【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

借金300万円は返済できない!債務整理や今後の返済計画の立て方を細かく解説

「借金300万は現実的に見て自力で返済できる額なの?」

「完済するには月いくら払って何年かかるの?」

「借金300万円完済した人は毎月どのくらいの収入があったの?」

このように終わりの見えない支払いに心が折れそうになりつつも、何とか完済できる希望はないものか?と探してる人も多いはず。

多額の借金を抱えていると毎日頭の中は支払いのことばかりで気が遠くなる一方ですよね。

 

でも実は、借金300万円を債務整理して月々の支払い負担を減らしながら短期間で返済し、今では貯金もしっかりできているという人も多くいるのです。

あなたも同じように債務整理をすれば、3年または5年以内に完済できるように明確な返済プランで債権者と和解できるので、先の見えない不安から解放されます。

 

そこでこの記事では、債務整理前と後では金銭的な面でどのくらい変わるのか生活の中での変化を分かりやすく解説します。

借金300万をどう返済したら良いのか?

借金返済を早めるにはどうすれば良いのか?

こういった悩みを持ってるあなたは必見です。

結論:300万円の借金は債務整理をすべきです

借金300万をこのまま完済まで自力で何とかしようとすると、毎月10〜20万以上の支払いを数年続けなければいけません。

実際に借金300万円の借金を自力で返済した人の多くは、共働きで毎月20万以上の支払いをしていた。または何個も掛け持ちして必死に返したという人ばかりです。

 

というのも、月数万程度の支払いしかできない場合、返済期間に10年近くかかる上に(金利15%以上で借りてると)、利息が元本を上回り、結果的に総額600万以上も支払うことになるので現実的ではありません。

 

そのため、「毎月10万以上の支払いは無理だ」と思った時点で債務整理を視野に入れておくのが借金問題を解決するには1番賢い選択です。

 

通常の借り入れでは借金300万もあると毎月の最低支払額が決められているはずですが、もしそれすらも払えず滞納しているようであれば今すぐ債務整理をして下さい。

 

借金300万円は頑張って返済してやっと返せる金額なのに、最低支払額すらも払えないようなら残念ながらこのままだと完済できる日は程遠いです。

東京ミネルヴァ法律事務所の無料債務整理シミュレーターでどのくらい借金が減るのか簡単に調べられます。

こちらの東京ミネルヴァ法律事務所では、何度でも無料で相談に乗ってくれるので、借金問題に悩んでいるならまずは相談してみましょう。

無料債務整理シミュレーターはコチラ

多額な借金を負った時の返済計画の立て方

返済計画を立てるときは、

  • 借金の総額
  • 返済期間
  • 収入と支出のバランス
  • 今後の必要になる支出

を考えながら返済予定を決めていきます。

ここでは借金の総額は300万円として考えるものとして、次に重要な返済期間を考えます。

まずは3年、5年スパンで返済計画を立ててみる

多額の借金の場合、返済期間が長期に渡ることがほとんどなのですが、返済期間が5年を超えてくると利子だけで高額になってくるので、まずは3年〜5年スパンで計画を立てていきましょう。

300万円の借金を利息15%、10%、5%に分けて3年と5年それぞれの支払い総額、利息、毎月の返済額を以下の表にまとめました。

返済期間が5年の場合
金利15%10%5%
支払い総額4,282,187円3,824,468円3,396,822円
利息1,282,187円824,468円396,822円
毎月の返済額71,370円63,741円56,614円
返済期間が3年の場合
金利15%10%5%
支払い総額3,743,855円3,484,856円3,236,857円
利息743,855円484,856円236,857円
毎月の返済額103,996円96,802円89,913円

それぞれの利息で毎月最低いくら払う必要があるのか簡単に把握できるように計算してみました。

この表を参考に、現在あなたが借りてる利息と照らし合わせて、5年の返済期間で見てもこの金額が毎月払えないようなら債務整理を視野に入れて考えてみましょう。

というのも、5年で利息15%もついている場合、債務整理の方法によっては弁護士費用を払っても100万円のお釣りが来るくらい大きな利息を払っていかなければならないのです。

 

逆に利息が10%以下で、この毎月の支払い額よりもっと支払いができる!という方はこのまま債務整理をせずとも5年以内にはしっかり返済できます。

収入と支出の変化を加味する

このまま返済する場合は、返済期間中の収入の変化や3〜5年の間にある大きな支出を加味しつつ返済計画を立てていきましょう。

支出に関しては、固定費、生活費、返済費の他に、特別支出用の資金を別で用意しておけば、大きな出費があったときにまた借金する必要がなくなります。

大きな支出の例として以下のようなものがありますが、今から何年後にどれくらい必要なのか計算し、貯蓄しておいてください。

  • 結婚や出産
  • 子供の入学
  • 車検
  • 家具家電の買い替え
  • 引っ越し

もし、返済計画をどうやって立てたら良いか分からないという方は、借金の返済計画の立て方を実際の計画表をもとに徹底解説!借金返済を早めるコツとは?で具体的な返済計画表の立て方を紹介しているので参考にしてください。

債務整理前と後の返済計画の変化を徹底比較

債務整理をした方がいいと言われても、債務整理後はどのくらい生活が変わるのか、返済が楽になるのかまではイメージできませんよね。

そこで、実際に債務整理をする前とした後で借金はどのくらい減るのか以下の表にまとめてみました。

※それぞれの債務整理の特徴が分かりやすいように以下の条件で比較します。

条件

  • 借金元本300万円
  • 利息150万円
  • 過払い金80万
  • 遅延損害金5万円
  • 借り入れ数5社
  • 債務整理前の月々の返済額8万円
支払い総額弁護士費用返済期間毎月の返済額
債務整理前455万円約5年80,000円
任意整理215万円30万円前後3年68,000円
5年40,000円
特定調停305万円3年84,000円
5年50,000円
個人再生

100万円

50万円前後3年41,000円
5年25,000円
自己破産0円60万前後3年16,000円
5年10,000円

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産それぞれどういった債務整理の方法なのか詳しい解説は最適な債務整理の手続きがひと目でわかる!4つの借金整理の手段をわかりやすく解説でしています。

なぜこんなに減らせる額に違いがあるのか気になった場合は目を通してみて下さいね。

 

さて、この表を見ればリアルな数字でどれくらい減るのかはイメージできたと思いますが、生活への影響はどう変わるのか日常のシーンからイメージしやすいように比較してみます。

生活費の変化は?

債務整理の中でも比較的敷居の低い任意整理と比較してみます。

債務整理前は毎月8万円あった支払いが半分の4万円に減額できました。

今の生活費にプラス4万円使えるようになるので、毎月切り詰めて2万円に抑えてた食費を4万円にして毎食お腹いっぱい食べることができます。

残った2万円で、今日はちょっと疲れたなという日や特別な日には外食に行ってもいいですね。

食費以外でも、今まで自分で切っていたボサボサの髪を毎月美容院で綺麗に整えて貰う事だってできます。

 

もちろん、現在の生活費で十分やっていけるなら、任意整理で減額できた4万円を毎月貯めれば5年で240万も貯金できるのです。

同じように5年間8万円を生活費以外に使用しているのにも関わらず、債務整理前は5年後に何も残らないのに対して、債務整理後では240万円もの貯蓄が残ります。

今、300万円の借金に苦しんでるあなたが「5年後には300万円に近い240万もの貯蓄が出来ている」と考えると債務整理前と後の差はすごい大きいものに感じますよね。

月々いくらぐらい自由になる?

債務整理後には、

  • 1番減額の幅が低い特定調停で毎月2万円、
  • 債務整理の中でも特に多い任意整理で毎月4万円、
  • 財産を残しながら減額できる個人再生で毎月5万円5千円
  • 借金がすべてなくなる自己破産では毎月7万円

も自由なお金が増えます。

7万円もあったら地方のそこそこいい賃貸に住めますし、そこそこのブランド服を毎月買うことだってできるのです。

今まで我慢していた趣味に思いっきり費やすのもいいでしょう。

飲み会には何回行ける?家族との旅行は?

3千円の飲み会に参加するとして、

  • 特定調停なら6回、
  • 任意整理なら13回、
  • 個人再生なら18回、
  • 自己破産なら23回

も”毎月”行けます。

月の半分も飲み会に行けたら最高ですが、今度は体が心配なのでほどほどに。

飲み会にだけ使うのはもったいないので、家族旅行の計画を立てるのもいいでしょう。

家族旅行の場合、半年貯めれば、

  • 特定調停ならそこそこ良い温泉旅館に、
  • 任意整理なら北海道や沖縄旅行に、
  • 個人再生なら海外旅行に、
  • 自己破産なら国内旅行と海外旅行2つ

の予定入れてもお釣りが来ます。

借金返済中はちょっとした贅沢でさえも罪悪感を感じてしまい、必要最低限の生活でギリギリの中やりくりを頑張っているはず。

 

ですが、債務整理をすれば借金返済中にも関わらず、ある程度余裕を持って生活できるのです。

子どもへのプレゼントはいくらぐらいまでなら平気?

お子さんの誕生日、クリスマス、子どもの日、運動会を頑張ったご褒美などイベントが来るたびに今まで我慢させていたプレゼントやご褒美を買ってあげることもできます。

誕生日やクリスマスにはちょっと奮発して1人1万円分ずつのプレゼントを兄弟3人にあげてもまだまだ余裕があるはず。

子どもへのプレゼントは毎月決まってあげるものではないので、余裕できた分を貯めてここぞという時に思いっきり奮発して、我が子の喜んだ笑顔が見れたら最高ですね。

 

今までは借金返済を優先的に行っていたことから、子どもにも我慢させて親のあなたも辛い思いをしていたでしょう。

 

債務整理後には、まだ借金は残るものの毎月の支払いが大幅に減るので、余裕もできて子どもに辛い思いをさせなくて済みます。

おまとめローンでの返済ならどう変わる?

債務整理以外で借金の負担を減らせるのがおまとめローンです。

おまとめローンにする事で金利を安く抑えることができ、月々の負担が軽くなります。

仮に現在18%の金利で300万円の借金をしている場合、おまとめローンにする事で7%まで抑えられたとしたら、以下の表のようになります。

おまとめローン前おまとめローン後
金利18%7%
元金300万円
利息1,570,817円564,216円
総額4,570,817円3,564,216円
毎月の返済額76,180円59,404円

比べてみると、おまとめローンにして低金利で借り換えするだけで、100万以上の差が出ることが分かります。

改めて計算してみると利息の恐ろしさを実感しますね。

 

ただ、おまとめローンは1回で借りる額が大きいため、審査が厳しいのが現状です。

すでに複数社で借り入れている人にお金を貸すわけですから当然と言えば当然ですが・・・

すでに延滞をしていたり、収入が少なかったりすると、なかなか審査に通りません。

転職で収入を増やせば借金返済も楽になる

債務整理

債務整理をして返済が楽になったとは言え、まだ3〜5年は返済生活が続きます。

3〜5年はなかなか長い支払い期間なので、収入の変化や環境の変化で支払いが滞ってしまう場合も十分にあり得ます。

実際に債務整理後に払えなくなり、再度債務整理を行う人がいるのも事実です。

 

債務整理後に再度債務整理をしなければならない状況になるのは仕方のないことですが、さらに弁護士費用がかかり無駄な出費が増えるので、なるべくなら避けたいところ。

 

なので、債務整理後でもしっかり返済していけるように転職して収入をアップさせることも視野に入れて考えておきましょう。

誰でもできる期間工で一気に稼ぐ

期間工は今現在少ない収入で働いてる方やアルバイトで生計を立ててる方におすすめです。

決められた短期間内で一気に稼ぐことができるため、借金返済を大きく手助けしてくれます。

 

というのも、期間工のほとんどは寮が用意されており、数千円〜2万円以内の寮費で光熱費も含まれているため、生活費もかなり抑えられるのです。

一気に大きく稼げる上に節約にもなるので、借金返済には最適な稼ぎ方ですね。

エンジニア転職でスキルを付ける

期間工のような体を動かす仕事は苦手という方は、1度スキルを身につけたら今後もずっと役立つエンジニアを目指すのもいいでしょう。

「そう簡単に言っても未経験では難しいのでは?」

となるかもしれませんが、今では短期間でスキルを取得する専門のスクールがあります。

最近のプログラミングスクールでは、スキル取得後そのまま転職の支援までしてくれるので、未経験でもパソコンが苦手でも心配ありません。

 

とはいえ、借金返済中の身ではそんなスクール代金まで考えられないのが現実ですよね

そんな借金返済中の方にこそピッタリなのが、GEEK JOBです。

GEEKJOBなら転職までサポートしてくれる上に無料で学習できるコースがあるので、今このスキルを身につけておけば、借金返済後も職に困ることはありません。

無料体験はコチラ

同業界でも年収は上がる!まずはエージェントに相談!

今の仕事が好きだから転職はちょっと・・・って思った方も安心してください。

同業界への転職で年収アップに成功してる人は沢山いるのです。

とくに、同じ業界で何年も仕事をしている方は、同業界の別会社への転職で即戦力が武器になり、人手不足の現在は年収アップの可能性が大いにあります。

そこでより年収アップを確実にするために役立つのが、マイナビエージェントです。

 

マイナビエージェントを利用すれば、転職のプロが企業に交渉してくれたり、履歴書の添削をしてくれたり、面接練習をしてくれたりとより一層納得のいく転職ができます。

借金返済中の転職は、絶対に失敗もできませんし、慎重になってしまうのも分かります。

 

実際に転職エージェントの仕事をしてる友人に話しを聞くと、自分で求人を見て今より年収のいい仕事を見つけたけど、蓋を開けてみたら残業で稼ぐだけだったといった失敗が多くあるそうです。

そういった失敗のリスクを減らし転職するためにも、転職のプロであるエージェントさんに任せて年収アップを目指しましょう。

借金返済のために年収アップを期待して転職したのに失敗したら元も子もありませんからね。

マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

借金300万円の状態で絶対にやってはいけない3つのこと

借金返済でギリギリの状態で過ごしている時、早くこの状況から抜け出したいがために、普段より判断力が鈍ってしまうことあると思います。

特に支払い日間近で払えるアテがない場合、焦りから普段ならダメだと分かってることにも手を出してしまうなんてことも。

最悪の事態にならない前に以下の3つのことは普段から意識しておいてください。

1.友人や家族に名義貸しをさせてはいけない

複数社での借金の総額が300万円を超えているあなたは、これ以上他で借り入れをしたくてももう審査に通らない状況だと思います。

そんな時、「返済だけ自分でやるから借り入れの時名前だけ書いて欲しい」とお願いしたくなることありませんか?

 

ですが、いくら友人や身内であっても名義貸しは違法です。

家族ならちょっとした親切心で、名前だけならと貸してくれることもあるかもしれませんが、親切にしてくれた家族を犯罪者にする可能性もあるので絶対に辞めてください。

 

もうすでに名義貸しをしてしまってる場合はその対策法を名義貸しとは?違法!詐欺罪!借金を背負ってしまった時の解決策まとめで解説しているので参考にしてください。

2.友達や家族に借りてはいけない

名義と同様、お金を借りるのもいけません。

お金を借りるのは犯罪になるわけではありませんが、お金の貸し借りは信用を失います。

 

お金を貸して欲しいとお願いして断るだけでもお互いに良い思いはしませんし、実際に貸し借りが行われなくても人間関係が破滅する可能性は十分にあるのです。

 

貸して欲しいとお願いした側は、断られたことでこの人は私のこと見捨てるんだと感じ、断った側は私のことお金を貸してくれる人としかみてないんだと感じるかもしれません。

 

この時点でお互いに溝ができてしまうので、友人や家族にお金を借りると考えるのはやめましょう。

実際にお金を貸して友人を失った体験談を友達にお金を借りる時に必ず考えてほしいこと。僕はお金で友人を失いました。でお話ししていますが、たったの数万円で今まで気づいてきた関係を簡単に失ってしまいます。

3.返済のために別のカードでキャッシングしてはいけない

借金返済中にさらに別のカードで借金を繰り返している状況では、完済はほぼ確実に難しいです。

今月の支払いが3万円で、返済できずに他者から3万円借りると、来月の支払いはもともとの3万円に加え借りた分の3万円も支払わなければなりません。

 

もちろん借りた分の3万円を分割で払うのも可能ですが、利息が膨れ上がり雪だるま式にどんどん膨れ上がっていきます。

借金返済中でさらにお金を借りないとやっていけない状況なら債務整理を検討しましょう。

まずは無料債務整理シュミレーターを使って診断してみよう!

まずは、東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断を使って借金がいくら減るのか確認してみましょう。

東京ミネルヴァ法律事務所では、何度でも無料で相談に乗ってくれるので、しっかり納得した上で借金問題を解決できます。

 

借金300万円は、利息だけでかなり高額になるので、早めに相談することでより少ない額での返済が可能になります。

現在、借金の返済が追いつかない状況なら、今すぐ相談してみてください。

借金問題を少しでも早く解決して気楽な毎日を送りましょう。

無料債務整理シミュレーターはコチラ