていくと、1年頑張って返済し続けても残高が全く減らないどころかどんどん増えていることを実感できたはず。

借金返済のために少額ずつ借りていると高い利息で苦しむ

今回、具体的な数字で表してみましたが、毎月の返済額に対して借金残高がほとんど減っていない事に気づきましたよね。

  • 35,000円×3回(=105,000円)の支払いで減った残高は64,484円。
    →利息40,516円
  • 40,000円×7回(=280,000円)の支払いで減った残高は173,954円。
    →利息106,046円

この11ヶ月の間、利息だけで146,562円払ってるにも関わらず、借金の総額は減るどころか当初の100万円から1,054,721円と増えています。

 

少額ずつ借りてるとマックスの利息である18%での借り入れしかできずに、利息だけでものすごい金額を払う必要があるのです。

 

そのため、返済しても返済しても元本は減らずこの高い利息にずっと苦しみ続けます。

最終的に借りる先がなくなり返済できなくなる

このまま借金を借金で返し続けると、最終的に借入先がなくなり、結局は返済が滞ってしまいます。

延滞するよりはマシと借り入れを繰り返していたはずが、最後には結局全て返せず返済が滞るのが現実です。

今回分かったように、しばらくの間は借金を借金で返済し続けても生活は成り立ちます。

 

だからこそ、この行動が危険であることを認識せず、気づいた時には多額の借金が残り、今まで返済に使ってきた時間と無駄に払ったお金だけを失いかねません。

 

実際に、最終的に借入先がなくなってからやっとことの重大さに気づいて債務整理で解決された方もいますが、「早く債務整理をしておけばよかった」と必ず後悔します。

借金を借金で返す借金地獄を終わらせるには?

この借金を借金で返す自転車操業の状態を終わらせるには、

  • おまとめローンで一本化する
  • 債務整理で解決する

この2つの方法があります。

おまとめローンで一本化する

まだ1度も延滞せずに借り入れを繰り返している場合は、おまとめローンで何とかなるかもしれません。

 

ただ、おまとめローンは1回で借りる金額が大きいので、ある程度の年収がないとなかなか審査に通りにくいです。

上記のように毎月1万円しか返済できないようなら、おまとめローンをしても最低支払額すら払えないので意味がありません。

 

おまとめローンをしてメリットがあるのは、複数社で高い利息で借り入れをしていて、毎月10万以上払っているような場合です。

 

そのような場合だと、おまとめローンで一本化することで、利息を抑え毎月の支払い負担を軽くできます。

 

ただ、おまとめローンももちろん利息はあるので、返済が滞ると利息が増えていくのには変わりありません。

債務整理で借金問題を解決!

今後も借金を返済できる目処が立っていないなら、時間とお金を無駄にする前に債務整理をしましょう。

債務整理をすれば、利息はすべてカットまたは借金がすべてなくなるので、借金問題を早めに解決できます。

 

もちろん、みんなに権利がある真っ当な借金解決の手段なので、借金額問わずすべての方が利用可能です。

借金問題を解決できる債務整理について理解しておこう

債務整理には4つの種類があり、簡単に説明すると以下のようになっています。

  • 利息や遅延損害金をカットでき、過払金請求がある場合には請求もできるのが任意整理
  • 利息だけがカットされるのが特定調停
  • 借金が最大5分の1まで減額できるのが個人再生
  • 財産も失うがすべての借金がなくなるのが自己判断

それぞれのメリットやデメリット、手続きの流れなどは〇〇に詳しく書いてあるので参考にしてください。

借金の元本だけ自分で返済するには任意整理がおすすめ

責任感が強く自分が借りたお金は自分で返すものという考えを持っている方は、任意整理で解決するのが最適です。

 

任意整理なら、元本は自分で払っていく必要があるので、借りた分は全額自分で返すことになります。

 

なので、債務整理をするのは責任逃れするようで自分のプライド的に許せないと思っていても、任意整理なら後ろめたさなく解決できるでしょう。

借金を繰り返す前に債務整理をすると返済が楽になるって本当?

今回の場合もし払えないと分かった時点で任意整理をしていたら、100万円に対してかかる利息の301,674円がカットされ、1社だけなら弁護士費用も5〜7万円程度なので、1,301,674円→1,070,000円になります。

 

結果、231,674円もの減額に成功です。

 

さらに今回の場合、1年の間で総額385,000円も支払いをしているので、同じように返済できれば、1年後には622,000円まで借金が減っている計算になります。

借金を借金で返す生活を1年続けていると、1年後には、総額1,054,721円だったので、比べるとかなりメリットが大きいのがわかるはず。

信用情報がブラックになっても生活に困らないようにするためには?

とは言え、債務整理には信用情報がブラックになってしまうというデメリットがあります。

信用情報がブラックになると、車のローンや住宅ローンに通らないので、今後欲しいと思ったときに買えないのは嫌だと思う方もいるでしょう。

 

なので、いざという時のために今後どのようにすればいいのか対処法を紹介します。

無駄遣いをやめて計画的に貯金をする

浪費で借金してしまってる人は、身の丈にあった生活ができなくて無駄遣いをしているはず。

今後も同じような生活を続けていては、また借金を繰り返してしまいます。

人は手元にお金があればある分だけ使いたくなるものなので、給料が入った時点ですぐには引き出せない口座に先取り貯金をして、毎月一定額を継続して貯められるように工夫しましょう。

家計管理を徹底して支出をしっかり把握する

無駄遣いをしていないつもりで生活していても、家計簿をつけてみたらちょっとしたら無駄遣いが積み重なって月に数万円も無駄遣いをしていたというのはよくある話です。

自分が何に使ってるのかしっかり把握しておいてください。

 

また、家計の管理をする際には、毎月の固定費、生活費だけでなく、今後必要になってくる支出の分もあらかじめ考慮して、毎月の先取り貯金とは別に貯めておきましょう。

そうすることで、もし何か大きな出費があっても貯金を崩さず対応できます。

転職して年収をアップさせる

債務整理後、しばらくはブラック状態になるため、マイホームが欲しくてもローンは組めません。

今後、マイホームを建てたいと思っているなら、審査に通りやすい名の知れた大手企業に転職し年収をアップさせて、信用情報が回復するのを待ちましょう。

 

例えば、運送業界ではヤマト運輸や佐川急便は名の知れた大手企業なので、会社自体が潰れるリスクが低く、そこに勤めている従業員は審査に通りやすくなったりします。

マイナビエージェントなら、転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれるので、そういった大手企業の求人情報をいち早く知ることができます。

まずは無料登録して、エージェントに相談してみましょう。

マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

今ならまだ間に合う!債務整理で借金地獄から抜け出し計画的に完済を目指す

どこからも借入先がなくなってどうしようもないってなった時にやっと債務整理を検討する!といった人が多い印象です。

 

ですが、時間が経てば経つほど、借金を繰り返し無理に返済し続ければし続けるほど、時間も多くのお金も無駄にしてしまいます。

現時点で支払いが難しいと分かった時点で、まだ他で借り入れる前の負担の少ない段階で債務整理をすれば3年以内には借金問題をすべて解決できるでしょう。

東京ミネルヴァ法律事務所なら、無料債務整理シミュレーターで借金がいくら減るのか調べられます。

東京ミネルヴァ法律事務所での相談は何度でも無料なので、今の現状をお伝えして、なるべくあなたに負担のない形で借金問題を解決する方法を相談してみてください。

無料債務整理シミュレーターはコチラ