高卒で転職すると給料は?就ける仕事は?あなたの疑問を徹底解決

高卒で転職を考えているあなたへ

高卒で社会人となり日々業務を行う中で、あなたはこんな思いを抱いていませんか?

  • 今の職場で働き続けても、この先待遇が良くなるとは思えない…
  • 今よりももっと給料のいい職場があるんじゃないだろうか?
  • 業務内容にやりがいを感じられる仕事に就きたい
  • 同年代の大卒が良い仕事に就いていくのを見て、なんだか焦りを感じる

そんな状況から「転職」という選択肢を真剣に考え始めている人も多いでしょう。

良い転職ができれば、理想的な職場で満足できる給料で働くことや、自分に合った業務内容の仕事をすることを実現できます。

 

一方で高卒での転職はそう簡単ではないという実態もあります。

大卒に比べて、学歴で劣ってしまう高卒はどうしても転職では不利になってしまうのです。

そもそも応募の条件を「大卒以上」に絞っている求人も多いのが現状です。

 

では高卒の学歴では転職することは難しいのでしょうか?

高卒では自分の希望条件に合った転職先に就職することなんてできないのでしょうか。

そんなことは決してありません。

実際に高卒から転職を成功させている人はたくさんいます。

今回は高卒で転職した場合給料はどのくらいなのか、どんな仕事に就けるのか、といった高卒の転職事情にまつわる疑問に徹底的に答え、どうすれば高卒での転職がうまくいくのかポイントを解説します。

高卒での転職を考えている、がんばる方々の参考になれば幸いです。

高卒×大卒の転職事情を徹底比較

まずは高卒と大卒で転職にまつわる状況がどれくらい違うのか、その差をチェックしてみましょう。

なにかと大卒が有利と言われますが、果たしてどれくらい違いがあるのでしょうか。

給料面での違い、就くことのできる職種の違いなど、気になる項目を見ていきます。

給料面は?

生涯賃金で見ると、一般的には高卒と大卒の間には格差があります。

労働政策研究・研修機構の「ユースフル労働統計2016」[1]によると、生涯賃金は男性の場合、高卒で2億600万円、大卒で2億6600万円。

女性の場合、高卒で1億4600万円、大卒で2億1800万円。

こうしたデータから見ると6000万円程度の生涯賃金の差が高卒と大卒の間にはあると言えます。

 

では実際に転職を行った際には、これらの給料がどのように変わるのでしょうか。

大卒の場合、多くの職種から転職先を選ぶことができ、転職後の給料も現状を維持するか転職前よりも増える人が多いようです。

平均的な給与の額も高卒での転職者と比べると高いことが多いのが実際のところです。

一方高卒では、高卒での転職者を募集している企業自体の平均的な給料が低いことも多く、工場での現場作業や飲食店・小売店での単純作業が求人の高い割合を占めています。

中途採用では高卒を募集していない企業も多いんですね。

幅広い業種での募集が目につきやすい大卒と比べると漫然と転職活動をしていては転職後の給料がなかなか上がらないことになってしまいます。

 

しかし高卒での転職で年収アップを実現している人もたくさんいます。

一般的には転職後の給料は、大卒は比較的多く高卒は少ないという事実は変わりませんが、個別の事例ごとに見ると、一概に高卒だから転職後の給料が低いとは言えません。

給料というのは学歴以上に業種、業界、企業規模によるところが大きいものでもあるからです。

高卒での転職はやり方次第で給料が大きく変わるものなんですね。

転職のしやすさは?

転職のしやすさという指標でいえば、高卒よりも圧倒的に大卒が有利と言えます。

転職の求人を見ると分かりますが、応募条件が「大卒以上」となっている求人はかなりの割合を占めます。

大卒でないというだけで応募すらできない企業が数多く存在するわけです。

 

ただし学歴というのはあくまで指標のひとつであり、学歴以上に実務を重視している企業はたくさんあります。

転職市場では新卒の採用ほど新入社員の育成に労力をかけたくない、できるだけ即戦力になり得る人材を採用したいと考える企業もあります。

そういった企業にとっては、同じ年齢でも実務経験の多い高卒のほうが有利になります。

 

このような実務経験を重視する企業は学歴よりも経験を重視するため、高卒が比較的転職しやすいと言えます。

 

では「高卒が転職しやすい企業」はどういった業界に多いのでしょうか

具体的には飲食、小売り、工場勤務などのいわゆるブルーカラーと言われる業界です。

これらの職業は高卒の転職希望者の採用を積極的に行っているところが多く、高卒での転職を考えるならば一度は検討してみるべき業界です。

ただし、いわゆるブラック企業と言われるような労働環境の良くない企業も存在する業界なので、それぞれの企業の研究をしっかりと行う必要があります。

転職可能な業種は?

転職の条件に違いのある大卒と高卒、それぞれ業種という視点ではどういった職種で転職が可能なのでしょうか。

 

まず大卒の場合を考えてみましょう。

大卒の転職の場合、ほとんどの業種で転職が可能であると言えます。

特定の専門職や、特殊なスキルを必要とされる職種を除いて、ほとんどすべての業種で転職の求人が出ていると言っていいでしょう。

むしろ転職のできない業種を探すほうが難しいかもしれません。

金融業界からメーカーやIT業界まで、幅広い業界での転職を検討できます。

 

一方、高卒の場合はどうしても業種に制限が出てきてしまいます。

しかしそんな中でも高卒が転職しやすい業種というのは存在します。

それは学歴別の採用が明確に区分されている職種や、実力主義の徹底している職種です。

これらの職種は高卒でも転職が行いやすい傾向にあります。

 

まず、学歴別の採用が明確になっている職種として代表的なのは公務員です。

公務員は中途採用においても高卒、大卒といった学歴で採用が明確に分けられており、大卒とは別の選考が行われるため、高卒の転職では人気の転職先です。

職種としては、地方自治体の現場職員(環境局、水道局、土木局など)の欠員補充が多いようです。

また20代の若手であれば第二新卒として警察官、自衛官、消防官などの採用に応募することができ、キャリアアップの方法としては王道です。

 

運送業・旅客業・公共交通機関なども、高卒の中途採用が多い業種として転職が実現しやすい業種です。

例えば運送業のドライバー職や鉄道会社の技術職など、これらの業界では幅広い職種で採用を行っています。

さらに製造業も忘れてはいけません。

工場作業員などの採用は普段から恒常的に求人が行われており、かなり転職に結び付きやすい職種です。

かつては厳しい労働環境のイメージがあったこうした職種も最近はホワイトな職場がかなり多く、体を動かす仕事が可能なのであれば検討する価値は十分あります。

 

実力主義が徹底している業種としては、販売・小売り・外食・IT業界などが挙げられます。

特にIT業界は実際にやってみれば技術者の能力がはっきりと分かるため、学歴よりもとにかく実力を重視されます。

能力さえあれば学歴など関係なく転職はいくらでも可能なうえに、転職後の昇給や昇進も望めます。

販売業は、保険代理店や自動車のディーラーなどの営業職では学歴・年齢での要件はないことが多く、さらに結果次第で高収入も見込める職種です。

飲食業界もアルバイトから社長になる、という話も聞かれることがあるくらい、実力主義が徹底している業界ですね。

こうした業種では高卒で転職しても、自分に合っていれば実力を発揮できるチャンスは多く、高卒の転職先として人気が高いんですね。

これらは転職先の候補としてぜひともチェックしておきたい職種です。

現実は甘くない。大卒の方が遥かに有利

世間では「仕事に学歴は関係ない」と言われることもあります。

確かに実際に仕事を始めれば学歴関係なく優秀な人はたくさんいます。

しかし転職という観点から言えばいまだに大卒のほうが高卒よりも遥かに有利、というのが現実です。

それは転職の求人での「大卒以上」の割合の高さ、転職後の収入の差、転職可能な業種などのデータを見れば明らかです。

 

かつては新卒で入社した会社に定年まで勤める終身雇用が多くの社会人の一般的なキャリアのスタイルでした。

しかし最近は、新卒で就職した約3割が3年以内に離職すると言われるように、ひとつの企業にこだわることなく、どんどん会社を移動しながらキャリアアップを図る人が増えています。

そうした状況の中でよい転職先に就職しようとすれば、高卒の人材も大卒の人材に混じって戦わなければならないことなります。

その場合、大卒の人間よりも高卒のあなたを採用したい、と採用担当者に思わせなければならないわけです。

 

大学全入時代と言われ、選ばなければ誰でも大学に入れるような時代です。

高卒者の5割が大学に進学すると言われており、大卒の希少価値は低くなっています。

しかし、それでもなお大卒は転職において有利なのです。

大卒が転職において有利な現状はそう簡単に変わることはないでしょう。

だからこそ高卒の方はしっかりと準備をしておかなければならないんですね。

それでも一生フリーターをするわけにはいかない

これまで示してきたように高卒の転職は決して簡単ではありません。

しかし簡単ではないからといって、高卒の自分は転職できない、転職なんて無理に決まっていると決めつけて行動しないのは、大きな損失です。

 

20代の若いうちはたとえフリーターとして気楽に仕事をしながらでも、ある程度のお金を稼ぐことが十分できます。

ひとりで生きていく分のお金ならばフリーターでの給料だけでもなんとか間に合うかもしれません。

フリーターなら大きな責任も伴わないし、自由にシフトを組んで仕事ができるので、とりあえず今を楽しんで生きていくことはできるでしょう。

 

しかし、今後もし結婚をして家庭を持つことや余裕ある人生設計をしたいと考えているならば、ずっとフリーターをして生きていくわけにはいきません。

結婚をするのにもお金は必要ですし、子どもを育て十分な教育を受けさせるにしてもお金の問題は避けることはできません。

社会的な信用がないと家を建てたり、ローンを組んだりすることもままなりません。

フリーターでは自分の人生を思い通りに生きていくにはお金が足りなくなることが様々な場面で起こることが予想されます。

 

だから可能性のある若いうちに転職を行うことが重要になってきます。

いざというときに転職をしようと考えても、今の転職のシステムではフリーターは職歴としては判断してもらえず、厳しい状況に立たされてしまいます。

急なケガや病気の際も、正社員のように有給休暇などがないため、休んだ分がダイレクトに収入に直結してしまいます。

しかし早めに行動を開始して、若いうちに転職活動を行えば、コツを押さえておくことで高卒でも転職をすることは十分可能です。

いざというときに自分で自分の首を絞めることがないように、すぐに準備を開始することが大事なんですね。

高卒社会人が転職するために必要なこと

それでは高卒社会人が厳しい状況の中でも転職を成功させるために必要なことはどんなことなのでしょうか。

そこには高卒社会人ならではのポイントがいくつもあります。

高卒社会人の強みを活かす戦い方があるんですね。

ポイントを押さえて準備することで、転職を成功させましょう。

大卒に勝てるスキルを身につける

転職活動の際に最も強い武器となるのは、明確な「スキル」を示すことです。

具体的なスキルというのは、自分自身がどんなことができる人材なのか、どういう切り口から会社に貢献できるのか、といったことを証明するものです。

明確にここを示すことができれば企業は必ずあなたを雇いたくなります。

 

「大卒」というのは社会的には、仕事に必要な基本的なスキルを証明するものとして機能しています。

ですので、大卒は転職においても一定以上のスキルを持っているものとして扱われるわけです。

高卒よりも大卒が転職において有利とされるのはこうした認識があるからなんですね。

しかしもし「大卒」というスキルよりも仕事において役に立つことを示すスキルがあれば、そちらを重視する企業は現れるわけです。

つまり大卒の人材以上のスキルを身につけてしまえば、転職で大卒に勝つことは十分可能なんですね。

たとえ総合的な能力で勝つことができなくても、ひとつの分野で勝つことができれば、転職市場で逆転するチャンスはいくらでもあります。

 

スキルとしてわかりやすいのは資格です。

資格だけで大卒よりも評価されることは少ないですが、わかりやすくスキルを示すことができます。

国家資格であれば「宅地建物取引主任者」(いわゆる宅建)「行政書士」「公認会計士」などは転職でも有利に働くことが多いと言われます。

そのほか転職を希望する業界に合った資格を取ればそれだけやる気をアピールすることにもつながります。

 

ただし最強のスキルはやはり実務経験です。

資格を取れば安泰という考えを持つことは非常に危険です。

「大卒」という強い資格に勝てるようなスキルは何なのか考え続ける姿勢が重要でしょう。

社会人経験で勝てる若いうちに転職する

高卒社会人の強みとして、同年代の大卒社会人よりも社会人経験が豊富ということが挙げられます。

大卒の人が学校に行っている間の4年間、実際の業務に携わってきた経験は大きな武器になります。

 

まずは転職の選考において、自分の実務能力を自然にアピールすることができます。

実際の職場で実務をしてきた経験というのは最強のスキルです。

そうした実務の経験の中で自分の強みや興味もより明確になってきていると考えられます。

経験に基づいて自己アピールを行えば、選考時の面接でも説得力をもって話すことができます。

薄っぺらい転職動機ではなく、自分の経験に基づいた転職動機を話すことができれば、それだけ面接官の印象にも残りますよね。

 

さらに社会人経験が長いというのはそれだけで採用後の不安を小さくしてくれます。

少なくとも高卒後のある程度の期間安定して仕事を継続しているという実績があるため、転職後も安定して仕事をしてくれるという安心感を与えます。

また、社会人としてのマナーや基本的なビジネススキルを身に着けていることも期待できるため、採用後ある程度の即戦力になることが期待できます。

 

このように、社会人経験で勝っているというのは転職において大きなメリットになるのです。

上記のような点をアピールすることで、転職を有利に進めることができるでしょう。

勢いと飲み込みの良さを武器に営業職もアリ!

中途採用において若い人材を積極的に採用する企業には、その若さを活かす人材を求めている場合が多いです。

若い人材は他にはない「勢い」や「飲み込みの良さ」を持っています。

そのような人材はまだ特定の企業文化に色濃く染まっていないため、新しく入社した転職先でも、どんどん業務内容を吸収して実行することができます。

特に営業職ではこのような人材が強く求められているため、学歴などに関係なく若さのある人材を中心に採用活動をおこなう傾向があります。

 

営業職はわかりやすく数字で結果が残るため、学歴関係なく実力主義の職場が多いことも特徴です。

給料に関しても、結果を残せば残すだけ自分の手取りに反映されるため、高卒社会人から転職して年収アップを目指すなら、考えておきたい職種です。

結果次第では昇進も期待できるため、高卒からの転職としてかなり条件はいいでしょう。

 

ただし体育会系で上下関係の厳しい職場や、労働時間の長い職場もあり、条件をしっかり確認して自分に合った職場を選ぶ意識が重要になってきます。

高卒社会人の転職への悩みや疑問を解決

高卒社会人の転職は工夫次第で十分可能ですが、やはり転職活動には疑問や不安がつきものです。

そこで、ここでは高卒社会人が転職活動をおこなう際に気になる疑問や不安について、ひとつずつお答えしていきます。

疑問・不安を解消して、理想の転職に向けて動き始めましょう。

Q.高卒で初めて転職するけど大丈夫?

高卒で就職し今の職場が初めての職場。

そうなると、自分が今の職場以外の場所でやっていけるのか、心配になるのも無理はありません。

しかし、実際のところ初めての転職でも全く問題ありません。

十分転職することは可能です。

 

転職に関するデータとして、こんなデータがあります。

何度目の転職の成功確率が高いか、という調査で最も成功確率が高かったのは「初めて」の転職だったのです。

日本の企業は転職回数があまりに多すぎると長続きしないタイプなのではないかと判断して、敬遠する傾向にあります。

このような文化にある日本では、むしろ初めての転職は最もチャンスが大きく、転職しやすいタイミングであると言えます。

もちろん楽観視はできませんが、過度に不安に感じる必要はありません。

 

ただし初めての転職となると、転職の流れや手続きについて十分に把握できていない場合が多いため、忙しさの中でついつい後回しにしてしまうことがあります。

また、業界の状況や慣例、各企業の雰囲気などについて十分に理解しないままに漫然と進めてしまいがちです。

着実に転職活動を進めていくために、転職エージェントなどの外部のサービスなどを利用してみるのもいいでしょう。

Q.どんな仕事なら転職しやすい?

高卒で転職しやすい仕事は一言でいえば、学歴に関係なく採用が行われている仕事、ということになります。

もちろんどんな業界でも学歴に囚われず採用を行っている企業はあります。

しかし、業界や職種によってはかなり狭き門となっている場合も多く、転職しやすい仕事から転職活動を行っていくのが賢い戦略でしょう。

 

転職のしやすさでいうならば、運送業のドライバー職、製造業の工場従業員、宿泊業のホテル職員、外食産業の飲食店従業員などはかなり転職しやすい職種でしょう。

学歴に関係なく求人が行われているところが多く、年間を通じて募集が継続的にあるので、正社員という肩書を最も手に入れやすいと言えます。

 

また、20代などの若い世代であれば、販売業の営業職で営業マンとしての就職や、警察官・自衛官・消防官の第二新卒採用に応募することも可能です。

これらの職種は学歴にはそれほどこだわらずに若い人材を積極的に採用する傾向があるため、高卒からの転職先としては、転職しやすい部類に入ります。

どちらも職場の風土と合えば昇進も十分に考えられるため、先を見据えてこうした職種に転職するのも良い選択ですね。

Q.大卒よりも社会人経験の長さで給料が伸びる職は?

高卒社会人の強みの一つが大卒社会人よりも社会人経験が長いことです。

こうした社会人経験は転職を行う際にぜひとも生かしたいポイントになります。

ではどのような職であれば、社会人経験の長さが給料などの評価に反映されるのでしょうか。

 

社会人経験の長さを活かしたいのであれば実務経験を評価してくれる職種がおすすめです。

なおかつ学歴や勤続年数で給料が決まるような給与体系だと高卒からの転職組はなかなか給与が伸びません。

こうした条件を考えると、IT業界のエンジニア職やベンチャー企業での就職を実現できれば、社会人経験の長さを活かすことができるでしょう。

エンジニア職は能力によって明確に差が出るため、社会人経験での実務の長さがものを言う職種です。学歴よりもとにかくその分野に精通して問題解決ができるかが問われるので、高卒からの実務経験の長さは給料に直結します。

またベンチャー企業などの成長著しい新しい企業も、学歴よりもとにかく仕事ができるかが重視されるため、高卒で会っても実務でしっかりと結果を残してきた実績があれば、転職が可能ですし、それまでの経験は給料の伸びにも反映されます。

 

社会人経験の長さを転職後の給料に反映させるためには、実力や実績が重要になってきます。

しかし、もし実績があるのであればしっかりと評価してくれる企業に応募することで、これまでの実務経験を給料などの評価に活かすことができます。

Q.世間からの目を気にしないコツは?

今や高校を卒業した人の半分が大学進学を選ぶ日本。

高卒というだけで馬鹿にされたり、引け目を感じることもあるかもしれません。

転職に取り組むと、大卒の人が有利な現状を目の当たりにすることもあるでしょう。

転職活動は様々な企業の採用担当者から自分に対しての評価を厳しいものも含め数多く受け取ることになるので、世間からの高卒に対する見え方を必要以上に気にしてしまうものです。

 

現状で高卒の人が転職で不利になってしまうのは変えようがありません。

大卒が有利な状況はまだしばらくは続いていくでしょう。

しかしそうした価値判断は、学歴という一つの指標でしかありません。

学歴という観点から自分を評価しようとする限り世間の目を気にし続けてしまうでしょう。

 

高卒を引け目に感じないためには、自分自身を自分なりの指標で評価できるようになる必要があります。

そのためには、自分がこれと決めたところで、納得のいく結果を出す必要があります。

仕事・転職という部分で結果を出すと決めて、そこで結果を出すことができれば、世間からの目は自然と気にすることはなくなるでしょう。

自分自身の行動で結果を出せば、世間からの評価はどうであれ、自分に対してきちんと評価をすることができます。

結果を出すことが一番の解決策なんですね。

まずは転職で結果を出していきましょう。

高卒社会人が中途採用でも確実に就職するには

高卒社会人にとって、転職活動を自分一人で進めていくのはかなり大変です。

忙しい日常の中で時間を見つけて転職活動を進めていくのは、体力的にも楽ではありません。

転職経験も豊富でないことが多く、他の職場や業界について詳しく理解しきれていない人も多いです。

そんな中で、闇雲に転職活動を行っても、いい結果にはなかなか結びつきません。

 

一昔前ならそれでも自分で何とかするしかなかったはずですが、今は違います。

なんとオンラインで転職活動をサポートしてくれる「転職エージェント」と呼ばれるサービスがあるんです。

この転職エージェントに登録すると、転職希望者ひとりひとりに転職の専門家が担当者としてついてくれて、転職先のアドバイス、業界の情報、転職に関わる様々な交渉まで行ってくれます。

つまり自分専用の転職アドバイザーが転職をサポートしてくれるわけですね。

この転職エージェントの凄いところは無料ですべてのサービスを受けることができるという点。

正直、高卒社会人が転職をする際には、絶対に登録すべき、と言っていいでしょう。

 

世の中には数多くの転職エージェントが存在しますが、特に高卒からの転職希望書におすすめなのは、「はたらいく」と「ジェイック」という二つの転職エージェントです。

はたらいくは都市部ではない地方での仕事を中心に取り扱っている転職エージェントになります。

首都圏以外の求人をメインに取り扱っていて、普通の転職サービスではなかなか目にしないあなたの地元の求人もきっと載っているでしょう。

未経験者優遇の仕事や、子育てママ向けの求人も多く存在し、ハードルがそれほど高くない転職を実現できます。

高卒で地元での仕事を続けてきて今後も地元やその周辺での仕事を希望している場合、また都心部で働いていたけど今後のことを考えて地元に戻って就職したい、という場合にかなり使い勝手のいい転職エージェントになっています。

>>はたらいくの詳細・登録はコチラ

ジェイックは既卒やフリーター、高卒からの転職に強いことで有名な転職エージェントです。

ジェイックを使った転職希望者のなんと80.3%が転職に成功し、累計約1万5千人の転職を成功させています。

なぜジェイックがこれほど未経験の転職に強いのかというと、ジェイック自体が転職支援事業以外に社員教育事業も行っているため、入社後のニーズを言うのを詳細に把握したうえで、転職先を紹介しているからなのです。

こうしたノウハウから入社後のアフターフォローも手厚く行ってくれます。

つまり転職希望者ひとりひとりにマッチした企業を紹介するスペシャリストなんですね。

また、独自に開発したFutureFinderという心理統計学に基づいた分析ツールを使って転職希望者と合った企業を探すなど、科学的にも信頼できる情報から転職先を紹介してくれるのです。

紹介先は厳選された優良企業ばかりなので、安心して転職活動を進めていくことができます。

>>ジェイックの詳細・登録はコチラ

こうした転職エージェントを利用すれば、転職活動から転職後まで、余計な心配をせずに進めていくことができます。

自分一人ではとても手が回らない細かい部分まで相談できるので、転職の強い味方になってくれます。

転職エージェントを使えば転職活動に自信をもって取り組むことができそうですね。

高卒でも良い仕事に就くためのチェック事項

高卒からの転職でいい仕事に就くためには企業に選ばれるだけでなく、自分も企業を選ぶのだという意識が大切です。

いい仕事に就くためには自分でしっかりと企業をチェックしていかなければならないのです。

実際に転職活動を進めていくと、様々な企業に出会います。

ここでは転職活動中にで出会うそれぞれの企業で、ここだけはチェックしておくべき、ということを確認していきます。

求人情報の○○に要注意!ブラック企業の見分け方

転職活動で最初に気を付けたいのが、ブラック企業と呼ばれる労働環境の悪い企業に入ってしまわないようにすることです。

転職を急ぐあまりついつい注意を怠ってしまい、入社した後にブラック企業だったと気づく、というケースはよく聞かれる話です。

ここのチェックは手を抜かずにしっかりと行うことをお勧めします。

 

ブラック企業と呼ばれるような企業は求人情報からある程度見分けることができます

普通に経営が成り立っている企業であればやらない募集の仕方をするからです。

不自然な求人票を出さざるを得ないような経営状態にある場合、現場も混乱していてブラック企業的な体質である場合が多いです。

求人情報を確認する際以下のような傾向がみられる会社には気を付けるといいでしょう。

  • 不自然な大量採用がなされている
  • 執拗に「夢」「希望」などの前向きな言葉が並べられている
  • 給料が業界、年齢の平均から考えて明らかに高すぎる
  • ハローワークでの求人が中心

ただしあくまで傾向として上のような点がブラック企業の体質として挙げられることが多いだけで、あくまでケースバイケースではあります。

きちんと自分の目で会社を確認して、判断することが重要です。

面接で学歴を馬鹿にする会社はこちらから断るべし!

企業の中にはまだまだ古い体質の企業もたくさんあります。

面接官の中にも、自分が学生だった当時の過去の経験からしか判断できない人や、偏った考えを持つ人もいます。

そうすると中には面接の場で学歴をバカにするような人も現れます。

そうした企業に付き合う義理はありません。

自分からそうした会社は断りましょう。

 

もし面接の段階が進んでいると、せっかくここまで来たのだからと何とか採用されたくもなりますが、自分を大切にすべきです。

例え面接で我慢して採用されたとしても入社してからそんな会社とうまくやっていけるはずがありません。

面接官が偏った考えを持っている会社は、社内の風土として偏った考えを持っていることも十分考えられます。

 

面接という場では相手の方が立場が上のような気になりますが、決してそうではありません。

企業と自分がお互いに良いかたちで付き合っていくための交渉の場なのです。

自分の考えとしっかり合う会社を妥協せずに探しましょう。

転職のプロは最大の味方!転職エージェントをしっかり頼ろう!

転職には想像以上に多くの手順があり、初めて転職活動をすると考えなければならないことの多さに驚きます。

一口に転職と言っても、応募段階での書類作成、面接などの選考プロセス、退職手続き、給料などの条件交渉、入社手続きなどなど、数多くの手順をこなさなければなりません。

こうした手続きを全て完ぺきにこなすのは相当大変ですし、神経を消耗することになってしまいます。

 

そんな時に頼りになるのはプロのアドバイスです。

次に何をするべきか、何が必要なのか、アドバイスしてくれる存在は忙しい日常の合間を縫って転職活動を進めていく上では最も頼りになります。

手続き的な部分だけでなく、転職したい理由、志望動機なども深堀して一緒に考えてくれるため、自分では気づきにくい考え方の部分でも大きな支えになってくれるでしょう。

 

その道のプロがサポートしてくれるだけで、結果は大きく変わってきます。

効率よく、大事なところに時間をかけることができるため、転職に対する自分の納得度も上がります。

せっかく転職をしようと決めたのなら、一番良い方法で転職に取り組みたいですよね。

転職エージェントという存在を徹底的に活用して頼っていくことで、納得できる転職活動をしていきましょう。

職歴・学歴は関係ない!やりたい仕事を転職エージェントで見つけよう!

いかがでしたでしょうか。

高卒からの転職は学歴で大卒と比べると不利な状況にあるなど確かに気楽に考えられるほど甘くはありません。

しかし、うまく転職活動に取り組むことで十分に良い仕事に就くチャンスはいくらでもあります。

 

今は幸いなことに、転職エージェントなどのサポートが充実しており、どんな状況からでも転職活動を前向きに進めていくことができます。

無料でプロからアドバイスをもらいながら転職活動を進めていくことができるんです。

はっきり言って職歴・学歴関係なく、よい転職先を探すことができる状況です。

正しいやり方で努力すればよい転職が必ず実現できます。

 

そういう意味では転職エージェントはぜひ活用していただきたいと思います。

特に高卒からの転職であれば「ジェイック」を活用するのがおすすめです。

高卒などの経歴の人材の転職に強い転職エージェントで、就職成功率は8割以上とかなり高い数値をたたき出しています。

転職成功後のアフターフォローまで丁寧に行うなど転職希望者に丁寧に寄り添ってくれる対応の良さと、科学的な分析ツールを使うなどのノウハウの充実っぷりが、こうした結果を導いています。

高卒からの転職を考得ているのであれば、ジェイックは登録しておくべき転職エージェントです。

登録するだけなら無料なので、必要な情報だけ得るために利用するのもいいでしょう。

>>ジェイックの詳細・登録はコチラ

転職エージェントなどのツールをしっかりと利用していけば納得のできる転職活動をすることができます。

転職を実現できれば、今よりも良い待遇の会社に入れる可能性や、やりがいをもって日々仕事に取り組める可能性が大きく高まります。

仕事は人生で大きな割合を占めます。

より良い仕事を選ぶことは人生をよくすることです。

転職を成功させることでより良い人生を手に入れる一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です