【無視は禁物】0570021781から電話がかかってきたらすぐに対応しよう!

「0570-021-781から電話がかかってきた…知らない番号だから無視無視」

と思っている方。

この番号は「アイヴィジット」からの電話です!!

アイヴィジットは日本年金機構から委託を受けて、国民年金保険料の未払い者への取り立てを代行する会社です。

このまま無視していると、裁判を起こされて財産を差し押さえられてしまう恐れがありますよ!

 

とはいえ、どのように対応すればよいのかわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、アイヴィジットへの具体的な対応方法についてお伝えします。

「年金で取り立てなんて本当?どう対応すればよいの?」という方は、この記事でアイヴィジットへの対応方法を知りましょう!

アイヴィジットとは?

アイヴィジットは、日本年金機構からの委託を受けて、国民年金保険料の未払い者への取り立てを代行する民間事業者です。

日本年金機構では、全国312ヶ所の年金事務所のエリア内において、国民年金保険料にかかわる取り立てを民間事業者に委託しています。アイヴィジットはその事業者のうちの1つです。

アイヴィジットが代行する業務は、

  • 国民年金保険料の未払い者に対する、電話や文書での督促
  • 戸別訪問による納付案内と免除・猶予制度の案内
  • 戸別訪問による保険料の収納業務
  • その他口座振替などの案内

です。ほとんどの場合、アイヴィジットから電話がかかってきたということは「国民年金の未払いが発生している」と認識しておけば間違いないでしょう。

 

「えっ、でも会社勤めで厚生年金だから関係ないでしょ?」

と思う方もいるはずです。しかし、

  • 過去に未払いが発生していた
  • 転職歴がある
  • 学生時代に未納だった

という場合、自覚なく年金の未納が発生しているケースもあります。

特にありがちなのが転職の際に年金の手続きが行われていないケース。心配な方は1度市役所の年金課で相談してみましょう。

 

アイヴィジットは全国に拠点を持っており、0570-021-781の番号以外にも

  • 0570-783-284
  • 0570-200-855
  • 0570-550-987
  • 0120-506-021
  • 0120-967-444
  • 0120-756-133
  • 0120-185-056

の番号も、同じくアイヴィジットの電話番号です。

このまま電話を無視し続けると、訴訟を起こされて最悪すべての財産を差し押さえされてしまう可能性がありますよ!

日本の借金経験者は3人に1人!?

実は借金をしている人はとても多く、日本貸金業協会の調査によると、世の中の約3割近くの人がお金を借りたことがあるという統計も出ています。

つまり、3人に1人は借金経験があるんですよね。

正直、周りに言うようなことではありませんが、それでも「自分だけじゃない」という事実を聞くと少しホッとするかと思います。

アイヴィジットからの電話を無視して滞納を続けると最悪差し押さえも!

エンジニア転職

アイヴィジットからの電話を無視していると、やがて特別催告状が届きます。

特別催告状は国民年金保険料の未払いが数ヶ月あることを通知書する書類で、内容として書かれているのは、

  • 年金保険料が未納になっている期間がある
  • 未納分の保険料を期日までに納付すること
  • 無視したり払わない場合は、滞納処分を開始する場合がある
  • 滞納処分は延滞金が発生するとともに、財産を差し押さえるもの

などです。

もちろん、この通知が来たからといってすぐに差し押さえが発生するわけではありません。

差し押さえは法律に定められた滞納処分であって、そこまでいくにはいくつかの流れがります。

滞納から差し押さえまでの流れはざっと以下の通りです。

  1. 特別催告状が届く(納付督励)
  2. 国民年金未納保険料納付勧奨通知書が届く(最終催告)
  3. 滞納処分が開始されたことの通知が届く(督促)
  4. 差押予告通知書が届き資産状況の調査が始まる(差し押さえ予告)
  5. 差し押さえ

差し押さえは差押予告通知書が届いたあと、予告なく実施されます

いきなりすべての財産を差し押さえされては大変ですのですぐに対応しましょう!

どうしても支払えないときは債務整理で解決!

「国民年金の未納分を支払いたいけど、どうしても払えそうにない…」

そんな時は「免除申請」と「債務整理」をおすすめします。

免除申請とは、国民年金保険料を支払うことが困難な人のために「一定の条件にあてはまれば保険料の支払いを免除する」という制度を利用することです。

免除制度は申請主義なので、申請しないかぎり自動的に適用されることはありません。年金事務所の窓口に相談して、これから支払う予定の年金を免除してもらいましょう。

年金は過去2年間分までさかのぼって免除申請が可能です。

 

しかし、中には「年金だけでなく他にも未納、滞納がある」という方もいるでしょう。民間の金融機関からお金を借りている場合、当然のことながら免除申請はできません

その場合は債務整理を行うことが最善の手段です。

債務整理は弁護士や司法書士へ相談して、

  • 利息のカット
  • 過払い金の返還
  • 借金の減額

などが可能。

債務整理については、こちらの「最適な債務整理の手続きがひと目でわかる!4つの借金整理の手段をわかりやすく解説」という記事でも詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

 

債務整理を行うのであれば、街角法律相談所の「無料債務整理シミュレーター」に相談してみてください。

債務整理シミュレーターとは、インターネットを使って簡単に自分の借金問題を診断してくれるサービスです。

 

診断は無料で受けられるほか、個人情報も必要ありません

街角法律相談所は毎月3,000人が利用しているだけでなく、

  • 24時間受け付け
  • 診断・相談完全無料
  • 借金問題の解決率80%

と安心と実績のある法律事務所です。

とりあえず無料診断だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

>>無料債務整理シュミレーターはコチラ

闇金からの取り立てもあるなら

お金を借りている方の中には、闇金から取り立てを受けている方もいるかもしれません。

そんな方はすぐに「闇金専門のDuel法律事務所」へ相談しましょう。

Duel法律事務所では、

  • できるだけすぐに解決したい
  • 闇金業者の嫌がらせ行為をやめさせてほしい
  • 闇金と知らずに借りたのでできれば返したくない

など、相談者の希望にあわせて解決してくれます。

Duel法律事務所は、

  • 相談無料
  • 即対応
  • 24時間いつでも受付
  • 秘密厳守
  • アフターフォローあり
  • 料金は事前通知

ですので、初めての方も安心です。

困ったときは1人で抱えこまず、1度プロに相談してみることをおすすめします。

闇金専門のDuel法律事務所に相談する

ゆとりある生活を実現するには、プラスアルファのお金を稼ぐことが大事!

ゆとりある生活のために、まずはお金が必要です。

毎月の支払いを終えて「手元に残るお金がもう少し増えれば…」と思う方も多いでしょう。

 

20代の月の平均貯金額は5万円!

転職情報サイトDODAの調査によると、2016年の20代の平均年収は354万円、平均月給は29万円、毎月の貯金額は5万円でした。

なんとか、毎月5万円の貯金を上回りたいところ。

周りの同年代よりも多めに貯金ができていれば安心感がありますよね。

 

お金を増やすには、今よりも収入をアップさせることが必要です。

    でも、なかなか会社の給料を上げることも難しいですよね。

    そこでオススメするのが副業です。

    副業の良いところは、空いた時間を使って自分の好きな時間に稼げるところ。

     

    こちらの「すぐにお金が欲しいあなたへ!簡単に1万円以上稼ぐ具体的な方法12選」という記事に、僕が過去に稼いだ副業をまとめました。

    中には1日3~5万円稼げるものもあったので、どれか1つでも試してみるのがおすすめです。

    自分に合った働き方を見つけて、ゆとりある生活を実現しましょう!