英語翻訳の仕事内容・求人・必要な資格・契約方法などを徹底解説

海外と日本の橋渡しになる、翻訳の仕事。

小説やドラマなど身近なものから、学術書など様々なものを翻訳します。

では、どうしたら翻訳の仕事に就くことができるのでしょうか。

また、翻訳の仕事をするためには何が必要なのでしょうか。

 

この記事では、英語の翻訳の仕事について就職方法などを解説しています。

英語の翻訳の仕事に興味があるから詳しく知りたい!という人は、ぜひ参考にしてみてください。

英語の翻訳の仕事は大きく分けて2つ!

一口に翻訳といっても、様々な種類の翻訳の仕事があります。

仕事内容は大きく分けて2つ。

一つずつ詳しく説明していきます。

本などの文章の翻訳

一つは、文章の翻訳

小説などのノンフィクションから、学術書やメールなどビジネスの場面での仕事があります。

小説の翻訳なら日本語の表現力も必要で、学術書なら専門知識も必要です。

動画や音声などの翻訳

もう一つは、動画の翻訳

動画やドラマ、映画などの翻訳の仕事もあります。

いかに適切な日本語に翻訳するかが難しく、字幕の表示時間に合わせて翻訳しないといけないので、非常に高レベルな語学力が求められる仕事です。

英語の翻訳の仕事は給料が良い?

そんな英語の翻訳の仕事ですが、気になるのはお金のこと。

実際に、翻訳の仕事は給料が良いのでしょうか。

またどのようにしたら翻訳の仕事で稼ぐことができるのでしょうか。

成果報酬型が多い

翻訳の仕事は、基本的に成果報酬型が多くなっています。

成果報酬型とは、自分が働いた分に応じてお金がもらえるということ。

つまり、やればやるだけ報酬が増えていくということです。

また、報酬は文字単価で計算されます。

自分の実力が上がると文字単価も上がるので、経験を積むごとによって報酬も増えていきます。

単価が良い翻訳ジャンルは?

ビジネスの書類やメールなどを翻訳する実務翻訳は、高単価な仕事が多いです。

語学力以外に、そのビジネスの分野の専門知識も必要になってくるからです。

実力に伴って単価も上がっていくので、どんどん稼げるようになっていきます。

ドラマや本などの翻訳は、報酬が印税に左右されることがあります。

もし自分が翻訳したドラマや小説などが大ヒットしたら、印税でたくさんお金をもらえるかもしれません。

実務翻訳は、印税に左右されないので安定して報酬をもらうことができます。

英語の翻訳の仕事のやりがいは?

英語の翻訳の仕事のやりがいは、日本と海外の橋渡しになれるということ。

言葉の壁と繋ぐという重要な役割は、十分なやりがいを感じることができます。

また成果報酬型が多いので、やればやるほど報酬が増えるのも嬉しいですよね。

経験を積むごとに単価も上がっていくので、自分の努力が数字に表れて見れるのもやりがいの一つなのではないでしょうか。

英語の翻訳の仕事は在宅でもできる。おすすめはクライアント直契約

翻訳の仕事のメリットは、在宅でもできるということ。

毎日決まった時間に決まった場所に出勤する必要もなく、家にいながらでも仕事をすることができます。

主婦でも、家事の合間などに仕事ができるのは嬉しいですよね。

オススメは、クライアントと直接契約すること。

クラウドソーシングなどで、クライアントと直接契約して翻訳の仕事をする方法です。

クライアントと良い関係を築くことができたら、継続的にそのクライアントから仕事がもらえることもあります。

在宅でも安定した仕事ができるということですね。

TOEICの点数は高い方がいい。ただ基本的には経験重視である

翻訳の仕事に就職する場合、TOEICの点数を見られる場合もあります。

翻訳家として就職する場合には、TOEICスコアは900点以上が求められることも。

ただ必須というわけではなく、基本的には翻訳家としての経験が重視されます。

翻訳の仕事は、TOEICスコアよりも経験が必要です。

英語の翻訳の仕事に資格はいらない。求められるのはしっかりとした成果

仕事をするには何かしらの資格が必要な場合があります。

でも翻訳の仕事には資格は必要ありません

翻訳の仕事に必要なのは、しっかりと成果を出すこと

いかに適切な日本語に変換できるかが重要になってきます。

与えられた仕事をしっかりとこなすことが大切です。

英語の翻訳の仕事は未経験でもできるが…

翻訳の仕事は、未経験でできるものもあります。

ですが、翻訳の仕事は経験と実績が重要

どれだけの実績があるかでもらえる仕事も変わるし、報酬も変わってきます。

未経験だと簡単な仕事だったり、単価も低めからのスタートになるでしょう。

コツコツ仕事を続けていって、経験を積み重ねていくことが大切です。

英語の翻訳の仕事をするのに向いている人

やりがいも十分にある、英語の翻訳の仕事。

ですが、どの仕事も向き不向きがあります。

英語の翻訳の仕事はどのような人に向いているのでしょうか?

英語圏での生活経験がある人

英語圏での生活の経験がある人は、翻訳の仕事にとても向いています。

ネイティヴレベルで英語を話すことができる人なら、自然に翻訳もできるでしょう。

会話の言い回しや表現方法などがわかると、ドラマや映画などの翻訳に向いていると言えます。

英語を仕事で使うレベルの実務経験がある人

普段仕事で英語を使うくらい経験のある人は、翻訳の仕事も向いています。

英語力だけでなくその仕事の専門知識があるなら、より翻訳の仕事をするのに強みになるでしょう。

英語の実務経験がある人なら、ビジネスシーンでの実務翻訳に非常に向いています。

英語の翻訳の仕事に就くためのおすすめ求人サービス

グリーバル化が進んでいる日本で、正社員として翻訳家を雇う企業も増えていっています。

では、そのような企業に就職するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

様々な求人サービスがあるので、どれを使えばいいかわからないという人もいますよね。

ここでは特に、英語の翻訳の仕事に就くのにオススメの求人サービスを3つ紹介します。

すぐに就職したいならマイナビエージェント

丁寧なサポートが評判の、「マイナビエージェント」。

転職のプロが担当についてくれて、丁寧にヒアリングを行い自分に合った企業を紹介してくれます。

マイナビエージェントでは、登録後すぐに電話で連絡が入ります。

とても早く対応してくれるので、すぐに就職したいという人はマイナビエージェントがオススメ。

応募書類の添削面接対策もしてくれるので、初めての転職で不安という人にもオススメです。

>>マイナビエージェントの詳細・登録はコチラ

求人の回転が早いリクナビNEXT

求人数が非常に多い、「リクナビNEXT」。

毎週2000件を超える新着求人が掲載されるので、幅広い分野で仕事を探すことができます。

自分に合った仕事が見つからなくても、すぐに新着求人が入るので自分に合う仕事を探すチャンスも多くなっています。

またリクナビNEXTだけのグッドポイント診断も、就職の手助けをしてくれます。

自分の強みを客観的に診断してもらえるので、面接などで企業にアピールすることができるのです。

>>リクナビNEXTの詳細・登録はコチラ

高収入な翻訳のお仕事はDODA

高収入な求人が多い「DODA」。

DODAにしかない非公開の優良案件も数多くあります。

ある程度スキルや経験がある人で、今よりも高みを目指したいという人はDODAがオススメ。

転職セミナーなども行なっているので、転職活動のノウハウなどを教えてもらうこともできます。

>>DODAの詳細・登録はコチラ

英語の翻訳の求人についてのよくある質問

英語の翻訳の求人について、よくある質問を3つあげてみました。

一つずつ詳しく回答していきます。

英語の翻訳の仕事は難しい?

英語の翻訳の仕事は、決して簡単ではありません。

英語力はもちろん、適切な日本語に変換する表現力も必要になります。

また翻訳する内容によっては、専門的な知識が必要になる場合も。

難しい仕事ではありますが、それだけやりがいも十分です。

誰にでもできる仕事というわけではないので、自分にしかできないという満足感もありますね。

英語の翻訳の仕事に就くなら留学経験は必須?

仕事で英語を使うなら、留学経験は必須だと思うかもしれません。

ですが翻訳の仕事の場合は、留学経験はなくても大丈夫です。

語学学校などに通って英語の勉強をしていたり、仕事で英語を使う経験などがあれば大丈夫な場合が多いです。

英語の翻訳の仕事に就くならどんな会社がいい?

翻訳家として就職するなら、海外へ事業を展開している会社がオススメ。

外国との取引などが多いと、それだけ翻訳する案件も多くなります。

翻訳専門の会社に就職するなら、実績を基準に会社を選ぶようにしましょう。