読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでもアフタースクール

放課後が待ち遠しかった学校生活。ぼくにとっては今も放課後。だから楽しく生きていけます。主にオピニオン、10代20代への起業論を発信していきます。

嫉妬しない方法を考えても考えても思いつかない人へ

日々想うオピニオン

f:id:bun1125:20170119184014j:plain

(ライターのひよりさんです。記事の内容とは関係ありません)

 

こんにちは起業家ブロガーのぶんたです。

みなさん嫉妬ってしますか?

悔しい。とか、なんであいつなんかにとか。

まあありがちなのは

「なんであの人なんかに恋人を取られたんだろう」

みたいな恋愛絡み、親しい人絡みが多いと思います。

 

ぼくも昔はよく嫉妬していました。

恋愛絡みでおんなじ経験あります笑

 

しかし今は違います。少しずつ感覚を変えたり、自分の視野を変えることで以前ほど嫉妬せずに生きれるようになったんです。

今回はいつも誰かに嫉妬してしまうあなたへ嫉妬せずに生きるための解決法を書いていきます。

 

 

なぜ嫉妬をするのか

あなたはなぜ自分が嫉妬をしてしまうかわかりますか?

表面上ではわかっている人多いと思います。

「あの人が勝手に私の恋人に手を出すから!」

とかそういう感じで。

要するに所有欲の邪魔をされると嫉妬してしまうんですよね。自分1人のものだと思ってたものが勝手に汚されていく感覚。それが嫉妬です。

しかしこれでは本当の意味を理解できていません。不思議なものでその流れを理解していても中毒症状のように繰り返してしまうのが嫉妬です。

 

今回はあなたが嫉妬を少しでも減らせるような話をしていきますが、先に結論を伝えておきます。

言ってしまえば嫉妬をする原因は自分にしかありません。あなたが自分自身を好きになれていないからです。

 

嫉妬しないためにぼくが行ったこと

ただ、今こうしてぼくが体験談を話せるのも昔は本当に嫉妬だらけの人間だったからです。

今みたいにあまり嫉妬をしなくなってからはとても楽になりましたし、嫉妬をしてしまう時もそのエネルギーを他のことに役立てられるようになりました。

最初は苦労しましたが3つの考え方を意識すると少しずつ嫉妬はなくなります。

自分を見直し、依存を減らす

嫉妬をするということは相手に期待し、依存しているからです。

依存は自分以外の何かに行動を左右されてしまうので、気持ちの面でとても疲れてしまいますし、時には大きなストレスになってしまいます。これが嫉妬となって激情してしまうわけです。

 

依存を減らすためにまず必要なのは自分を見つめ直すこと。誰かや何かに依存してしまうということは、自分自身から逃げている証拠でもあります。

自分を見つめ直して、自分のことが好きになれない理由、つまり自分自身に自信を持つためにはどうすればいいかを考えなくてはなりません。

自分がどんなことに達成感を感じるかや、どんなことが好きなのかをしっかりと受け止めてそこをコツコツと続けていってください。

自分と向き合うのって結構怖いですけどね笑でもいずれその機会は必ず来るので、早い内に解決しておくのが得策です。

自分一人でできることを見つける

自分を見つめ直したら、いつも嫉妬してしまう相手がいなくても1人でできることをあげてみてください。また、その子といる時にいつもしていることもあげてみてください。

例えば「買い物」や「相談」なんかもそうですが、必ずその人である必要はないんですよね。たまたま仲が良い友達だったからとか、たまたま付き合ったからという偶然から出来上がった関係が大きいと思います。

本当に「誰かとじゃなきゃできない」ことなんてごく一部のはずなんです。

 

これが理解できたら、次は自分一人でもできることを増やしましょう。今まで誰かと一緒だったことを少しずつ自分一人でもできる状態へ。

こうして今までできなかったことを少しずつ増やしていき、できれば身の回りのことを一人でもできるようにするべきです。

例えば相談ひとつとっても、ただ話をしたいだけで結論は自分の中ですでに出ているんです。

誰かの為でなく自分の為に生きる

自分の為に生きると書くと自己中心的なように聞こえてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

自分を好きになって自分にしかできない何かを見つけるのはとても大切です。何より、自分を一番に考えなければ依存は一生無くなりません。

自分より、誰かが喜んでくれることに喜びを感じるのはとても良いことです。しかしそればかりを求めてはダメなんです。

まずは自分の為になることを考えて、それがたまたま誰かの喜びに繋がるならラッキーくらいの感覚で、もっと自分自身と向き合って行動しましょう。

結局、未来を作るのは自分自身ですからね。

 

嫉妬に意味はある。自分を変えるきっかけができるから

ここまで嫉妬について書いてきましたが、嫉妬は一概に悪いとは言えません。

嫉妬に使うエネルギーってとてつもなく大きいです。その気持ちをそのまま何かに転換できたら、とても大きなことができます。

 

それに嫉妬に気づくことで、自分を変えるきっかけにもなります。

ぼくもそうでしたが、嫉妬してしまう人ってイマイチ今の自分に納得していないんですよね。それって無意識には考えていても、意外とみんな気づいていません。

ですが「嫉妬している自分」を意識することでその感覚は少しずつ変わっていきます。

「あ、自分にはこれが足りなかったのか」そう気づけるようになるんです。

 

このように嫉妬には大きな変化のきっかけが隠れています。

もし嫉妬している自分に気づいたら、もっと素晴らしい自分になれるよう感覚を変えてみてください。