在職中に転職活動をしよう!退職を決意してからスムーズに転職する方法

今の仕事、いつまで続けようかな。

上司や同僚には、いつ頃、どんな風に伝えようかな。

転職することを決意はしたものの、なかなか行動まで踏み切れない状況ってありますよね。

もしかすると、あなたはまさに、今かもしれません。

 

特に初めての転職であれば、

  • 転職した人達は、どんな理由で辞めていったのか
  • 転職をするためには、どんな流れがあるのか
  • 周りにばれないように準備するのは大変そう

など、様々な不安や疑問があるのではないでしょうか。

 

しかし、転職を決意したのなら、早めに行動することをおすすめします。

転職には、事前の準備が必要だったり、退職までに時間がかかることがあります。

そのため、予定していたよりも、時間がかかることがよくあります。

 

今回は、「スムーズに退職をするための方法」と、「具体的な転職までの流れ」についてお話します。

転職をすることは決意したけど、不安でまだ動けていないという人はぜひ、参考にしてください。

退職を決意するきっかけや理由は人それぞれ

転職を意識すると、自分以外の転職者の転職理由が気になりますよね。

仕事も立場も違えば、その転職理由は人によって様々です。

ここでは、代表的な転職理由を4つ見ていきましょう。

労働環境に不満を感じていた

勤務時間が長い。

残業が多い。

福利厚生などの待遇も最低限しか用意されていない。

このように生活面に直結する問題に不満を感じる人が多いようです。

 

また、これらの問題は自分で改善しようにも、限界があることが多いもの。

会社や職場の雰囲気が帰りづらい。

同僚や上司が残業しているため、自分も残らないといけない。

福利厚生などの待遇に関しては、特に自身の力でどうこうすることは難しいですよね。

 

自身では、どうしようもない労働環境への不満が、主な理由の1つとしてあるようです。

給料が低かった

お金と仕事へのモチベーションは、シビアな問題です。

勤務時間や仕事量に対して、お給料が割に合っていないと感じると、やる気は失われていきます。

それは、当然のことですよね。

お給料は、あなたの生活に直結する重要なポイントになります。

 

そのため、あまりに見合っていないとなると、生活自体も危うくなってきます。

仕事自体が楽しめているなら、まだ許容できるかもしれません。

 

ですが、なかなかそんな人も多くはないでしょう。

また余談ですが、お金だけが目的の転職は、あまりおススメできません。

長続きするモチベーションには、なりづらいからです。

 

しかし、お金が理由で退職するのは仕方がないと思います。

 

なぜなら、あなたの将来がかかっているからです。

会社はあなたの将来の安定を、約束してはくれません。

であれば、今よりもお給料が高い会社を目指すのは、当たり前ですよね。

社内の人間関係がうまくいかなかった

この問題も、よく聞くのではないでしょうか。

人間関係が悪い職場で働き続けるのは、とても苦しく、ストレスが溜まります。

日々仕事へ行くだけでもストレスとなり、何気ない業務にも、必要以上に気を使うようになります。

 

すると、いつしか精神的な疲れは、あなた自身の身体にも不調をもたらします。

最悪、うつ病などになり、社会復帰も難しくなるかもしれません。

これは、最悪のパターンですが、ずるずるとストレスの掛かる環境に入れば十分にあり得る話なのです。

 

転職をする前に、活動できない状態になってしまうとかなり厄介です。

そのため、職場環境や人間関係に強いストレスを抱えているのなら、転職の準備を始めましょう。

疲れ切ってしまってからでは、手遅れになってしまいますよ。

健康やモチベーションを保てなかった

先の話に続きますが、労働環境や人間関係など、職場での不満からストレスが溜まると支障が出てきます。

ストレスは身体的な不調はもちろん、モチベーションにも影響をもたらします。

健康面は、自身でも異変に気付きやすく、未然に防ぐことも可能です。

 

しかし、モチベーションはそううまくいきません。

ある日を境に、突然やる気がなくなってしまうこともあります。

その主な原因が、これまでの小さなストレスの蓄積かもしれないのです。

 

モチベーションが低下すると、集中力が無くなり、仕事ではミスをしやすくなります。

その結果、上司に怒られてしまったり、余計にストレスを抱えてしまったりと悪循環に陥ってしまうのです。

モチベーションが低下しているな、下がっているなと感じたら、まずは原因を突き止めましょう。

 

そして、改善に努めます。

それでも、改善することが難しいようであれば、転職など環境を変える必要があります。

もし、現時点で改善が難しいと感じているのなら、早めに転職を検討してみましょう。

退職を決意したらすぐに行動を起こそう!

ストレスを抱えている状態が、長く続くことは危険だということが、分かって頂けたかと思います。

現状に強いストレスを抱えているのであれば、できるだけ早く行動しましょう。

次はどんなところで働こう。

こんな会社で働きたい。

 

行動と聞くと、つい転職のことばかり考えてしまいますが、その前にすべきことがあります。

転職の前に、まずはスムーズに退社を済ませましょう。

退社をする際にも、押さえておきたいポイントがあります。

次の職場で、心置きなく過ごすためにも、円満な退職を目指しましょう。

退職を決意してから実際に退職するまでの基本的な流れ

ここでは、退職をするための基本的な流れを、お話します。

最低限の基本を押さえておくことで、今何をすべきかが見えてくるはずです。

上司に退職届を提出する

まず、退職を決意してからすべきことは、上司にその旨を伝えることです。

この際に、注意すべき点が3つあります。

 

それは、

  1. 直属の上司に伝えるまで周囲にばれないようにすること
  2. 上司に伝えるタイミングを考慮すること
  3. 引き留めに会った場合の対応を考えておくこと

この3点です。

それぞれ説明していきます。

 

1つ目の「直属の上司に伝えるまで周囲にばれないようにすること」は、

退職を申し出る前に、又聞きで上司の耳に入ることを防ぐためです。

あなたからの申し出がある前に、他者から上司に伝われば、あなたの心象が悪くなる可能性があります。

 

心象が悪い状況での話し合いは、いい結果をもたらしません。

そのため、できるだけバレないように努力しましょう。

 

2つ目の「上司に伝えるタイミングを考慮すること」は、会社の繁忙期や、上司が忙しいタイミングは避けよう、ということです。

これもスムーズに退職するために、という視点からですが、忙しい状況ではいらぬ反感を買う可能性があります。

 

そのため、上司や職場の状況をみて、切り出すタイミングを検討しましょう。

ですが、そんなに待っていられない!という人は、気にせずに話しても構いません。

繁忙期だから退職できないという、決まりはありませんからね。

 

最後の3つ目「引き留めにあった場合の対応」について。

これは上司に退職を申し出た際に、引き留めに会う可能性が高いことから挙げました。

あなたが退職すると、人手が足りない会社は困るという理由から、上司はあなたの退職を止めてくる可能性があります。

 

その際に、

  • ストレスの問題が改善されるなら、残ってもいいかな。
  • なんと言われようが、辞める。

など、上司に退職を考え直すように提案された時の対応を考えておきましょう。

 

引き留めなんて、過去に経験がない特殊な状況です。

落ち着いた、冷静な話し合いができるように、準備しておきましょう。

書類を整理し、業務を引き継ぐ

上司に退職する旨を伝え、認めてもらうことができたら、次は引き継ぎの準備をしましょう。

スムーズに、円満に退職するには、ここが重要なポイントになります。

一度上司に退職することを伝えれば、その話が広がるのは時間の問題です。

その際に、あなたの退職をよく思わない人がいることも、頭に置いておきましょう

 

あなたと共に仕事をしていた同僚や上司は、あなたの抜けた後の事も考えなくてはなりません。

そのため、負担が増えることを恐れているのです。

自分は退職するから後は関係ない、という態度では予期せぬ問題が生まれる可能性もあります。

きちんと、他の人に引き継げるように準備し、配慮をしましょう。

 

よって、退職日も検討する際は、引き継ぎに掛かる日程も考慮しましょう。

上司に申し出る際も、引き継ぎの計画まできちんと考えているとなれば、話はスムーズに進みます。

また、円満に退職ができることで、退社後も思わぬ場面で頼れる存在になるかもしれません。

保険証などを返却し退職

上司への申し出も終わった。

引継ぎも順調に進んでいて、あとは退職日を待つだけとなれば、もうやることもさほどありません。

保険証や社員証、自分の業務に関連した情報の処理などを、会社規定に沿って行っていきましょう。

 

また、この際に有給休暇などが残っている場合の対応。

退職後に必要となるであろう、書類の確認なども合わせて行っておくと良いですね。

退社後は、会社も忙しく対応が後回しにされてしまうこともあります。

そのため、事前にこちらからも日程や、所要時間などを把握しておくと安心です。

退職する前に転職エージェントで転職先を決めておこう

ここで、1つアドバイスをさせてください。

無事、円満に退職ができたとしても、次は転職活動が待っています。

退職後に転職活動を始めてもいいとは思います。

ですが、それは余程、生活に余裕がある場合に限ります。

 

退職後には夢だった旅をしてみたい。

この機会に海外留学をしよう。

田舎の実家に帰って、のんびりと自分探しでもしてみよう。

こうした明確な目的と、金銭的余裕があれば問題はありません。

 

しかし、

  • とりあえず辞めて休みたい。
  • 次の転職先は、きっと見つかるでしょ。

なんて軽く考えていると、見つからない時に辛い思いをします。

そのため、できるなら在職中に、次の転職先は決めてしまいましょう。

 

ですが、在職中に次の職場を探すなんてことできるのでしょうか。

日々の忙しい合間をぬって求人を探し、周囲にばれないように活動する…。

安心してください。

マイナビエージェントならそれは可能です。

 

理由はシンプルです。

まずはすぐに無料登録ができ、5分後には様々な細かい条件で、あなたが希望する求人を検索できます。

また、この後に詳しく説明しますが、転職エージェントと呼ばれる方々がいます。

一言でいうと、あなたの転職をサポートしてくれる、転職活動のプロです。

そして、このマイナビエージェントは業界最大手の、転職サービスです。

そのため、求人数も多く、実績も申し分ありません

転職する際は、複数の転職サービスに登録し、比較するのが一般的です。

その中でも、マイナビエージェントは外せないサービスの1つといえます。

在職しながら転職活動ができる!転職エージェントの特徴

慣れない転職活動です。

1人でどうにかしようと無理をせず、プロの力を借りましょう。

 

でも、転職エージェントってどこか胡散臭い。

実際にどんな事をしてくれるのかよく分からない。

具体的には、どんな風に活用すればいいの?

 

転職エージェントを活用しようにも、様々な不安や疑問がありますよね。

ここでは、転職エージェントを活用すべき理由と、そのメリットについてお話します。

完全無料での転職相談に応じてくれるから安心

実は、この転職エージェントは、完全無料で利用することができます。

あなたとの面談を通して、あなたにピッタリの仕事を紹介してくれます。

それも一度だけではありません。

あなたが希望すれば、何度でも転職まで利用することができます。

 

基本的な流れとしては、マイナビエージェントに無料で登録。

その後、転職エージェントへ、利用申し込みをします。

すると、転職エージェント側から連絡が来るので、そこで具体的な面談の日程調整などを行います。

 

転職エージェントは、登録後に必ず利用する必要はありません。

また、しつこい勧誘などもないので安心してください。

利用したいタイミングは、ご自身で決めることができるのも魅力ですね。

強いていえば、利用者が多い可能性があることです。

 

その際は、希望の面談日や時間の調整が難航する可能性もあるでしょう。

転職エージェントの利用を希望する方は、とりあえず利用申請までは出しておくことをおススメします。

求人紹介から面接のセッティングまで全部任せられる

そして、転職エージェント最大の魅力がこれです。

なんと、転職エージェントでは、あなたに代わって企業側との面接日の調整をしてくれます。

 

しかし、転職エージェントがしてくれることは、それだけではありません。

転職をする際に、求職者側からは聞きづらい事ってありませんか。

具体的な給与額や休日日数、ボーナスの有無や有給の取得率などなど。

そうした質問を、あなたが面接を受ける前に、事前に聞いてくれるのです。

 

すると、何が良いのか。

あなたは、事前に面接を受ける価値があるかどうか、判断することができるのです。

在職中のお休みは貴重ですよね。

転職活動のために、有給などを申請すれば、周囲に転職活動を悟られる危険性もあります。

 

となれば、限られた時間での行動も、限界があります。

転職エージェントを活用すれば、限られた時間を最大限に効率化することができるんです。

無駄な交通費や昼食代なども使わずに済むので、一石二鳥ですよね。

プロのサポートを受けられるから働きながらでも転職活動しやすい

これまでのお話からもお分かり頂けるように、転職エージェントを活用すれば、転職活動はは一気にしやすくなります。

在職中での転職活動には様々な不安や壁があります。

同僚や上司の視線、限られた時間での活動など。

 

そのような状況でも、失敗しない効率的な転職を可能にするのが、転職エージェントなんです。

 

また、転職エージェントは在職中の会社を退職するサポートまで行ってくれます。

具体的には、有給消化や業務の引き継ぎに関するアドバイスなどなど。

周りには相談しづらいことも、積極的に相談に乗ってくれます。

新たな職場の内定が決まった後も、サポートをしてくれるという、サービスの手厚さが魅力ですね。

 

転職エージェントは、あなたの転職を1から100までサポートしてくれる、頼もしい存在となるでしょう。

転職を決意したら、まずは転職エージェントに相談してみよう!

もし、今あなたが転職すると決意しているのなら、すぐに行動しましょう。

転職エージェントは、在職中から心強いあなたの味方になってくれます。

失敗しない転職のためには、事前の準備と計画が必要になります。

 

しかし、ほとんどの人が転職には慣れてはいません。

つまり、1人だけで転職を行うというのは、実はとても大変なことなのです。

分からないことをするには、成功に導いてくれる先生が必要ですよね。

 

転職エージェントは、あなたの転職を成功に導いてくれる先生のような存在となるでしょう。

また、早めに活用することで転職だけでなく、円満な退職のサポートまでしてくれるのです。

もはや、活用しない手はないのではないでしょうか。

 

ぜひ、転職エージェントを活用して、理想の転職を成功させてくださいね。