高卒やフリーターは?企業が第二新卒として扱う条件をわかりやすく解説

「高卒の私が新卒入社した会社。人間関係が嫌で辞めてしまった。」

転職サイトでよく見かける第二新卒。私も第二新卒なのかな?」

「会社都合でクビになってしまったけど、フリーターの私でも良い求人ってあるんだっけ?」

そうした不安ってありますよね。

新卒と既卒、どっちが有利?そもそも第二新卒って何?疑問は尽きません。

 

でも大丈夫。今の転職マーケットは第二新卒のあなたのことを待ちわびている求人で溢れかえってます。

この記事では第二新卒として企業が扱ってくれる条件や、高卒やフリーターの人も第二新卒扱いになるの?といった疑問をわかりやすく解決しています。

ぜひ、第二新卒の転職で悩んでいる人は読んでみてください!

第二新卒は就活で有利!  

第二新卒は就活も決まりやすいとよく言われるけど、実際どうなのか気になりますよね。

ここでは第二新卒が転職をした際、内定が決まりやすい理由を解説します!

既に社会経験がある

社会経験があることで得られる企業のメリットについてまとめました。

育成コストが抑えられる

新卒入社の場合、ビジネスマナーや電話応対など基本的なことを身につけるために外部機関を使った研修を受けますが、第二新卒であればOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)か、簡単なもので済みます。

即戦力になる

一定のビジネススキルをもっているためお客様対応などにも慣れており、前職の経験を活かしてすぐ現場で活躍できるケースが多いです。

適応力が高い

一度社会で働いたことがあるため、その経験を活かして臨機応変にものごとに対応し、幅広い仕事が任せられる人として見られます。

柔軟性が高い

社会人としての経験は浅いため、柔軟に会社のやることになじめる人材として歓迎されます。

若手人材の積極的な採用をしている会社が多い

出典:日本経済新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/)

今、人材市場は超売り手市場が続いており、オイルショック(1973年)、バブル経済の崩壊(1991年)に次ぐ、戦後3番目の採用難の時代と言われております。

高まる有効求人倍率(1人あたりに何件の求人があるかを示す倍率)の中で、求人広告で採用が来やすいように条件を下げたり間口の広い求人募集をするようになりました。

TOYOTAさんなど日本の大手企業以外の中小企業はこの高まる市況感の中で条件改善という方法で採用を工夫してます。

 

例えば、飲食店での「採用祝金」

1人の正社員の採用毎に10万、20万円を支払うようにした企業もあります。

寮の制度を作り求人倍率の低い地方から人を集めたりと人集めに苦心したり。。。

多くの企業も苦労されております。

出典:2015年までは総務省「国勢調査」(年齢不詳人口を除く)、
2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」(出生中位・死亡中位推計)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc143210.html

また、日本の生産年齢人口は2060年には現在のおよそ半分の5000万人弱になり、国として労働力の減少が危惧されております。

そのため、企業数の半数以上の多くの企業が第二新卒を積極採用中です。

若手採用市場はレッドオーシャンだからこそ、第二新卒のあなたの力を欲ししているのです!

そもそも第二新卒って?

一般的に第二新卒とは、学校を卒業して3年以内に離職した25歳前後のことを指します。

明確な定義はないようです。

そのため、高卒もフリーターも学校を卒業して社会に出て、3年以内に離職していれば第二新卒にあたります。

求人において、企業の募集広告などで使われている「第二新卒」をわかりやすくいうと、「最低限のビジネススキルを備えた新卒入社後3年以内の20代離職者」のことをいいます。

まとめ:第二新卒の条件とおすすめ転職サービス

まとめると、第二新卒の条件は下記の通り。

  • 新卒入社3年以内に離職
  • 20代
  • 高卒・フリーターは問わない

この条件を満たす方になります。

つまり、たくさんの企業が20代の第二新卒のあなたのことを欲しています。

今よりもっと良い条件の求人があるかもしれません。

 

忙しいからってあきらめてないですか?

中には電話面談を行っている転職エージェントもあります。

昼休みの30分だけ使って条件や今の心情を伝えるだけでも情報はもらえます。相談にものってくれます。

まずは転職エージェントと会って話を聞くだけでも、あなたのキャリアをより良い未来に向かわせる可能性があります。

必要なのは、一歩踏み出すあなたの勇気です。

 

まずは業界最大手のマイナビエージェントに登録して第二新卒の求人を見てみてください。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ