【失敗したくない人向け】アフィエイト開始から1年で月200万円稼ぐまでの体験記販売中!

借金100万円を返済するまでの手順!債務整理前と後の返済金額や生活費を徹底比較!

「100万円の借金をなるべく早く返したい」

「収入が少なくて100万円の借金がなかなか減らない」

借金100万円。

ちょうど借金が7桁を超えた金額なので「このままではまずいかも・・・」考え始めてると思います。

何十万の借金であれば、すぐに返せるだろうと楽観視してたものも、100万円となると一気に焦りを感じ始めるものですよね。

 

でも実は、借金100万円は簡単に完済できる金額なんです。

1ヶ月あたり9万円ほど返済できれば経った1年で完済します。

「1ヶ月に9万円も簡単に捻出できないよ」と思われるかもしれませんが、1年間だけ実家に住まわせて貰えば、家賃分と残りの支出をちょっと節約するだけで捻出できます。

実家に帰るのが難しければ、年収が年間50万円アップする会社に転職し、残り分を節約すれば簡単に捻出できる金額なのです。

こう考えると、「あれ?意外といけるかも!」と思って貰えるはず。

 

そこでこの記事では、

  • 借金100万円の返済方法と返済計画の立て方
  • 借金100万円を返済するための節約ポイントと収入アップの転職方法
  • 借金返済のために絶対にやってはいけないこと

こういった、”借金100万円を完済するための秘訣”を紹介します。


結論:100万円の借金はがんばれば返済できます

ほとんどの人が年収100万円を超えているはずなので、そう考えると借金100万円は自力で返せる金額なのです。

でも逆にそこが妨げになり「まだ大丈夫かな」と楽観視してしまうなんてことも。

「借金100万円なら本気出せば返せるし」と甘く見て、”返済しては枠が空いた分をまた使う”を繰り返してしまっている人も多いはず。

もしくは、収入が本当に少なくて、利息だけしか返済できていないケースもあるでしょう。

 

ですが、しっかり返済計画を立てて、借金返済のために今の生活を変えれる覚悟があれば、早くて1年後、遅くても3年以内には借金生活から解放されてスッキリした毎日を送れます。

借金100万円はどうやって返済する?返済方法を解説

借金を完済するためには、“何年以内に完済したいのか”を決めるのが重要です。

あなたが毎月払える返済額を基準に考えてしまうと、完済というゴールがどこにあるのか分かりません。

そのため、また逆戻りしてしまったり(減った分また使ってしまう)、回り道してしまったり(利息分だけしか払えない)となかなかゴールにたどり着けないのです。

 

例えば、2年で完済するというゴールを決めたら、1ヶ月に5万円弱返済すれば良いというゴールまでの道順が明確に分かります。

そこで初めて、今あなたが毎月払える金額を出してみて、この5万円とどのくらい差額があるのかを確認しましょう。

 

もし、足りなければ足りない分をどう補うかを考える必要があります。

このとき先に毎月支払える金額から考えてしまうと、この「足りない部分を補う方法を考える」といった行動を起こせないので、現状と何も変わらずいつまで経っても借金が減らないのです。

 

では、その足りない分を捻出するにはどうすれば良いか?についていくつか紹介します。

1.生活費を見直して年間単位で計画を立てる

生活費を見直すときには、

  • 必ず使う支出
  • 娯楽のための支出
  • 特別支出と臨時支出

の3つに分けて考えます。

必ず使う支出や娯楽のための支出は考えてるのに、特別支出や臨時支出といった普段は使わない支出に関しては、見ないふりしてる人も多いはず。

特別支出と臨時収入をあらかじめ年単位で考えておくことで、車検や固定資産税のような大きな支出があるときでも新たに借金をしなくて済みます。

 

また、洗濯機が壊れたときでもすぐに買い換えるお金が用意できるので、コインランドリーでさらに出費がかさんでしまうなんてことになりません。

これはもちろん、他の臨時支出でも同じことが言えます。

特別支出や臨時支出が余った場合には、保険を年払いに変えると月払いよりも安く済み、節約にもなるのでおすすめです。

2.少ない収入がネックなら転職を考える

生活費を改めて見直してみても、返済に充てられるお金が足りないなら、転職も視野に入れましょう。

転職して年収が100万アップするだけで、今の生活を変えずに楽に完済できます。

スキルがなく転職に自信がなくても今と同じ職業で、会社を変えるだけで年収がアップするパターンも多くあるので、1度転職サイトに登録して求人を探してみてください。

 

もし、転職に不安があるなら、転職エージェントを利用してプロの転職アドバイザーに転職の手助けをしてもらうのも1つの手です。

3.無駄な支出が多いならとことん減らす

贅沢していないはずなのに、なぜかお金が足りないと感じてる人はたくさんいるはず。

 

ですが、毎日コンビニ寄っておにぎりを買ったり、自販機でコーヒーを購入したりちょっとした無駄遣いをしているのを気づいてない人も多いです。

1回の支払いは少ない金額なので、自分では節約しているつもりでも積み重なれば1ヶ月に1〜3万円も無駄遣いしてる可能性もあります。

こういった無駄な支出は気づかないうちにやっていたり、気づいてはいるけどどのくらい無駄遣いしているのかは把握していないことがほとんどです。

なので、「贅沢していないのになぜかいつもギリギリ」と感じている方は、家計簿をつけて無駄な支出に気づくことから始めてみましょう。

そもそも無駄な支出ってどんなもの?

目的がない買い物や本来は払う必要のないもの、思い返してみたときに必要なかったなぁと感じるものはほぼ無駄な支出です。

 

例えば、以下のようなものは無駄な支出にあたります。

  • 有料アプリ
  • 月額課金サイト
  • コンビニ代
  • 入りすぎてる保険
  • 通信費
  • ATM手数料
  • 外食

この中に思い当たるものが1つでもあれば、今すぐ見直してみましょう。

4.治験で一気に数十万稼ぐ

健康状態に問題がなければ、治験で稼ぐ方法もあります。

治験のアルバイトはたくさんあり、高額なものかつ手の出しやすい範囲で言えば、1回の治験で20〜30万稼ぐことも可能です。

その場合、1日で終わらず何日か病院で過ごすことにはなりますが、検査以外は病院内で自由に過ごせることがほとんどなので、パソコンやスマホで片手間でできる小遣い稼ぎをついでにやるのも良いですね。

 

この治験のアルバイトなのですが、実は日本のみならず海外でもあります。というのも、すでに海外で使用されている風邪薬や治療法を日本向けに販売するために、日本人を対象として募集しているのです。

海外の治験アルバイトなら日本の2~3倍ほどの謝礼金をいただけるので、日本よりも効率よく稼ぐことができます。

さらに飛行機代も別途でることがほとんどなので、借金があって自己費用が出せない人あまり時間が取れないからなるべく短期間で大きく稼ぎたいと考えている人にもぴったりです。

借金100万円の状態で絶対にやってはいけない3つのこと

借金100万円の状態で全く手元に貯金もない場合、これ以上借金を増やすと取り返しのつかないことになってしまいます。

とくにこれから紹介する以下の3つには絶対に手を出さないようにしてください。

1.ギャンブルを始める

借金をしてるときは早く返済したい焦りから、ついつい一攫千金をかけてギャンブルに興味を持つこともあるはず。

働いても借金の支払いに消える給料を見ていると、ギャンブルで一発当ててドンっと一括で返済したい気持ちもものすごく分かります。

 

ですが、ギャンブルで一発当てられることは滅多にありません。

ただただ、手元のお金が消えていくだけで借金が減ることはないので、お金のためにギャンブルに手を出すのは辞めましょう。

もうすでにギャンブルに手を出してやめられない状態にいるなら、【助けて】ギャンブルをやめたいなら今すぐやるべき10のこと!どんな将来を迎えてしまうの?で紹介しているギャンブルをやめたい人が今すぐやるべき10のことの中から自分が実践できそうなことを始めてみましょう。

2.友達に借りる

仲のいい友達ならお金も貸してくれるし利息もかからないし、一見悪くないことに感じますが、友達からお金を借りると信頼関係に影響するのでおすすめしません。

すでに借金をしている状態でお金を借りてもおそらく返す目処すら経ってない状態だと思います。

そんな中、友達にお金を借りて返せなかった場合、あなたはお金は手に入り1人のお金を貸してくれた友人を失うだけですが、相手はお金と同時に友人を失ってしまうだけでなく、人間不信になってしまうこともあるのです。

お金を貸したときの体験を友達にお金を借りる時に必ず考えてほしいこと。僕はお金で友人を失いました。でお話ししていますが、実際にお金だけでなく友人も失ってしまいました。

結局はお金は信用の代替え品でしかないので、お金を貸えさない=信用を失うことになるのです。

3.返済のために別のカードでキャッシング

返済のために他のカード会社からまたお金を借りて返す、というのは借金でお金が回らない人が良くやりがちですが、それを繰り返していては一生完済できません。

カード会社によって返済日も異なるので、一方から借りたものをもう一方で返済しているうちにまたもう一方から借りてとすると遅延もなく返済できるのでその場しのぎでやりたくなる気持ちもわかります。

 

ですが、利息のある借金にさらに利息のある借金を増やし、どんどん借金が増えていく負のループが出来上がるだけです。

もちろん、今借りてるものより利息の低い借金をして一括で全てを返済して借り換えするなら問題ありませんが、そうじゃなく、ただ単に返済が回らないから借りるのならやめましょう。

借金100万円を返済するために転職も考えよう!

借金返済のためにお金をどう用意するか考えるとき、ダブルワークで働いたり節約してみたりと現状にプラスで何かをしようと考える人が多いですが、転職も借金返済のお金を工面するのに効果的な1つの方法です。

今、年収200万くらいの低所得者なら職場を変えただけで年収が倍以上になったケースも多くありますし、あなたにもそれはあり得ます。

今の職場がとても働きやすく辞めたくないというなら別ですが、年収がアップするなら別の仕事でもいいと考えているなら転職も視野に入れてみましょう。

誰でもできる期間工で一気に稼ぐ

短期間で大きく稼ぐなら、出稼ぎとしてもよく利用される期間工もおすすめ。

主に工場での仕事になりますが、忙しい時期になると募集が盛んになり転職もしやすくなります。

期間工のほとんどは寮を完備しているので家賃や生活費もかなり抑えられますね。

そのため、転職で年収アップする上に生活費も節約できてさらに借金返済に回せるお金が増えます。

それこそ先ほど話した年収200万くらいの方なら期間工に入れば倍以上の年収になるので、100万円の借金は1年足らずでサクッと完済できますね。

エンジニア転職でスキルを付ける

期間工のような体を動かす仕事は得意じゃない!という方はスキルを身につけてエンジニアとして転職する方法もあります。

エンジニアと聞くとパソコンもあまり得意じゃないし自分には無理だよと諦める人もいるはずですが、最短1ヶ月弱で仕事に活かせるスキルを身につけその後就職までサポートしてくれるプログラミングスクールもあるんです。

とは言え、借金でお金がない中お金を払ってプログラミングを勉強して転職するなんて無謀すぎると考えるのが普通ですよね。

 

ですが、GEEKJOBなら転職/就職専用のコースが用意されており、無料で学習できるのでお金の心配をする必要はありません。さらにはスキルを習得した後、転職先が見つからず困ることもありません。

このスキルさえ持っておけば今のIT社会で転職も有利になりますし、給料もアップするし借金の返済のみならず借金完済後も役立ちます。

GEEKJOBの無料体験はコチラ

同業界でも年収は上がる!まずはエージェントに相談!

期間工やスキルを身につけて専門的な職業に転職して年収をアップするお話をしましたが、今の職種が好きで続けたい!このお仕事が楽しい!という方も少なからずいるはず。

そんな方でも安心して欲しいのですが、同じ業界でも職場を変えるだけで年収がアップすることも全然あります。

今はどこも人手不足なので人材が欲しいところはいくらでもありますし、同じ業界でも給与交渉でうまく年収をアップさせ転職に成功してる人もいます。

 

ですが、自分で面接に行きどのタイミングで給与交渉したらいいのかわからないししづらい。他の条件も自分に合うか不安だしそれなら転職しない方がマシと思ってしまうこともあるでしょう。

そんな方は、マイナビエージェントを使ってプロの転職エージェントに任せれば、あなたの条件を考慮して交渉してくれるのでスムーズに転職活動を進められます。

とくに、自分に自信がないならプロの方に任せて転職した方が失敗も少なく満足いく転職ができます。

せっかく借金返済のために今より年収の高い職場を見つけても、実は残業が多いかつ残業しないと稼げなかったり、仕事内容が思ってたのと違っていたりしたら意味がありません。

自分で転職活動をした失敗談として、求人に書かれていた情報と実際の仕事内容や給料が違う、基本給だと思っていたものが残業も含む給料だったという話はよくあります。

借金返済を考えると、失敗せずなるべく早めに転職したいところなので、迷わずマイナビエージェントを利用するといいですよ。

マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

債務整理をするならおすすめの手法は?4種の中から解説

借金100万円は頑張れば返せる金額です。と最初お伝えし、100万円を返せる方法をいくつか紹介しました。

 

ですが、病気や諸事情により自分では返済するのが難しい人も中にはいると思います。

そんな方は、正当な方法で借金問題を解決できる債務整理を考えてみてもいいかもしれません。

債務整理には任意整理特定調停個人再生自己破産の4つの方法があり、現在の状況やこれからの影響を踏まえて4つの中からあなたに合った方法を選択できます。

忙しい方のために簡潔にまとめると、それぞれ以下のような特徴があります。

  • 利息や遅延金をなくし過払金(あれば)を清算し元本だけ自分で返済するのが任意整理
  • 自分で手続きを行うため遅延金や未払利息はカットされず過払金の請求もできないが、利息はカットされるのが特定調停
  • 借金の理由を問わずに債務整理ができ、財産も残しつつ借金の元本自体を減額できるのが個人再生
  • 財産を残すことはできないが、借金が全て無くなるのが自己破産

それぞれをもっと詳しく理解して決めたい方は最適な債務整理の手続きがひと目でわかる!4つの借金整理の手段をわかりやすく解説にまとめてあるので目を通してみてください。

債務整理をした場合としないで返済を続けた場合を比較

債務整理をした場合と債務整理をしなかった場合でを比較すると以下のようになります。

利息毎月の返済額返済期間支払い総額
任意整理をした場合0%27,000円36ヶ月1,000,000円
をしなかった場合18%36,000円36ヶ月1,301,468円
自己破産をした場合0%0円0ヶ月0円
をしなかった場合18%36,000円36ヶ月1,540,000円

※過払い金や遅延損害金はないものとしていますので、この場合、特定調停は任意整理と同じです。また、個人再生も100万円以下の借金は減額がないため記載していません。

元本が減らない任意整理でも債務整理しなかった場合と比べて支払い総額に30万もの差がでてきます。

これは毎月36,000円返済できる場合の総額なので、現状では毎月1万円しか返済にあてられないとなるとさらに支払い総額は大きくなります。

 

ですが反対に、毎月に支払える金額が多ければ多いほど債務整理をするメリットはなくなるので、余裕があるならそのまま返済した方がいいと思います。

 

目安として債務整理をした方がメリットが大きい人は以下のような状況にある方です。

  • 収入がなく毎月返済できる保証がない
  • 病気やけがが原因で返済は難しい
  • 生活保護を受ける予定

この場合は借金の返済が長引き、支払い総額が膨れ上がるどころか遅延損害金も発生してしまいそうな状況なので、早めに弁護士に相談した方が良いでしょう。

借金を抱えてるときの精神的負担は思ってる以上に大きいですし、なるべくスムーズに解決させたいものですよね。

まずは無料債務整理シュミレーターを使って診断してみよう!

実際に、どの程度借金が減るのか調べてみたい場合は無料債務整理シュミレーターを使って調べてみることもできます。

自動での計算なので、過払金がない場合には減額できる金額がないと表示されることもありますが、債務整理して今と全く変わらないということはないのでご安心ください。

こちらの債務整理シュミレーションができる東京ミネルヴァ法律事務所は多数の債務整理案件を扱っている実績もあるので安心して相談できます。

ご相談は何度でも無料ですることができるので、債務整理についてイマイチよくわからない場合やもっと詳しく話を聞きたい方はまず無料診断をした上で相談してみましょう。

無料債務整理シュミレーターはコチラ