すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法14選

会社に来月から行きたくない!退職届けはいつまでに提出?法律・民法上は2週間までに!会社へ行きたくない原因も紹介

「会社に行きたくないのは何故?」

「実際、辞めている人はいるの?」

「仕事が苦痛で仕方ないけどどうすれば…」

こういった悩みを持ちながら日々の働いている人は多いはずです。

会社に行くのが辛いと誰でも一度は感じます。辛くても無理をして働いている方は多いでしょう。

 

しかし、中には退職や転職を検討している人がいるのも事実。

会社に行くことが苦痛になるのは誰にでもあることです。

我慢して働き続けることは辛くて仕方無いですよね。

 

この記事を読めば、

  • 会社にいくのが辛くなる原因
  • 会社に行きたくないときの対処法
  • 退職や転職を行う際にはどうすればいいか?

このような会社に行くことが苦痛である人の悩みを解決できます。

今、会社に行きたくないと悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

会社へ来月から行きたくないけど退職届けはいつまでに提出しないといけない?法律・民法上では2週間前まで

会社を退職することを決めたら退職届を提出する必要があります。

就業規則の規定で退職の申し出について定めている会社は少なくありません。

基本的には会社の就業規則を守って退職の申し出を行います。

 

しかし、退職する2週間前までに勤務先に退職の申し出を行えば辞めることができます。

民法627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

と定められています。

退職は民法が優先されるため、就業規則の規定を必ず守る必要はありません。

 

そのため、来月から会社に行きたくない場合、その月の15日までには退職の意思を伝えましょう。

注意

期間の定めのある雇用契約の場合、原則として契約期間を負えるまでは退職できません。

ただし、1年以上の雇用契約の場合は、入社して1年経過することで自分の意思で自由に退職できます。

会社に行きたくない瞬間は誰にでもある!会社へ行きたくない原因3つを紹介

1.嫌いな人がいると仕事が嫌になる「上司や職場での人間関係」

エンジニア転職

仕事をする上で上司や職場での人間関係に悩んでいる人は多いです。

嫌いな上司や職場の同僚などどうしても好きになれない人はいますよね。

 

しかし、仕事をする上で会社の人との関りを避けられません。

そのため、嫌いな人とも会社にいる限り勤務のたびに顔を合わせることになります。

人間関係のストレスで会社に行くのが嫌になることもあるでしょう。

仕事をするのも嫌になりますね。

 

でも、人間関係はすぐに解決できる問題ではありません。

そのため、多くの人が悩んでいる問題です。

2.職場がギスギスし始める「仕事のノルマが辛い」

勤めている企業や職種にもよりますが、仕事にノルマがある企業は少なくありません。

代表的なのが営業職であり、販売件数や契約件数などと言ったノルマが一人一人に課されている場合が多いです。

その上、ノルマを達成できないと上司に指摘されたり、同僚と比較されたり精神的にストレスを抱えることになるでしょう。

 

また、企業によっては達成が困難なノルマを設けています。

それにも関わらず、達成できないと自腹での買取を強要する、家族に契約させろなどと言ってくる企業が実際にあるのです。

ノルマが辛ければ辛いほどプレッシャーが重くなるでしょう。

そのため、ノルマがある人は精神的な理由から会社に行きたくないと考える人が多いです。

3.自己嫌悪に陥る「仕事がつまらない」

自分の仕事に誇りとやりがいを持って働いている人もいるでしょう。

 

しかし、自分の仕事に飽きていたり、つまらないと感じている方も少なくありません。

例えば、希望した会社に入社したけれど希望する部門にいけなかった。

もしくは、真剣に取り組んでも思うように結果が出ないなど会社に対する不満を持ちながら日々業務をこなしています。

不満を持ちながら働くと、会社の悪い所が目につきやすくなるでしょう。

そうなると、会社にいることで自己嫌悪に陥りストレスを感じるようになります。

 

そのため、結果的に会社に行きたくなくなるのです。

朝起きてもう会社に行くのが嫌・苦痛でたまらない!と思ったら休むのもあり

遅刻や欠勤が増えたのは会社へのストレスが原因かも

遅刻や欠勤というと、生活の乱れやかぜ等の病気によるものを思い浮かべる方が多いでしょう。

 

しかし、それ以外にも会社へのストレスが原因であることも少なくありません。

例えば、会社に行こうとしても仕事をする気になれない、会社に行きたくないなどと精神的に追いこまれている場合もあるでしょう。

他にも、仕事内容に納得ができない、会社の方針に反対など会社自体への不満が溜まった結果、遅刻や欠勤を繰り返す場合もあります。

会社へのストレス次第では、遅刻はおろか欠勤の連絡すらしたくなくなり無断欠勤を行ってしまう方も実際にいます。

生活の乱れなどは自分で改善することができるため、遅刻や欠勤を減らすことができるでしょう。

しかし、会社へのストレスを解消することは困難です。

「仕事に行きたくないけど理由がわからない」が続くのは危険なサイン

仕事に行きたくない人には会社に行きたくない理由があります。

例えば、嫌いな上司にあいたくない、仕事に不満があるなど人それぞれの理由があります。

 

しかし、中には仕事に行きたくない明確な理由がない人もいるのです。

理由がないなら問題なく仕事に行けると思いますよね。

実際は、身体も精神もボロボロになっているサインかもしれません。

良くも悪くも人は何に対しても慣れがあります。

難しいことでも繰り返して、慣れることでできるようになります。

ストレスや疲労についても同様で、慣れてきたことで平気だと思い込むことが少なくありません。

ストレスや疲労は慣れるのではなく、正確には感覚がマヒしているだけです。

だからこそ理由もなく仕事に行きたくないと思ったのなら、身体からのサインだと考えて下さい。

うつ病や身体を壊してからでは遅い!辛すぎる場合は休職を検討しよう

全くストレスがなく、生きている人はいません。

 

しかし、同じ環境に置かれていても人の感じ方はそれぞれ違います。

例えば、今の職場が働きやすいと感じる人もいれば、働きにくいと感じる人もいるでしょう。

あなたが働きにくいと感じたならば、我慢も無理もする必要がありません。

仕事のストレスや疲労は溜まり続けると、うつ病などの精神病や過労死に繋がります。

仕事のストレスや疲労は溜めれば溜めるほど悪化するだけで、治ることはありません。

 

どうしても耐えられないと感じたならば、休職して自分の身体と心に向き合って下さい。

会社に残るか、退職や転職を行うのかは休職期間中に判断しましょう。

仕事に行きたくないからもう辞める!その場合は退職代行サービスを活用しよう

仕事に行きたくないという理由で退職を考えている人にとっては、勤務先を退職するまでの日々すらも苦痛を伴うでしょう。

 

そういった方にこそ活用してもらいたいサービスが退職代行サービスです。

退職代行は会社を退職したい本人に代わり、会社との退職手続きを代行してくれるサービス。

退職代行サービスであれば、上司などと顔を合わせずに退職できますね。

費用はかかりますが、精神的な負担はありません。

それだけでなく、面倒な退職後の手続きもサポートしてくれるため心強いですね。

 

退職代行の利用を検討するのであれば、こちらの「退職代行人気おすすめランキング10社を徹底比較!実質無料代行アリ!今すぐ退職できる業者は?」という記事では退職代行についてさらに詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。

新入社員だけど会社辞めて大丈夫?と不安に思う方は第二新卒の就職に強い「ジェイック」で転職活動

新入社員の方が会社を辞めて考えるのが転職のことでしょう。

社会的に即戦力が求められている傾向にある中、転職活動をしても次の仕事が見つかるのか不安になるはずです。

 

そんな人に利用してもらいたいのが「ジェイック」です。

ジェイックでは未経験や第二新卒、中退、フリーターなどの人をメインとした転職支援を行っています。

転職成功率はなんと80.3%であり、このうち70%が未経験の転職です。

 

転職成功率の高さも魅力ですが、ジェイックは転職が成功し入社した後のアフターフォローもしてくれます。

ジェイックのサポートが充実しているおかげで未経験者の転職が成功しているのでしょう。

それだけでなくジェイックでは独自に開発したFutureFinderという心理統計学に基づく分析ツールがあります。

あなたの強みを分析→他社と比較→あなたに適した社風や企業を算出という流れを辿りながら、本格的な科学的分析に基づいた求人企業を探すことが可能です。

 

だからこそ新入社員で会社を辞めた方であっても次の仕事を探す上で頼もしい存在です。

転職サイトの詳しい解説は「20代就職・転職におすすめな転職サイトランキングベスト12!楽しい職場で鬱にならないためには!」におすすめの転職サービスや転職エージェントについて詳しく書いていますのでぜひ読んでみてください。

自分で稼ぐスキルを身につければ会社から解放される

転職サイト多くあるものの、ほとんどの企業が既にある程度のキャリアやスキルを持った人を優先に採用しています。

人材が不足しているとは言っても、多くの企業が求めているのは即戦力の人材です。

このような傾向にあるため、転職できないと考えたり、転職活動に不安を持っている人が少なくありません。

そのため、会社にいくことでストレスがあっても無理して働く人もいます。


しかし、スキルを持たない場合でもスキルを身に付けながら転職する方法があります。

それが、プログラミングスクールに通うことです。

IT社会と呼ばれる現在、プログラマーの需要は高まっており人手が足りていません。

だからこそ、プログラムのスキルを身に付ければ転職にとって有利です。

 

また、プログラミングスクールの中には受講生全員にエンジニアの転職を保証している所もあります。

プログラミングスクールに通いスキルを磨けば、あなたは現在の会社から解放され新たな道が開けるはずです。

興味が湧いたなら「【2019年版】プログラミングスクールおすすめ17選を徹底比較!初心者を絶対悩ませない料金・内容まとめ」という記事ではおすすめのプログラミングスクールについて詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。