【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

起業が怖いなら準備するべき3つのこと!まずは週末起業で稼いでみよう!

いつかは企業して自分の会社を持ちたいと考えたことはありませんか?

そんなとき

「企業で失敗したくない」

「事前にできることは?」

「独立の準備をしたい」

なんて思うことありませんか?

企業はそんな簡単にできないので、ネットで調べてもなかなか正しい情報が集まりません。

 

この記事を読めば

解決できる悩み
  • 起業するための準備
  • 起業に必要なスキル
  • 起業までにできること

のような企業についての不安を解消できます。

今後企業を考えている方は是非読んでみてください。

起業は怖い!でも夢を叶えたい!

夢を目指して新たな人生を歩もうと起業を考えるかたも多いです。

今まで経験したことのない出来事や生活環境の変化を考えると、少し腰が引けてしまうのではないでしょうか。

 

でも

「もし失敗したら借金が・・・」

「生活できなくなってしまうんじゃ・・・」

 

などのリスクを負うことを不安になってしまうのは、人間の心理的に当たり前のことなんです。


しかし起業はその不安を断ち切って行動するしかありません。

自身の能力や考えが世の中に通用するのかどうかもわからないまま、未経験のことを自分で決めて進んでいく必要があります。

 

多くの起業家はそれを断ち切り、今でも行動し続けています。

起業という夢を叶えて成功するためにも、しっかりとした準備をしましょう。

起業する前に準備する3つのこと

起業が失敗するリスクを無くすために、現状起業する準備が整っているか確認してみましょう。

必要なものは「確実に稼げる保証や実績」「食いっぱぐれないスキル」「半年は無収入で暮らせる貯金」です。

1つずつ詳しく説明していきましょう。

確実に稼げる保証や実績

  • どれくらいの見込み客がいるのか
  • 収支のバランス
  • どういった人脈があるのか

会社を運営していくにあたって、収入が安定しなければ成功とは言えません。

まずは自身の力で絶対に成功できる!と確信が持てる保証やスキル、実績を作りましょう。

食いっぱぐれないスキル

起業するために決まった資格は必要ありませんが、会社を運営するには「営業スキル」だけは必要になります。

複数人で始めるのであれば多少の余裕ができますが、すべてを自身でこなすのであれば必須のスキルになります。

半年は無収入で暮らせる貯金

お金を稼ぐために起業したからといって、初月から数百万の利益がでるわけではありません。

もちろん数百万稼げる人もいますが、0円ということも考えられます。

会社運営に集中するためにも、半年は収入が無くても生活が出来る貯金(2・300万)は確保しておきましょう。

起業前に学んでおいた方がいい3つのこと

会社運営を軌道に乗せるためにも最低限の知識を付けておかなければならないことが3つあります。

それは「集客・マーケティング」「営業・交渉術」「経理・事務」です。

正しい行動ができていると自信が持てるよう、勉強し続けることが必要となります。

勉強することで、起業する際にどんな効果があるのか理解しておきましょう。

集客・マーケティング

なんと言ってもお客さんを呼び込まなければ利益を生むことができません。

まずはどのように集客をするのか、どんなひとに商品を提供するのかを勉強しておきましょう。

こういった戦略性の部分は会社運営には必要ですので、必ず知識を付けておきましょう。

営業・交渉術

次に必要になってくるのが自分の考えをわかりやすく伝える「営業力」です。

集客やマーケティングだけでは利益は出ません。

営業こそが唯一の売上げを作る方法とも言えます。

 

サービスを提供するには相手の感情を動かすことが一番効果的です。

そのためにも自らの口で相手に対してどんなメリットがあるかを提示する必要があります。

 

また営業力だけでなく、そこで用いる交渉術も勉強しておくことをおすすめします。

経理・事務

会社を立ち上げると確定申告も必要となってくるので、会社の売上・経費などの収支を管理する必要があります。

経理・事務は簿記の資格が必要で難しく面倒なイメージがありますが、今では難しい勉強をせずとも会計ソフトを導入すれば問題ないでしょう。

 

しかし会計ソフトを導入しても全くの無知のままだと使いこなせないため、最低限の知識は入れておきたいですね。

起業の失敗率はなぜ高い?データから分析

では実際に企業してからどの程度残っているのか分析した結果、企業の生存率は5年で約20%、10年後には6.3%、20年後には0.3%にまで落ちています。

企業が失敗する理由は主に

  • 金銭面が厳しい
  • 運営方針が定まっていない
  • 一時的な流行りで終わってしまった
  • 計画性のない経営

が挙げられます。

いきなり成功するのはとても難しく、なかなか実感がわきにくいかと思います。

そのためにはまず、企業の練習をする必要がありますね。

まずは副業で始めてみよう!週末起業のススメ

いきなり起業すると失敗率が高く、かなりのリスクが伴ってきます。

そこで最近よく耳にするようになった週末起業から始めてみましょう。

 

週末起業とは自身のスキルを提供する代わりに報酬をもらうことです。

時間を提供する代わりに報酬をもらう副業とは違い、自身の能力の高さが必要になります。

週末起業をしたくなる3つのメリット

週末起業は、本業を持ちながら週末や空いた時間を利用して起業することです。

安定した収入を得ながら、やりたいことにチャレンジできます。大きな3つのメリットをご紹介します。

①生活に支障がない

本業の収入があるため、普段の生活に支障をきたすことなく新しい道にチャレンジできます。

また気持ち的にも余裕ができるので、本業と企業の両方に集中することもできます。

②起業での失敗が学べる

起業はすべてがうまくいくわけではありません。

週末起業の場合、仮に失敗しても「失敗した経験」として知識を蓄積できます。

次のビジネスにチャレンジしやすい環境を作ることができます。

③成功すれば本業として活動できる

週末起業で売上が出てくると、生活がより安定してきます。

さらに経営が軌道に乗り、本業の収入の倍以上を安定して稼げるようになれば、今度はそちらを本業として活動することができます。

ゆっくりとしたペースですが、リスクなしで起業を進めていくことができます。

週末起業で気を付けたい2つのデメリット

週末起業には2つだけデメリットがあります。

①自由時間が少なくなる

週末起業は、退勤後や休日の時間は事業に使うことになります。

そのため自由な時間が減ってしまい、ストレスがたまりやすくなってしまいます。

②本業に影響がある

週末起業に力を入れ過ぎて睡眠時間を削ってしまったりすると、本業での業務に支障をきたす場合があります。

体調だけでなく健康面や睡眠時間などをしっかりと管理しましょう。

リモートワークのできる会社に転職し副業開始!

リモートワークは通勤時間がなくなり、仕事とプライベートの両立が可能になるだけでなく副業にも力を入れやすくなります。

実際にはリモートワークが禁止されていることも多いですよね。

 

しかし、将来企業を視野に入れているのであればリモートワークが可能な企業に転職することをおすすめします。

 

リモートワークを経験することで、実際に起業したさいにコストや環境の面からどの程度のメリットがあるのかを把握することができます。

 

それと同時にコミュニケーションツールの運用やタスク管理などの練習にもなります。

どれも起業をしてからこなそうとしてもなかなか大変な作業なので、リモートワークで慣れておくことをおすすめします。

会社の給料と同じ金額稼げたらいざ独立!

売上が安定し本業の価格を超えてきたら、今度は独立を考えましょう。

独立することにより、さらなる売上向上が期待できるだけでなく事業の拡大も狙うことができます。

タイミングは自身で決めることができますが、なかなか踏み込めず躊躇してしまう方も多いです。

 

そのため数ヵ月連続で達成した月に独立できるよう、目標となる「月収」を定めておきましょう。

遅れれば遅れるほどチャンスを逃してしまうので注意しましょう。

転職してスキルを身につけるならマイナビエージェント

転職してスキルを身に付けるためにも転職エージェントを利用しましょう。

特におすすめなのはマイナビエージェントです。

マイナビエージェントを利用することで、エージェントが転職サイトから求人案件を探してくれます。

そのため自身で案件を探す手間が省けるだけでなく、履歴書や職務経歴書なども毎回書く必要もありません。

 

また転職動機や面接練習も行ってくれるので採用確率が上がります。

転職活動をスムーズに行うためには不可欠な存在とも言えます。

 

転職エージェントを使って、満足のいく転職を行いましょう。

マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ