【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

しつこい先輩のご飯の誘いを上手にかわす3つの方法

「最近職場の先輩がしょっちゅうご飯に誘ってくる・・・」

「家に帰ってさっさとゆっくりしたいのに・・・」

「しつこい先輩の誘いを断るにはどうすればいいんだろう?」

 

男性の多い職場に勤める女性なら、一度は職場のしつこい先輩の誘いに悩むことがあるのではないでしょうか?

一度だけなら・・・と油断してしまったが最後、毎週毎週誘われ続けると先輩とはいえさすがにウンザリしてきますよね。

私は一時期先輩を見かけるだけで動悸がしてくるくらい嫌でした。

 

しかし、悩んでいるだけではしつこい先輩の誘いはなくなりません。

キッパリと「あなたとは食事に行きたくありません」という意思を見せつけないとこの手の男性はあなたの気持ちに気づかないのです。

 

「でも同じ職場だから今後の関係も悪化させたくないし・・・」

今後のことを考えるとあまり気まずくなるような断り方はできませんよね。

その気持ちは私もすごく良く分かります。

こんなくだらないことで悩み続けるならいっそのこと仕事を辞めたい・・・なんてことを考える前に、一度上手く断る方法を考えてみてはどうでしょうか?

 

この記事では、実際にしつこい先輩に食事に誘われ続けた私が、誘いを断った方法をご紹介します。

以下に当てはまる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

  • しつこい先輩の誘いを上手く断る方法が知りたい
  • いくらしつこい先輩とはいえ今後の関係を悪化させたくない

職場の先輩がとにかくご飯に誘ってくる…

「あの先輩しょっちゅう2人でご飯に誘ってくるんだよなあ、もしかして・・・」

 

何か確信的なことを言われたわけじゃなくても、何度も2人で食事に誘われるともしかして私狙われてる・・・?と感じてしまいますよね。

それが週に1〜2回の高頻度にもなると尚更のこと。

自分も好意を持っている相手であれば嬉しいことなのですが、全く興味のない相手であれば変に期待させる前に断りたいと考えるのが普通だと思います。

 

しかし、告白されたわけじゃないのに「そういうのはちょっと・・・」と断るのも自意識過剰みたいだし、相手が何の下心も無かった場合失礼な発言になってしまいます。

 

そのため、先輩の誘いを上手く断る方法に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

男性が多い職場だと仕方ない…?

男性が多い職場だと、その分誘われる確率が増えるのは当たり前のことですよね。

それはある意味仕方のないことです。

 

私の場合はしつこい先輩は1人だけでしたが、モテる女性であれば先輩からの誘いはひっきりなしかもしれません。

しつこい先輩が何人もいるようであれば、その時は男女比の同じ職場への転職も考えてみるべきです。

 

しかし、諦めるのは最大限努力した後でも遅くはありません。

まずはこれから紹介する方法で誘いを断ることにチャレンジしてみてください。

しつこい先輩撲滅!ご飯の誘いを上手にかわす3つの方法

エンジニア転職

この章では、しつこい先輩の誘いを断る方法をご紹介していきます。

予定を入れまくる

嘘をついて断るのが気まずいのなら、実際に予定を入れてしまうことをおすすめします。

私は当時、金曜日か水曜日の定時退社日に誘われることが多かったので、適当に「予定があります~」と嘘をついて断っていました。

 

しかし、しつこい先輩はそのくらいでは諦めてはくれません。

ある日ついに「金曜日か水曜日ならどっちがいい?」と選択制をとるようになったのです・・・。

さすがにこれには困りました。

両方予定が入ってるといって断るのは明らかに嘘っぽく、なんとなく断るのを気まずく感じてしまうからです。

 

更に嘘をつくのが上手なほうではないため、どこかでボロが出てしまいそうだなあと感じていました。

 

でもどうしても行きたくない!!そう考えた私は苦肉の策に出ます。

それが実際に予定を入れまくる、というものでした。

実際に友達を誘って予定を入れることで罪悪感なく、そして嘘をつくことなく先輩の誘いを断ることができます。

 

「でもそんなに予定を入れてしまうと疲れるしお金もかかってしまうからなあ」

こんな時は、ネット上の友達を見つけてオンライン飲み会などを開催することをオススメします。

お金もほとんどかかりませんし、疲れたらいつでも寝ることができるのでとっても楽なのです。

「デートの予定があります」と言って断る

それでもしつこい相手には、無邪気にダメージを与えてみましょう。

誘われた時に嬉しそうに「今日は彼氏とデートなんです〜!」と伝えてみるのです。

 

すると相手も「ラブラブなんだな、彼氏にも悪いから誘うのを控えようかな・・・」と考えてくれるかもしれません。

 

もしもあなたに恋人がいないことを相手が知っている場合は、「今日はデートなんです〜!」とだけ伝えてみましょう。

  • デート相手(気になっている人)がいる
  • あなたには一切興味がない

ということを暗に伝えることができるので、しつこい先輩も少しは遠慮してくれるようになるのではないでしょうか?

ダイエット中だと伝える

これは期間限定でしか使えない最終手段ですが「今はダイエット中なんです!」と伝えればしつこい先輩もそれ以上あなたを誘うことはできないはずです。

毎日予定があるとはさすがに言えないですし、「デートがあります」発言にも怯まない程のしつこい先輩にはこれしかありません。

 

ダイエット中であれば外食を断るのは全く不自然じゃないですし、冗談っぽく断ることもできて雰囲気が悪くなることもないでしょう。

 

しかし、この方法で断る時は以下に気をつけてください。

  • ずっとダイエットをしているのはおかしいので期間に注意する
  • その先輩の誘いだけ断るのでなく、他のご飯の誘いもできるだけ断る

あまりに長い期間ダイエットをしていたらおかしいですし、ダイエット中なのに他の人とは飲みに行ってるのがバレたら気まずいですよね。

 

そのため、もしもご飯の予定を入れるのであれば会社以外の繋がりの人とに限定する、もしくはその先輩より立場が上の人に誘われた時だけ行く、ようにすればいいかと思います。

上手に断らないと今後の仕事に支障が出ることも…

エンジニア転職73

実は私が悩まされていた先輩が相当しつこかったので、上記3つの方法を試しても尚、お誘いが止みませんでした。

 

その不屈のメンタルに「これはもう思いっきり冷たくして気づいてもらうしかないんだな」と決意し必要最低限の受け答えのみをしていました。

すると、お誘いはなくなったものの若干職場の雰囲気を悪くしてしまって後悔したのを覚えています。

 

しつこい先輩とはいえ、先輩は先輩。

入社一年目だった私はその先輩に教えてもらわないとできないことばかりだったので、普通の仲に戻るまでは少しだけ大変な思いをすることになりました(それでも誘われるよりはマシでしたが)。

 

このように、上手く断ろうと手を尽くしても上手くいかず、仕事に支障をきたしてしまうパターンもあるので注意してくださいね。

うまく断れないなら男女比が同じ職場へ転職!

この記事では「しつこい先輩の誘いを上手く断る方法」を紹介してきました。

相当しつこい先輩じゃなければ、数回連続で断ればさすがに嫌がっていることに気がついてくれるはずです。

 

「気が弱いので、やっぱりどうしても上手く断れない」

こんなあなたは、思い切って転職してみるのもありかもしれません。

ご飯に行けば最低2時間程度は一緒に過ごすことになるので時間の無駄ですし、何より一緒にいたくない相手と食事を共にするのはかなりストレスですよね。

 

もちろん男女比が同じになったからと言ってしつこい男性がいないとは限りませんが、男性と同じぐらい女性もいる職場であればその確率はかなり低くなると思います。

 

更に他の女性社員が相談相手にもなってくれるかもしれません。

誰かに相談するだけでもかなりのストレス解消になるので、相談できる相手が身近にいる環境の方が随分心が楽になることでしょう。

いつ次の誘いが来るかビクビクしながら過ごす毎日を変えるためにも、男女比が同じ会社への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

 

しかし転職には不安がある・・・という方は転職サイトに登録することをオススメします。

転職にオススメなのは「マイナビエージェント」。

「日本最大級」で常時約8000件以上の転職・求人情報を掲載しています。

無料でプロのエージェントが一人ついてくれるので、動き方がわからなくても安心。

マイナビエージェントなら、あなたにぴったりの会社がきっと見つかるはずです。

しつこい先輩に怯えず、安心して働ける職場が見つかるかもしれませんよ。

給料UP!ホワイト企業へ

マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ