仕事のモチベーションがないなら転職すべき?やる気が出ない原因と解決法

やらなきゃいけないことがあるのにやる気が起きない

そうした、モチベーション問題に頭を悩ます人は少なくありません。

モチベーションが維持できない原因は一体どこにあるのでしょうか。

できればモチベーションに振り回されることなく、仕事に取り組みたいですよね。

 

今回は、そのために必要な具体的な方法やモチベーションの仕組みについてお話します。

モチベーションはあることを意識するだけで劇的に改善することが可能です。

ぜひ、参考にしてみてください。

モチベーションに頼ることなく働ける仕事が理想

やるべき時にやりたいことができない

こうした悩みや苦労は誰しもが一度は経験し、長きに渡り付き合っている課題かと思います。

 

そして、多くの人がモチベーションに左右されることなく、仕事に取り組めたらと願っています。

学生時代にテスト勉強に身が入らず、結果が出ない。

それくらいならまだいい思い出かもしれません。

 

ですが、社会人となるとそうはいきません。

仕事には締め切りがあり、大勢の人と共に協力して働かなくてはなりません。

 

そのため、やる気が出ないからという理由で、仕事をしなくていいとはならないのです。

モチベーションに左右されずに仕事ができる人材にならなくてはいけません

モチベーションが上がらない状態で仕事をするのはリスクが大きい

あなたも、もしかすると過去にこんな経験があるかもしれません。

 

ある日、何となくやる気が出ない、集中できない時

普段の何気ない仕事で凡ミスをしてしまい、迷惑をかけてしまった。

やる気が出ない日には、プライベートの予定をすっかり忘れてしまっていた。

 

モチベーションが維持できずにいると、集中力を欠いてしまいます

仕事において集中力というのは重要なスキルです。

モチベーションが上がらない状態では、予期せぬ事態を引き起こす可能性があるのです。

取り返しのつかないミスを犯してしまうことも

先の話と繋がりますが、モチベーションの低さは集中力の低下を招きます

 

仕事中は常に状況が変化しており、時には緊急の対応に追われることもあるでしょう。

1分1秒、気を抜かずにいるべき、という話ではありません。

集中すべき時に集中できる力が必要だ、という話です。

そのために、モチベーションを高く維持する必要があるのです。

 

モチベーションが低いと、日々の業務から積極性が無くなっていきます。

積極性がなくなると、日々の仕事でミスが起こりやすくなります。

 

理由は簡単です。

「これくらいでいいか」と気が緩んでしまうから。

仕事においてこれほど危険な感覚はありません

 

大事な取引先との日程や、商談に必要な資料の確認などで、もしミスをしてしまったら。

考えただけでも恐ろしいですね。

自分が成長しないから将来のキャリアに悪影響がでる

「これくらいでいいか」という気持ち。

この感覚はあなた自身が成長するきっかけをも失っていきます。

中途半端な力しか出すことがないからです。

 

これくらいという感覚では、いつまでもあなた自身の成長に繋がらないのです。

 

そして、そうした気の抜けた日々は必ず、なにかミスを引き起こします。

そのミスが大きければ大きいほど、あなたへの信用もなくなってしまうでしょう。

モチベーションが低いまま仕事をしていても、いい結果は生まれません

 

仮に大きなミスがなかったとしても、消極的で結果の出ないままでは、やる気のある同僚に追い抜かれます

結果、出世コースからも外れ、さらにモチベーションは上がらない。

そんな、負のループに入ってしまう可能性だってあるのです。

モチベーションが上がらないのは根本的な原因が解決してないから

では、最悪の事態になることを避けるためにできることとはなんでしょうか。

答えは、あなたのモチベーションを下げている原因を知り、解決することです。

ここからは、実際にモチベーションを下げている原因や、解決方法をお話します。

 

仕事のモチベーションが上がらない原因別に解決法を探してみよう

実際にどんなことが原因で、モチベ―ションを下げているのか見ていきましょう。

原因を知れば、あとは解決する方法を考え、実行するだけです。

原因1 社内の「人間関係」がストレスになっている

会社で働く人の最も多いかもしれない原因。

職場での人間関係が問題となっているケースです。

職場には年齢も違えば、性格も違う様々な人がいます。

 

また、中には苦手な方や、どうしても合わないというも人もいるでしょう。

解決策としては、あなたのモチベーションを下げている人をきちんと把握すること

誰が、なぜ自分のモチベーションを下げているのかを知り、対策を考えましょう。

原因2 今の仕事に対してやりがいや熱意が持てない

お金が目的で仕事を選んでしまった人に、よく見られるケース。

お金以外に興味がなく、仕事そのものを楽しめていないことが原因です。

 

しかし、裏を返せば仕事にやりがいが持てれば、モチベーション問題は解決することができます。

仕事にやりがいを求めるには、その環境にあなた自身が得たい理想を持つこと

 

理想を持てない職場環境では、やりがいを見出すことは簡単ではありません。

原因3 給料が少ない

日々の仕事量に対してお給料が少ないと、ストレスは当然掛かります。

 

しかし、残念ながら会社だと、お給料はすぐには増えません。

お給料が原因で、長くモチベーションが上がらないのなら、転職をおすすめします

同じ業界内でも、会社によってお給料も違えば、仕事も様々。

 

すぐに現状を変えたいのなら、転職が最も効率的な方法とです。

転職には信頼できる情報と、多くの選択肢が必要です。

そこで、おすすめなのがマイナビエージェント

マイナビエージェントは業界最大手の転職サイトです。

信頼できる情報はもちろんのこと、求人数も十分に揃っています。

これから転職を検討している人には、ぜひおすすめしたいサービスです。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

原因4 残業多いなど労働環境があまりよくない

残業や、ボーナス、休日日数などの福利厚生面も重要なポイントです。

1つの会社に勤めている以上、その会社の定めた規定に従わなくてはなりません。

 

結果として、その労働環境に不満があると、ストレスを感じモチベーションが上がらなくなってしまうのです。

労働環境の何がモチベーションを低下させる原因なのかを突き止めましょう。

その条件を元に、転職活動を行い、新たな職場を探してみてはどうでしょうか。

原因5 勤続年数が増えてきて仕事がマンネリ化している

ここでは、勤続年数が多い=スキルや経験があるという前提でお話します。

スキルが増えても、会社という枠がある以上、やれることは限られてしまいます。

 

また、開発や商品開発などに携わっている方でも、会社に関係のないものを作るチャンスはないでしょう。

解決策は2つです。

あなた自身の腕を試せるだけのプロジェクトを忍耐強く待つこと

そしてもう一つは、自身で挑戦できる環境に身を置くこと

自ら企画を立ち上げる、または転職です。

挑戦志向の転職は成功しやすいことも特徴です。

相手企業とあなたのスキルや将来像がマッチすれば、大幅な収入アップを期待できるでしょう

原因6 心身の調子が優れない

モチベーションは言い換えれば、心の体調です。

日々の多忙な業務で疲れていると、心はなかなか休むことができません。

当然、身体もいつかは付いていけなくなってしまいます。

 

身体の疲労だけが問題であれば、休息をとることで問題は解決できます。

 

ですが、心の問題だと簡単にはいきません

 

まずは、積極的に休息をとること。

その後、モチベーションが改善されないようであれば、何が妨げているかを考えてみましょう。

自分自身で改善できれば取り組み、それが難しいようであれば、前向きに転職を検討してみましょう

モチベーションを上げる最短ルートは「働く環境を変えること」

モチベーションが上がらない問題の解決方法として最も効率的な方法は、転職です

今の社内で既存の環境を変えようとすることは簡単ではありません。

確実に変わる確証がないばかりか、多くの時間を無駄にしてしまう可能性が高いのです。

 

転職を成功させる。

そのためには、自身のモチベーションが低下する原因を知りましょう。

 

そして、それを解決できる方法を見つけましょう。

その方法は、今の職場環境にあることがほとんどです。

ならば、転職をして次のステージへ進み、キャリアアップを目指した方が良いと思いませんか?

 

では、転職の際に最低限抑えておくべきポイントについてお話します。

転職してやりがいや熱意を持てる仕事に就く

モチベーションを高めるための転職で、最も怖いことがあります。

 

それは、転職後もモチベーションが上がらないことです。

何度も言いますが、原因を知り、それを解決できる転職をしてください

でなければ、再び同じことに苦しむことになってしまいます。

 

問題を解決できた職場環境では、心身に余裕が生まれます。

そのため、自然とやりがいや熱をもって仕事に取り組むことができるはずです。

働くかたわらスキルを身につけて独立を目指すのもアリ

転職以外にも、環境を変えるきっかけは自分で作ることができます。

会社に不満を抱えているのなら、会社にいなくて済むようにすればいいのです。

つまり、独立という道です。

 

しかし、独立には多くの不安がつきもの。

独立をするためには、自分自身に稼げるスキルが無くてはなりません。

現時点で特定の分野に、ある程度の経験とスキルがあれば、すぐにでも独立を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ですが、そういった方もごく少数かと思います。

それでも、独立をしたいという方は、働きながら独立したい分野のスキルを身に着けておきましょう

技術が実れば、頃合いを見て独立するのもありです。

 

しかし、この方法は職場環境が変わるわけではありません

現在の問題と付き合いながら、新たな技術を身に着ける必要があります。

そのため、転職をする方法よりもハードルは高くなってしまうデメリットは考慮する必要があります。

転職理由が「前の仕事のモチベーションが上がらないから」でも大丈夫?

転職をしようと決意する前に不安なことが、転職の理由ですよね。

面接時に面接官に100%聞かれるでしょう。

その際に、今回のようなモチベーションが理由の転職は大丈夫なのか。

 

結論から言うと、問題ありません

厳密には、「モチベーションが、、」という抽象的な理由ではだめです。

  • モチベーションが低下した理由
  • それを改善したいと思った動機
  • それらを踏まえた会社に入りたい理由

 

これらが説明できれば、全く問題ありません。

 

そのためにも、転職には事前の準備をしっかりとしてから挑みましょう。

環境を変えて仕事のモチベーションが上がらない状態を抜け出そう!

モチベーションが上がらない、低い状況で仕事を続けることは大変です。

予期せぬミスをしてしまう。

解決できないストレスに日々、頭を悩ませる。

最後には、心身共に疲れ切ってしまう。

良いことが全くありません

 

いきなり転職をしろとは言いません

その前に必ず、なぜモチベーションが上がらないのか、原因を知ってください。

 

そして、条件が揃ったらいざ転職、というのが失敗しない理想の転職です。

転職をきっかけに、モチベーションが上がらない状態を抜け出しましょう。

環境は選ぶことができます

あなたが自分らしく働ける環境をぜひ見つけてください