債務整理後にクレジットカードは作れない?解決策と生活の知恵を解説

債務整理で1番気になるのが、

「クレジットカードが使えなくなるかも」

「クレジットカードがないと不安」

などのクレジットカードに関する問題ではないでしょうか?

 

ネット決済やETC、月額のお支払いなどクレジットカードはあらゆる場面で必要になってきますよね。

 

そのため、クレジットカードがないと不便を感じるということも少なくないはず。

 

そこでこのページでは、

  • クレジットカードはいつから作れるの?
  • 作れたとしても枠はどのくらい?
  • クレジットカードが作れるまでの間の生活はどうする?

このような疑問にお答えします。


債務整理後、クレジットカードは作れない

債務整理後の5年間は、クレジットカード会社が審査の際に利用する信用情報機関に、事故情報が登録されます。

 

そのため、しばらくはクレジットカードを新規で発行することはできません。

とくに、債務整理の対象にクレジットカード会社も含まれてる場合には、会社独自のブラックリストに登録されてる可能性があるので、5年経過した後も作成するのは難しくなります。

 

もちろん、債務整理の対象としていないクレジットカード会社であれば、5年以上経って 発行することは可能です。

クレジットカードはいつ発行できるの?早見表で解説

クレジットが発行できるまでの大体の目安は以下の通りです。

債務整理の種類 クレジットカードが発行できる目安
任意整理 5~10年
特定調停 5~10年
個人再生 5~8年
自己破産 5年

基本的に債務整理後、信用機関に事故情報が登録される期間は5年間です。

債権者によっては和解成立後に事故情報を登録するところもあれば、完済後に登録するところもあるので、クレジットカードが発行できる期間も一定ではありません。

自己破産以外は、債務整理後も3~5年返済を続ける必要があるので、完済後に登録されたとしてマックス10年間事故情報が残ります。

 

とは言え、「もっと早くから発行できた」という人もいれば「期間を過ぎてもまだ発行できない」という人もいるのであくまでも目安としてみてください。

発行後のクレジットカードの枠はいくら?

債務整理後、信用情報が回復したとしてもプラスになったわけではなく、マイナスからゼロに戻ったというようなイメージです。

 

例えば、友だちと買い物に行って、友だちが財布を忘れたからお金を貸して欲しいと言ったとします。

そんなとき「以前も貸した事があって毎回必ずきちんと返してくれるAさん」であれば、多少大きな額でも貸してあげるはず。

 

ですが、「今回初めて貸す人で返してくれるのかどうかわからないBさん」には、例え手持ちのお金に余裕があったとしても、少しだけなら・・・と答えますよね。

債務整理後に復活した信用情報は、Bさんの状況と同じようなものです。

そのため、Aさんのように信用の積み重ねがあった以前と異なり、大きな枠でクレジットカードが作れるとは限りません。

もちろん、限度額は申し込み時の状況にもよります。

 

これは何も債務整理をした人に限らず、1度もクレジットカードを作成した事がない人も同じです。

もし審査が通らなくても何度も申し込んではいけない

債務整理をして5年後、必ず審査が通るわけではありません。

その時、審査が通らないからと言って何度も申し込むのはやめましょう。

というのも、クレジットカードの申し込み履歴は信用情報機関に登録されるため、何度も申し込みしてしまうと悪い印象を受けてしまいます。

何度も申し込みをしている=何度も審査に落ちている=何か問題があると解釈できるため、申し込み履歴が複数あるというだけで審査を落とすという会社もあります。

 

それだけでなく、何度も申し込みをすると多重申込者として自己情報が半年間登録されてしまうのです。

クレジットカードのない生活をイメージし生活の計画を立てよう!

クレジットカードが発行できるまでは、クレジットカードなしで生活しなければなりません。

今までクレジットカードがあればどうにかなってた事も対応できなくなるため、クレジットカードなしで生活するための計画を立てる必要があります。

クレジットカードがないと困ることを箇条書きにする

クレジットカードなしだと困ると思っていても、どう言った場面で困るのか分からないとその対策ができません。

なのでまずは、クレジットカードがないと困ることを書き出してみましょう。

 

例えば、以下のような場合です。

  • ネット決済ができなくなる
  • クレジットカード引き落としのみでしか対応してない支払いができなくなる
  • ETCが使えなくなる
  • 大きな額の買い物ができなくなる
  • 急な出費に対応できなくなる

クレジットカードがない時の代替案を予め考えておく

どういった場面で困るのか書き出したら、それぞれ代替案を決めましょう。

上記の例で言えば、ETCは、ETCパーソナルカードを作成すれば問題ないです。

 

また、ネット決済は、クレジットカードと同じ機能を持つデビットカードやプリペイドカードで代用できます。

 

ですが、大きな出費や急な出費に関しては、予め貯金をしておく必要があります。

クレジットカードがなくても上手に生きる2つの解決策

実際に、クレジットカードがなくても生活に困らず生きていくための解決策を紹介します。

デビットカードで簡単決済を代用!

先ほどお話ししたようにデビットカードを使用すれば、クレジットカードの代用になります。

デビットカードさえあれば、基本的にクレジットカードがなくても困ることはほとんどないと言えるほど。

デビットカードは銀行と直結していて、使ったその場で即引きと落としになるので、クレジットカードのような後払いと違って審査が必要ありません。

そのため、債務整理後でも簡単に申し込むことができます。

家族のクレジットカードを借りる

とは言え、月額の支払いなどにはデビットカードでは対応できない場合もあります。

そんな時は、配偶者など家族の了解を得て、クレジットカードを借りて対応しましょう。

 

ですが、クレジットカードは基本的に本人のみしか使用できませんので、本人の同意のもと本人に決済してもらってください。

クレジットカードが作れなくても借金が返せないよりはマシ!

このまま借金が返済できなくなってしまっては、それこそクレジットカードが使用できなくなってしまう可能性が高いです。

それよりも1度債務整理で借金問題を解決して、どれくらいの期間クレジットカードが使えないのか知ってる方がライフプランも立てやすくなります。

借金が返せない期間が長引けば長引くほど、クレジットカードが作成できない期間もどんどん長くなる一方です。

とくに支払いを延滞してしまっている場合は、すでに信用情報に問題があるので要注意

 

その場合、次の更新では更新できない可能性が高いので早めに債務整理をしてしまうのが賢い選択です。

無料債務整理シュミレーターであなたにあった債務整理方法を診断”

とは言え、債務整理の種類も複数ありますし、まずは自分に適した債務整理の方法を知ることから始めましょう。

無料債務整理シュミレーターでは、簡単な質問に答えるだけであなたに最適な債務整理方法を教えてくれます。

 

ですが、自分に合った債務整理の方法が分かっても自分ではどうしていいか分からないと困るはず。

そんな人のために、シュミレーション結果から、あなたに合った弁護士を紹介してくれて、無料で相談する事もできます。

クレジットカードが使えないと困ると悩んでるよりもまずは1度、相談してみてください。

>>無料債務整理シュミレーターはコチラ