無職期間のデメリットまとめ!面接官が気にする6つのポイントを解説

会社を辞めて無職になった人は、しばらくはフリーの生活を楽しむのではないでしょうか?

縛られていた環境から解放され、自由を満喫する。

すると、ついつい無職期間が長引いてしまいがちです。

しかし、いつまでも無職というわけにはいきません。

無職期間があまりにも長すぎると、就職する際にデメリットです。

半年、1年と無職期間が長引くと、面接で突っ込まれるポイントになってしまいます。

日本では無職期間が長い人は、厳しい目で見られる傾向がありますよね。

しかし、無職期間が長くなってしまった人でも、就職する方法はあります。

そこで今回は、

この記事でわかること
  • 無職期間のデメリット
  • 何か月まで無職で大丈夫か?
  • 無職期間をどうやって過ごすか?
  • 面接でどう対処するか?

このような内容についてまとめました。

無職期間が就職にどう影響するのか悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

無職期間が長いデメリット

無職期間があると、今まで仕事に縛られて出来なかったことも出来るようになります。

長い労働生活から解放され、ついついダラダラ遊んでしまうのではないでしょうか?

しかし、無職期間が長いと就職活動をする際にデメリットが生じてしまいます。

そこで、無職期間が長いとおこる3つのデメリットについて説明していきます。

デメリットを理解し、すぐに就職活動をスタートしましょう。

仕事の勘が鈍る

無職期間が長いと、仕事で培った能力が落ちてしまいます。

いわゆる勘というものですが、時間がたつほど錆びついていきます。

ブランクがあると、ビジネスマナーなど働く上で必要なスキルを忘れてしまいがちです。

働きながら勘は取り戻せると思いますが、慣れるまでに時間がかかるでしょう。

コミュニケーション能力の低下

勤めていた時は、当たり前にできていたコミュニケーションができなくなります。

原因は、人と接する時間が以前に比べて下がるためです。

人と喋っていない期間が長いと、いざ話すとき緊張して口ごもってしまいます。

長引けば長引くほど、人と喋るのが億劫になります。

回数をこなして慣れていくしかないので、徐々に修正していきましょう。

自信がなくなる

自信というものは、小さな成功体験で積みあがっていくものです。

しかし無職期間が長く、仕事から離れると、自信がどんどんなくなっていきます。

無職で何もしていない間は、自信を失いがちです。

「このままでいいのだろうか…?」

「自分はダメな人間だ」

とついつい自己否定に走ってしまいます。

自信がなくならないように、無職期間でも何かに打ち込むといいですね。

不利にならない無職期間!何カ月までなら平気?

無職期間が長いと自分の能力が低下することがわかりましたね。

しかしデメリットはそれだけではなくて、就職にも影響がでてくるのです。

結論を先に言うと、無職期間が長ければ長いほど、面接時に厳しく突っ込まれます。

そこで、無職期間が何か月までなら就職に不利にならないかを紹介します。

3カ月くらいまでは問題にならない

最大3か月程までなら、無職期間があっても就職に不利にはなりません。

会社を辞めて次の就職先を探すには通常2~3か月ほどかかります。

会社も転職に時間がかかることは理解しているので、そんなに厳しく指摘されないでしょう。

仮に無職期間の理由を聞かれたとしても、転職活動を行っていたと答えると問題ないですよ。

半年過ぎると結構厳しい目で見られる

しかし、無職期間が半年以上になると、マイナス評価に繋がる可能性が高くなります。

  • ちゃんと就職活動をしていなかったのでは?
  • 働く意欲がないのでは?
  • 何か人間性に問題があるのでは?

企業側はこのようような懸念があるため、面接時に無職期間の理由を厳しく聞かれるでしょう。

そこで、曖昧な回答だとマイナス評価に繋がります。

無職期間が半年を過ぎている人は、理由を説明できるように練習しておきましょう。

人事の担当の面接官が気にする6つのポイント

面接官が特に気にする6つのポイントをまとめました。

少しでも採用の確率を上げるために、次の内容を意識しながら面接対策をしましょう。

顔色が悪くないか

病気や怪我が理由で前職を辞めた人は、現在は仕事に支障がないとアピールしましょう。

面接官は本当に治っているかと、顔色の悪さを見ています。

面接までの間は、規則正しい生活を送り、体調を整えておきましょう。

自信があって、明るいか

一緒に働く人間が、自信がなく暗い人間だとイヤですよね?

面接官はあなたの態度や様子を見ています。

面接で自信を持ち明るく受け答えする様子も、合格を左右するポイントの一つです。

明るくハキハキと質問には答え、働く意欲があることをアピールしましょう。

会社への志望動機と働こうと思った理由

志望動機はどの会社でも必ず聞かれる質問です。

また、無職期間が長ければ長い人ほど、なぜ今まで就職活動をしなかったのかを面接官は気にします。

何の目的があって働こうと思ったのかと聞かれますので、答えられるように準備しておきましょう。

注意
馬鹿正直に答えてはいけません!

  • 失業保険が切れたから
  • 貯金がなくなってきたから

など事実であっても正直に話すのはやめましょう。

会社側からすると、無計画でやる気のない人間だと思われてしまいます。

なぜその会社で働きたいと思ったのかを説明できるようにしましょう。

離職動機と離職期間の過ごし方

離職した動機は必ず質問されます。

  • 前職でトラブルを起こしたために辞めたのか?
  • 仕事ができなくてクビになったのか?

などが面接官の気になるポイントです。

問題がある人は極力採用したくないのが、面接官の本音です。

トラブルが原因で辞めたと話すと、不採用になる可能性が高くなります。

そこで離職動機は、前向きな理由で離職したと伝えましょう。

また、離職期間何をして過ごしていたかも聞かれます。

  • 無職期間があっても仕事への意欲は失ってないか
  • 有意義に無職期間を過ごしていたか

などを面接官はチェックしています。

ここで、何もしていないや、ただ遊んでいたなどの理由は論外です。

面接官を納得させるような理由を説明しましょう。

嘘をついていないか

履歴書に書いていないことは面接官も確かめようがありません。

だからといって嘘をついていないか、面接官はしっかりチェックしています。

人は嘘をつくと、目が泳いだりそわそわします。

人を見抜く力を持っている面接官の前で、その場しのぎの嘘をついたらバレてしまいます。

面接で平気で嘘をつくような人は、勤めてからも嘘による不祥事を起こす可能性があります。

面接官は嘘をついていないかチェックしているので、正直に話すようにしましょう。

経歴は自社にマッチしているか

経歴が自社にマッチしているか面接官は注目しています。

あまりにも自社の事業と関係ない職場で働いていたのなら、候補から外される可能性もあります。

会社側としても、なるべく即戦力が欲しいですからね。

ただ、自社と経歴がマッチしていない場合でも大丈夫です。

前職で何を学び、転職先でどのように活かせるのかをアピールできるようにしましょう。

面接対策をすれば受かる可能性はある

無職期間が長いからと言って、採用されないわけではありません。

きちんと面接対策をしなたら受かる可能性はあります。

面接対策
  • 志望動機
  • 前職で学んだこと
  • 自分の長所短所
  • 自己PR
  • 前職を辞めた理由
  • 無職期間で学んだこと

など、挙げればきりがないですが、面接で聞かれそうなことは事前に把握しておきましょう。

何を聞かれてもスムーズに答えられるように、対策を練りましょう。

面接対策をすればするほど、受かる可能性は高くなります。

面接の日までに、練習を重ねましょう。

面接官に好印象!無職期間の4つの過ごし方

面接時に有利に進めるために、無職期間の過ごし方を4つ紹介します。

この4つは面接官からも好印象なので、ぜひ言えるように取り組んでみてください。

資格の取得を目指していた

自分のスキルアップのために、資格取得を目指していたのなら、評価は高くなるでしょう。

資格の取得となると時間がかかるので、無職期間が半年ほどでも、それほど不自然じゃありません。

ブランクの期間を前向きに言えると、好印象ですね。

もし、無職期間に何もしていないのであれば、何か仕事に役立ちそうな資格を取得してみましょう。

筋トレなど再就職に向けた身体づくり

怪我や病気で休んだ人は、その後仕事に支障がないか面接官は気にします。

そこで、無職期間に筋トレや療養などをして、身体づくりをしていたと答えられるといいですね。

就職するために、目的を持って生活していたと言えるようにしましょう。

前向きな姿勢が見られるので、面接でも評価が高くなるでしょう。

図書館で情報収集

自分の興味のある分野の勉強などを調べるために、図書館で情報収集をしていると好印象ですね。

自分の知識を広げるために、意欲的に取り組んでいる姿勢がみられます。

何の理由で、どんなことを調べていたかを答えられるようにしておきましょう。

アルバイトで社会経験を積んでいた

無職期間でも、働く意欲がありアルバイトをしていたなら評価が高くなります。

アルバイトで社会経験を積んでいたとなると、仕事の勘も鈍らないですよね。

真面目に働いているという印象を受けるので、面接官からも好印象でしょう。

転職エージェントを上手く活用しよう

無職期間が長くても、面接対策をしっかりやれば問題ないことがわかりましたね。

でも、自分でやる面接対策じゃ良いか悪いかわからないので、不安ですよね。

そんな悩みを解決するために、転職のプロである転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職のプロによるアドバイス
  • 転職活動のサポート
  • 非公開求人の紹介

このように、転職エージェントを利用すると、転職がスムーズに進みます。

そんな転職エージェントの中でも特にお勧めするサイトは、マイナビエージェントです。

業界最大手で、数ある企業からあなたにあった会社を探してくれます。

プロならではのアドバイスもあるので、自分では気づけなかった点もわかるようになるでしょう。

マイナビエージェントを活用して、希望する企業で働けるようになりましょう。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ