【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

祝日の仕事を休みたい。有給を取らせないブラックな会社の対処法

「祝日なのに仕事って…」

「せめてカレンダー通りに休みたい」

「友人と同じ曜日に休みが取れれば…」

みんなが楽しみにしている祝日も仕事が休みじゃないとちっとも嬉しくありません。

案外祝日でも仕事がある職種は多く、実際に体験してみるとわかりますが、結構辛いですよね。

僕も経験はありますが、平日に休みを取れたところで遊べる人は誰一人いません。

 

特に子どもができたときなどのデメリットは計り知れませんね。

当然、土日に遊びに連れて行くなんて無理ですし、結果的に家族とも疎遠になってしまいます。

さて、祝日に休めない人はどうやって生活を送ればいいのでしょうか?

この記事では、

  • 祝日に仕事がある人が考えるべきチェックリスト
  • 祝日仕事を脱するための方法

を中心に解説していきます。

世間は幸せ満点。しかし自分は祝日でも仕事…

エンジニア転職73

「今度の祝日さー」

「あー、俺仕事だわ…」

友人や彼女からのせっかくの誘いも仕事があったら断るしかありません。

祝日にも仕事のある人は特に頭を抱えていることでしょう。

毎回毎回断って心苦しいだけでなく、平日に備えている休みも結局1人で暮らすしかないんです。

 

当然、平日に休めるメリットも、

  • 行列店に並ばないで済む
  • 空いている中、買い物ができる

上記のようにありますが、それにしたって「誰かと一緒に遊びに行けない」というのは大きなデメリットですよね。

1人で楽しめる人は祝日仕事が向いている

もちろん、自分ひとりの趣味がある人は平日休みも十分に楽しめるでしょう。

そういう人は逆に祝日に仕事をする方が普段から混雑した環境に身を置かずに済むので、性格的にも合っていますね。

祝日にどうしても休みたい!でも休めるか?

「なんとかしてこの日だけは休みたい!」

「でも…そんな簡単に休めるか…?」

普段は祝日が仕事でもイヤイヤながら向かっているでしょう。

 

しかし、例えば「友人の結婚式」と被ったらどうでしょう?

祝日に仕事がある業種は人が増えたときにお金が儲かるビジネスモデルが多いです。

飲食店や観光地などが正にその例ですね。

そんな稼ぎ時に貴重な人材を会社側が休ませてくれるでしょうか?

有給すら受け付けてくれないような会社だったら…

 

当たり前ですが、私生活あっての仕事です。

仕事がなければ生活することはできませんが、それでもあなたのプライベートを犠牲にしてまで仕事をするのは間違っています。

休みづらい会社で仕事をしていると、あなたのプライベートの友人はどんどんいなくなってしまうでしょう。

祝日に仕事を休めない会社はブラックなのか?

そもそも自分の周りや世間はひたすら休みを満喫しているのに、なんで自分だけ祝日も仕事なんだ!と思ったことはありませんか?

ぶっちゃけ祝日でも仕事がある会社にはブラックな環境が多いです。

 

思い返してみると、

「これだけ働いてるのに給料が安い」

「ってか残業代出ないしめっちゃブラック…」

「有給取らせてくれないってどういうこと!?」

こんな不満が浮かんできませんか?

様々な不満があると思いますが、こういった気持ちを日々溜め続けることで、楽しかった仕事ややりがいのある仕事も次第につまらなくなってきます。

 

もちろんこのような不満を上司や会社に直接伝えられれば良いのですが、そんなことできないって人の方が多いですよね。

結果的に溜め込んでしまって、気づいたら、

「会社に行きたくない」

「うつだ…」

なんてなってしまうこともあるでしょう。

 

一概に祝日仕事のあるすべての会社がブラックだとは言い切れませんが、実際こうした職務体制が蔓延しているのも事実。

改めて今のあなたの仕事を考え直してみてください。

祝日も仕事のあなたが今すぐやるべき3つのチェックリスト

さて、こうした背景を元に今一度あなたの仕事を振り返ってみましょう。

チェックポイントは以下の3つ。

  1. 有給は自由に取れるか?
  2. 残業代は適切か?
  3. 休み返上して仕事した経験があるか?

この中の2つ以上に当てはまったあなたは即今の会社を辞めるか考えるべきです。

理由としては「プライベートの時間を会社に捧げているから」ですね。

 

もちろん会社はお給料を払ってくれているので、ありがたい存在です。

しかし、あなたのプライベートを捧げるほどの価値は当然ありません。

あなたの時間はあなただけの時間です。あなたは会社の奴隷ではないんですから。

 

当然、上記の3つは労働基準法にも違反してきますね。

そんな会社でずっと働いて未来はあるのでしょうか?

今回をきっかけに今一度これからのキャリアを考えた方がいいでしょう。

このままだと会社の奴隷で終わる人生になってしまいます。

退職代行サービス「SARABA」を使えば一生会社の人と会わなくていい!

「でも上司に退職を切り出すのも怖いしな…」

「バックレなんてしたら家に来そうだし…」

退職したいけどそんな不満がある人はぜひ退職代行サービスの「SARABA」を使ってみてください。

SARABAは退職に係る一切の手続きを代行してくれるサービスで、あなたが退職したいと思い申し込んだ瞬間から「会社への連絡」「退職の手続き」をすべて引き受けてくれます。

 

実は同様のサービスは弁護士に頼むことでも実現できるのですが、数十万円レベルで高額な費用がかかってしまいます。

SARABAならたったの3万円ですべての手続をしてくれますし、会社の意向がどうだろうと法的にあなたの意見を優先し退職の手続きまでしてくれるんです!

SARABAのおすすめポイント
  • 3万円と弁護士に依頼するより安い!
  • 退職に係るすべてに手続きを代行!
  • 24時間いつでもLINEで申し込めて即日対応!

 

退職代行のSARABAを使えば、嫌いな会社には今後一切行かなくて済みますね!

今すぐSARABAで退職する

うつになる前に転職エージェントに相談!

「会社休みたいな…」

「また今月も祝日仕事か。辛いな…」

そんな気持ちを放っておくと”うつ病”になる可能性もあることを覚えておいてください。

「病は気から」と言いますが本当に精神の問題はカラダにも支障を来します。

実際、うつ病になる若者はとても増えていて、そのまま退職・仕事続行不能…なんてことも少なくありません。

 

これは今の若い人と、職場のトップの人の意見や世代間の違いによるものが大きいです。

具体的には「体育会系な昔ながらの人」と「ITやインターネットで便利になった若い世代」との感覚の違いですね。

前の世代の言うことを聞いていても、そもそも育った環境や社会情勢も違います。そりゃうつになる人も増えるわけです。

精神的に「辛い」と感じることを続ければ、じわじわと不健康になってしまうでしょう。

 

こちらの「頭痛、吐き気、不眠…仕事のストレスの原因と4つの対処法を徹底解説」という記事でも書いていますが、うつ病になってしまうくらいなら、今のうちに転職エージェントに登録しておくといいでしょう。

おすすめはマイナビエージェント。最大手のエージェントでしっかりとあなたの相談を元にベストな転職先を提案してくれます。

無料で登録できるので今すぐ登録して逃げ道を用意しておきましょう!

無料でマイナビエージェントに相談する