明日お金が必要でも大丈夫!3万円借りるための3つの方法

  • 月末の支払いがピンチ…1,2万円だけなのに…
  • あと3万円あれば買えるのになあ…

もう少しなのにお金が足りない。

誰でも必ずそういった経験ってあると思います。

 

こういう時、ただ単に欲しいだけのものなら我慢すれば済むのですが、例えば月末の支払いなどどうしても払わなきゃいけないものの時。

あなたならどうしますか? 一番やってはいけないのは「そのまま払わずに放置」という選択です。

1度きりならまだ大丈夫ですが、これを繰り返すと信用が落ち、例えばクレジットカードが止められたり、最悪の場合ローンやクレジットカードの作成など、現金以外での支払いはできなくなってしまいます。

実際、僕の友人はクレジットカードの支払いを怠ったことで、3年近くカードを作れなくなってしまいました。

これってめちゃくちゃ不便ですし、できることなら避けたいですよね。

 

そんな状況にならないためにも今回はどうにかして3万円までのお金を用意する方法について書きました。

もし、月末や来月困りそうだなという人はぜひ目を通してみてください。

スポンサードリンク

たった3万円、されど3万円。

誰に借りる…?

たった3万円、されど3万円。

あなたならどうやって用意しますか?  

 

3万円と言っても人によっては大金ですし、やはりそう簡単に手に入れることはできません。

3万円ってちょうど難しい金額なんですよね。

それでいて、必要になる機会は多かったり。

クレジットの支払いなんかでは気をつけていても1,2万円予定より出費があって、3万円あれば足りるのにー!というようなこともあるかと思います。

副業をするという手もありますが、例えば3日以内に必要というような緊急な事態であれば用意するのも難しいでしょう。

 

そんな3万円をどうにかして用意する方法を3つ挙げてみました。

スポンサードリンク

友達に借りる。

関係性がこじれるかも…

一つ目は友達に借りるという選択肢です。

ある程度見知った仲の人なら3万円なら貸してくれる人もいるかもしれません。

 

ただ注意しておきたいのは今後の関係性に関してです。

たかが3万円と言えど、あなたが3万円で困っているのであれば友人にとってもある程度は大きな額のはず。

それを貸すのですから、友人関係にも優劣が付いてしまうかもしれません。

「この前助けてやったんだから優遇しろよ」 そんなことを言われる可能性だってあるのです。

金の切れ目が縁の切れ目とも言いますが、友人間でのお金の問題はトラブルを招きやすい。

できることなら借りずにいる方が身のためでしょう。

親に借りる。

心配されてしまうかも…

友人が無理であれば親に借りるという手段もありますね。

ただ「親にお金を借りる前に考えてほしいこと|お金の悩みを解決する2つの方法を解説」という記事にも書いたとおり、親に借りるのはそれなりのデメリットもあります。

もちろん同年代の友人に借りるよりはお金にも余裕がある人に借りた方が良いかもしれません。

それに、家族だからこその信用もあります。

 

とは言え、無駄に心配させてしまったり、いらぬ心配を招くことにも繋がりかねません。

心配されるだけなら良いのですが「そんなんでやっていけるのか」「勤務先を変えた方がいいんじゃないか」とあなたの生き方にまでめんどくさい話をされるキッカケにもなってしまいます。

特に上京して出てきた人なんかはこの手の話題には飽き飽きしていると思うので、できることなら自分でなんとかしたいものですね。

キャッシングなら誰にもバレずに解決可能

最後の手段としてはキャッシングがあります。

「キャッシングって借金と同じでしょ…?」

と思って敬遠している人も多いかもしれませんが、言ってみれば誰に借りようがお金を借りた時点でそれは借金です。

しかも他人に借りることで関係性や相手への迷惑、自分へのデメリットにも繋がります。

ぶっちゃけ人に借りるくらいなら自分でなんとかした方が良いんですよ。

 

それにキャッシングなら誰にもバレずにお金を借りることができるんです。

誰かに無駄に心配させる必要もありませんし、あなたの問題は自分自身で解決できます。

案外、お金の問題を解決する手段としてはおすすめなんですよ。

日本の借金経験者は3人に1人!?

実はキャッシングをしている人はとても多く、日本貸金業協会の調査によると、世の中の約3割近くがお金を借りたことがあるという統計も出ています。

つまり、3人に1人は借金経験があるんですよね。

正直、周りに言うようなことではありませんが、それでも「自分だけじゃない」というのは少しホッとする点かと思います。

プロミスなら誰かに借りるよりもメリットが多い

そんなキャッシングの中でもおすすめなのがこちらのプロミスです。

プロミスなら誰かに借りるよりもメリットが多く、気軽にキャッシングを行うことができます。

特に急な支払いでお金が必要って時には誰かに借りるよりも圧倒的に早いです。

登録銀行にもよりますが、最短10秒。

そうでなくても平日14時までの申請なら即日振込にも対応しています。

「明日にはお金が必要!」って人もプロミスを使えば解決ですね。

  プロミスのメリットをまとめるとこんな感じ。

  • ネットから24時間申し込み可能
  • 瞬フリサービスを使って三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を登録すると最短10秒で振り込まれる
  • 上記口座が無くても平日14時まで契約完了なら即日振り込みも可能
  • 初めての方は30日間利息0円

初めて使う人は30日間利息0円なんですよ。

これは大きいですね。

初キャッシングはプロミスで決まりです。

▼プロミスのネットキャッシング!初めての方は30日間利息0円!

>>即日振込ネットキャッシングの申し込みはコチラ

※30日間無利息での借入を希望の方はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

自分の問題は自分で解決!周りの人に迷惑をかけるのはやめよう!

というわけで「もし3万円足りなくなった時」の対処法を書いてみました。

ぶっちゃけ20代であればお金のピンチって何度となく訪れると思います。

僕も人にお金を借りて失敗した経験や、逆に貸して失敗した経験もありますし、振り返ってみると案外キャッシングした時が一番気持ち的にも楽でした。

お礼とかも考えなくちゃいけないし、誰かにお金を借りるのって結構気遣うんですよね。

 

結局、いつからかお金がない時はキャッシングを使うようになりましたが、額が小さかろうが大きかろうが関係ありません。

20歳を超えていれば誰でもできますし、何より早いし便利です。

誰かに借りて他人に迷惑をかけるくらいなら、その問題自分で解決しませんか?

自分の問題は自分で解決できるようになってこそ立派な大人というものです。